つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

Su-33

黒くなれば(1/72ハセガワ Su-33フランカー製作記)

15

 全体を黒く塗装した。クレオスのウィノーブラックという黒です。GXというシリーズで、塗膜が強い、隠ぺい力が強い、というのが売り文句。クールホワイトは愛用しています。

 筋彫り? それなんのことですか? 機首の消えた筋彫りのことは考えない。

 実は、ここだけの話、これまでのところあんまり魅力的なカタチに思えなかった。普段は、最初大して乗り気でなくても、組み立ててカタチがわかってくると「おお、なかなか格好いいやん」ってなるんだけど、これは・・・なんか物足りない。

 しかしいや待てよ黒く塗ったらどうだろうと思って、黒くしたら少しはマシになった。
 やはり黒い飛行機は格好いいね。で、ここからの塗装なんですが、やはり初心貫徹!!で架空塗装してみようかな。いちかばちか。だってさーこのまま普通の塗装じゃ面白くもなんともない、一応コンテスト参加だもん。

蠅の帝国
 「蠅の帝国~軍医たちの黙示録」(帚木蓬生著/新潮文庫)

 軍医の話というと、エグい話があるんじゃないかと思って少しビビりながら読んだけど、実はそういう話はほとんどなくて、むしろ悲惨でありながらも、しみじみと味わい深い話が多かった。そこは作者の筆によるものだろうか。
 実際に軍医たちの書き残した記録(自叙伝)などを集め、小説という形で書いている。ノンフィクションにすることはできない種類の話ということ(20年をかけて世に送り出された著者のライフワーク)

 昨日の辺見じゅんさんの本はシベリア抑留でしたが、どれも「あの戦争」のひとつの姿であって、私たちが伝えていくべき事実だよね。ものすごく小さな力だけれど、モデラーも展示会で当時の飛行機を伝えていけるかなあと、そんなことを思っている。

 それにしても、どれもみな、色んな人間が出てくるけれど、日本人は頑張ったと思う。えらいよ。つまらぬ人間・責任を取らない人間ももちろんいるけど(特攻隊を送り出して「自分もあとから続く」などとほざきながらのうのうと戦後を生きた人とか)、ほとんどは信じられないような時代を懸命に生きたんだよね。どうしてそんなに頑張れたんだろう。
 尊敬の念と日本人ってすごいなという気持ちとともに・・・日本ってなんだろう、日本人って何だろう。もっともっと知りたくなる。

パテまみれ(ハセガワ1/72Su-33フランカー製作記)

4

 フランカーの上下貼り合わせていい気になってたけど、よく見たらすごい段差(汗

 ハセガワのせいというより、私の接着が下手なんだと思う。ともかく、なんとかしなければいけない。

5

 早速、タミヤパテてんこ盛り。あーあ、この先が思いやられるぜ。

 機首のパネルラインが消えたような気がするけど、気にしない←おい!!
 別れた男と消えたパネルラインは忘れろ、って昔から言うでしょ。え? 聞いたことない?

 私が言いたいのは、今を大事にするってことなんだよね。
 それにしても、この機首のところの曲線って、エロいね。いい感じに反ってる。

6

 このへんもパテてんこ盛りの予定。あ、とりあえず瞬間接着剤を流してみた部分もあるよ。

7

 この、インテークのパーツ接着も少しすり合わせを要した。
 というか、部品をきれいに整形するということなんだけどね。

 基本に忠実に。注意深く接着する。そうしないとうまくできないんだよねーハセガワのキットって。心が乱れているのを見透かされてるようです。落ち着け>私。

 今日は台所に置くタナを通販で注文したのが届いた。それを半日かかって組み立てて古い奴と取り換えたので、終わったのは夕方。すごく疲れた。それでも模型作る元気が残ってるのが我ながらすごい。別腹ならぬ、別手?
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ