つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

ハセガワ

放電策(ハセガワ1/72Su-33フランカー製作記)

11

 尾翼とカナードを装着。それとエンジン下のヒレみたいなやつも。あれはなんていうんだろう、ジェット機にはよくついてるよね。確かT-4にもあったしミラージュF.1Cにもあった。

 角度ってこれでいいのかな。不安。ま、ここはハセガワを信じることにしよう。
 例によって少し冷たいインスト娘が登場する。

 飛行機モデラー(59歳)「あのぅ・・・ここ、垂直尾翼と水平尾翼の取り付け位置がわかりにくいんですが」
 インスト娘「お前みたいな豚野郎に説明してるヒマはないんだよ!! ちゃんと読んでから質問しろよ!!」
 飛行機モデラー(59歳)「す、すみません・・・」

 叱られながらも、インストとパーツを見比べているうちに、水平尾翼上についてる小さなパーツと、垂直尾翼の後部が連結するということを発見し、うれしくなる。そうか、インストっ娘は、そう言いたかったんだな・・・・って、インストならちゃんと説明してくれよなぁ。

12

 箱絵を見ると、放電策がついているようなので、作った。この写真は一体何なのか意味不明ですが(汗)、水平尾翼の翼端です、ほかには垂直尾翼と主翼端に一個ずつ。計10本のように見える。

 この部分は、穴を開けて差し込んだけど、垂直尾翼と主翼端はとても薄いので、切り欠いて埋め込むことにする。あ、あとで切りそろえるつもりだから、少し長いんですよ。

 こういう作業のほうが楽しいな。

13

 もうだいたい飛行機らしくなってきた。

 大きいなあ。これで72だもん。ただ、平べったくて何かこう、物足りない。寂しすぎる。これが現用機というものか。
 機首部分は最後にもう一度だけパテを盛った。これで最後にする。

 ポリパテがいいよというメールをくれた人もいた。
 これくらいの段差の場合は、誰でもパテでやるってことなんですね。私はレドームを削ろうかと一瞬思ったんですが(そのほうが早い気がした)、レドーム削ったらカタチが変わってしまうかな?

 段差段差と書いてきたけど、いいところも書かないとね。
 いいところを見つけるのは得意なつもり。なるたけ、いいところだけ見て付き合いたい。

上下を合わせる(ハセガワ1/72Su-33フランカー製作記)

1

 ステキなコクピット。ハセガワ1/72 Su-33フランカーD

 目がクラクラするような青緑色。確か、色の素のブルーに普通のクレオスの黄色を混ぜたような気がする←覚えとけよ

 ネットでも少し調べたけど、活字の資料は持ってないし、いい加減です。
 シートベルトは、ファインモールドからナノアビエーションシリーズで出てるようですね。その画像を見てでっち上げた。なんせ72なので、「なんとなくシートベルトのようなものがついてるな」的なもので、私はいいやと思ってる。

 計器盤も彫刻してあるし、脚の間の脱出するときに引っ張るレバー(赤いモノ)もちゃんとついてるし、私の好きな雰囲気。もしかして久保山さんの設計だったらうれしいなあ。

2


 普通の人は尻もち防止にオモリを入れると思うけど、私は少し重さをほしいのでオモリを入れる。持ったときにほんのわずかでも重さがあるのが好きだから。

3

 そして、さっさと上下を接着した。あーあ、こんなに雑でいいのかな。でもSAコンは締め切りがあるし、急がないと間に合わない。作ると言った以上、頑張らないと。締め切りって超嫌いなんだけどね。せかされるのが嫌いなの。

 大戦機などは必ず胴体と主翼は別々だけど、これは全部が一緒になっていて、どこからが胴体でどこからが翼なのかが判然としない。カタチ的には気色悪い。でも工程的には簡単でいい。
 というか、もうそれなら全翼機でいいのではないか。わざわざ主翼から前に飛び出した部分に操縦席があるのはなぜだろう。視界確保? レーダーなどの電子機器を積むのに具合がいい? やはりこのカタチのほうがスピードが出る? たぶんいろいろな理由があるのだろう。

 架空塗装にしようと張り切っていたけど、マーキングのこと考えてなかった(汗
 やっぱこのままの塗装にするしかないか(弱気

5

 ハセガワ1/72タイガーは、だいたい出来上がった。

 よく見ると、砲身の合わせ目がちゃんと消えてないやん!! あちゃー。男の・・・もとい、戦車の一番大事なところなのに。
 糸でつないだ履帯もつないだときに短くなりすぎたせいか、ひっばられたような状態になっていて、とてもじゃないけど鋼鉄でできたモノには見えない。それにしても焼き止めがうまくできなかったのが悲しい。

 これ以外にも、エアフィックスの九七艦攻も作っていまして、作業部屋は大変なことになってます。パーツなくさないように気をつけなくちゃ。あと、製作記があっちこっち飛んでしまうけど、あしからず。   

コンペ出撃

完成1

 ぐぉぉぉ~!!! ハセガワのフォトコンペに出撃だぁ!! 遅すぎ? いやーこれは性格ですので仕方ありません。昔から何をするのも遅い。模型を作り始めたのも40歳近かった。バタバタ早くするのが嫌いなんだよね(意味不明

 7月17日が締め切りらしいので、まだ一週間近くあるやんとノンビリしてたけど、さすがに焦ってきて、昨日ようやく撮影した。
 ところが、下手な作品をなんとか格好よく見せようと思うと撮影が難しくて、汗がダラダラ出てくる。外が36度くらいあるとエアコンを入れても暑いんだよね。はぁ~疲れた。でもどうにか送信。ハセガワのHP見るとまだアップされてないけど、明日にはアップされるかなあ(不安 私と同様、今頃になって送信してる人がたくさんいるのだろう。なんちゃってJMCもそうだけど、だいたいギリギリに送ってくる奴が結構いるんだよね、大変っす。事務局の気持ち、わかるなあ。

 今、皆さんの作品を見てるけど、私の知ってる人だけでも、フェニックスさん、はつたかさん、N,s factoryさん、ばろんさん、さるおうさん、Ring AKさん、しばやんさん・・・ってほとんどが「なんちゃってJMC」の参加者ですね。ありがとうございます。ハセガワにかわりまして御礼申し上げます。

 参加してない人も、ぜひ投票してね。

完成2

 昨日の夕焼け。こんな空を飛ぶと、ピンク色に見えるんだよ、だからハリアーの裏側はピンク色なの。ふふ。

新聞の記事

 昨日7/11の大分合同新聞の記事。
 先日の西日本豪雨では、我らが大分県の防災航空隊のヘリ「とよかぜ」も出動、例の倉敷市真備町で12名を救助した。
 すごいね。12人の人の命を救ったんだよ!! 感動するね。指揮をとった副隊長から話を聞いている。

 「同じ場所でも優先順位の高い人以外はすぐに助け出すことはできなかった。葛藤と心苦しさでいっぱいだった」

 それは想像を絶するくらいすごく辛いことだろうね。せめて「次の助けが来ますから待っていてください」とスピーカーで呼びかけたという。それだけで救助を待っている人は心を強くしただろうね。
 また初日の救助の際、ホイストのワイヤが建物の屋根に擦れて最悪の場合落下する恐れがあり「針の穴を通すような正確さを心掛けた」という。先日も書いたけど、ホイストは降下する人よりホイストを操作する人のほうが何倍も難しいという(消防航空隊の人に聞いた)。それにしても他人の命を自分が預かるなんて、大変な仕事である。

 鉄塔や高圧線、また他のヘリと接触しないようにするのも気を使ったという。こういう苦労、普段なかなか知ることができないけど、災害のときに知ることができるのは、なんと言ったらよいのか、災害を喜ぶわけじゃないけど、ありがたく記事を読む。

 あ、それとやはり活字の持つ力ですね。ネット上のニュースもたくさんあるけど、やっぱ新聞を読んだときに受ける衝撃って、モニターの中のすぐに消えちゃうような泡沫的文章とは全然違う。
 ふだんは、新聞なんかいらねぇかなあ、と思ってるけど、こういう事件が発生したときはやはり新聞は必要だなあと思う。

武装てんこもり(ハセガワ1/72AV-8B海自仕様製作記)

72

 面倒くさいなあと思って、後回しにしていた尾翼の部隊マーク・・・ようやく描きました。

 なーんか、イマイチかなあ。文字が赤ってのは日の丸に合わせたつもりなんですが・・・問答無用の「ゆき部隊」です。桜のマークのつもりなんだけど、桜に見えるかなあ。意外とスペースが狭くて描きにくかった。
 エナメル塗料を使いました。

68

 ちなみに、T-4を描いたときの画像。改めて今見てみたけど、こっちのほうが数段上手やん・・・涙

 っていうか、こんなふうに数字は下のほうにまとめて、部隊マークは56-012の部分に描いたほうがよかった・・・なんかいかにもウソっぽくなってしまったかな。

73

 サイドワインダーAIM-9L

 超絶な人はフィンを薄くするんだろうけど、私はそのままなので、なんだか寸足らずに見えるのが悲しい。

 サイドワインダーとマーベリックとAAQ-28ポッドは、こんなふうに真鍮線を入れて接着した(マーベリックは二か所)。時間はかかったけど、これでバッチリ。ちなみに爆弾GBU-12だけはわざとイモ付けしてみた。

75

 ひとつひとつ、慎重に取り付けていった。疲れるし泣きたくなるような作業だけど、それが飛行機ってものなのだ。最後にキツ~イ坂が残っている。

 うーん、ちょっと角度が・・という部分もあるけど、まあ、自分としてはわりとうまくいったほうだと思う。もう変にいじって壊すことになるので、このままにする。気を付けて見なければ大丈夫だろう←甘い考え

74

 いちばん恐ろしい、キャノピーのマスキング剥がし。
 悪い予想は当たって風防が少し曇っている。後ろ側はまあまあ。だけど後ろ側にはキャノピー破壊するためのあれ・・・なんていうんだっけ・・・変な模様が入ってるんだけど、あの恐怖のデカール貼らなくちゃならない。あーん、もう泣いちゃう。天山の機番も全然うまく書けないし・・・

 しかしそこは冷静に、取り外して磨くことにした。
 磨く? 本気か?自分 さらに悪い予感。透明パーツを磨くのってこの世でいちばん苦手なんだよね。ほんと一瞬部品請求しようかと思ったけど、今年はもうしないって心に決めたので(部品請求は一年に一度にしたいと思う)、なんとか頑張ることにした。クリアを塗装するだけでもいいかもしれないけど、それより前に一度は磨いてみたい。

 というわけで、取り外した。あーあ、余計見苦しくなるだけかもしれない。すごく悪い予感が頭の中にじわりと広がってくる。なんでわざわざ自分を追い詰めるようなことをするのだろう。
 なーんて、大げさだけどね。やっぱ大雑把だから模型つくりに向いてねぇ~や。

業者日(静岡ホビーショー2018レポート1)

1

 本日午前11:00別府湾を右手に見つつ日豊本線を北上する。さらば九州。実は昨晩はあまり眠れなかった。前日くらいからお腹の調子もあまりよくないこともあり、不安材料には事欠かない。

 別府を出てしばらくすると、日出町(ひじまち)のあたり(去年回天神社に行ったのは、この少し先のほう)、視界が開けて別府湾が見える。爽快である。

4
 夕方静岡に到着、コインロッカーに荷物を入れてとりあえず「静岡ホビースクエア」へ。一度見ておきたかったんだよね。
 常設展は静岡の模型メーカー各社のキットなど。

 今はカーモデラー北澤志朗さんの個展「組み立てる とは なにか」が開催中。
 あ、カーモデラーじゃなくて、モデルフィニッシャーっていうんですね。

3
 同時にフォトグラファー岩瀬慶さんによる、北澤作品の写真も飾られていて、一体になった美しさを醸し出している。

 実は、クルマそのものにはさほどの興味・知識がない(すみません)私みたいな人には、写真の訴えかける力がかなりすごかった。もちろんカーモデルもひたすら美しいんだけど、できたらこんな写真ほしいなあと思った。最近、模型部屋に絵や写真を飾りたいなあと思ってる。

5

 珠玉のカーモデルを見て外に出ると美しい春の夕暮れ。
 きっと明日はいい日になるに違いない。

 実は今年は宿の手配をウッカリ忘れていて、慌てて予約したときには禁煙の部屋が取れなかった。煙草くさい部屋対策は、ラベンダーの香りのアロマオイルをセラミックのお皿に垂らして対処。さらにハーブティーのティーバッグ持参で、これをお風呂上りに飲んで眠れば・・・おかげ様で爆睡いたしました(汗 私の年齢になると、睡眠不足は合わせ目をちゃんと消していないキットと同じで、次の日大変見苦しいことになります。

6

 業者日(5/11)、10時前にはハセガワブースに到着した。
 するといきなり「あらー、どこの美熟女かと思いきや、きららさんじゃないですか」と声をかけてきたのは、ハスラーがががっち!! 思えば大分県を後にして幾千里、ようやくたどり着いたハセガワブースでなんで大分県人と話してるのか私。よほど変な縁があるんだろうね。なんちゃってJMCの常連でもあるハスラーがががっちさんは、大分の「紙創り」さんの手伝いで来ている。

 ハセガワは今年からブースをシンプルにしたそうです。
 通路が広くなったおかげですごく歩きやすくなり、見通しがよくなって話もしやすくなったし、恐らく設営も楽になったはず。

7

 はやく勝人社長とお話したいけど、他のお客さんと話しているのでなかなか話しかけられない。

 新製品などを見ながらウロウロしていると、ハセガワの見本をずっと作られてきた戸部さんが声をかけてくれた。うれしい。
 去年は戸部さんなど社員の方々が九州北部豪雨の被害を心配して電話かけてきてくれたのだ。
 まさかハセガワに心配されるような身分になったとは、自分でも信じられない気持ちだけれど、今回も再度尋ねられる。鉄橋の流れた話などをしながら、工事現場で重機を見ているので次はクレーンですかね?と探りを入れてみる。クレーンは模型的に大きくなってしまうから・・・しかしいつかはやりたいなどという話も聞きました。

 戸部さんと企画の国分さんと話していると、設計の久保山さんのほうから挨拶してくださり、なんかものすごく幸せ気分。以前はドキドキして話していたのもウソのよう。
 私が戸部さんにノせられて、1/700の三笠のエッチングに挑戦したというと、ハセガワの方々も「おおー!!」と言ってくれました。
 ついに、戸部さんは今年で(社員として)最後のホビーショーとなってしまったそうで、何とも寂しい。でも、この数年少しでもお話できて私は幸せだったなあと思う。

8

 写真は新製品のホイールローダですが、さすがハセガワ、コクピットがよく再現されてるようです。なかなかカッチョいいでしょ?

 写真にはありませんが、F-35Bを設計した風早さんにもいろいろとお話伺いました。
 F-35Bは三日で作れるからぜひ作ってみて、と勧められました。合わせ目消しがほとんどいらないんですねえ。
 しばらく飛行機はお休みで、F-35やったから次は大戦機かなあ・・・というくらいの予定のようです。飛行機を作ってくれることは確かですが、それがいつになるかは未定のようで、寂しいかぎり。
 なんといっても、売れる数がまったくクルマやフィギュアとは段違いらしくて、それを聞くとますます寂しい。
 ほんとはメーカーの人もホビーショーで「売れない」なんて話はしたくないだろうけれど、ストレートに言ってくれる風早さんには逆に感謝する。

9
 またまたまた~いつもこんなとこにコッソリ新製品発表のプレートが(ハセガワブース)。
 しかも、全然知らないアニメだし。いったいどこからこんなニッチなやつを探してくるのか、ある意味すごい。


10
 とにかく人形があれこれ話題になってるハセガワですが・・・

 勝人社長「JKはなぁ・・・・ちょっとなぁそれだけは、うーん(赤面・汗) でも俺、今年は“新しいハセガワになる”って正月早々、言っちゃったんだよなあ(汗」
 もう、何言ってんですか!!(笑

 でも、「オレJK好きでさー」とか言われたらどうしようかと思ってましたよ。美熟女が好きかどうかも聞き忘れましたが(汗

15

 そんな勝人社長が「オレ、あれ欲しいよー(作りたいよ)」と言ってたのが、ファインモールドの九試単座戦闘機改修型。

 鈴木社長に「いいですねぇ、好きなものを作れて」とお聞きしますと、「こんなもん趣味でなきゃとてもじゃないけどやってらんねぇの。商売としちゃなりたたねぇんだよ~もう~」と突然、場末の飲み屋でくだを巻いてる町工場の社長モードに突入。
 きららママ「あらあら、スーさんとこも大変なのねえ・・・でもさ、ちゃんと新製品作ってるし頑張ってるじゃないの」
 スーさん「なーに言ってやがる、こんな誰も知らないようなヤツ(九八式偵察機)しか作れないんだよウチはさ・・・(自虐)。これだったら誰も知らねぇからツッコミいれようがないだろうって、ハハハ」
 きららママ「なんだか皆さん大変ねぇ」
 話聞いてると、どうも大変そうで、ほっておけない。でもどうすりゃいいんだ!? 

14

 ファインモールドの九八式陸上偵察機。
 エンジンのパーツなんか見ると、作ってみたくなるよね。やっぱレシプロっていいなあ。

11

 SWEETへ行き、いつものように杉田社長とご挨拶。
 「大分航空隊仕様があるよ」と即座に言われ、零戦を一個購入。
 144なんてもう小さくて面倒だから作れねーよ・・・とか言いながらも、やはり製品見ると作ってみたくなってしまう。だめだこりゃ。

12

 大分県から参加の和巧さん(ブランド名は紙創り)

 48のシートベルトなどを購入。模型屋ではなかなか置いてないので、いつも静岡で買っていきます。ナノアビエーションもすごいけど、私は紙が扱いやすくて好き。

13

 ビーバーコーポレーションで見た、HKモデルズの1/32のアブロランカスター。

 とにかく巨大。

16

 もしかすると、事前に知っていた方も多いのかもしれませんが、私は何も知らずにタミヤブースに来たウッカリ者。
 えええー「空母いぶき」?? タミヤが~!? 思わず後ずさりしながら写真撮ったよ。

 聞いてみると、小学館との関係だとか、俊作様がお気に入りだとか、理由がいろいろありましたが、とにかく「売れそうだから」なんでしょうね映画化もされるらしいし。

 なーんだマンガ? と思うのは、私の頭が古いんだよね。マンガを少し低く見てる世代。昔の人がビートルズを、けしからん若者だとか思ってたのと同じか。
 タミヤのファンは怒ったりしないんでしょうか。きっと怒らないんだろうな。タミヤがやることにケチはつけないと思う。
 ちなみに、戦艦大和と比較してあったのが面白かった。大和と同じくらいの大きさなんだよね、大和がいかに大きいかということか。

 JKに空母いぶきでトドメを刺され、今年の静岡はただじゃすまない雰囲気になってきたぞ(汗

 これまでは、業者日は緊張でドキドキ、全部見なくちゃと焦りまくり、結果的にヘトヘトになってたんだけど、今回はもう好きなとこだけ見て、好きな人と話した。
 そういやハセガワのブースでは大笑いさせてもらったり、なんかよく覚えてないんだけどすごく楽しかった←おい!! 
 さあ、明日は合同展だ。つづく。 

暑すぎる(1/72ハセガワ大刀洗コンボ製作記)

10



















 突然ブログを引っ越ししてみました。ずっと以前から考えてはいたんですが。

 今後も見やすい画面を心掛けていきたいと思います。
 改めて私のブログのスタンスを少し書いておくと、普通模型ブログというのは、製作の参考になるもんだけど、私のは全く参考にはならないのでご注意ください。
 つまりは、書いていることをそのままマニュアル的に受け取るのではなく、眉唾と本物の見分けのつく、違いの分かる大人の男に読んでほしいと思っている。また、注意して読むとけっこうハズカチー内容が隠されているので(頭隠して尻隠さず的な・・・いやーん)、気を付けて読んでみてください。

 さてハセガワの1/72大刀洗コンボ(福岡県の大刀洗平和記念館で販売されている)の続き。基本塗装をしているところ。
 左側の九七戦は上下ともに陸軍の灰緑色(日の丸は塗装)、右側の零戦三二型は上面濃緑色、どちらも自分で調合しているので、怪しい色である。特に灰緑色というのがよくわからない。明灰白色とどこが違うのか。イメージわかないなあ。箱絵とかね他人の作品とかを思い浮かべるけど、緑というより黄色がかった感じのほうがいいような・・・迷うね。

 でもやはり塗装は楽しい。イメージに近くなるように何度も上から塗装していくのが楽しい。整形するのは苦手だけど、ようやく吹けるとホッとする。
 しかし、なんか大事なことを忘れてるような気がするけど・・・ま、いいや。

 あ、キャノピー塗装忘れてるやん!! ああー、またか。よだきいのう(面倒くさい、の意)・・・この暑いのにプラモ作ってるアホは誰か!?(私ですよ・汗
 模型部屋に三分も座ってると全身汗びっしょり、胸の谷間がまるでナマズのようにぬるぬるに・・・いやナマズをそばで見たことはありませんが。

 実は週末、博多で開催されるKPMS(九州の飛行機プラモ展示会)に参加するので、梱包しなくちゃいけないんだけど、作品カードすらまだ書いていない。
 それもこれも、この暑さのせい。めっちゃくちゃ暑いっす。
 きらら「ああーん、暑い~っ」
 零戦三二型「俺がもっと熱くしてやるぜ」 
 みたいな、熱い展示会になる予定。あ、三二型は間に合わないね、この調子じゃ(涙

 また、8/26,27は大分市で おおいたんモデラーズ作品展   が開催されます。大分県の飛行機モデラーはぜひ援軍よろしくお願いします(大分県人でなくても構いません、遠くからの参加もOK)
 

最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ