つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

2019

攻めていこうぜ(2019天領プラものづくり大会レポその2)

13

 先週末に、大分県日田市で開催された第19回天領プラものづくり大会の様子。

 日田HICの宿利さん作品。バンダイ 1/144のたぶん08小隊のザクじゃないかと思うんだけど・・・ポーズもめっちゃ格好いい。

 いわゆる黒立ち上げという手法で、黒をうっすらと残すことで明暗をつけていて、スミ入れはあまりしないそうです。しかし、色合いのせいか、光があたっているような・・・不思議な明るさがある。どうしたらこんな色に塗装できるんだ!? 繊細にブラシ吹くんだろうなあ。こういう人がモットリングとかやったらすごく上手いんだろうなあ。飛行機も興味でてきたそうなので、来年はぜひ飛行機も、と勧めておいた。

 私はキャラものはほとんど知らないものばかりなんだけど、見るのは大好き。特にガンプラとかロボットものはかなり好きですね。実は。一歩間違えばこっち行っちゃってたかもといつも思う。
 ま、とにかく土台などの見せ方はものすごく進化してますよ。はっきり言ってスケールモデラー完全に負けとるね。

11

 日田HICのヒヤマさん作品。バンダイ1/144 ズゴック(蟹になっちゃってるほう)とジムを使用。「卵を護る蟹」

 こういうのは、文句なく好きですね。誰かアパッチをスズメバチにしてくれ~!!←自分でやれ

12

 この作品を作った方、お名前を聞いてなくてすみません。しかも、土曜日の夕方、帰ろうとして片づけているところに「あーっ、これ写真撮ってなかったんですぅ~」と言ってみたら「どうぞ」と再度取り出して見せてくださいました。ありがたや。

 色がね、パッと目に入る作品です。単に色塗っただけですよと謙遜されてたけど、それだけじゃあないでしょう。ワンピースっていう作品に出てくる海賊船だよね? 話は知らないんだけど。船ってのがいいよね。

14

 これもまた目を引いてました、佐賀ぽんコツ倶楽部の石丸さん作品。1/144「歴代ザクと歴代ガンダム」

 左端から順に新しいものになっている。ガンダム40周年だそうです。知らない人間でも、キットの変化を見るとなかなか面白かった。
 で、思わず「ありとあらゆるゼロ戦のキットを1/48で並べるとかできるんじゃないか」と一瞬考えた。不可能ではないよね。オッサン共の押し入れの中に眠ってるキットを総動員すれば・・・

 しかしこれは一人で作っているのだからうらやましい。ガンプラって本当にうらやましい模型だなあ。

19

 ゲルニカ(福岡のAFV模型クラブ)の眞田さん作品。マスターボックス1/32ナポレオン戦争のフィギュア 「冬将軍」

 会場でもすごいなあと思ったけど、改めてパソコンの画面で見て・・・・えっマジですか、これ32? 嘘でしょ、1/12じゃないの? ちょっと待てよ、焦る私。

 スケールは何にせよ、美しい色だよね。この青とかどうやったらこんな深い色になるんだろう・・・と思ったら、やはり油彩だそうです。
 佐々木さんとくりさんが何かこの作品見ながら話してるから何かと思ったら「馬のキットでデッサン狂ってるとか見たことないよなあ」「やはりヨーロッパは馬が多いからですかねえ」とか馬鹿馬鹿しいお話をしていた。AFVモデラーの会話って癒されるわぁ~。

22

 中津マークIIのアーチャーさん作品。GIPSY DANGER(だと思います、すみません

 発光ギミックとか、ビネットとか、初体験?だということです。でもいきなり石膏使ってがれきを作ったりしてるし、発光のためのコードも作品の一部としてわざと露出されてたりして、すごいね。ガンプラではない、こういう別のロボット系?の作品も私は好きですよ。

 アーチャーさんは筆塗りでガンプラ塗っちゃうという凄い人です。筆ムラとかないんだけど、どうやって塗ってるのか謎。ほんと世の中いろんな人がいますよ。

24

 中津マークIIのメンバーによる合作(背景の黒っぽい土台)
 試行錯誤していろいろやってみたそうで、それがまた楽しそうだった。キャラものってこういう背景が似合うよねえ。もちろん、バラバラにして運べるようにしてあるそうです。

 こういうの日田でもやりたいなーと思わずにいられない。せっかくの模型クラブだもん。攻めていきたいっすよ。
 などと、展示会のときは急に気が大きくなって、なんでもできそうな気がしてくる。いやぁいい気分。史上最強~!! 

再会を楽しむ(熊本トムキャッツ展示会訪問記その4)

20

 これは48? いいえ72です。銀翼会の毛利さん作品、タミヤ1/72 Bf109E-4

 胴体に文字が書いてあるのが珍しいよね、とご本人うれしそうでした。ドイツ語で「初心者注意」って書いてあるそうです。操縦が難しいので、注意しろよと。コイツ童貞だから見逃してやってくれよという意味ではありません。
 銀翼会に行ってまた拝見するので(10/19,20展示会)、毛利さん作品は一機だけのご紹介です。いつものように美しいリベットが打ってあります。

21

 横浜サンダウナーズのフェニックスさん作品、「小さな力もち」ハセガワ1/48 A-4C

 普通に九州の展示会に来てて、しかも私なんぞより先に到着してるから、この人たぶん熊本か福岡あたりに住んでるんじゃないか!?と疑ってしまうんですが、確かに今朝横浜から来たらしい!!

 タイトルが可愛いです、そしてハセガワ愛。去年ここの放出でもらったキットを成仏させたという、友情の作品。色んな意味で偉いです。モデラーとして、かくありたい。
 主翼の赤い部分(前縁スラット)は本来はツライチであるべきなのだそうです。なるほどー。また、駐機してるときは自然とこんなふうに下に垂れ下がってきてるそうです。この話、フェニックスさんと中川さんが両側から一生懸命解説してくれるので、すごく贅沢な講座となりました。

 よっしゃー今度作るときはツライチにしてみよう。そしたら「おお、飛行機のことよくわかってますね」とか誰か言ってくれるかもしれない。

25

 飯塚リバーサイドの市原さん作品、タミヤの1/48ワイルドキャット

 写真が下手すぎてすみません。しゃべりながら撮ってたもので・・・でも、(ちょっとAFVモデラー的なテイスト)塗装のシブい格好よさはおわかりいただけると思う。
 しばらく模型熱が冷めていた市原さんですが、復活の兆し・・・うれしいなあ!! 

 で、この作品ね、実は塗装が上手いだけじゃないの。翼が畳めるんだよ!!(可動) そして、翼を固定する金具?も自作されてて、ちゃんと本物のように固定できる。いやはや。凡人は展開状態が折りたたみ状態かどちらかしかできないけど。

 塗装のコツを教えていただき、さらに次回は蝶番(ちょうつがい)の作り方を教えてくださいねと約束しました(約束するのは簡単だが、実際にできるかどうかは別の話・・・)

24

 左端の男「こら、爺ぃ、さっさと組み立てねぇか!!」
 老人「へ、へい(汗」
 後ろの三人組「ほっとけほっとけ、こんな爺ぃよりワシら楽しい話で盛り上がろうぜ」

 見るも恐ろしい光景ですが、実は福岡エアロレプリカの市岡御大がやってきて、製作中のEEライトニングを組み立ててるのをみんなで楽しく見物してるところ。尾翼の可動部分にベベルギヤを使ってるのが売りのようでした。尾翼がこんな動き方をするとはね!! 知ってた?

22

 市岡さん作品(ソリッドモデル)。1/50 ダッソー ファルコン

 市岡さんの顔を見た瞬間思わず「まだ生きてたんですか」←おい!! と思わず口走ってしまう私。ほんと、いつもお元気で、しかもどんどん作ってるという、驚異的な人。すごかろうが九州人!!

23

 同じくソリッドモデル 1/32サンダーボルト

 ソリッドの方ってプラモを参考にすることもあるとのことですよ、同じ飛行機好きには変わりないのです。
 黒いサンダーボルトもいいなあ!!←とか言うのは簡単だが作るのは難しい

きらら作品

 きららの作品群。シーキングは出撃してません。フランカーとヘリ三機のみ。
 モリモリさんに「この土台はなんですか」と聞かれ、ダイソー三枚100円のプラの皿をひっくり返して作ったと説明すると「ほほー面白い」と、えらく気に入ってくださいました。ま、しかし、皿のことしか褒められなかったような・・・汗 いや、いいんですけどね・・・汗 

 来年2/1,2に大分市で行う「オタ空」(クラブ・大分航空隊の展示会)のチラシを持っていったら、40枚ほどがあっというまになくなりました。うれしいけど、初めての展示会でドキドキの上に、県外からたくさんお客さんが見えたら、どげえすりゃいいんじゃ!!状態。頑張らなくちゃ。

きらら
 毛利さん撮影。一昨日の写真と違って、3割増し美女に写ってるのがすごい。さすが一眼レフ!! カメラの違いってすごいよね。え? 3割も増してない? 

 はーい、きららさんこっち向いてー、なんて言われるのはうれしいものです。あなたのまわりの女性をたくさん写真撮ってあげてくださいね。女って写真撮られるのは大好きですから(もちろん撮った写真は必ず送ってください)

 ちなみに、今回は参加者が会場で具合が悪くなって救急隊が駆けつけるという一幕もあった(結局大事にはいたらず)。季節の変わり目、皆様も体調管理にはお気をつけください。ちなみに、救急隊のお兄様方に目を奪われていたというのは秘密です。あー私もちょっと具合悪かったんだけどなあ~←おい!!

 トムキャッツ会員もすごいけど、集まってくる連中もすごい。楽しく密度の濃い飛行機専門クラブの展示会の一コマをご覧いただきました。久しぶりにお話出来た方、できなかった方、いろいろありましたが、また来年も元気にお会い出来ればと思います。私も以前はおっかなびっくり参加してたけど、ずいぶん大きな顔ができるようになりました。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。
 来年の二月は大分でお会いしましょう!! よろしくお願いします。

 



男達の熊本(熊本トムキャッツ展示会訪問記その3)

15
 熊本で出会ったイイ男。
趣味人さん作品。

12

 トムキャッツ会長・石崎さんのDo-335B-6 ホンコンモデル1/32 レーダーアンテナ自作。

 ものすごく綺麗な塗装です。
 男なら、やっぱドイツ機でしょう。しかも32。

13

 モリモリさん作品。レベル1/32 Me262 B-1

 男なら、やっぱ夜戦でしょう。
 恐らくハッチの中身はキットに付属かと思われますが、ケーブルを追加されてます、アンテナは一部金属。エンジンにもケーブル追加ですごくカッチョいいです。
 これ作ってみたいなあ!!

14

 同じくモリモリさん作品。AD-5コンバージョン 1/32 フィッシャーの胴体、トラペの翼、SWSのプロペラ

 すごいですねー男ならケチケチせずにパーツ取り。胴体は銀翼会の中川さん提供だそうですが、贅沢にパーツを取ってるのが大人のモデリングでいいです。
 それに何より、カッチョいい!! 男らしい雰囲気がたまりません。なんかスカイレーダーの複座? 胴体がぜんぜん太くて一晩に三回くらいできそうな感じ。
 これも作ってみたいなあ!!

17

 銀翼会の中川さん作品。ウルフパック1/48 F-5Aフリーダムファイター

 初めて水性塗料で塗装されたそうです。いつもながらカッコいい作風。
 色がラッカーとは全然違ってすごく満足されてるようでした。特にツヤ消しの雰囲気がすごくいい、と言われてました。ほんとそうやなー、なんとも言い難いような色。

 写真が下手ですが、10月に銀翼会に行ったときに再度写真撮りたいと思います。こういう細長い飛行機って写真撮るの難しい!! 私もウルフパックのタロン持ってるんだけど・・・このF-5も作るのは大変らしい。私の手に負えるかどうか。

16

 oniさん作品。ハセガワ1/48 流星改 

 くぅ~っ、カッチョええ~!! たまらんですね、このツヤ具合、そしてお腹の下に括り付けられてる魚雷・・・「ああっ、もう貴方に抱かれたら、あたし、いつ投下されてもいいッ!!」(意味不明

 抱き締め索、フィンその他ディテールアップされて、魚雷好きにはたまりません。
 男なら、魚雷抱いてみな!!

18

 長崎プラモクレージーのあ~り~さん作品、タミヤ 1/72 零戦52型

 これねー、米軍に接収されて本国に輸送されてる零戦の写真をもとに作られてると思うんだけど、あの写真、胸にグッとくるよね。私も大好きなんです。米軍が拭いたら色が落ちてマダラ迷彩みたいになったとかいう・・これはもう、日本人の男としては、作らなきゃいかん零戦でしょう!!

 あ~り~さんは、先日「つれづれコンペ」に鍾馗を出してくださって、そちらももちろん展示されてたんですが、なんせこちらがすごく好きな情景だったので写真撮りました。
 残念ながら、ご挨拶をしただけで、話を全然お聞きできなかったのが痛恨の極み、ぜひこれは日田の展示会に来ていただかないと!! もう一度見たい作品です。

19

 松山エアモデラーズクラブのGちゃん作品。アカデミー1/72 PBY-6A

 激しくシブい作品。5Aを改造して6Aにしたそうです・・・・って、意味わかんねぇよ!! 先日飛行艇の本を読んで、少し興味が出たところだったので話聞きたかったのに痛恨の極み。 

 ※訪問記の中で、特にクラブ名を書いていない人は熊本トムキャッツの会員です。

赤い星(熊本トムキャッツ展示会訪問記その2)

10

 タクさん作品。セミスクラッチ(トランペッターSu-27改造) 1/32 Su-27M

 先日Su-33を作って疑問に思った箇所をすべてタクさんにお聞きしました。答えが得られた部分と、タクさんも知らない部分がありましたが、それだけ謎の飛行機ってことで、そこがまたフランカーの魅力かもしれません。

 コメントにありましたが、高校生のときにエースコンバットというゲーム(ハセガワからキットが発売されてますよね)でフランカーに出会い虜になったそうです。
 主な改修点としては、1.前部中央胴体の増径と延長、2.カナード追加、3.垂直尾翼の大型化、4.主翼パネルラインの変更、5.キャノピー自作、6.前輪のダブル化、7.テールコーンの増径 と書いてありました。・・・・・これを愛と言わずして何を愛という?

 今回知ったのは、一口にフランカーといっても迷彩の色はさまざまで、ビビリながら持ってきたけど、何の心配もなかった(というか、同じキットを作ってる人はいなかった・汗) 

11

 ここの色、私は悩みながら塗装したけど、「一機ずつ焼け方は違いますよ」とタクさん。

 ノズルの端っこ、二枚になってるのを表現したかったけど、私にはちょっと無理であきらめた。こんなふうになってるんだよねえ。
 フランカー話だけしていても、一時間くらいあっというまにたっていた。

5

 同じくタクさん作品、アカデミー1/48 Su-30改造、Su-30MK.I

 この色なんてまた全然違うもんね。楽しいよね。残念ながらロシアにはアグレッサーというのは無いらしいんだけど、フランカーってどんな塗装でも似合いそうです。

 となりに置いてあるたまご飛行機は娘さんの作品で、まるで土星の表面のような不思議な色合いがイイね。

4

 ジャックパパさん作品、キティホーク 1/48 Su-34

 きらら「あ、これ知ってる、この複座のやつ・・・確かナントカバックとか言うんだよ、なんだっけ」
 マッキさん「ああー格好いいんだよねこれが・・・えーと、なんていうんだっけ、あ、フルバック!!」
 きらら「そんなに格好いいかねぇこれ男の人の感覚って違うのかなあ。でもこの真ん中についてるミサイル格好いいやん、これ何なの?」
 ジャックパパさん「え、えーっとそれは・・・すみません、わかんないです・・・汗」
 きらら「ボーッと生きてんじゃねぇ~よ!! ダメやん、それくらい調べとかないと!!」
 ジャックパパさん「ふえーん・・・・・涙」

 (ちなみに格好いいミサイルは対艦ミサイルでした)
 ハセガワと違って、少し筋彫りが広い感じ、まあアクセントにはなるかも。作ってみると、こういうテイストの違いってよくわかりますね。

9

 モリモリさん作品、レベル1/48 Mig-21STM

 グリーンはベトナム色、イエローは大戦中ドイツのサンドイエローを使ったそうです。
 こうやって見てると、やっぱ48もいいなあと思う。ただ、模型部屋に帰って、自分の手にのせてみると72がちょうどいいんだよね。

8

 趣味人さん作品、マケット1/72 カモフKa-32 救難機

 このカタチはなかなか、そそられるものがあるでしょ。私も欲しいです。だが、マケット・・・
 作るのは大変だったそうだし、こんなに格好よく仕上がってるのも趣味人さんだからこそ。私が作ったらガタガタかも。

 AFVモデラーもおひとついかが? いいでしょ~取っ手や突起物だらけですよん。
 あと、救難機の白もね、こういう感じ格好よくていいよね。参考にさせてもらいます。

 趣味人さんは私と同じハボックも作ってました。天プラで並べさせてもらおうと思ったんだけど、今年は来てもらえないとのことでガックリ。
 数少ないヘリ仲間なのに・・・

7

 同じく趣味人さん作品。アキュレイトミニチュア 1/48 IL-2シュトルモビク

 パネルラインにいったん迷彩を吹いて、上から白を吹き、最後にナイフでけずって迷彩をチラ見せしてます。なるほどね!! 単なるスミ入れじゃなくて下地の迷彩が見えるのはリアル。

 スキーも履いて、ロシアらしさたっぷり。
 白って汚すことで白らしくなるのかなあ・・・などと思いました。

6

 蛇の目オヤジさん作品 トランペッター 1/32 Mig-15 北朝鮮空軍仕様

 朝鮮戦争時に、ソ連は北朝鮮空軍に擬装参戦したそうです。へえー。
 タミヤ48の拡大コピーのようで苦労されたようですが、きれいに仕上がっていてなかなか格好よいです。

会場1
 会場風景。テーマの「赤い星」コーナー。
 私がご紹介したのはごく一部であることがおわかりいただけるかと思います。


1

 私の(フランカーの)恥ずかしい部分を見たい人はこちら~←いねぇよ(マッキさん撮影)

 前輪の脚カバーのボンベみたいなやつにコードを這わせていたのは私だけだったので、ささやかな勝利に酔いしれてるの図。

立ち入り禁止

 私と熊本城を隔てる無情の柵。いつになったら入れるのだろうか。2016年の地震で熊本城の石垣は遠い遠い場所になってしまった。しかし、この秋10月5日から天守特別公開が始まるようで一条の光明が見えてきた。
 また、崩れた石垣の下から古い石垣が出てきたりしているところもあり、復旧工事そのものが発掘調査でもあるので、さまざまな新発見を期待している。

熊本の夏(熊本トムキャッツ展示会訪問記その1)

看板
 二週続けて模型展示会行くって、どこのアホかい!! ・・・私です。

 今年も夏の締めくくりに、熊本トムキャッツの展示会に行ってきた。
 熊本トムキャッツは飛行機専門の模型クラブである。今年は八月というのに梅雨空のような二日間で、模型屋にちょこっと行ったほかは、展示会場で濃密な時間を過ごした。 

 ほかの人たちも言ってたけど、もう模型を見てるより話してるほうが楽しい・・・って、それ言っちゃおしまいでしょ!! 
 九州内に限らず本州からも、いつものメンバーが来て楽しんでいる。

2

 こんな作品も。面白いですね、サクサクさん作品。
 タミヤが二機とハセガワが一機、1/48のキットをカットして貼り付け絵画ふうにまとめてある。

 「short fuse sally」 のっぽのサリーなら知ってるけど、こちらは短気なサリー。この機体の乗員ターナー中佐の彼女だそうです、下から順番に乗り継いで、とうとう一番上の機体はサリーという名前を消してるから・・・つまり・・・彼女は別の男のものになったそうです。

 嗚呼!! なぜこんな哀しい話を作品にしてしまうのか。悲嘆!! 慟哭!! 哀惜!! 夏の終わりに君を離れ。

 ターナー中佐はどんな思いで飛んだのか。こういったアイデア作品に出会えるのも展示会のいいところ。

箱
 頂いたキットの一部(モリモリさん放出)。なぜかフジミばかり。

 カマン ランプスは、私が到着したとき(午後二時頃)、「きららさんのために取っておいたよ」と蛇の目オヤジさんが差し出してくれた。こういう子供っぽい優しさが心に沁みる。それでもまだ模型屋に行くと主張する私に「そんなに欲しいの?」と、あきれられ。

 それにしても、模型三昧の二週間。訪問記は今回もあっさりといきます。

第七回なんちゃってJMC開催決定!!

logo

 今年もなんちゃってJMC開催決定!! 第七回になりました。皆様ぜひ、ふるってご参加ください。静岡では、ハセガワの方々との怪しい交流などもしています。また社長と企画の国分さんに特別賞もいただいてます。しかし何より楽しいのは、参加者による審査でしょう。自分のたちのことは自分たちで決めるという民主主義であります。

 なんちゃってJMC公式ページはこちら

 今年はレギュレーションがまた変わりましたので、注意してください。

 去年マスターズクラスを作ったんですが、たまごひこーき部門はマスターズではなく、独立した部門とすることにしました。
 また、ハセガワ製品以外でもハセガワ取り扱い製品も含めることにしました。
 かなり迷った部分なんですが、選ぶ幅が広がって参加しやすいかなと思います。いずれにせよ、現在入手できるものを買って欲しい、中古品や押し入れの在庫を出して作るのではなく模型屋さんで購入して作ろうよ!! というハセガワ応援の気持ちだけは変わりません。

 疑問点などは私までメールでお問合せください。kilala_1962@yahoo.co.jp

14

 こっちも進んでます。

 代り映えしない画像が続くのもなんだから、今回はコブラと並べてみました(変わり映えしないか・・・

 シーキングは横幅がすごく大きい。だから内部も広くて、それでアメリカ大統領専用機にもなってるそうです(いつもニュースのとき出てくるよね)。
 しかし、初めてこの手の迷彩マスキングしたのがこのコブラなんだけど、今みたら、こんな単純なの簡単だよなーって思う。当時は四苦八苦しながらやったのに。いやー人間ってこんなに成長するんだねぇ。すごいなあと改めて思った・・・(幸せな奴ですね

 


 

2019年夏の展示会告知

葉書

 ■暑さを吹き飛ばすような、松山エアモデラーズクラブ展示会 
 8月3日4日、松山市青少年センター3F 大ホールにて (フェイスブックに情報ありますので、検索してね)
 エアモデラーズとはいいますが、ほかのジャンルも置いてあるし、雑食の人も楽しめますよ(私は2015年に行きました)。会長も気さくでよい方なので初めての方も安心。
 無料駐車場有、当日作品持込大歓迎 だそうですのでお近くの方は出撃準備してみてください。

 ■同じ日程で、下関模型クラブ巌流会展示会。シーモール下関にて(フェイスブックで下関模型クラブ巌流会 で検索してね)
 
 残念ながら空物は少なく、キャラクターものが多い展示会だけど、マシーネンなどもあり、そっち系の好きな人は楽しめます。同じく一般持ち込み大歓迎、だそうですのでお近くの方は出撃準備よろしくです。

葉書2

 ■二年に一度のおおいたんモデラーズ作品展
 8月24,25日 いいちこ総合文化センターB1F 県民ギャラリー(オアシスの建物内)
 くわしくはこちらを参照

 大分市の模型クラブ信地旋会が主催、オールジャンルの展示会、二年に一度のお楽しみ。どこも同じ傾向にありますが最近は飛行機モデラーの戦力低下著しいので、フレッシュな貴方の援軍をお待ちしてます。もちろん私も二日間参加の予定。

葉書3

 ■夏の終わりを締めくくる熊本トムキャッツ作品展
 8月31,9月1日 くまもと工芸会館(熊本市川尻) 会場の駐車場はやや狭いですが近くに50台ぶん借りているそうなので、聞いてみてください 

 飛行機模型クラブの見ごたえある作品が並びます。持ち込み(航空機にかぎる)もできます。(HPあります、熊本トムキャッツで検索してください) 多彩なゲスト作品も楽しめます。私も参加予定。

 どの展示会も、作品を持ち込むときは事前に連絡しておくのが大人の礼儀のような気がします(私も地元の展示会で主催者側に立ったことがあるのでわかるんですが)。信地旋会は連絡いらないとレギュに書いてありますが、特に大きな作品や大量の作品を持ち込む場合はスペースの問題もあるので、事前に連絡してくださいね。また、模型専用の名刺も作っておくと便利ですよ。会場で意気投合しているオッサン同士の熱い名刺交換を何度も見たことがあります。

ツッコミだらけの業者日(2019静岡ホビーショー訪問記1)

2

 今年(2019)も静岡ホビーショーに行きました。業者日にお邪魔するのも8回目、行くたびにハセガワの飛行機の新製品は少なくなり、そして、今年は、ついに・・・去年あたりでカーブを曲がってしまったって感じでしょうか。完全に変化したハセガワに、腹を立てる人もいるかもしれないけど、飛行機天王山を死守して滅びていくよりは、あらゆる手を使って賢く勝ち残ってほしい。

 今回は、1/35コンバインを設計した風早さんに詳しくお話を伺った。付属の人形は実際に農家の人がモデルになってるそうで、なかなか味のある顔。腕まくりしてるところがイイ!! 萌えますね。男はね、肘から先がイイんですよ。うっふん。

 隣にはスターレット・ターボが展示してあり、こちらは以前から私のリスペクトしている久保山さんの設計。久保山さんはアパッチや48紫電改など、実に格好いい細部まで捉えた設計で私は大好き。

 次から次にお客さんが「私も昔このクルマに乗ってましてね・・・懐かしいなぁ!!」と言ってました。

3

 スターレットの裏側。

 風早さんが「これ、やりすぎですよ、やりすぎ!!」
 とツッコミ入れてましたが、確かにクルマの裏側なんか見えないのにやりすぎか? でもこういうの好きだけどなあ私は。

 72の計器盤なんかも彫刻してるの好きですと言うと
 「基本的には楽にデカールを貼ってもらおうという考え方なんですよ」とのこと。
 恐らく、デカール貼りたい人のほうが多いんだろうなあ。

 ハセガワは、誰が設計したかは聞けば教えてくれる。基本的に一人で設計されてるけど、時には二人でということもあるとのこと。

6

 こちらはファインモールド。80周年かあ・・・もう零戦もそんな歳なんだなあ。

 鈴木社長は、「今年は飛行機作ってるのウチだけだよ」と得意顔でしたが・・・

4

 タミヤも作ってるんじゃなあかなあ。1/72Bf109G-6

 72ファンとしてはどこのメーカーだろうとうれしい。
 鈴木社長によると「デカールはどこのメーカーも同じメーカーで作ってるから、品質同じだよ~モデラーはハセガワのがどうだタミヤがどうだって言ってるけどさー」とのことでした。
 でもタミヤのは硬いような気が・・・と言うと即座に「それは古くなったからだよ」(汗

7

 プラッツも飛行機作ってるんじゃないかなあ。1/72T-1A ま、確かにT-1Bが先に発売されてたけれども。

 ほかに飛行機の新製品があんまりないので、これがすごく輝いて見える。掃き溜めに鶴、ってヤツ? なんだか作りたくなっちゃうよね。 

5

 ファインモールドのピトー管。色んなカタチがあるのですね、面白いなあ。
 実は最近気が付いたんだけど、ピトー管て削って作っる人がけっこういるんですよね。私はいつも真鍮パイプと真鍮線を組み合わせて作ってた(アホの一つ覚え)。三段式とか知らんやった。

マシンガントーク

 鈴木社長「そんな自分で削るなんて真円にするのは難しいでしょーウチは精密な旋盤でやってるから(黙ってこれ買えよコラ)」とのことでした。ちなみにピトー管のメーカーってあるそうですね。「それぞれ別々のメーカーがやるんだよ、三菱が全部零戦作るわけじゃないよ、だから飛行機作るとすべての技術が革新・蓄積されていくわけなんだよ」

 この話、たまたま合同展の「なんちゃってJMCブース」に土居雅博さんが来て私と話してたら、偶然通りがかった鈴木社長が電光石火のごとく話に割り込んできて、いつのまにかマシンガントークを浴びせると風のように去って行ったという恐ろしい話でした(SINONEさん撮影、5/12)。

 ところでハセガワ・タコムの戦車指揮官の人形があるでしょ? あれの「靴ヒモの結び方が違う」とかいうツッコミが鈴木社長から入ったそうで・・・恐るべし!!

8

 ハセガワブースにあったストライクウィッチーズの製品(1/72)。

 静岡HSの前になるとハセガワの社員がこういった見本を手分けして製作するそうです。なんだか手作り的でいいねぇ(見本ってそんな楽なもんじゃないそうですが)

 この方は、筆塗りなんですよ。胴体のマーキングはデカールみたいですが、機首の模様は描かれてます。新製品よりつい作品に目がいっちゃう。

9

 待ち合わせていた「なんちゃってJMC」モデラーと二階の休憩所でコーヒーを飲みながら。

 全体的に新製品がやや少ないので寂しいけど、訪れる人の数は例年どおりの感じ。
 毎年やたらと歩き回って疲れていたので、今年は好きなところ・興味のあるところだけに絞って歩いた。これは業者日、合同展、どちらにも言えることで、だから今年はレポートというよりは、訪問記という感じになると思う。

10

 さて、ハセガワでは、見本を製作されていた戸部さんが定年退職されて、姿がなかったのが私としては、少し寂しかった。仕方のないことだけれど。

 しかし、うれしいこともあった。戸部さんの後継者に紹介していただいたんです。藤田さんといいます。これからまたずっとお世話になると思う。光栄でした。

 去年戸部さんからは後継ぎのことはチラっと聞いていたけれど、戸部さんがパーフェクトな職人的な方で、「漢(おとこ)」だったから(もちろん優しくて愉快な人だけど)、後継ぎはさぞかし大変だろうなと思ってましたが・・・やはり大変だそうです(汗

 そんなわけでハセガワの新しい時代が始まっているのをひしひしと感じた。

1

 明日は合同展へ。今年はどんな人に出会ったのでしょうか。わくわく・どきどきしてお待ちください。 

2019 中四国AFVの会報告その2

17

 2019年4月14日に福山にて開催された第19回中四国AFVの会での作品を紹介しています。

 森下さん作品、アオシマ、モンモデル、トランペッターなどのアイテムを使用。「Desert Warrior July 2012 in syrea」

 カッチョいい。色彩、ウェザリング、題材、土台、構図、すべてにおいてカッチョいい。今回いちばん好きな作品。

22

 情景作品は基本的に前後左右どちらからでもみることができるように作られている。特に上手な人の作ったものは本当に360度楽しめる。

 これもそんな作品。男共の声が聞こえてきそう。

19

 車輛、人形の鮮やかさ、ウェザリングの妙ももちろんのこと、地面に散らばったゴミがまたリアル。ゴミをリアルに作るって、よく考えたらめちゃくちゃ難しい気がする。もちろん草木や土などの自然のモノも難しいけど。
 こういう細かい演出で密度感が増すんだなあ。いくら見ても飽きないです。

 人間も一人一人個性的で面白いの。

16

 こちらは、中国からのお客さん。徐超(じょちょう)さん、モンモデル1/35 FT17
 「模型世界」というあちらの模型雑誌の作例ライターさんみたいです。

 こういう塗装って、今やAFV業界では普通なのかどうか知らないけど、じつに鮮やかで印象的だよね。どうすればこんなに鮮やかな色を使ってそれでいて重厚にいかにも鉄って感じに作れるんだろう。ううむ。真似してみたい。

15

 こちらは、雑誌の作例かコンテスト受賞作だと思います、参考作品です。

 こうやって、目線を作品の中に合わせると、おおっ・・・・!!
 映画の中でカメラが上空から地上にズームしていくときの感じ。画面奥に視線がずーっと入っていきます(いちばん奥の後ろ姿は隣の作品です・汗) 
 手前の兵士が探っているのは死体で、「おい、何かのトラップかもしれん、そのへんも探してみろ」みたいな場面でしょうか。戦場の真っただ中に叩き込まれる感覚があります。

21

 國本さん作品、トランペッター1/35 BMP-3

 いったいどうやったらこういうふうに汚せるんでしょうね。砂埃だらけ。
 砲塔の周りのはアーマーだと思うけど、なんか近未来っぽくて格好いい。

 拙作の隣に置いてあったのに、ご本人とは話できなくて残念。

会場風景2

 会場風景。
 いつもはみんなで昼ご飯に繰り出すんだけど、今回は弁当を別室で取らせてもらった。おかげで時間が有効に使えた。こういうのはありがたい。
 土居さんと一緒に弁当食べてる横では金子辰也さんが横になって仮眠・・・というような、楽屋裏感が楽しかった。

トークショー

 午後になるとお待ちかねのトークショー。今回は、土居さん、金子さん、山田卓司さん、吉岡和哉さんという布陣。とにかくMMの話になると全員話が止まらず・・・それにしてもやっぱりMMなんだね、AFVモデラーって。今回の会場も8割がタミヤ製品だし。あんなにいっぱい発売されてる中華メーカーとか、誰も作ってねぇの。

 吉岡さん「子供の頃シュルツェンって嫌いだったんですよー足回りがみえなくなっちゃうから」
 山田さん「いまでも袋開けて組むとき、ワクワクするよ」
 金子さん「実はいちばん最初は飛行機作ってました」
 土居さん「子供の頃SASジープうまく作れなくて・・・それで最近作ったんだけど、子供の頃の自分に見せてやりたいって気分」

 司会はいつもの大山さんの名調子、これがまた楽しい。ジョークを織り交ぜ、ゲストをイジりつつも話をうまく引き出してくれる。

表彰式

 このあと、参加者の投票による入賞者、メーカー賞などの発表へと続く。

 これまたドキドキお楽しみタイム。もしかして俺の作品が・・・・ってみんな密かに期待しながら。
 私は今回もレディス賞をいただきました。これはまあ、ご祝儀みたいなもんで、自称女性なら誰でもいただけますよ。女性の皆さんはぜひ、なんでも作って持っていきましょう。

 今回は、受賞者にはすべて、ゲストモデラーから講評がいただけて、感激!!
 私は土居さんのお言葉をいただきました。パンダモデル作ったなんてすごいよと褒められて、頭がボーッとしました。もう死んでもいい、いや死なないけど(by イチロー)。

20

 拙作、パンダモデル1/35 M-ATV MRAP(うまくできたとこだけ見てください)

 司会の大山さんも、これなんて読むんですかと言ってたから、ほんとみなさん知らない車両なんですねえ。大分から参加の日高会長が「内部も作りこんでましたね」とお褒めの言葉。嬉しかったなー。頑張った甲斐があったよ。
 マッキさんからは「ブログの写真ひどすぎる」って、ほめてんのかケナしてるのかわからんお言葉。わざとひどい写真撮ってんのか? と言われましたが、その通りです。
 イノチェンコさんからは、四輪駆動の車だから荷物積んだらタイヤがハの字になっててもいいんだよと教えられ、そっかそっかーまあセーフか(ほっ
 四輪駆動だから足回りがあんなふうにバラバラだったんだな!! おおっ、今やっとわかった←おい!!
 それと、排気管はトラック等は横から出す(いや~ん)というのは、よくあることなんですね。これも会場で教わった。
 いろいろ勉強になりました。ほらね、展示会行くといいこと一杯あるでしょ?

 短いですが、AFVの会の様子はこれでおしまいです、今回そのほかにも色んなところに行ったので、またその話は明日に続く。



 

2019 中四国AFVの会報告その1

3

 福山駅を出るとすぐ、そこにはいつもの石垣が待っていた。さあ、やってきたぞ。
 しかし実は、今回はお城の中まで行けなかった(とはいえ、泊まったホテルの窓から天守が見えたので、朝晩「おはよう」「おやすみ」と言ってました)。

 広島県福山市で開催された「中四国AFVの会」に参加するため、金曜午後から九州を出発し、夕方福山に到着。夜は一人で刺身定食を食べてあまりのおいしさに気が遠くなった。嗚呼、瀬戸内海の魚の旨いことよ!! 

 私がなぜわざわざ福山まで行くのか、疑問に思う人も多いかもしれませんが、その理由も織り交ぜながら書いていきます。展示会レポというよりは、私の旅の報告という感じになると思いますので、AFVの会についての詳しいレポートは次号のアーマーモデリングをご覧ください。

2

 男前の戦車兵。何かドキっとしますね。誰かに似てるようで・・・。

13

 タムリンさん作品。タスカ1/35 M32戦車改修車 自衛隊仕様 

 硬派に格好よくまとめてられる作品です。

4

 オータキのタイガーIの箱とその作品。

 作品ももちろん格好いいんですが、箱絵がぐっときますね。子供の頃こんなの見たらさぞかし作りたくなっただろうなあ。今回のテーマは「温故知新」で皆さん昔のキットを作ってました。飛行機モデラーは温故知新ってやりたがらないだろうなあ。

5

 巌流会のイノチェンコさんの作品。 タミヤ1/35 M3A1スカウトカー  人形はマスターボックス

 この人形は、1/24じゃないでしょうか? でもあんまり違和感ないような・・・。私も買ってるんだよね、この人形。ポーズが好き。

 おっぱいにドライブラシしてる姿をつい想像してしまう。たはは。

会場風景1

 会場風景。大きなジオラマもありましたよ。

6

 富坂さん作品。タミヤ1/35 M4A3ファイヤフライ

 戦車に人形を一体添えるというのは定石のようですが、歩き去る感じの人形なのが面白く感じた。
 こういうのも面白い。

 よく「飛行機モデルでジオラマにするには整備風景くらいしかない」なんていうけど、そんなことないんじゃないだろうか。工夫する余地はまだまだある気がする。

7

 これはクラブ展示のほうにあった参考作品。徳島モデラーズ倶楽部の松本さん作品、

 とにかく、この塗装スゲーよ。本物の金属みたい。どうやって塗装してるんだろう。あっ、聞くの忘れた←おい!! 松本さんは中四国AFVの会のマスコット「せんしゃん」の作者で、せんしゃんの話しかしなかった・・・・汗 

11

 「いやー、日本人は働きすぎッスよ」
 「でもここにいるオッサン共はあんまり働いてるように見えんけどな」

14

 この方の作品、三角形の土台なんだよ!! 独創的。奥行を感じさせるためかなあと思ってたら、車体が長いので、それに合わせた土台だと細長くなってしまうので、こういうカタチにしてみたということでした。
 今回もっとも気に入ったジオラマのひとつです。

12

 こちらは打って変わって、忙しそうなドイツ軍の情景。山本さん作品。タミヤ1/35「終わりなき日々」

 左側の黒服の上官?がいかにもリアルで怖そう。職場の上司がモデルだったりして(汗。
 こんなに身をすり減らして頑張って働いて稼いだお金を、全部酒場のねぇちゃんに貢いだりするんだよ、男って・・・・そういやあ、今回も身をすり減らして私をあちこち連れて行ってくれたりした男がいたなあ。何の見返りもないのに。まったく信じられん←おい!! 

9

 早川さん作品。タミヤ1/35 M4A3シャーマン

 塗装が格好いい。
 この人形もタミヤのだと思うけど、動きがあるよね。

8

 村上さん作品。「ベンガジ奪還」 1/35ドラゴン3号G型

 珍しくドラゴンの製品。でも人形はタミヤなのかな? すごく味があるよね。一人一人の性格がわかるような感じ。塗装の雰囲気も好き。
 もしかして有名な写真があるのかな? そのへんは私にはわかりませんが・・・。

10

 土居雅博さんのシェリダンの作品。モデルアートで見た方もいるでしょう。

 本物をご本人の解説で見ることができて眼福でした。これも人形がものすごく味わい深いんだけど、「タミヤの人形の出来がいいからですよ」というんです。いやはや。
 文字に書くとなんかタミヤに対するお世辞的に見えるかもしれないけど、お世辞でもない、謙遜のし過ぎでもない、ただ淡々と、本当にそうなんですよという言い方されてました。

 車体はオリーブドラブらしいんですが、すごく深い色だった(アクリルガッシュ)。写真ではぜんぜん伝えきれてないのが申し訳ない。

1

 未完成病のお前らには、火縄銃をお見舞いしてやるぜ!!(意味不明

 というわけで、明日に続く  










 


 

 
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ