つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

なんちゃってJMC

シャクルトン

表紙1
 「エンデュアランス号漂流記」()アーネスト・シャクルトン著/中公文庫ビブリオ)

 30年くらい前、椎名誠が「本の雑誌」か何かで薦めていたので読んでみたいと思っていたのが、ようやく今年になって読むことになったという本。
 シャクルトン? 確かアブロ・シャクルトンという飛行機あったよなあ・・・とウロ覚えでネットで調べてビックリ(こういうとき便利ですねネット)、飛行機にアーネスト・シャクルトンの名前をつけたらしい。くくぅ~!! イギリス機なんか全然好きじゃないけど、イギリス人のそういうとこが大好き。冒険家の名前を飛行機につけるなんて。

 イギリス人らしさ・・・ウイットと知性と不屈の精神とプライドを失わず、見事氷海から生還する話は、寒い部屋で話の展開にドキドキしつつ香り高いスコッチなどをちびちびとやりながら読むのにぴったりなんですよ・・・飛行機に名前つけるくらいだからわかると思うけど、イギリスでは冒険家はものすごく尊敬されているのだ。尊敬されてしかるべき人が尊敬されている国ってうらやましい。と書こうとしているうちに梅が咲き桜が咲きとうとう静岡ホビーショーの季節になってしまった。

表紙2
 もう一冊は実は今もまだ読んでる途中「山釣り」(山本素石著/ヤマケイ文庫)

 大分市のジュンク堂で偶然見つけた短編集。信じられないくらい面白い。なんていうか、椎名誠のご先祖様みたいなエッセイ。さりげないユーモアがすごくいい。戦後まもない頃の釣り行で、人間がまだまだ今よりは素朴だった時代の話(それでも戦前よりはすさんでしまったらしい)。

 登山や釣りとかの話を読むのが好きです。自分はそんなのやったこともないけど。野球はしなくても野球の試合を見に行くのは好きという人と同じだと思う。
 だってもう、ありえないような話とか、とんでもない話ばかりだから面白いんだもん。
 普通、読んでしまうまでご紹介はしないんだけど、これは2/3読んだだけでオススメしてもいいのかなあと思って書いてしまった。一度に読むのが惜しくて、数か月かけて少しずつ読んでいる。たまにあるでしょ、そういう本。できたら最後まで読みたくない。ずっと読み続けていたい。明日もじわじわ読みながら静岡に近づいていくとしよう。

link_jmclogo
 今年も静岡ホビーショーの季節になった。
 明日から静岡に出発します。業者日(5/11)はハセガワブースを襲撃、土日(5/12,13)はなんちゃってJMCブースにいます。

 最近、模型展示会に行っても、昔のように何もかも写真を撮ることはしなくなった。
 自分の気に入った作品だけ写真に撮り、話を聞いてみたい人にだけ話をする。
 かなり目が悪くなってきているのもあると思う(長い時間見ていると疲れる)
 目が肥えてきているのもあると思う(自分の好きな作品とそうでないものとの格差が大きくなった)

 心に残る作品と人を追いかけてみたい。静岡でどれだけそういう作品と人に会えるかわかりませんが、今年も頑張ってきます。新しい人に会いたい。もちろん旧交も温めたい。

 今年はどんなふうに静岡レポートを書くことになるのか。自分でもまだわからない。でも楽しみにてください。では、明日の昼から行ってきます。しばしお別れです。

日本の夏が往く(つれづれコンペ・空冷の夏)

トリトリ1

 ■エントリーno.7 トリトリさん(40代)

 作るジャンル:「雑食と痛い物」
 得意技:嘘吐きと手抜き
 作品名:「大東亜決戦機の残像」

 キット:ハセガワ1/72

 コメント:夏らしくゼロ観を作ろうと思いましたが、古本で「ああ、疾風戦闘機隊」を読んだら急に作りたくなってしまい疾風を作ってしまいました。

 1式戦の後継機として中島飛行機が陸軍の主力戦闘機として1780馬力エンジンを積み火力は20mm砲×2、13mm銃×2速度は600キロ以上と言う当時の日本軍の戦闘機を全て凌駕する機体として作られました。
 戦争末期の資材不足や熟練工の出征で粗製乱造機が大く作られたのと熟練搭乗員不足で本来の性能を発揮でき無かった非運の名機です。
 正式採用された時に「大東亜決戦機」と呼ばれました。

 製作
 ハセガワ・コンプリートワークスによると、1982年発売合わせも悪くないと解説されていますがエンジンカウリングの接合部と左フレットと胴体の間に隙間が出来るのでパテで埋めて整形した以外はストレートです。
 塗装はフィリピン戦時の色とマーキングが手元の資料には無かったので敗戦直前の本土防空機のカーキ色の機体(MrカラーNo304爆弾用オリーブドラブを使用)をイメージして作りました。
 ハゲチョロ表現とフギィアを置けばチョットしたビネットに出来たかもしれません

 ハセガワの72の疾風は小学4年生の時に作って以来です。
 何度もショットされているせいかバリやキット全体にヨレヨレ感が出ていて 時の流れを感じます。

トリトリ2

以下青い文字はきららコメント

 暑い暑いと言ってたら、一週間前くらいから急に朝晩が涼しくなってきました。こりゃそろそろエンジン点火して作らんといかん、とは思うんですが、涼しくて心地よくて眠いですね(汗

 トリトリさんのコメントに熱い想いがあふれてますね、しかしキャノピーは先に黒く塗装してからのほうがよいかも? 筆塗りしたんですね。このへん時短で作られたのかなと思った次第。


トリトリ3

 しかし、何よりも一機完成させたということのほうが大事だと思います。82年のキットということはそんなに古くもないけど、新しくもない。この時代でもまだ凸モールドなんですねぇ~。でも凸モールドも何となくノスタルジアを感じて、私は悪くないなあという気がします。もしかして、キットが凹モールドになった頃から、だんだんスケールモデルは(子供には)売れなくなっていったのでは!? などと思うと寂しいです。

 この勢いで、また何か作ってみてください。

 大東亜決戦機なんて悲愴な名称ですが、この飛行機自体は日本機離れした高性能な雰囲気。
 ちょっとD-9とか連想してしまいます。男前だなあ。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 私のブログの読者様のお手並み拝見をしたくて、去年から「つれづれコンペ」を開催しています。開催といっても、ブログ上でご紹介するだけですが、よかったらあなたも参加しませんか? 作りかけのキットなど完成させて写真を撮って送ってみてください。最後に私が勝手に一等賞決めます。

 9~11月 「ノーズアートの秋」
 12~2月 「老兵の冬」
 3~5月 「ジェットの春」

 というテーマに沿った飛行機作品でお願いします。それぞれの期間に完成した作品を、写真三枚撮って、kilala397@hotmail.com(または kilala_1962@yahoo.co.jp)まで送信してください。
 名前、年代、普段作ってるジャンル、得意技、作品コメントなどもお願いします。
 六か月くらい公開して、あとは削除していきます。

logo 第五回なんちゃってJMC、今年も、懲りずに開催します(ほんとにもう~ハセガワはJMCやんないのかなあ、こっちはいつまでたってもやめられなくなってしまったよ・・・しかもハセガワもネット上のコンペなんかやってますね、私の真似してるんですね、フフ♪)

 実はエントリー期間は8/31まででしたが、「あいた、しもうた忘れちょったわい」という方はいませんか?
 せっかく参加しようと思っていたのに・・・・というウッカリ者の人、まだ間に合いますよ。

 レギューションなどはこちら → http://jmc.ashigaru.jp/
 
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ