つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

飛行機プラモ

彗星対決(KPMS2017福岡レポートその5)

52


 熊本トムキャッツのoniさん作品。ファインモールド1/48彗星三三型

 拙ブログのつれづれコンペに参加してくれた作品です。
 本物はやはりカッチョよかった。とはいえここで紹介するのは私の下手な写真に過ぎないんですが・・・
 排気の焼けの方向、リベットの細かい打ち方とそれを生かすスミ入れのやり方等、いろいろ勉強になりました。
 自分で作ったキットの他人の作品を見ると本当に興味深いね!! やはり知識だけでなくて実践ですよ!! 実践。作った上でなくちゃ。

 彗星対決はしたけれど、あまりの落差にガクゼンとしてツーショット写真は撮り忘れた。

51

 塾長さんの彗星。ファインモールド1/48 やっぱ彗星といえばこの形。これが彗星だよねえ。

 あまりレシプロは作らないみたいだけど、模型合宿のお題で作ったとのこと。普段作らないものを作ってみるのも面白いよね。意外な才能開花ってこともある。

 エンジンはスクラッチかな?
 ハッチの開いた部分についてるリベットを受けるための穴みたいなもの(なんていうのかな)は、自作だそうです。レシプロのハッチを開ける場合、必須の工作となりますよね・・・

彗星対決 彗星対決中のoniさんVSきらら(マッキさん撮影)
 ワシのほうが強いんだぞーとか言って遊んでる単なるガキじゃん。 

 私の着ているピンクのシャツはKPMS記念のTシャツ。
 




47

 築城模型クラブの金角さん作品。アオシマ1/72 カワサキOH-1ニンジャ

 これはなかなか~いいですねぇ~やるじゃんアオシマ、とか思って写真撮ってると金角さん「見ちゃダメ~ん」って・・・見ちゃだめなら持ってくるなよ、嫌がられると余計写真撮りたくるね。
 しかし意外と男のほうが弱気。女なんかヌード写真集とかすぐ出しちゃうからね。いやほんと、男でヌード写真集出す勇気のある人がどれくらいいるだろうか(意味不明

48

 宮崎のたかさん作品。「退避!」トンキン湾上の空母コンステレーション 1972年5月」 タミヤ1/32F-4Jファントム

 1/32の甲板だからド迫力。人形も実機写真をもとに写真と同じポーズに変更(自作かな?)している。

 本の作例だから見たことのある人もあるでしよう。
 じっくり見ているとまるで本物みたいで作品の中に誘い込まれます。

49

 WINDSの山根さん作品。去年神戸で見た飛燕を思い出す、銀色に輝く飛燕。アルミを貼っています。

 照明が反射して妙にキラキラしてる上に鏡プレイとの相乗効果で、もうクラクラする。もう少し反射しないように撮影すると、去年の飛燕みたいな「いぶし銀」ぽく見えるかもしれない。
 リベットはひとつひとつ穴を開けて、金属線を埋め込むという、「マジすか!?」的な製作法。

50

 同じ作者のDC-3の主翼(製作中) 

 表面を触ると、剃ってからしばらくたって伸び始めたヒゲみたいな感じで、ザラザラする。これほっぺにこすりつけると、痛いんだよね。昔よく、アホな男はエッチした後なんかにヒゲをこすりつけようとするから大変だった。痛いんだからね、ほんとに。 お前は犬か!?って思いますが・・・まあ男っちゃ犬みたいなもんだから、仕方ない。

 そんなことはともかく、これだけで1万5千発だっけ? 穴は何発、って数えるんですね。ううーむ。

54

 下関巌流会のマッキさん作品。1/32Me262

 色合いのステキなMe262の複座型夜戦仕様ですが、これ、なんと単座型から「自分で削って複座にしてください」(汗)っていうハセガワの無茶振りキットだそうです。いやーほんとお疲れ様です。でもそんなハセガワが大好きなのだよ私。

 そもそもキットを作るだけでも大変らしい。そのわりにこのキット作るの二度目って? 飛行機モデラーってどんだけマゾ体質なのか・・・

55

 飯塚リバーサイドクラブの竹下さん作品。ICM1/72 Su-27B

 もうひとつのテーマ、シャークマウスのところに置いてあったんだけど、えっ、どこがシャークマウス? と思ったら、小さな口がありました。

 色も綺麗ですが、平べったい形が印象的、なんかマクロス(架空機的な、という意味)みたい。いいねぇこうゆうのも作ってみたくなった。 

57

  大分連合の作品。こっそり工房さんの グレートウォールホビー1/48 TBDデバステーター珊瑚海海戦

 主翼は折り畳み・展張を選べるそうですが、どちらでも展示できるようにしています。
 これもつれづれコンペ参加機なので楽しみにしてました。

 米軍の甲板もできて、いい感じ。
 私も今度はツヤ消し塗装にチャレンジしてみようかなあ。

59

 大分連合(我流会)のあべさん作品、1/48隼・・・ハセガワ?ですよね

 久々に見たあべさんの作品は、どれも綺麗に作ってるなぁ!!という印象でした。
 綺麗といえば一言ですが、きれいといえる作品を作れるようになるまでに10年かかるのがこの世界。

58

 私の作品群。この机ひとつが一人分のスペースでした。

 今回の収穫はなんといっても、いろんな方に「腕を上げましたね」と言われたこと。
 まさかあの人が!? というような人までほめてくれましたよ。えっへん!!

56

 戦いすんで日は暮れて(大分自動車道サービスエリアにて)。
 簡単でしたが、今回のKPMSリポートはこれにて終わりです。読んでいただきありがとうございました。

 楽しい展示会が終わって帰途につくときは、いつでも寂しい。
 だが、今回は単に感傷にふけっている場合ではないのだった。

 なんと、次回、第六回KPMSは大分県開催が決定!!
 大丈夫かい? どげんすんの? と思われるでしょうが、飯塚リバーサイドにもできたし何とかなるやろ←おい!!

 大分は核となる飛行機クラブなんてありませんが、そんなの今から作ればいいんです←おい!!
 ここを見ている方も、たぶん三年後(くらい)には開催されるので、それに備えて今日から旅費の貯金と作品作りを始めてください。私と一緒に走ってくれる方、募集してます。

 場所日程参加費その他は追って発表します(まだ何も決まっていない)。

暑すぎる(1/72ハセガワ大刀洗コンボ製作記)

10



















 突然ブログを引っ越ししてみました。ずっと以前から考えてはいたんですが。

 今後も見やすい画面を心掛けていきたいと思います。
 改めて私のブログのスタンスを少し書いておくと、普通模型ブログというのは、製作の参考になるもんだけど、私のは全く参考にはならないのでご注意ください。
 つまりは、書いていることをそのままマニュアル的に受け取るのではなく、眉唾と本物の見分けのつく、違いの分かる大人の男に読んでほしいと思っている。また、注意して読むとけっこうハズカチー内容が隠されているので(頭隠して尻隠さず的な・・・いやーん)、気を付けて読んでみてください。

 さてハセガワの1/72大刀洗コンボ(福岡県の大刀洗平和記念館で販売されている)の続き。基本塗装をしているところ。
 左側の九七戦は上下ともに陸軍の灰緑色(日の丸は塗装)、右側の零戦三二型は上面濃緑色、どちらも自分で調合しているので、怪しい色である。特に灰緑色というのがよくわからない。明灰白色とどこが違うのか。イメージわかないなあ。箱絵とかね他人の作品とかを思い浮かべるけど、緑というより黄色がかった感じのほうがいいような・・・迷うね。

 でもやはり塗装は楽しい。イメージに近くなるように何度も上から塗装していくのが楽しい。整形するのは苦手だけど、ようやく吹けるとホッとする。
 しかし、なんか大事なことを忘れてるような気がするけど・・・ま、いいや。

 あ、キャノピー塗装忘れてるやん!! ああー、またか。よだきいのう(面倒くさい、の意)・・・この暑いのにプラモ作ってるアホは誰か!?(私ですよ・汗
 模型部屋に三分も座ってると全身汗びっしょり、胸の谷間がまるでナマズのようにぬるぬるに・・・いやナマズをそばで見たことはありませんが。

 実は週末、博多で開催されるKPMS(九州の飛行機プラモ展示会)に参加するので、梱包しなくちゃいけないんだけど、作品カードすらまだ書いていない。
 それもこれも、この暑さのせい。めっちゃくちゃ暑いっす。
 きらら「ああーん、暑い~っ」
 零戦三二型「俺がもっと熱くしてやるぜ」 
 みたいな、熱い展示会になる予定。あ、三二型は間に合わないね、この調子じゃ(涙

 また、8/26,27は大分市で おおいたんモデラーズ作品展   が開催されます。大分県の飛行機モデラーはぜひ援軍よろしくお願いします(大分県人でなくても構いません、遠くからの参加もOK)
 

最新コメント
人気ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ