つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

人形

藤井四方夫一飛曹(タミヤ1/32零戦五二型製作記)

人形8

 完成しました。653-111機の乗員、藤井四方夫上飛曹。

 ドライブラシを少しして、ゴーグルにUVレジンでガラスらしく入れてみた(きれいになってないことに気づいて、写真撮ってから再度やり直した)

 ※このタミヤの人形は藤井一飛曹をモデルにしたものではない(と思われる)ので、私の勝手な設定です。

人形9

 後ろ姿。

人形10

 わりとテキトーに塗装したわりに、格好よく塗れた気がする。気分はカルビン・タンですよ♪

 パーティングラインが消えてないし、シワが巨大すぎるのでもっとなめらかにしたほうがいいし、グラデーションをもっと細かくすれば布らしさがもっと出るし、スミ入れが激しすぎ。

 などという問題点が山積してるけど、まーいいじゃないですか、とりあえず。次からは少しずつ解決していくことにして。

2

 「靖国で会おう」
 愛機653-111機とともに、海軍大分航空隊にて。昭和19年9月。

 窓のそばで写真撮ったけど、やっぱ外光だと雰囲気ある~!! カッチョええ~!! しびれるわ~!! 人間がいると引き立つ~!! 作ってよかった~!! 

 零戦の物語。今回は、ひとまずこれにて、おしまいです。
 

とにかく完成させる(タミヤ1/32零戦五二型付属人形)

人形6

 藤井四方夫一飛曹を塗装中。
 クレオスのウェザリングカラーで大雑把にスミ入れした。

 綿棒でこすっていたら、ファレホ(水性塗料)が剥がれてきた。もちろんそれは想定内。再度タッチアップもしないといけないし、明日もう一度塗装しよう。

 藤井四方夫一飛曹の顔がこういう顔だったかはわからない(タミヤのインストにはこの人形は誰の顔をモデルにしてるかは書いていない)けど、私の作ったのが藤井一飛曹の乗機なので、いちおうそういうことにしておく。

 検索してみたら、この写真が撮られた後、台湾沖航空戦で戦死しているらしい。

21

 で、トランペッターのドーファン(アイスランドのレスキュー)に、スーパークリヤを吹いた。ある程度ツヤツヤにしたい。正義の味方だもん。

 えっ、どっからこんなの出てきたの? と思う人もいるかもしれませんが、数年前にここまで作って放置していたのだ。思ったよりホコリかぶってないやん←おい!!

 特にトラブルが発生しかわけでもないのに、なんで手が止まったのか自分でもわからない。ま、あれでしょ、単に飽きちゃっただけ。
 それにしても、あったかいですね。窓開けても全然寒くないので助かる。でもそのせいか、妙にだるくて眠い。毎日昼寝してます。

藤井一飛曹を塗る(タミヤ1/32零戦五二型製作記)

人形3

 展示会後のいろいろが一段落したので、一昨日から模型部屋に帰ってきた。

 まずは、タミヤ1/32零戦五二型に付属の立ち姿の人形を作る。私はコクピットに座ってるのはあまり作りたくないので、こういうポーズも付属してるのはうれしい。

 顔色が悪かったので、少しハイライトをのせる。下地作りが中途半端で、下のグレーが透けるからよくないような気がする。絵の具はファレホを使用。顔だけは油絵具にするほうが塗りやすいのかもしれない(ブレンディングとか)
 ファレホも、話に聞くスポンジを使ったパレットを用意するとより一層塗りやすいのだろうね。そうしないとすぐに乾いてしまって、何度も色を足さないといけないので面倒くさい。

人形4

 アーマーモデリングなどを見ながら、顔に赤みというかブラウン系でほっぺを強調(顔の凹凸を強調)

 今回はブラウンの強い色だけど、オレンジ色系に振るという手もある。
 それにしても人形って撮影する方角で全然違う顔に見えるね!! 人間の顔もそうだけど。

人形5

 体も大雑把に塗ってみた。

 あと、スミ入れとドライブラシをすれば、それらしくなってくるんじゃないかと思う。
 それにしても32は大きいなあ。当時の人にしては体格が良すぎる気もするけど・・・

 ちなみにこの人、藤井四方男一飛曹のつもり。私の作った653空の653-111は藤井一飛曹の乗機らしい。うちのクラブの新入会員に教わったんだけどね。名前が決まって俄然やる気が出たね。

鼻の下が長い(タミヤ1/32零戦五二型製作記)

人形1

 本体がちっともうまく作れないので、せめて人形でも作ろう。とはいえ、こちらもうまく塗れるか全くわからない。

 まずは顔から・・・今回も全部ファレホで塗装してみる。下地の白はタミヤアクリル。肌の色などは「この色でなきゃダメ」とかいうのがないので気が楽だ。ちょうどいい気分転換にさせてもらおうっと。
 しかし32ですよ。35よりさらに大きいくらいですよ。塗装としては楽だけど、胡麻化しもきかない。目玉だって塗装しないと許されんだろうな。あーやだやだ・・・仕方ないので初めて白目と黒目を描いてみた。

 おおっ、なんか結構いい感じやん!! ほうれい線が太いかと思ったらそうでもないね。ただ、なんか鼻の下が長くないですか? やだなあ。それがなんか品性を落としている気がする。オッサンぽく見えるのはそのせいか。あ、すまぬ>オッサン

人形2

 と思ってこちらの画像を見たらガックリ。左目がうまく描けてなかった。修正しなくちゃ。写真撮らないと見えないもんですね。

 でもまあ、初めて眼球を塗装したわりには上手いじゃありませんか私。もしかして才能あるかも、フフフ。

3

 こっちの謎のアイテムも無駄に進んでいる。
 なんと、肝心な部分がレジンで・・・海外のキットによくあるパターンだろうか。細い部分は切り出すときにポロっと折れたので真鍮線を入れたけど、また折れそうで怖い。
 レジンの扱いもほぼ初心者。そのわりに結構うまいでしょ。才能あるかも、フフフ。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ