つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

アメリカ現用歩兵

静岡に行ってきます(タミヤ1/35米軍現用歩兵 完成)

人形11

 一応完成ってことにした。タミヤ(中身はマスターボックス)1/35現用歩兵セットの中の海兵隊のお兄様です。
 バックの写真はネットから拾ってきたものです・・・そもそも、先日はこういうカッチョいいM-ATVを作る予定だった(汗 現在、私の歪みまくりM-ATVは佐川急便のお兄様が静岡に運んでいる最中であります。途中で崩壊してないといいけど・・・祈るしかない。

 えー、武器はM4カービン グレネードランチャー付きです。スリングをどこにつければいいかはっきりわからなかったので(調査不足)、そのままです。

 持ち方もこんなでいいのか・・・銃なんか持ったこともねぇし・・・へなちょこ? 何か変テコな持ち方? 人形作る場合、モデルガンかなんかでいいから、自分で持ってみると感覚がわかっていいかもしれないね。飛行機とか戦車とかは、写真でカタチはかなりわかるけど、人間がモノを持ったときの格好というのは、なかなか難しい。これなんかも「ずっしり」した感じにするのはどうしたらいいのか・・・難しいよね。

人形12

 人形そのものはなかなか格好いいでしょ?  今の人形業界のレベルをよく知らないんだけど、かなりレベル高い気がする。すごく塗りやすかった。あと9体ほど残ってるので、ほかのポーズも作ろうっと。

 影のところにスミ入れみたいにして、明るいところはハイライトを入れたつもり。人形は滅多に塗装したことないし、初めてファレホで塗装したわりには上手いもんでしょ? ハハハ。

人形13

 今にもっと上手くなるさ・・・。迷彩の模様も下手だし色もなんかいまいち変だよね。

 ファレホは、赤、青、黄、白、黒、茶という基本しか買っていません。
 顔は油彩。

 ゴーグルはUVレジンを盛ったら、盛り過ぎでプクンと膨らんでしまった。つい・・・膨らみが好きなもんだから。ホホホ。あ、陸軍はゴーグルしてないんだよね、この人形はイラク戦争のときの装備なんだけど、任務の違いのせいなのかな。

仕込み

 こちらは、次のキットの仕込み中。今年の「おおいたんモデラーズ展示会」はテーマが大英帝国らしいので、唯一持ってるイギリスものを作ることにした。

 さて、やはりギリギリモデリングになってしまった。今日静岡に入り、明日は業者日、ハセガワブースにお邪魔してきます。そして土日は怒涛の合同展・・・なんちゃってJMCブースに是非来てください。今年もどんな人にお会いできるのか、楽しみです。私を見かけたら声かけてくださいね。

 それでは、皆様も良い週末をお過ごしください。行ってきます!!

引き続き製作中(タミヤ1/35アメリカ現用歩兵製作記)

人形1

 AFVの会の興奮も冷めやらぬまま、新しいキットに手をつけた。といっても、MRAPに添える人形です。作ろうと思って買っておいたんだけど時間がなくて作れなかった。

 タミヤのイラク戦争歩兵だけど、中身はマスターボックスだった。まあ何でもいいけどね。男前なら。

人形2

 なんとなく、ポーズが海兵隊のほうが好きだったので、海兵隊のお兄様の中から二体選んだ。

 両手でライフルを構えている感じなんですが、片手だけ接着して、もう片方は銃とすり合わせながらあとで接着すればいいのかなぁ。などと考えながら作り中。両手でモノを持っているのを作るのは非常に難しい。かなり前にヘリの乗員とかで作ったことがあるけど、すごく苦労した。
 武器のモールドはとてもシャープ。しかもM16だけじゃなくて機関銃とか別のものもあってうれしい。ただし迷彩は面倒くさそう・・・ちゃんと塗れるかなあ。濡れてはいるんだけどね(意味不明

 実は、レディス賞の賞品がステキな土台だったんです。私のMRAPにあつらえたようにピッタリ。AFVの会の人の手作りなんだよ!! 頂いた瞬間、これはもう、絶対人形を添えなくちゃと思った。

おみやげ

 一昨日書き忘れたけど、中四国AFVの会のおみやげ。参加賞というか。あと、カンパした人にくれるものも混じってる。カンパなのにモノもらって申し訳ない。せんしゃんのポストカードやマスキングテープなど。

 こんなにいろいろもらって申し訳ない、と言ったら、「せっかく来たのに何かお土産ないと寂しいでしょ」と主催者。なんて優しい主催者なんでしょ。やっぱ岡山の男は日本でいちばんイイよなあ、と思ってよく聞いてみたら岡山出身じゃない人も多く、岡山という土地が人を育てるのか・・・えっ、福山は広島県でしょ、ってツッコミはご遠慮ください(汗

 「せんしゃん」という、戦車をモチーフにしたAFVの会のマスコットもある(徳島モデラーズ倶楽部の松本さんデザイン) レジンキットも販売され、今回作ってきてる人がいました(せんしゃんシャンソン賞という賞まであり、せんしゃんの大戦末期の戦場写真(汗)が副賞として送られていた)。四コママンガも毎度楽しみ。この遊び心がいいっしょ!? 

 ※ところで、先日読んだ白川静先生の本によると、「同輩」とか「先輩」とかいうときの「輩」という字は、「一緒に戦車に乗っている仲間」を表すのだそうです。なんと!! 急にこの文字に親しみがわいてきました。ほかにも、戦争由来の文字はたくさんあって、左翼の人には腹立たしいかもしれないね(笑 
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ