つれづれプラモ製作記

見た目は女子、中身はオッサンのきららです。飛行機中心にプラモいろいろ作ってます♪

1/72飛行機

やはり飛行機は難しい(フジミ1/72スカイホーク製作記)

15

 うひゃーキャノピーのマスキングが最近どんどん下手になってきてるな私。マスキング剥がすときがもう、恐怖の瞬間。

16

 タッチアップしたけど、あんまり変わってねーや。もうちょい、きれいにしよう。

17

 裏側に脚や増槽などを接着しているところ。脚カバーもたくさんあるし、現用機は大変だ。でもたくさん接着すると、密度感が出てカッコいい。頑張ろう。ほんの少し、主脚にも黒の伸ばしランナーでブレーキパイプ。

18

 前脚にも、黒い伸ばしランナーを追加(伸ばしランナーだと接着が楽っす)。こういうところは、案外楽しんで工作してる。それにこの脚の雰囲気、精密でいい感じ。多分本物のスカイホークの脚が格好いいんですよ。なんかディテールが複雑でコードがいっぱいついてる。あ、もしかして艦載機だから? 特に前脚、キャラが立ってるって感じで好きやわー(※これらは個人の感想であり、事実とは異なる場合があります

 さてもう少し頑張って、細かいところを接着しておしまいにしよう。とか言ってたら、あーっピトー管折れた←モデラーあるある

 ヤマハSR400はお約束の「やっちまった爆弾」が炸裂、次回お楽しみに!! 

完成(タミヤ1/72IL-2シュトルモビク)

21

 完成。タミヤ1/72イリューシンIL-2シュトルモビク。完全ストレート組みです。

 コクヨの「ひっつき虫」(文具店に売ってる)で迷彩の微妙なボケ足を表現、なかなかいい感じになって大満足(一部失敗もあるけど)  久しぶりに軍用機の三色迷彩塗装したら、汚い色だなぁ~嫌やなぁ~と思ったけど、いざ出来上がってみると、マッチョでこれもまたいいやん。なんか強そう~。

 主翼と胴体の合わせと、主翼前縁の脚庫出っ張り部分は、丁寧にすり合わせてください。私がタミヤと相性が悪いだけかもしれないけどね。たはは。

22

 軍用機史上最多36,000機以上が生産されたシュトルモビク。6トンにもなる機体を飛ばすため、大きな主翼を備えている。エンジンからコクピットまでは防弾鋼板で覆われ、キャノピー前面には防弾ガラス、胴体後部はアルミ不足のため1942年中盤以降すべて木製であった(キット付属の解説より)

 当初後部機銃を持たない機体は大損害を受けたことで、12.7ミリ後部旋回機銃を設置したらしい。これでマッチョ感が増したね。エンジンの名前が、ミクリンっていうのが何かアイドルっぽい(笑
 防弾板のせいか?コクピットがほとんど見えないキャノピーなので、中身はいくらでも手が抜ける。コクピット好きな私だけど、今回はシートベルトすら作ってない。

23

 機銃を先に接着したのがアホだった。やっぱりいつのまにか折れていた(泣 真鍮線でそれらしく作ったつもりだけど、あんまりそれらしくない。

 アンテナ線は張らない流儀(そんな流儀あるかい 
 主翼上に国籍マークがないのが寂しいけど、胴体に派手なスローガンがついてるのがアクセントになる。

25

 細部、いろいろアレな部分が多いけど、こーなってるんだなあ~というところを見てください。

 機首上側がラジエーター空気取り入れ口、下側のがオイルクーラーだと思います。なんだかんだ言って液冷飛行機いっぱい作れたってすごいよなぁ。悔しいなあ。

 いかつい主脚の構造は、機体が重いからかな。あ。ブレーキパイプとか全く考えてなかった。

24

 調子に乗って250kg爆弾とロケット弾を搭載したけど、実際はこんなに搭載できません。
 スミ入れはウェザリングカラーで。空薬莢排出口?の穴のあたりとか汚すべきか? こういうのよくわからないのでやったことがない。全体の色に関しては、常に自分で作っているので、あまり当てにしないでね。ほんと何の参考にもならん製作記やね。

 対地攻撃機ってわりと好き。戦車の敵だから。まぁ爆弾落とすにいいも悪いもないけどね・・・爆撃機の任務よりは好き。

20

 というわけで、片目つぶって見ると、なかなか良いでしょ。大きさとしては、翼の横幅は97艦攻と同じくらいだけど、胴体はちょっとこちらが長い、という感じ。

 しかし軍用機史上最多生産機とは恐れ入りました。ソ連がどんだけドイツに脅威を感じていたかということじゃないだろうか。戦争とは徹底的にやるほうが勝つものなのだろう多分。

 こういう機体はつや消しが似合うのかもしれないけど、私は72は常に半ツヤ。艶消しにする勇気がない。48でバリバリのツヤ消しウェザリング・グラデーションそりゃちょっとやりすぎでしょう的表現、っていうのもやってみたいけど・・・。

 もう少しで放置→廃棄となりそうだったシュトルモビクだけど、完成できて良かったぁ!!(そもそもD-9との空戦ジオラマ作ろうかと無謀なこと考えてた)

完成間近(1/72シュトルモビク1/72スカイホーク)

18

 連休はとりあえず行きましょう、模型部屋へ。まずは作りかけを完成させよう。皆様も作ってますか??

 タミヤ1/72イリューシンIL-2 シュトルモビクはあと少しで完成というところで後部機銃が折れたので、0.5ミリの真鍮線で復元。あと少しのところでこういう事故発生というのは、精神的にきつい。でもそれが模型の宿命かもしれない←お前だけやろ

 アレな出来だけど、遠目にはわからないよ。私もこの写真見て、あー、こうだったのねと初めてわかったもん。
 もうすでに、自分が作っているものが見えていないというギャグ的状況。笑いながら作ろう。

19

 排気の焼けは実機はどうなっているのか。

 あまり見たくなかったんだけど、ネットで少したけ画像を見たら、焼けているように見えたのでラッカー塗料を少し吹いた(焼けた色を自分で作っている) エナメルを吹けば失敗しても拭き取れますよといつも言われるが、ま、失敗も味のうち。あと、他人の作品もネットで少し見たけど、色については私の作った色もそんなに見当違いではなかったと判明。よかったよかった。

13

 フジミのスカイホークも山場を迎えている。え? Wが欠けてるって? 気のせいでしょう。

 機番はなぜかいちばん右の6が薄くなっていたので、ほかの機番から持ってきて貼った。デカールは数時間太陽光に当てた。けどよく考えたら白いところはあんまりなかった。意味ねぇな。でもとにかく、何の問題もなく貼れた(Wが欠けてるのにこう言っても説得力ないなあ)

 それにしても、マークセッターってどうしてあんな大きな瓶に入ってるんだろう。一生なくならないぞ。

14

 横から見ると・・・おー格好いい。あとはクリア吹いて少し汚しをして、脚や小物を付けたら完成。今回は最後の最後に脚をつける作戦。このほうが壊す可能性は低いかも。

 でもロービジだから地味だね。サムライマークだから楽しみにしてたけど、こんなのわけわからん。やっぱ派手な記念塗装をみんな作りたがるわけだよね、当然だよね。わざわざ苦労して、見えにくいロービジを作るって、考えたらちょっとヘンですよ。すでに歪んだ喜びですよ。ほんとにね・・・他人から理解されにくい・・・でもそこがイイかも・・・

赤くない?(フジミ1/72 OA-4Mスカイホーク製作中)

9

 だめじゃん、この塗分け・・・

10

 少しマシになった。
 やり直すのは本当に面倒くさいね。ここで凹んで手が止まると放置になる。でも頑張る私。

11

 前脚に、なんちゃってコードを這わせた。世界の傑作機を見ながら。素材はいつもの伸ばしランナー、白い伸ばしランナーだと色を塗らなくていいから、便利です。

12

 この、前縁スラットの部分、スカイホークといえば赤いのが定番だけど・・・やっぱ違和感ですか? ロービジだから赤く塗ってないの? 赤いのだめ? 少しググってみると赤くない(汗 塗装しなおそうっと(小さい声

 それに、色がなんか青すぎ? というか紫色に振り過ぎ? というか塗料が濃くてモッサリ? ようするにド下手? まあ、言えよ、何とでも。ただし、こっちに聞こえないようにな。 

 今日は大分に買い物に行こうと思ってたんだけど、私の住んでる町でもcovid-19のクラスターが発生し、連日感染者が増えているので、さすがに怖くなって中止した。悔しいから、楽しい週末になるように頑張って模型作ってるんですけどね・・・。もうバイク作ろうかなあ。飛行機やっぱ難しいわぁ~(弱気

ご期待に沿う(タミヤ1/72シュトルモビク製作中)

16

 そろそろなんかやらかすんじゃないかと、毎晩期待に色んなところを膨らませている人もいたと思うので、ちょっとやってみました。

 まずは、武装なんだけど、250kg爆弾二個とロケット弾を四個搭載してみた。もう少し小さい100kg爆弾もあったけど、デカいほうがいいでしょ。先端が金色なのが格好いい。
 でもこんなにたくさん搭載できないんだろうなあと嫌な予感がしてインストみたら、やはり三種類の武装のうちから一つ選べと書いてあった(汗 でもいいの。女って貪欲なんですもの。ウフフ。

17

 半ツヤクリヤ吹いて、スミ入れして、あとは透明パーツ取り付けたら完成!!・・・と思って機体を見たら、後部機銃の銃身が折れてなくなってた。

 こういうときに限って、昼間掃除機をかけてたりするんだよね。ああ~やっぱ完成するまでは掃除機かけたらダメか・・・でもゴミだらけで気になるし・・・。

 真鍮線でなんちゃって銃身作るしかないか。すごく小さいパーツだから折れそうだなあと思ってたんだよね。本当に最後の最後に取り付けるべきだった。やれやれ。

 私の住む町は、今年も早速全国一の30度台をたたき出してますが、おかげ様で塗装の乾くのが異様に早い。ま、何かいいこともある。どんどん作ろう。早いところ片付けてバイク模型作りたいというのも本音。

ひっつき虫使いまわし(フジミ1/72OA-4M製作中)

7

 二色目吹いた。フジミの複座スカイホーク。米軍のロービジ色はすべて自分で適当に作った色だから怪しい。

8

 三色目吹いたけど、小物をいろいろつけていないのに気が付いた。やれやれ。シュトルモビクからひっぺがした「ひっつき虫」を今度はこちらに再利用している。剥がしたときどんな色になってるか・・・恐いなー。もっとよく考えて作るときは、先に一度三色を吹いてみるけど今回はリハーサル無しのぶっつけ本番。あれ、今この写真見るとなんかマスキング失敗してるような・・・ま、やり直すしかない。

6

 このロケット弾は見たことがない気がする。

ナム航空戦

 航空ファン増刊の「ベトナム航空戦」に写真かあった。機体形式はちょっと違うけど同じロケット弾の様子。ウィキペディアによるとズーニーロケット弾というやつらしい。ひとつのポッドに四本入っている。ロケット弾は無誘導の爆弾だから、飛行しながら発射して当たるのか!?って気がする。でもベトナムで使ってたくらいだから有効だったのだろう。

飛行機を作る手順(タミヤ1/72シュトルモビク)

13

 脚庫が主翼前縁まではみ出している部分(だと思う)は別パーツになっていて、先に接着して整形しておくべきだった。今ごろ気づいて接着したら隙間ができた。

 タミヤのキット作ってて隙間ができると、凹むなあ。ちゃんとすり合わせして接着すれば大丈夫なんだと思う。ま、隙間は見ないことにして先に進む。機銃も先に接着すべきだったと今気づいた。

14

 気を取り直して楽しいデカール貼りにいきましょう。新しいデカールだと、すいすい貼れるね。しかも主翼の上に国籍マークがないんですよ!! 信じられる!? ソ連てスゲーな。そのかわり、胴体になんかいろいろ書いてあって派手。やはりデカール貼るとそれなりに格好よくなるからうれしいね。

 注意書きなどは何もなく、あっというまに終わった。あーあ、物足りない。

15

 一番いやな作業が残ってた(汗 こういうのは先にしとけばいいんだけどね・・・

 思うに、飛行機模型が中折れになりやすいのは、小物類が最後にいっぱいあるからだと思う。人によってはアンテナ線も張ったり。塗装とデカールが終わって「よしっ、もうすぐ完成だ」と硬くなった気分が、一気に萎えていく。あー、もうあなたとは、いいです・・・箱に収めて放置・・・いちばん悲しい結末。

 かと言って、先にキャノピーのマスキングなんかできますか? エッチする前に仕事片付けろとか言われてるようなもんですよ。でもそれはまぁ我慢してやったとしても、ピトー管や脚を接着するのは最後じゃないと物理的に無理。それもまあ、バイクみたいに最初から塗装して組み立てて、という繰り返しなら最後に小物をつけるのも全然苦痛じゃない。でも飛行機は塗装とデカールでイっちゃった後に一仕事残ってるという・・・生理的に無理な手順だよね。

 などといらんこと考えてる時間にマスキングできますね、はい。マスキングテープは先日買ったクレオスのやつ。うーん、そこまでいいかどうかイマイチわかんない。でも確かに薄い。もしどちらか選べと言われればクレオスのを選ぶな。

ささやかな楽しみ(フジミ1/72OA-4Mスカイホーク)

2

 こちらはフジミのスカイホーク。あっち書いてこっち書くもんだから、どこまで書いたかすぐにわからなくなる。すみません。

 ここまではあまり苦労せずに進んできた。ちなみにこのキットはハセガワのよりもすごく新しいキットみたいで、パーツも多く「なんか良さそう」な雰囲気がしてる。とはいえ、カタチがどうとかってことは全然わからないんだけどね。最近思うのは、飛行機モデルを「カタチがどうとかわからないで作ってる」って、本当にむなしい気分になる。美味しいか美味しくないかわからず、ただ空腹を満たすためだけに食べている人みたいなもんだろうか。違いがわかる人はわからない人に比較して数百倍、数万倍も楽しみを感じているに違いない。そういう自己満足こそが趣味の醍醐味なんだろうけど、残念ながら私には一生わかりそうもない。そう思うと、何かむなしい。ただ、わからないから「なーんだ、このキットだめやん」とがっかりすることもない。そう思うと、まずいものを食べても満足できるのは幸せかも・・・という気もするし、幸福論は奥が深い。

3

 コクピットの写真撮るの忘れてた。シートベルトはうっすらモールドされていて、もういいやこれで・・・と、完全にやる気のない私。でも、計器盤などは彫刻されてるし好きな雰囲気です。頭あてのところの、緊急脱出時に引っ張るやつがパーツ化されてる。これは自分で作りたかったなあ。

4

 飛行機モデリングが楽しいだけで終わるわけがない。

 げげっ、なんでこんなに隙間が・・・インスト通りにやってるだけなのに。変だなあ、古いキットでもあるまいし。

セケツ

 慌てて「世界の傑作機」をひっくり返す。そしたら、ずばりこの機体と思しき写真があった。ああっ、リップというのか、空気取り入れ口のところが少し前に出てる・・・そっか、そうだったのか

5

 胴体側にぴったりあわせて接着した。黒光りしてるのがセクシーでしょ。なんか興奮しちゃう。

 ジェット機ってこの空気取り入れ口が別パーツになってる場合が多い。ここは完全に段差をなくさないといけないとこですが・・・イマイチだね。でも気にせずどんどん進む。
 

迷彩をひっつき虫でやってみた(タミヤ1/72シュトルモビク)

10

 シュトルモビクは、最後の黒(青っぽいグレーっぽい黒)を吹いた。
 うまく塗装できてるかな!? 剥がすまではわからない。失敗してたら捨てよう。

11

 おおー、うまくできてた!! というか、茶色が全然違ってた(箱絵とは) これじゃまるで陸自のコブラやん!! コブラ愛が変なところで発現してしまったね。てへへ。
 ところでなぜシュトルモビクを作ることにしたかというと、そもそもD-9の敵役で作ろうと思ったんだよ。空中戦ジオラマにしようかと思ってたの。でも面倒だからやめた←おい!! 

12

 微妙な感じになってるかな。くっきりではなく、かといってボケボケでもなく。72だから限りなくくっきりに近いボケ足を狙った。

 コクヨの「ひっつき虫」は初めて使った。くっつきすきない粘土のようなもの。文房具屋とか、ホームセンターとかに売ってる。たぶん繰り返し使えるんじゃないかな。

 適当な太さのヒモ状に丸めて、迷彩にしたいカタチに置いていくようにするだけでくっついてしまうから、あっというまにできちゃうよ。これがあったら三色迷彩も恐るるに足らず!! いやーマスキングテープ切ってたあの手間は一体なんだったんだ、というくらいの革命的道具ですよ。

 Su-33リベンジしたくなってきたなあ~。これまでは72は「くっきり迷彩」であきらめてきたんだよね。

SA

 SA(スケールアヴィエーション)五月号が届いた。今回は2000円で楽しむヒコーキ模型の世界、という特集です(バイクにランナーが入ってたビニール袋を半分に切ったものを被せてホコリを避けているのに注意)

 私も「2000円以内で模型買ってこい」という編集部の指令を受けて、アカシ模型店じゃあ選択肢が少なすぎるし大分の秘密基地も右に同じ、これはもう別府のメカドールに行くしかあるまい、ということで行ってきた。実はこのキットが誰かとカブったときのために、もう一個買っておいたという周到な作戦。迷いに迷って最後選んだのがこのキットだった。ジャケ買いだったけど。何を買ったかは本誌を見てね。作りもしない、好きでもないものは買わなかった。必ず作りますよ。私の顔も出てますが、なんかブス(あ、もともとか
 言っとくけどこの企画は原稿料は無し。模型代だけくれるらしい。まさに「大人のおつかい」でした。
 

新緑(タミヤ1/72シュトルモビク製作記)

亀山公園1

 週末は土曜に模型部屋の大掃除、日曜はいつもの亀山公園に行ってきた。

 日隈山は城跡で、石垣などが残っている。天守があったと伝えられる場所には現在は神社が建ってるんだけど、その場所に続く石段。厳かな気分になる。誰も歩いていない貸し切り状態。木々のトンネル、カエデの木々の鮮やかな新緑、芽吹く草木の香、葉擦れの音。

亀山公園2

 自分の好きなコース、川のほうに向かって降りていく。このあたりは枯草になかば埋もれた石垣があって、石垣ファンにはたまらない。
 大きな石の上に乗って三隈川を見下ろす。絶景哉(かな)。広瀬淡窓先生もこの景色を愛したという。もちろんかつての城主も、ここに立って静かに月がのぼってくる景色を見たかもしれない・・・なんか昔の人ってある意味贅沢だったよね。木々の間に島内堰が見える。

亀山公園4

 島内堰を歩く。ここに来ると、いつも必ず強い風が吹いている。ボンヤリ歩いていると吹き飛ばされそうな気がするから、心して歩く(っていうか高い所が苦手)。

亀山公園3

 昭和38年6月 三菱重工横浜造船所 製作 と書いてある。いつかも紹介したような気がする。最近、書いたかどうかすぐ忘れるのですみません。 
 造船所がこういう水門も作るんだね。

8

 タミヤのシュトルモビク1/72は、茶色を塗装してからひっつき虫を境界線にくっつけた。絶妙な感じでくっつく。

9

 続いてグリーンを吹いた、ちょっと鮮やか過ぎたので、この後少し白っぽいグリーンを上から吹いた。退色した感じにしたい。一晩おいてからマスキングして、最後の黒っぽい色を吹いたらおしまい。

 最近全く何も考えずどんどん作ってます。いや以前から、そんな別に難しいことやってたわけじゃないけど、やっぱ考えるより作ってるほうが好きだもん・・・そこは素直に認めて、無理に考証派の真似なんかするのは、もうやめた。というか、いろいろ面倒くさくなってきたんですよね、最近。他人より上手くなりたいとか、おじさんたちに認められたいとか、バカにされたくないとか、etc・・・面倒くさい。とにかく自分と同じようなスタイル、ベクトル、好みを持った人とだけ話していたい。年とともにあらゆる「欲」が縮小していくのかなあ。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ