つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

ヘリコプター

一等賞発表!!(つれづれコンペ“秋の空にヘリコプター”編)

hikinon3

 つれづれコンペ「秋の空にヘリコプター」編の一等賞は、hikinonさんの作品「職業ヘリ乗員・趣味ヘリコプター」(1/48 KITTY HAWK SH-2F シースプライト)です!! おめでとうございます。

 自衛隊だとあり得ないけど、米軍だったらこういうシーンありそうだよね、戦闘機でエロ本(エロ本じゃなかったか?)読んでるくらいだから。
 
 飛行機モデラーの感覚だと、こういう「どうでもいい部分に手間暇かける」というのは理解できない人も多いのでは? どうでもいい部分(機体以外の部分)・・・と言えばそれだけですが、「こういう情景あったら面白いよな」と思いついてそれをカタチにしていくのは、本人しかわからない楽しみのはず。

 ヘリコプターの人間臭さ、というか、人間に近い感覚・・・大きさもそうだし地面からの高さ、簡易な乗り物という感じ(これで空を飛んでるってつくづくサーカス的だと思いませんか)、そういう要素が情景に繋がります。
 楽しませていただきました。製作お疲れ様でした。

はつたか3

 敢闘賞は、はつたかさん作品、「「しらせ」より愛をこめて」(サイバーホビー1/72シコルスキーS−61Aシーキング・海上自衛隊南極型)

 この作品は、きちんと綺麗に丁寧に作られているなあというのはわかりますが、キットがどうなってるか更に実機も知らないと、どこをどう手を入れたかがわからず、多分かなり切った貼ったやってるんでしょうが、素人にはよくわからないという・・・その辺を詳しく書いてくれていたらなあと、残念でした。

 実は展示会なんかでも、コメントをあまり書かない人っていまして、「お前、いつもヘリが好きとか言ってるから見ればわかるだろ?」ということなんでしょうが、私なんか見てもわかりません(涙
 職人気質というんですか? モデラーにはそういう方も多い気がします。

 たぶんあそことここは作ったんだろうなというのは想像できるけど、こういうキットはパーツで用意されてそうな気もするし・・・結局わかる人はわかったんでしょうね? 何か月も作られたということで、その努力に敬意を表し敢闘賞といたしました。キャビン中身とかも作ってるんだろうなって感じします。
 できたら、手をいれたところなどは書いていただければありがたいし、工作の仕方なども手の内を晒してもらえたら、見ているほうの参考にもなってありがたいです。企業秘密かもしれませんが・・・できる範囲内で。

 などと、そもそも知識のない人間が審査やってるので無茶苦茶な話ですみません。直観で選んでおります。読者の方々の目ではどう感じられたでしょうか。ヘリにも興味を持っていただければ幸いです。

 引き続き、12~2月は「冬のイナズマ」のお題で作品を募集しています。ふるってご参加ください!! 

回転翼の“カ”(つれづれコンペ“秋の空にヘリコプター”その2)

タカタカ1

 ■エントリーno.3 タカタカさん

 キット:カ号観測機 ファインモールド 1/72

 コメント:なかなかピンとくるものがなく
 せめて奇抜さで ヘリ子もどきを作ってみました。
 今回は 遊びはなく 普通に作成 塗装 墨入れです。
 資料もなくストレート組 説明書通り塗装の お遊びなしです。

タカタカ2

 以下青い文字はきららコメント

 あー、やはり来たか、カ号観測機。オートジャイロという飛行機ですが、ヘリコプターではないんです。
 でもカ号の“カ“は、回転翼の“カ”らしいし、一応回転するブレードは持ってるからヘリっぽい。ヘリコプターの歴史を解説する本には必ずオートジャイロが出てきます。
 私としては、あまり知らない人が作ってくれた・・・ということは逆にうれしいです。このコンペが作るきっかけになったというだけで。

 ざっくりいうと、プロペラで離陸して、空中では自然とこのブレードが回る(動力は無し)ということなんです。しかし、のちにヘリコプターに生かされる重要な技術がこのオートジャイロで生み出されたということで、ヘリを語るうえで欠かせない飛行機なんです。
 詳しくは「軍用ヘリコプター事典」(イカロス出版)などをご覧ください。


タカタカ3

 なんともいえない、面白いカタチ、飛行機でもないヘリでもない・・・楽しいですよね。珍味好きな人にはたまらないカタチかも。こんなんで飛べるのかなあ、って感じもしますよね。

 全体的に少し暗く写ってるので細部がわかりにくいのが残念です。
 でも逆に、なんとなく骨董品的な感じもします。


松本の幹事長1

 ■エントリーNo.4 松本の幹事長さん

 キット:イタレリ(田宮箱)1/72 RAH-66

 コメント:実機のことはまったく知りませんでした。
 試作機だったんですね。
 現用試作機なんで退色、汚しは控え目にしました。
 基本いつものように素組です、表面処理だけは面出し中心におこないました。

松本の幹事長2

 カ号はそれでも実際に使われたけど、こちらは試作機、RAH-66コマンチです。ステルスヘリとして開発されました。箱絵みたいとき格好悪いと思うんだけど、こうして作品見たら格好いいと思いますよ。武装偵察ヘリというカテゴリでしたが、無人機ができたのでこちらは用済みになったそうです(二機試作されただけ)。

 表面処理きちんとされてるからでしょうか、すごくきれいです。
 ステルス機らしい黒っぽい塗装を施したやつしか見たことないんですが、この色もいいよね。
 ステルス性を保つためウェポンはウェポンベイに格納できるようになっていて、そこが攻撃ヘリとも違うところ。格好ええポイントですね。
 ほんとこれ使われていたらカッチョよかったのになあ。残念ですよ。これもヘリ本には必ず説明がのっていて、そのせいかファンも多いんでしょうね、おかげでキット化されてるもん。


松本の幹事長3

 ローターヘッドの部分も覆われていて、さすがステルスヘリ。ローターブレードのカタチも独特だし、とにかくなんかもうすごい技術が使われてたんだろうなあ・・・と思わせる。
 なんかすごい運河彫り的に見えます。でもまあ、メリハリついていいかも。ヘリっていわばクルマっぽい雰囲気もあるよね。


------------------------------------------------------------------------------------------
 ■つれづれコンペのお知らせ
 一年を四つの季節にあわせ、お題を決めて飛行機模型作品を募集しています。
 9~11月末までは「秋の空にヘリコプター」
 12~2月 「冬のイナズマ」
 3~5月 「名機の春」

 テーマはお好きなように解釈してください。拙ブログの読者様限定です。一人一作品。
 写真は三枚、わかりやすく撮影してください、コメントを添えて、kilala_1962@yahoo.co.jp までお願いします。私が最後に一等賞を決めさせてもらいます。

 
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ