つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

1/72飛行機

どちらがお好き?(ハセガワ1/72 Fw190D-9新旧製作記)



 ようやくゴールしました(ハセガワ1/72 Fw190D-9)。

 苦労した甲斐があって、二機とも立派に育ちました←苦労してねぇよ!!
 悪いけどD-9については全然知らないし、興味もなかったんですが(失礼)、たまたま昭和のキットを頂いて作ってみることにしただけ・・・とにかくキットそのまま、インストの通りに作って、何か違っていてもすべてハセガワのせいにしちゃう作戦です。

 意外なことに、昭和生まれを作ってるときが面白かったですよ。「いったいどんなキットなんだろう」という興味で。
 昔のキットだから、何かトンデモナイ落とし穴があるかも~と、ドキドキ期待しながら作りました。残念ながら落とし穴はなかったけど。

 ここをお読みの方の多くは子どもの頃、このキットを作ったことがあると思うんですが、私は作ったこともなければ見たこともない。
 そういう意味では私にとってはどちらも「新製品」でした。

 言うまでもなく右側が昭和、左側が平成生まれ



 昭和のキット(右側)は、風防の前、機首が太くて逞しい。
 女としては、好ましいカタチをしてます。もとい、「デフォルメ」されて迫力あふれる強そうな感じが好きです。
 でも、スピナは貧乳ですね・・・汗

 やはり平成の娘はシャープできれいです。だけどさ、人生いろいろ辛いことをくぐりぬけてきた昭和の年増もいいものよ。久しぶりに抱いてみない?

 古い方のキットも90年代までは売られていたようですね。今では絶版のようですけど。

 ところで、五式戦や零戦などを作ったあとでこれを作って感じたのは、曲線というか曲面が、日本機とは全然違うよなー!?ってこと。
 更に何ていうか、全体が兵器!!って感じ。日本機は、とにかく飛行機のカタチをしたものに武器を搭載したって感じ。

 そんな気がしました。



 最後にもう一度、1976年生まれのD-9。

 主翼のタブはバリかと思って私が削り落としてしまったんだと思う(すみません)。

 ところで、新旧作り比べも味わいはあったけど、緊張感と言う意味ではやっぱり他メーカーとの作り比べかなあ・・・
 なんたって、天秤にかけるのは女の楽しみ、一度やったらやめられないの。ぞくぞくしちゃう。次は何を作ろうかなあ。

青い鳥(1/72ハセガワFw190D-9 新旧製作記)



 新しいほうのドーラ(たぶん1990年代のキット)がようやく完成。脚もちゃんと接着できた。
 第26戦闘航空団第14中隊 中隊長ハンス・ドルテンマン中尉機 1945年3月 ドイツ・・・・を再現したマーキングだそうです。

 主翼の迷彩塗装は本当はもっとクッキリしてるのが本当なんだろうけど、色に変化を持たせたくて上からいろいろ吹いていたらどんどん境界が曖昧になってきてしまった。


 ハセガワの綺麗なモールドと私の下手くそな工作が混然一体となっている様子(汗

 キャノピーは木工用ボンドで接着したんだけど、ちょいハミ出して汚くなってしまった。

 ラッカーをブラシ塗装だけど、モットリングだけは筆を併用して塗装。筆はハセガワの熊野筆、ぼかし筆(小)。

 男性は「俺は筆塗りを極めるんだ!!」とか「自分はブラシ派だ」というように、何かやるにはトコトンやっちゃいますが、私は平気でブラシと筆を併用する。何でも受け入れちゃうの・・・・

 渦巻きは先に黒く塗装した上から、白はエナメル塗料で。

 何度かやり直して上手く描けたつもりだったけど、まだまだですなー。
 太く逞しいプロペラがステキです。



 しかし、本当に気絶するほど美しい。自分が作ったなんて信じられないくらい。
 D-9もいいもんですね。作るとなんでも好きになっちゃう。
 細部の下手くそな工作とか、そういうの、どうでもいい←よくないぞ

 最近あれこれ私事で大変なことがあったりして、ここ数か月食欲もあんまりないけど、一人で作業場にいるときは模型と二人っきり、何もかも忘れられる時間。大好きなハセガワのキットの中から、作りたいものをゆっくり作る、その幸せ。
 どんなにエッチなことを考えようが、どんなに許されざる行為を頭に描こうが、誰にも咎められることもない。

 これが幸せと言わずして、何を幸せと言えばいいのだろう。



 こうしてみるのも、迫力あっていいね。

 青い鳥はたぶん、作業場にいる。



 背中の「穴」は、一度埋めたけどまた開口しておいた。
 だってぇ~インストには穴がないんだもん・・・ひどいよ!! ハセガワのバカバカっ。

 まあでも、キットとインストが違ってる場合、キットのほうを信じないといけないよね、普通。すまぬ>設計者
 明日は、二機並べた写真を公開します。

いまだ完成せず(1/72ハセガワ Fw190D-9新旧製作記)



 完成? まぁ~だだよ。(右側は古いD-9、左側が新しいほう)、右側はスミ入れしてこの程度、左側はスミ入れしていないけれどこんな綺麗なスジ彫り。

 文句言いながら脚の接着をして、じゃあついでにそろそろ垂直尾翼のてっぺんの小さな突起物が折れてたのを接着して、それからキャノピーも・・・とかやってると、今度はちゃんとくっついていなかった脚が片方とれたりして、あれっ、こっちの水平尾翼が斜めになってるぅ・・・で、そこを接着し直すとまた別のところがとれて・・・
 ああー。もうっ、なんでどんどん壊れていくの!?

 全体に半ツヤを吹きました。
 右側は、古いほうのD-9ですが、こちらは箱から出してみると長い紅白シマシマ・アンテナの先端の金属部分がとれてなくなっていたので、再び接着。それと脚カバーが少し長すぎて地面にこすりそうになっていたので根元側を切って短くして接着し直し。
 ああー、いつになったら完成するんだよ、もう。

 だけどこうやってささやかな悦に入りながら、ふたつのキットを眺めているのって気分いいですね。ふふふ。
 作った人だけが感じられる満足感ってこれでしょうか。

 裏側には今回もアンテナを作った。

 手芸用の細い針金で、箱絵を見ながら。もしかすると下面色なのかな? わかんないけど、アンテナだから金属色でいいかなと思って塗装してません。
 何? 胴体に巻いた白黒デカールがズレてるのが気にならないのかって?
 いいじゃん、御愛嬌ってことにしてね♪

 そういえば、増槽を吊るす部分には先に穴を開けないといけなかったんだけど、新旧ともに開けるのを忘れてた。
 学習しない人間の見本・・・

 この穴はマズイよね?
 なんでここに穴が開いたのか自分でもよくわかんないんだけど。

 木工用ボンドで穴をふさぐことにしました。
 キャノピーは少し幅が狭い気したけど、私が押し潰してしまったんだろうか。
 上から抑えるようにして木工用ボンドで接着。

 さて、もう壊れないよね?(汗
 明日には完成するか!? でも明日はまた帰省しないといけないのだった。やれやれ。

入ったかどうかわからない(ハセガワ1/72 Fw190D-9新旧製作記)



 仕事の合間に一週間ぶりに作業場に座ってみた。
 現実を忘れて・・・。

 心地いい秋の風が入ってくる。
 マグカップの上に置いてあったD-9(ハセガワ1/72 新しいキット)が、カタカタとすこし寂しい音をたてた。

 いつものように、なんちゃってブレーキパイプを伸ばしランナー(黒)で作る。
 三角スケールで測ってみると、この脚は1メートル80センチ近くもあるんだね。長いぞ!!(写真上の段の目盛が72スケール)
 古いキットと違って脚はふたつのパーツに分かれている。接着うまくいくかな。



 脚を差し込む穴が小さくて、なかなか入らない。
 しかも老眼なので、このダボと穴の大きさがあってるのかどうかも判然としない。

 あんまり慣れない相手のとき、ちゃんと入ってるかどうか、男の人は最初わかんなかったりするでしょ?
 あれってどうしてなんだろう。
 焦ると余計入らないし。というか焦るとだんだん柔らかくなって、いよいよ入りにくくなるんだよね。

 脚を接着しながらそんなことを思い出した。
 「ごめんね」とか謝ったりして。意地悪なパーツ。ほんとにもう。

 などと、いらんことを考えているので、角度が決まらない。もう少し調整せねば。

1999(ハセガワ1/72 Fw190D-9新旧製作記)



 裏側はこんな感じ。
 胴体の白黒帯が派手にズレてるねー・・・普通もう少し気を付けて貼らないか!?
 と思うでしょうが、適当に貼ってそのままにしてしまうのが私のいいところ。
 やはり塗装でやったほうがよかったかなあ。でも貼りたかったんだよね。

 スミ入れは少し迷いましたが、このテイスト・・・スジ彫りが綺麗なのでスミ入れしてません。設計者に敬意を表して。

 いまいち使いこなしてない三角スケールをたまには使ってみた。うーん、実機9メートルくらいあるんだなあ。やはり大きいですよね。

 1999年のハセガワカタログ。
 またもや、カタログをある人から頂きました。1999年と、2000年代のもいろいろ。

 1999年は私にとって忘れられない年です。
 初めてプラモデルを作った年だから。

 ほんの15年前なのに、スケールの新製品もたくさん出てたんだなあ。
 それに、72の種類も今よりずっと多くラインナップしている。それだけプラモが売れていたのでしょう

 中身のレイアウトなどはその後ずっとこんな感じですよね。残念ながら読み物など驚くようなページは特にありません。
 でも、常に現役で頑張ってる32のP-51Dを見ると・・・ほんと、お疲れ様です。

 プラモデルの世界が成熟して、出来上がってしまったのを感じます。もちろん印刷技術や写真の技術も上がったのでしょう。

 何でも成熟してしまうと、その後は大変だ。
 長年連れ添った夫婦の危機みたいなものかも・・・

 モデラーはときどきプラモの耳元で、そっと「愛してるよ」とか言ってあげないといけない。

程よい大きさ(ハセガワ1/72 Fw190D-9新旧製作記)

 あんまりうまくいってないウォークウェイ。

 真ん中に書いてあるドイツ語は「フムナ」という意味でしょうか。
 あやしい膨らみは、機銃の弾帯が収まりきらない(いや~ん)からでしょうか。きっと、いっぱい入ってるんですね。うふん。

 エナメルのこげ茶色でスミ入れしました。裏側はしていません。スミ入れするとくっきりしすぎて「やり過ぎ」になるかなーと思ったので。ここらへんも72的にはどうかなって、自分なりに考えながら作っています。


 あんまりうまくいっていない垂直尾翼の塗装(てっぺんの突起が折れてるし)。

 まず黄色はムラになってるし、数字の部分は本当は下地は水色(バルカンクロイツ部分と同じく)。実機はここをマスキングしてから黄色を塗装したんでしょうね。
 タブ部分(五か所)はデカールがついてるけど、ここは熊野筆の仕事でしょう。ちょいちょい・・・と塗装していく。
 下地に白を塗装していないので、少し濁った赤になるけど、それくらいでいいかなと思う。鮮やかな真っ赤では72にそぐわない気がする。

 こんな大きさ。かわゆいね~。

 ふと思ったんだけど、72の大戦機(単座戦闘機)の大きさってちょうど手のひらに収まる大きさなんだよね(とはいえD-9は若干ハミダシ気味ですが)。
 胴体の長さなんか、何となく何か大切なモノを連想する大きさですよ!! おおっ。それで余計愛おしさを感じるのだろうか。

 おっぱいの大きさなんかも「掌に収まるくらいがちょうど良い」なんてよく言われますが、そういった器官は人間の手にちょうど持ちやすいように進化してきたのかもしれない。
 そうしてみると、72というのは脳科学的にも非常に気持ちのいい大きさであると考えられる。
 なーんて勝手に結論する。

 あとは胴体下の突起物関係(主脚も含めて)作って接着せねば。これが結構メンドクサイんだよね。あと一息。

 

ウォーク“This”ウェイ(ハセガワ1/72 Fw190D-9新旧製作記)



 尻尾の黄色いところを剥がすときはドキドキだった。
 あんまり期待はしてなかったけど、まぁそれにしてはよかったほうかもしれない。そんなにはみ出してはいなかったから。
 ただ、アンテナ線をつける部分・・・可愛い突起物の部分がマスキングテープと一緒に持って行かれ・・・まあいいや、最後に接着するとしよう。

 でも、マーキングや「にょろにょろマーク」(中隊長のマークなのかな?)も貼ったら、しびれるほどカッチョいいぜ!!

 インストによると、この機体は1945年3月の状態を再現してるんだよね。ドイツの終戦直前ってことだよね? 
 この後、ドルテンマン中隊長はどうなったのか・・・そのことには全く触れられていない。そこが私は気になる。ちゃんと故郷に戻れたのならいいけど。

 こりゃちょっとヤバイ。バルカンクロイツの真ん中を切り取らないと。
 おまけにスピナの渦巻き模様もヤバイですなー。

 この渦巻き模様は、魔除けという意味のほかに、回転していることがわかるっていう意味もあったそうです。
 先日熊本に行ったとき、そのことを教えてくれた人がいた。誰だったっけ・・・。

 ナイフを当てながら「ちょっとの辛抱だからね」と言いながら切り取っていく。

 写真に撮ってみたら、けっこう端のほうが残ってるけど、まっいいや。老眼ではわかりません。

 このデカールはわりとマットな感じの印刷で、特に胴体の白なんかは象牙色っぽい。私の好きな白です。



 古いD-9と違って、細かい注意書きや私の大嫌いなウォークウェイの点線もちゃ~んとデカールになっている。
 面倒くさいなあ。

 たけど、練習のつもりでほぼ全部貼った。それにしても新しいデカールってやっぱり貼りやすいねぇ!! 水に漬けるとすぐに動くようになるし、ほとんどトラブル無し、すいすい貼れる。

 点線は、いちばん長いやつだけ念のため二つに切った。予め切っておくほうが失敗のリスクが少ない←学習した
 写真に写ってる側はまあまあうまく貼れたけど右側は下手です(汗。

 いつも思うんだけど、どうして飛行機ってデカールを貼ると格好よくなるんだろう。

 オヤジに聞いたら言われたよ
 「童貞の間は、何も分からないままだろうな、
 女を知ってはじめて、生き方も変わるさ」(“Walk This Way”エアロスミス)


 まぁ確かにそうだよなぁ・・・汗
 童貞がデカールの貼ってないD-9だとしたら、女を知るってのはデカールを全部貼り終えた状態というくらい違うよね。たぶん。

誰も来ない(ハセガワ1/72 Fw190D-9新旧製作記)

 なんでもそうだけど、最初ダメでも、だんだんよくなればいいんじゃないか!?

 そう思えばどんなにひどくても、望みを捨てずに頑張れる。
 頑張れ自分。あきらめるな私。

 色味を白っぽくしようとして、単にグレーを吹いてみたら、ヘンに白くなっちゃって、しかもブツブツと飛沫が飛んで最悪になった。
 あーもう、泣きそうですよ。
 でも、泣いたって誰も来ない。“No One Came”(ディープ・パープル)

 そうやって、モデラーは泣きながらブラシを吹くのだった。うまくリカバリできるのか、その保障はどこにもない。

 日本中、今もどこかで泣きながら吹いている人がいるに違いない。
 誰にも言えず、こっそり自分の失敗をリカバリする(堂々と晒してますが)。

 グリーンにマホガニーを少し混ぜた色を何度か吹いて、どうにかここまでこぎつけた。もういいや。

 新兵器導入!!

 書くのを忘れてたけど、実はお盆過ぎ頃にレギュレーターを買った。
 すごいぞこれは!! 面白い。

 「ああっ、もっと強くして・・・」とか「そこはもう少し優しくしてね」とか言いながら、圧を上げたり下げたり。オトナのお楽しみだね。
 こんなに楽しいなら、もっと早く導入すべきだった。
 ビンの中には、怪しい水が溜まってくるし。
 ここをご覧の方々も「口では嫌だと言いながら、体は正直だな・・・いやらしい水がこんなに出てるじゃないか・・・」とか言いながら、ブラシを吹いてるわけですね。成程。

 柔らかい圧力で吹くと、ずいぶん細吹きできるので、これなら0.2ミリのハンドピース買わなくていいかなあ。



 というわけで、排気のススというか焼けてる感じをグレーで吹いてみると、一段と格好よくなってきた。
 さあ、あとはデカール貼って完成だあ!!

モットリングが終わらない(ハセガワ1/72 Fw190D-9 新旧製作記)



 これを完成しないことには前に進めないので、やっぱりこれを仕上げることにした。捨てるには惜しいキットだもん。ちゃんと完成させて、古いD-9と並べてニンマリするまでは頑張るよ。

 もちろん、ハセガワから頂いた熊野筆のぼかし筆(小)を使っています。
 なんといっても頂いたもの、最初は優しく優しく撫でていたのが次第に興奮して・・・もとい、次第に「もういい、筆一本くらい壊れてもいいや、買えばいいじゃんこれくらい」という大胆な気分になってきて、これでもか、これでもかと哀れなD-9を責めまくっています。

 でも今のところ筆は壊れていない。どれくらいもつのだろう。



 ちょっとモットリングらしくなってきたかな。
 写真に撮ると辛い感じするけど、肉眼で見ると、けっこういい感じになりつつあるよ。

 ご覧のとおりこのキットはコンボなので、Fw190A-8も入っている!! だからそっちも作りたい!!(A型のほうがドーラより好きなくらい。モビルスーツで言うとザクって感じで好き)
 でもそんなことしてると来年のUAMCに持って行く予定のヘリコプターが一個も進まない!! どうすりゃいいのだ。



 箱絵をお手本にしてモットリングを描いているところ。
 色が全然違うかなあと思ってたけど、こうやって写真に撮ると、当たらずとも遠からず的な感じしませんか?(違うかなあ・・・

 ところで箱絵に文句つけるわけじゃないけど、この絵って48くらいの大きさだってことがわかるでしょ?
 48の機体を作るなら、これを完全に塗装見本にしたっていいと思うんです。でも、72はご覧のとおり、絵よりかなり小さい。

 つまり、このままの色や雰囲気で描くよりも、そこは72的方法論(おおっ、格好ええな)で塗装したほうがいいんじゃないかと私は思う。

 なーんて言いながら、20分くらい描いては疲れて1時間休む・・・・だらだらモデリング。
 窓からはそよそよ~、気持ちいい風が吹いている。眠らずに模型作るだけでも、偉いよね私。

 とはいえ、KA-52はコクピットを少しずつ作ろうかなと思ってる。ネットで探したら、なかなかクールな塗装の機体があったのでテンションあがりそう。

長い鼻のドーラ(ハセガワ1/72 Fw190D-9新旧製作記)



 昨晩、小物を取り付け半ツヤクリアを吹いて、一応完成しました。
 アンテナ線はないけど、キャノピーは木工用ボンドで仮止め、とりあえずこれで持って行きます。
 
 ひげオヤジさんからの頂きものの古いキットにて、キャノピーは入ってなかったのでハセガワの新しいキットのものを流用。
 胴体が太かったのでかなり削ったんだけど、下手くそなので胴体が変なカタチになっていてフィットしないので、少し開けた状態で接着。本当はコクピットの中身はあんまり見せたくないんだけど(汗。



 主翼下の長いアンテナ(紅白シマシマ)は、すごく目立つので作り直した。伸ばしランナーと細い手芸用針金にて。

 太いプロペラが格好いいなー。日本機はプロペラだけがどうもいただけない。(日本機は)エンジンが小さいからプロペラも細いのかな。
 スピナの形は、平成のキットと比べるとこちらは細いのがよくわかる。
 渦巻きも、ちょいヨレっとしてるけどね・・・とりあえず妥協。



 胴体下にはループ状アンテナと短いアンテナがついているので、それも針金で作ってみた。瞬間接着剤がハミ出すのも厭わず。とにかく突起物だけは作らずにいられない。
 いっぱいアンテナがついててヘリコプターみたい。
 主翼の機銃を作り直したのはいいんだけど、作り直さなかったピトー管がやたら太くてかっちょ悪い。帰ってきてから作り直そうかなあ。

 細部に昭和の香りがするかもしれませんが、それがいいのさ。



 いやー、どこから見ても格好いいですねぇ。男らしくていいねぇ。
 こないだはムスタングが最高!! とか言ってたわりに、今度はドイツ機をほめちぎったりして。
 とにかく自分が作ったら何でもよく見えちゃう。

 あとは熊本から帰ってきて平成のキット作って、並べて味わいたいな。そのときまたゆっくり祝杯をあげよう。
 とりあえず眺めるヒマもなく箱に入れて明日の準備。

 完成するとホッとすると同時にいつも訪れるわずかな寂しさ。これは一体何なんだろう。

 というわけで、土日は熊本トムキャッツさんの展示会に行ってきます。
 詳しくはこちら→熊本トムキャッツHP(音が出るのでお気を付けください)

 福岡県、佐賀県、大分県あたりにお住まいの方は、日帰りで見に来ませんか。飛行機モデル専門のクラブです。
 
最新コメント
人気ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ