つれづれプラモ製作記

見た目は女子、中身はオッサンのきららです。飛行機中心にプラモいろいろ作ってます♪

フジミ

やはり飛行機は難しい(フジミ1/72スカイホーク製作記)

15

 うひゃーキャノピーのマスキングが最近どんどん下手になってきてるな私。マスキング剥がすときがもう、恐怖の瞬間。

16

 タッチアップしたけど、あんまり変わってねーや。もうちょい、きれいにしよう。

17

 裏側に脚や増槽などを接着しているところ。脚カバーもたくさんあるし、現用機は大変だ。でもたくさん接着すると、密度感が出てカッコいい。頑張ろう。ほんの少し、主脚にも黒の伸ばしランナーでブレーキパイプ。

18

 前脚にも、黒い伸ばしランナーを追加(伸ばしランナーだと接着が楽っす)。こういうところは、案外楽しんで工作してる。それにこの脚の雰囲気、精密でいい感じ。多分本物のスカイホークの脚が格好いいんですよ。なんかディテールが複雑でコードがいっぱいついてる。あ、もしかして艦載機だから? 特に前脚、キャラが立ってるって感じで好きやわー(※これらは個人の感想であり、事実とは異なる場合があります

 さてもう少し頑張って、細かいところを接着しておしまいにしよう。とか言ってたら、あーっピトー管折れた←モデラーあるある

 ヤマハSR400はお約束の「やっちまった爆弾」が炸裂、次回お楽しみに!! 

完成間近(1/72シュトルモビク1/72スカイホーク)

18

 連休はとりあえず行きましょう、模型部屋へ。まずは作りかけを完成させよう。皆様も作ってますか??

 タミヤ1/72イリューシンIL-2 シュトルモビクはあと少しで完成というところで後部機銃が折れたので、0.5ミリの真鍮線で復元。あと少しのところでこういう事故発生というのは、精神的にきつい。でもそれが模型の宿命かもしれない←お前だけやろ

 アレな出来だけど、遠目にはわからないよ。私もこの写真見て、あー、こうだったのねと初めてわかったもん。
 もうすでに、自分が作っているものが見えていないというギャグ的状況。笑いながら作ろう。

19

 排気の焼けは実機はどうなっているのか。

 あまり見たくなかったんだけど、ネットで少したけ画像を見たら、焼けているように見えたのでラッカー塗料を少し吹いた(焼けた色を自分で作っている) エナメルを吹けば失敗しても拭き取れますよといつも言われるが、ま、失敗も味のうち。あと、他人の作品もネットで少し見たけど、色については私の作った色もそんなに見当違いではなかったと判明。よかったよかった。

13

 フジミのスカイホークも山場を迎えている。え? Wが欠けてるって? 気のせいでしょう。

 機番はなぜかいちばん右の6が薄くなっていたので、ほかの機番から持ってきて貼った。デカールは数時間太陽光に当てた。けどよく考えたら白いところはあんまりなかった。意味ねぇな。でもとにかく、何の問題もなく貼れた(Wが欠けてるのにこう言っても説得力ないなあ)

 それにしても、マークセッターってどうしてあんな大きな瓶に入ってるんだろう。一生なくならないぞ。

14

 横から見ると・・・おー格好いい。あとはクリア吹いて少し汚しをして、脚や小物を付けたら完成。今回は最後の最後に脚をつける作戦。このほうが壊す可能性は低いかも。

 でもロービジだから地味だね。サムライマークだから楽しみにしてたけど、こんなのわけわからん。やっぱ派手な記念塗装をみんな作りたがるわけだよね、当然だよね。わざわざ苦労して、見えにくいロービジを作るって、考えたらちょっとヘンですよ。すでに歪んだ喜びですよ。ほんとにね・・・他人から理解されにくい・・・でもそこがイイかも・・・

赤くない?(フジミ1/72 OA-4Mスカイホーク製作中)

9

 だめじゃん、この塗分け・・・

10

 少しマシになった。
 やり直すのは本当に面倒くさいね。ここで凹んで手が止まると放置になる。でも頑張る私。

11

 前脚に、なんちゃってコードを這わせた。世界の傑作機を見ながら。素材はいつもの伸ばしランナー、白い伸ばしランナーだと色を塗らなくていいから、便利です。

12

 この、前縁スラットの部分、スカイホークといえば赤いのが定番だけど・・・やっぱ違和感ですか? ロービジだから赤く塗ってないの? 赤いのだめ? 少しググってみると赤くない(汗 塗装しなおそうっと(小さい声

 それに、色がなんか青すぎ? というか紫色に振り過ぎ? というか塗料が濃くてモッサリ? ようするにド下手? まあ、言えよ、何とでも。ただし、こっちに聞こえないようにな。 

 今日は大分に買い物に行こうと思ってたんだけど、私の住んでる町でもcovid-19のクラスターが発生し、連日感染者が増えているので、さすがに怖くなって中止した。悔しいから、楽しい週末になるように頑張って模型作ってるんですけどね・・・。もうバイク作ろうかなあ。飛行機やっぱ難しいわぁ~(弱気

ひっつき虫使いまわし(フジミ1/72OA-4M製作中)

7

 二色目吹いた。フジミの複座スカイホーク。米軍のロービジ色はすべて自分で適当に作った色だから怪しい。

8

 三色目吹いたけど、小物をいろいろつけていないのに気が付いた。やれやれ。シュトルモビクからひっぺがした「ひっつき虫」を今度はこちらに再利用している。剥がしたときどんな色になってるか・・・恐いなー。もっとよく考えて作るときは、先に一度三色を吹いてみるけど今回はリハーサル無しのぶっつけ本番。あれ、今この写真見るとなんかマスキング失敗してるような・・・ま、やり直すしかない。

6

 このロケット弾は見たことがない気がする。

ナム航空戦

 航空ファン増刊の「ベトナム航空戦」に写真かあった。機体形式はちょっと違うけど同じロケット弾の様子。ウィキペディアによるとズーニーロケット弾というやつらしい。ひとつのポッドに四本入っている。ロケット弾は無誘導の爆弾だから、飛行しながら発射して当たるのか!?って気がする。でもベトナムで使ってたくらいだから有効だったのだろう。

ささやかな楽しみ(フジミ1/72OA-4Mスカイホーク)

2

 こちらはフジミのスカイホーク。あっち書いてこっち書くもんだから、どこまで書いたかすぐにわからなくなる。すみません。

 ここまではあまり苦労せずに進んできた。ちなみにこのキットはハセガワのよりもすごく新しいキットみたいで、パーツも多く「なんか良さそう」な雰囲気がしてる。とはいえ、カタチがどうとかってことは全然わからないんだけどね。最近思うのは、飛行機モデルを「カタチがどうとかわからないで作ってる」って、本当にむなしい気分になる。美味しいか美味しくないかわからず、ただ空腹を満たすためだけに食べている人みたいなもんだろうか。違いがわかる人はわからない人に比較して数百倍、数万倍も楽しみを感じているに違いない。そういう自己満足こそが趣味の醍醐味なんだろうけど、残念ながら私には一生わかりそうもない。そう思うと、何かむなしい。ただ、わからないから「なーんだ、このキットだめやん」とがっかりすることもない。そう思うと、まずいものを食べても満足できるのは幸せかも・・・という気もするし、幸福論は奥が深い。

3

 コクピットの写真撮るの忘れてた。シートベルトはうっすらモールドされていて、もういいやこれで・・・と、完全にやる気のない私。でも、計器盤などは彫刻されてるし好きな雰囲気です。頭あてのところの、緊急脱出時に引っ張るやつがパーツ化されてる。これは自分で作りたかったなあ。

4

 飛行機モデリングが楽しいだけで終わるわけがない。

 げげっ、なんでこんなに隙間が・・・インスト通りにやってるだけなのに。変だなあ、古いキットでもあるまいし。

セケツ

 慌てて「世界の傑作機」をひっくり返す。そしたら、ずばりこの機体と思しき写真があった。ああっ、リップというのか、空気取り入れ口のところが少し前に出てる・・・そっか、そうだったのか

5

 胴体側にぴったりあわせて接着した。黒光りしてるのがセクシーでしょ。なんか興奮しちゃう。

 ジェット機ってこの空気取り入れ口が別パーツになってる場合が多い。ここは完全に段差をなくさないといけないとこですが・・・イマイチだね。でも気にせずどんどん進む。
 

スラット(フジミ1/72OA-4Mスカイホーク)

箱絵

 こちらも作ってます。フジミのスカイホークOA-4M。一昨年、熊本トムキャッツの展示会での放出品で、箱絵が格好いいからつい頂いてきちゃったよ。佐竹さんの絵です。

1

 主翼下側。フラップを切り離さないといけない。前縁スラットが動くときに支える部分というか・・・何ていうのかな、細くて折りそう。気をつけねば。

 端は私には十分なくらい薄い。
 ハセガワの古いキットをいつか作ったことがあるけど、これはそれよりずっと新しいキットなのでパーツも多く、よくできてる感じが漂ってる。とはいえ全部作ってからじゃないと私にはわからないけど。ハセガワのスカイホークは、あれ一機作るだけでプラモの腕がすごく上がった気がするようなキットだった。

段差

 主翼上下合わせるとこんなふうにスラットのところに嫌なズレのようなものが生じる。この段差消さないといけないのかな・・・面倒だな。

 あ、でも、もしかして、実機もこうなってるんじゃ・・・

スラット

 おー、やっぱそうだった、キットほどのズレじゃないにしても。フジミはそこまで知ってて再現してるのかな、すごいな~。(写真はsinoneさん撮影) なんか実機も隙間とかあったりして、実機ってこんなもんかい、という感じもする。

 こういう部分のディテール、面白いよねえ。だから実機を見に行く病にとりつかれる人の気持ちもわからないでもない。

ケッチカフェ

 ついに二台並べてコーヒーを飲めるようになった。これで完璧。こういうことができるのがプラモデルの醍醐味だよねぇ。
 つくづく思うんだけど、これまでほとんど戦争に関するアイテムばかり作ってきた。でも民間のバイクには軍用機のような悲壮さがないので、見ていて単純に楽しいだけなんだよね。そう思うと、実車のクルマやバイクを趣味にしている人って幸せだろうなあと、つくづくうらやましい。軍用機なんかに憧れたりするのが、何か少し屈折した喜びの世界のような気がしてくる。いや完全に屈折してるよね・・・。別にそれが嫌だとかいうんじゃないけれども。

フジミ天山12型完成

41

 フジミ1/72天山12型、ついに完成。去年の11月から作ってたんだよね、手が遅いにもほどがある。

 格好よく見える写真を撮ろうとして、いろんな方向から撮ってみた。
 いちばん気に入ったのは、この魚雷強調のアングル。男っぽく、しかもセクシーでしょ。黒光りするカウリングがステキ。カウリング色は黒そのものではなくて自分で作った色です。
 魚雷が作りたくて天山作ったともいえる。なんちゃって抱締索があるだけで、それらしくなった。と自分では思う。

40

 デカールは完璧に黄ばんでいたのでマーキングは自分で塗装。まあ日の丸と敵味方識別帯くらいだけど・・・。ウォークウェイとかフムナ表示とかたぶんあるのでしょうが省略。
 翼端灯と尾灯は透明化。頑張ったとこだけ見てね。うまくできてないところは無視してください。

43

 脚の出来は、なかなかいいと思うんだけど。私は好きです。
 72だと特に、自分でどうにもできないので(どうにかしろ>自分)、キットのディテールがいいとうれしい。特に飛行機ってそこはポイントだよね。

42

 あと72で気になるのはキャノピーの薄さです。やはり新しいキットはすごく薄いんだけど、古いキットはすごく厚くて悲しい。このキットも悲しい部類。
 ものすごく多い窓枠は筆塗りです。これマスキングするのは私には無理っす。

 珍しくアンテナ柱は真鍮パイプを叩いて作った。塗装してから胴体に穴を開けたのが間抜け。こういうのは先にやっとかないといけない。

44

 慌てて描き足したハゲチョロはまあこんなもんかな。こういうのがある意味いちばん難しい。でも最近これがないと日本機らしくない気がする。
 あと、排気の焼けとかも、楽しんで吹いてます。

 もちろんプロペラもハゲチョロしてるよ。

46

 展示会に行くと、こういう真正面から他人の作品をじーっと見てる、嫌らしいモデラーがいるよね。ほんとにもう。プロペラも一枚角度がちょっとアレなんだけど、そういうのは無視するのが大人でしょう(そうなのか?
 ま~だいたい左右平行っぽいなと思えたら、もうそれで勘弁してやってください。お願いだから。

45

 このキットが天山らしいのかどうか、あまりよくわからない。いつもそんな感じだね、私は。
 カタチを覚える能力が低い。それだけに満足できる。これ許せん、とか思うことが少ないから幸せだ。

 一昨年の彗星もそうだったけど、なぜかハセガワからキット化されていないものばかり作ってる。わざとじゃないんだけど。

 キットをくれた「こっそり工房さん」、ありがとねー。どうにか成仏しましたよ。

47

 昼間、家のなかで電気をつけずに窓からの光で写真撮ったら、こんなふうに青くなった。
 私はいわゆる海軍色が嫌いで、少し黄ばんだグリーンで塗装している。でも本当はこういう青緑だったのかな。

写真

 昭和20年2月 千葉県香取基地。第601航空隊 第二御楯特別攻撃隊所属機

 光人社「図解軍用機シリーズ 九七艦攻/天山」に掲載されている出撃の写真と、こっそり工房さんにいただいた塗装図から、この機体にしようと思った。

 あの時代、多くの若い前途有望な人たちが死地に追いやられていった。でも、今この時代も若い人は果たして幸せなんだろうか。大本営が悪かった、司令官がダメだった、上官がバカだったと、今批判するのは簡単だけど、私らはどうなんだ"!? 若い人に威張れるようなことをしているか!? 

 下手なプラモを作りながらそんなことを思う。ともかく今生きてることに感謝。このキットに出会えたことに感謝。これからも折にふれて特攻機を作りたい。

 というわけで、さあ次のキットが待っているぜ。

突起物(フジミ1/72天山製作記)

38


 真鍮パイプを叩き潰したアンテナ柱に釣り糸を接着してアンテナ線を張った。アンテナ柱の存在感がすごいでしょ。アンテナ線の張り方がイマイチ変? あ、それは目の錯覚ですよ多分(汗
 本物は、二か所分岐しているけど、そこは大胆に省略。天山のアンテナ線のことなんか知ってる人はあんまりいないしね(そうなのか?!

 アンテナ柱の長さや角度は、適当です。少し長すぎるかな、でも突起物は長いほうがいいよね。
 アンテナ柱を埋め込むために胴体にガリガリと穴を開けたけど、こういうのは先にやっておくといいですね。はい。

37

 尾翼側は、瞬間接着剤で盛り上げて接着。明日みたら、盛り下がってるかも・・・汗 一応硬化剤で硬くしたんだけどね。

 あ、あの部分にも、シュッと一吹きで硬くなるやつとかできたら、すごく売れるだろうなあ。でも元に戻らなくなったら大変だよね・・・などと考えながら・・・って、考えんでいいわ!!
 そういういらぬことを考えていると、せっかく張ったアンテナ線を自分で切ってしまうので、要注意。

39

 おー、こうやってみると飛んでるみたい。格好ええなー、たまには大きいのもいいな。
 現在、片足がちゃんと接着できていなかったので、接着しなおしているところ。

 72だけど、戦闘機に比較すると大きくて迫力あるね。まだまだ日本機いっぱい作りたいな!!

ふたり


 おぉ!? なんじゃこのデカイのは・・・もう皆さん覚えてないと思うけど、トランぺッターのドーファンです。

 これはアイスランドの沿岸警備隊仕様で、ガンダムみたいな三色の塗装なんだよね。はー、マスキング考えただけで発狂しそう。超苦手ですよ。もう失敗は目に見えてる。でもやれるだけやってみるつもり。
 アイスランドの沿岸警備隊は、イギリスと戦ったこともあるという、すごい歴史を持っている(アイスランドには軍隊そのものはない) そういう話聞くと、もう私、矢も楯もたまらなくなるタイプ。もちろん、アイスランドの沿岸警備隊のことなんか誰も知らんやろうな、へっへっへ、というのは秘密。

 あと、ハリアーは、爆砕コードは裏側からデカール貼らなくちゃいけないってことに気が付いた(汗 というわけで、爆砕コード部分は省略することにして、完成ということにした。が、土台を今から作るので、それができたら完成写真撮ります。 

静岡ホビーショウ一週間前の焦り

鉄橋23

 どう? 我ながらいい感じの写真が撮れたと思うんだけど。カッチョいいよね(花月川鉄橋復旧現場)
 ほかにどこも行ってないもんだから、ここの写真ばかりですみません。これは昨日(5/4)。
 吊り上げてる棒は10メートルくらいあるかな。巨大な玉掛け。

鉄橋24

 おおっ!! 川を渡ってるっ!! 結構スピードも速いっ!!

 キャタピラ自体は戦車と同じに違いない。でもきっとタイガー戦車とかはもっとゆっくりなんだろうな、重いから。

鉄橋25

 おおっ!! H2Oと書いてあるっ!! 水を撒いてるっ!!
 なんでも珍しくて興奮してしまう私。

 こちらは私の後ろ側、川上で行われている護岸工事に向かうトラックが行き来する場所(土砂を運んでいる)、砂埃が上がるからだろうか? 水を撒いている。
 クローラークレーン「お前のココから出てるのは、水じゃなさそうだな・・・フフ」
 きらら「いやっ、そんなとこ、恥ずかしい・・・・」

30

 気を取り直して、うちに帰って天山(フジミ1/72)の機番を描いた。写真撮るとあまりにもひどい現実に凹む。難しい。
 デカールがないので、もう描くことにしたんだけど、難しすぎる。これは確か香取基地所属の機体。

31

 一日おいて、修正したけど、大してよくなってないな。実は右舷はさらにひどい(汗。静岡から帰ってきて、落ち着いてもう一度やり直すか・・・。

 実は数日前から静岡の合同展に関するさまざまなメールのやりとりやこまごました準備に追われているんです。
 パソコンを新しくしたときに名刺作るソフトがどっかいっちゃって、仕方無いのでネットからダウンロードしてようやく一時間半くらいかけて名刺作り直して印刷終わって、やれやれと引き出し開けたら、名刺がたくさん入っていたという・・・モデラーあるある(←違うやろ あぁ疲れた。

 ようするに、早めにやっときゃいいものを、今頃やるから慌てるんだよね。
 SNSなんか見たら、岩国フレンドシップデーに行ってる人やら、家族と旅行やら、皆さんリア充生活を満喫してらっしゃるようで、ほんと憎たらしい。見てると癪に障るのであまり見ないようにしてる←おい!! 

 などと、毒づいていますが、今年の「なんちゃってJMCブース」をよろしくお願いします。静岡でお会いしましょう。今年は初めてお会いする人が7人くらいいるので楽しみです。
 ただ、去年一度お休みしてるし、今年は三日間歩いて足が痛くならないだろうかとか、人混みで頭痛がしないだろうかとか、夜眠れるだろうかとか(一昨年は夜あまり眠れなかった)。不安でしょうがない。目の下にクマ作ってる顔はあまり見られたくないけど、仕方ない。ともかく三日間、生き延びられるように祈っててください。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ