つれづれプラモ製作記

見た目は女子、中身はオッサンのきららです。飛行機中心にプラモいろいろ作ってます♪

1/72飛行機

完成間近で完成遠のく(ハセガワ1/72VF-25メサイア製作記)

25

 この機番のためにF-2(のデカール)を待ってたのだよ。しかしこのデカールはOFS(オフセット)なんだよね、おろいい(※大分弁でボロい、の意)やつやん。いやだなー。何となくにじんだような感じがするけど、こういうものなの? 印象よくないよ。

 機番の位置だけど日の丸が機番の後ろのほうがよかったかな。日の丸の位置が変? 現用機知ってる人にはヘンテコに見えるかも。そんなとこじゃねえよ、というツッコミが聞こえますが、急に耳が遠くなるのであしからず。

27

 垂直尾翼には部隊マークを貼った。この機番や部隊マークは三沢基地のやつ。なんとなくガンダム的だけど、武者の絵だね。ガンダムが武者っぽいカタチをデザインしてるってことか。

 ブルーのシルエットのやつもあったけど、カラーのほうがキャラクターっぽい感じがするかなと思って、こっちを貼った。この後、上からクリヤをかけておこうと思ってマスキングしたら、グレーの線みたいな部分を持って行かれた・・・これ塗装じゃなくてデカールだった(汗 すっかり忘れてたよ。こんなふうな「おっとっと」な事件が多発するのも、作り始めてから時間がたってるから。一気に作らないとダメだね。

28

 今頃になってようやくキャノピーのマスキングをした。あーあ、さっさとこういうことはしときゃいいのにね。今回は吹き込みませんように。

29

 で、尾翼をぎゅーとはめ込んだりしていたら、主翼がポトっと落ちた。ああ~っ!! もう~。主翼はいいんだけど、翼下のミサイルが取れたのが痛い・・・これものすごく繊細な部品で主翼にくっついているのですよ。「ああ、これきっと外れるな」という、ハセガワならではの繊細な部品ですよ。もういいや接着剤てんこ盛りでガッチリ接着だ。可変翼にあわせて角度が変えるとか小癪なまねはやめとこう。

30

 で、もう一度接着。あーあ終わらねえ。

 細かいところのクリアパーツに色塗ったりしてるけど全く変わり映えしないね。でも頑張って完成させるのだ。

 昨晩のNHK「ブラタモリ」はご覧になりましたか。私の住んでいる大分県日田市が舞台でした。映像で見ると、改めて綺麗なところだなあと思いました。

揉まないでください(ハセガワ1/72VF-25メサイア製作記)

23

 ハセガワ1/72メサイアですが、ミサイルもぶら下げてみた。

 でもなんか違和感・・・・
 F-14ってこんなとこにミサイルつけないよね? 確か胴体につけるんじゃなかったっけ。
 これじゃあんまり格好よくないなぁ。せっかくミサイルたくさん作ったのに・・・あの時間を返せ!!

 一応主翼の角度に応じてミサイルも角度を変えられるようになってるけど、恐るべき芋付けで、左側はあっというまにポロポロと取れた。やっぱ不採用にしとこう。がっくり。

 グリーンのところがハゲハゲになってるのは、マスキングに問題があったから。説明するのも面倒だから説明しないけど←おい!! 今からタッチアップしときます。

24

 ほかに武装は、写真真ん中あたりに、真鍮パイプで作ってる機銃口わかります?(色塗るの忘れてた・汗) この機関砲と、ロボット形態になったとき手にもって戦う機関銃みたいなやつを胴体中央部に装着している。

 え? 合わせ目消えてない? 工作がガタガタ? すみません・・・下手やねえ。ひどすぎるねえ。
 真面目に頑張らないときれいには作れないっすよ。カタチが複雑だもん。やっぱ現用機も難しいなあ。今後の身の振り方を思わず考えてしまう秋の夜。

箱

 あ、こういう飛行機です。知らない人も多いと思うので再度。箱絵はカッチョいいでしょ?

 昨日はインフルエンザの予防接種してきた。注射は嫌い。痛いもん。でも最近は「注射したところを揉まないでくださいね」と言われる。昔は思いっきり揉んでませんでした? なんでだろう。でもお酒は飲んだらダメだよね? 聞くのが恥ずかしくて聞けなかった。

 ケッチ「別のとこ揉んでやろうか」

 言うと思った。

機番がない(ハセガワ1/72VF-25メサイア製作記)

20

 じゃじゃーん!! ようやく全貌を表した、マクロスVF-25メサイア航空自衛隊仕様。まだ先は長いけど。

 皆さんたぶん知らない飛行機だと思うけど、私も知りません。主翼は久々にハメて見たけど、これでよかったっけ(汗
 日の丸以外のラインなどはほとんど塗装。でもマスキングがいい加減なので汚い。川崎重工がライセンス生産したという設定で、H2Rと同じグリーンのラインが入っています。いいでしょー。

21

 脚庫なんかも本物みたいな造形がされていて、気分があがります。それと全体の繊細な筋彫り。これがあるから、ハセガワの飛行機キットを作ると誰でも繊細な飛行機作品ができあがるんだよね。

 で、今は機番を準備しているところ。72のF-2を模型屋に注文したら、品切れらしい・・・いつからそんなにF-2が売れるようになったんかい!? ほんとにもう。
 そのデカールが来るまで再び眠りにつくメサイアなのだった。おやすみー。

道具5

 私の道具シリーズ。

 筋彫りをけがくツール。ハセガワのです。白いのが48、黒いのは72にピッタリ。持ちやすいので気に入ってる。針とかカッターとか使えという人もいるけど。飛行機はこの「けがく」作業が欠かせないよね。合わせ目消しと、筋彫り・リベットの復活。難儀なジャンルですよ。最初、目の前が真っ暗になったもん。こんなことやらなきゃいけないのかって。
 このへんの段階で飛行機作るのやめる人が続出するかもしれない。それ以前には胴体の中にどうやってうまくコクピットを収めるか問題もあるな。飛行機プラモは無情にモデラーを振るい落としていく。

道具6

 一番下がタミヤのピンバイス、あとはホームセンターで買ったやつ。少し細いのを使うときと、一番上のは針をかませてありまして、リベット打つ用。

 初めてピンバイスを買いに行ったのは、忘れもしないタミヤ1/48雷電を作ったとき。箱絵には頭当ての後ろの軽め穴がちゃんと描いてあった。キットは穴が開いてなかったので、「どうすればいいか」と模型屋に聞くとピンバイスを勧められた。

 結局そのときピンバイスに付属していたドリル刃では太すぎて入らなかった(いやーん)ので、ナイフでぐりぐりしてやりましたが、その後各種太さをそろえました。

 0.2、0.3ミリくらいの細いやつはよく折ってしまうので、何本も買ってます。何かと使う道具だよね。 

デカール貼り(ハセガワ1/72VF-25メサイア製作記)

19

 代り映えしない、ハセガワのマクロス・メサイアVF-25ですが、デカールをだいたい貼り終わった。だいたいというのは、もちろん全部の注意書きは貼ってないってことね。でも注意書きがあると本物らしくなるんだよね。

 部分的にマスキングを剥がしていないところがあるけど、そこはクリアをかけたくない部分。今からツヤを整えてデカールを定着させるために半ツヤを吹き、マスキングを剥がしてからスミ入れして完成する予定。

 機首の防眩塗装は少し長くしてみた。変かなあ。

道具1

 数回に分けて私の使ってる道具を紹介します。だいたいいつも写り込んでるからわかるとは思うけど、きちんと紹介したことはなかったよね?

 まずは切ったり削ったりする道具。ハセガワのハイパートライツールの金属ヤスリとニッパー。

 どちらも切れ味鋭く重宝している。細くてヤスリが入らないところ以外はすべてこれ。金属ヤスリって使わないという人もいるけど、思ったほど表面はザラザラにはならないよ(とはいえ、切れ味がいいので調子に乗って擦ってるとすぐに削れてしまう)、ゲート跡なんかを削るときに楽。
 このニッパー小さい!!と失礼なことを言う奴がいるけど、そういう奴は一度使ってみるといい。だいたい大きいのは手が疲れる(全長が長いヤツという意味)。パーツの多いプラモを作ると、連続してニッパーを使うことがあるけど疲れが全然違う。とはいえプラモつくりにはニッパーは切り離せない糟糠の妻みたいなものだから、使いやすいものを使ってると精神衛生上こんなに違うものか・・・と思った。これは私の手のひらの中にもすっぽり収まるくらい小さい。そして少ない力で握ることができる(だから疲れない)
 薄刃ニッパーが良いという人もいるけど私はしょっちゅう取り落とすので、こういう堅牢なのがいい。しょっちゅう落下させてるけどびくともしない。

 でも、もし壊したときのために念のためもう一個買ってある、ってのは秘密。

道具2

 こちらは初めて模型屋に行ったときに買ったタミヤのナイフ。思い出の品。いわゆるカッターのほうが使いやすいという人もいるけど、私はこれが一本あればいい。

 ハセガワの彫刻刀を二本。贅沢かなと思って買ったけどものすごく切れ味がいいので気に入ってる。すごく細かい部分を削るときとか、ナイフだとうまくいかないとき使う。三角に尖ってるのと平たいやつ。

 私はモノをあまり大切に扱わない粗忽者で、手入れなんか面倒なほうだから、なるべく少数精鋭で行くようにしている。いろいろ揃えても面倒で結局使わないし、管理ができない。だから新製品などもほとんど手にすることはない。ただし少数精鋭にするには、ある程度のレベルのものを使わないとすぐに壊れたりするから、結果的に長持ちのものを使ってます。

沁みる秋(ハセガワ1/72VF-25メサイア製作記)

18

 ケッチと並行して進めているメサイアもあと少し、最後の上り坂。何度やってもこのへんが一番面倒くさい。

 脚を作る。架空機だけど、いかにもそれらしい脚になってる。さすがハセガワ。なんちゃってブレーキパイプを這わせておく。いつもの黒いランナーを伸ばしたものです。黒いと塗装しなくていいのが楽。

17

 ミサイルも塗装。やっぱ武装はないとね。お約束の番町皿屋敷、何度数え直しても「一個足りなぁい~」 なんでかねぇ。どうして一本無くなるかねぇ。不思議でしょうがない。
 ランチャーも何とパーツ5個で組み立てるようになっていて、ハセガワの本気が素晴らしいけど面倒くさい。

本7

 「司馬遼太郎短編全集 第九巻」
 こないだ小倉で見た田崎草雲という幕末の絵師(画家)をネットで調べたら、司馬遼太郎先生が短編に書いているのを見つけ、早速本屋で注文。アマゾンなどで書いたくないので本屋で。時間がかかるイメージあるかもしれないけど、これなんか1週間くらいで来たよ。

 とりあえずまだ「喧嘩草雲」と「天明の絵師」のふたつしか読んでいないけど、面白かった。司馬先生の本は実は「国盗り物語」しか読んだことがないのであしからず。今後読む予定は特にないのであしからず(絶対に読まないということではない)

 「人間、もってうまれたものを捨てられるわけでもなく、また捨てる必要もない。死ぬまで持ちこしていくものさ」(「天明の絵師」より)
 こんな言葉が心に沁みる秋の夜。与謝蕪村のセリフ。

小さな秋(ハセガワ1/72VF-25メサイア製作記)

16

 ハセガワ1/72 メサイアVF-25はいよいよ佳境に入ってます。

 日の丸は、アオシマの五式戦作ったときのが残ってたので使った。赤がちょっと違和感ある色なので、逆にこの架空機にはいいかなと思った。普通もう少し黄色の入った赤でしょ?
 国籍マークが入るとそれらしくなるね。しかしねぇ飛行機ってデカールが多いね。小さな注意書き・・・でもこれを貼らないと雰囲気出ないし。

 今回、白はガイアを使用。近所の模型屋行ったらクールホワイトがなくて、ガイアの白を買わされた。「旅客機とか塗装するのによいですよ」いつ私が旅客機作ってた!? 意味不明。まぁ人が好いのだけが取り柄ですから。20年もお世話になってるけど私が何作ってるか把握してくれてないというのがなぁ・・・。

亀山公園1

 ボンドG17を買いにホームセンター行くのとウォーキング兼ねて、いつもの亀山公園(日隈城跡)を歩いてきた。

 湿った土の匂いに、脳のどこかが目覚める気がする。
 石の階段を登ろうとすると、劇的な情景が目の前に現れる。私が置いたんじゃないよ、赤い木の葉がひとつ、ふたつ・・・木漏れ日と落ち葉の芸術。そしてこの階段は400年くらい前の人が作った。400年だよ!! 何気なく歩いているけど、「歩かせていただいている」とでも言わないといけないかも。

亀山公園2

 城山は何か所か上り下りする道があり、こちら側は私のお気に入りの場所。三隈川に向かって降りていく。川面が光ってうまく写ってないけど、白いところが三隈川(筑後川が日田を流れている間は三隈川といいます)。川が氾濫したときだけ悪者のように言われるけど、川だって普段はゆったり静かに流れているんですよ。そこを見てほしい。キラキラと光る川面と、木陰の織り成すコントラストが美しい。そして手前の石の列は低い石垣の最上部で、これもまた400年前の石工が作った。すごいよねえ。こうやって昔の人と無言で対話する。お金では買えない。この価値に気づいている人が何人いるだろうか。

マスキング地獄(ハセガワ1/72VF-25メサイア製作記)

15

 バイクと飛行機の同時進行が気に入ってしまったのでしばらくこれでいけるかな・・・と思う。

 このマクロス・メサイアは作りかけだったので、かなりカタチになっていた。あとはマスキングして塗装するだけ・・・。「だけ」なんだけど、その「だけ」が長い(汗
 いつまでたってもマスキングが終わらない。こんなのマスキング地獄とか言うほどのもんじゃないけど、久しぶりにやると疲れるねー。ヘリの迷彩とかよくマスキングしたよなぁ。あんなもん、よほど愛がないとできないですよ。これこれ、この足止め感が飛行機の嫌なところ。

 あ、もちろんそのまま作ればデカールでいいんですよ。オリジナルの色にしようとしたからこんな苦労してるの。アホですね。これはトムキャットみたいな可変翼です。

表紙

 「鬼平犯科帳1~24」(池波正太郎著/文春文庫)

 人生三度目の鬼平犯科帳を読んでいるところ。過去は古本で買ってたから今回は新しい文庫本を買った。読み終わったら寂しいだろうなあ。あ、そしたらまた1巻から読めばいいか。一生楽しめる。読むたびに違う登場人物に魅力を感じたりするのも面白い。

 「いざ抱かれてみると、この浪人の何から何まで、およねの好みに合っていた。一口にいうなら、商売女にせよ素人の女にせよ、女が嫌がることを決してしなかった。」(特別長編「鬼火」より)

 わかってらっしゃいますよねえ、さすが池波先生。およねでなくても、おゆきだって、こういう男好きですわよ、ホホホ。
 しかしどうでもいいけど、池波先生の描く食べ物がどれも美味しそうで夜中に読んでるとお腹がぐぅぐぅ言うのが困る。で、ついハイボールを一杯だけ・・・とか思って飲むと今度は眠くなるどころか目が冴えて。

 以前は「おまさ」に親近感を持ったけど、今はもう「お熊婆」に親しみを感じて・・・時の流れとともに変化していくのもまた、物語の楽しみ。
 日本のハードボイルド、季節と江戸情緒に彩られた人々の息遣い。たとえば夏、橋のたもとにいる麦茶売り(冷たい麦茶を一杯幾らで飲ませる)の婆なんてのが出てくるんですよ。そういうことが商売になる時代ってうらやましいというか、健全だったという気がする。

ドイツ塗装の飛燕二型改

ドイツ1

 ファインモールド1/72飛燕二型改にドイツ機塗装を施したもの。もちろん実際にこういうのがあったわけじゃありません。同じく絶望的な戦いを挑んでいたBf109K-4、ボーデンプラッテ作戦の第88戦闘航空団第10中隊 ヨハン・トゥヴィートマイアー軍曹乗機のマーキング。同じファインモールドのK-4のキットから持ってきたデカールを使用。この作戦では、トゥヴィートマイアー軍曹は撃墜され捕虜になったそうです。

 グリーンと白の胴体帯はデカールがないので塗装したんだけど、なんかグリーンが細くて激しく格好悪い。キャノピー後端かに垂直安定板付け根までの長さがわずかにBF109より短いようで、この中にマーキングを収めるのが難しかった。

ドイツ2

 見ればわかりますが、塗料が濃いせいかモットリングが汚いです。もやもやっとした感じにしたいのに。いつになったらモットリングがうまくできるのやら。三途の川に行くまでには何とかしたい。
 主翼などは少しグラデーション入れてみました。迷彩はフリーハンドでやってる。あの瞬間のドキドキがたまんねぇす←おい!!
 主翼前端は、波模様のようになってるみたいだけど、塗装するときには気が付かなかった。

ドイツ3

 とにかく塗料が濃すぎたようで、せっかくのリベットは埋まって見えなくなってしまった(涙 何のためにリベットを打ったのか。アホですやん。

 主翼がかなりBf109よりも長いので、迷彩がなんとなく間が抜けた感じかな。でもなかなか、飛燕も堂々とドイツ機のフリしてるでしょ。

ドイツ4

 禁断の右舷からの写真も撮っちゃった。

 尖ってるスピナーに無理やり「ぐるぐる巻き」を描いたよ。これがないとドイツらしくないもん。

エンジン

 ハ140発動機(本物)。

 もちろん、日本は液冷エンジンを作るだけで四苦八苦で、ドイツより遥かに遅れていたとはいえ、頑張って作って飛ばした人たちがいるっていうだけで、すごいなあと思う。感動。
 それ考えたら、飛燕作らずにいられん!!・・・と、あの日思ったわけです。一応、適当ながらも飛燕二型改を作れてよかったと思っている。

 ・・・というわけで、あの日の飛燕の相棒「H2R」を仕上げなければ。鋭意部品請求中。

完成その1(ファインモールド1/72飛燕二型改)

日本1

 ファインモールド1/72、飛燕二型改。2016年に神戸でお披露目された(川崎重工による復元)姿を再現。
 キャノピーの右側が全然ズレているので右舷の写真はありません。
 あのとき撮った写真をもとに塗装しています。表側だけリベットを打ち、日の丸その他はマスキングして塗装。アンテナ線は張ってません。ちと寂しいか。
 しかし、ともかく、カッチョいいねぇ!! こっちから見る限りは最高ではないですか。

日本2

 確かにそういわれてみると、胴体後部が少し太いのか?

 クレオス8番で塗装したあと、クレオスのウェザリングカラーでスミ入れ、汚し、また再度銀色を筆塗りしている。もっといぶし銀になる予定だったのに、ぜんぜんいぶし銀になってない。

日本3

 機銃は真鍮パイプを入れてそれらしく(我慢できずに出すぎてるね、いや~ん)。
 それ以外何もしていない。プロペラも固定。ブレーキパイプは伸ばしランナーで。
 一応今日はノーマルの飛燕の完成写真です。なんちゃってメッサーの塗装は後日公開。

飛燕6

 宝塚のKohchanさんから、2016年12月23日、各務原航空博物館で見学されたときの写真を頂いたので公開します。私が見たのが11月の初めだから、その直後。航空博物館がリニューアル中で、仮説展示だったそうです。
 シールで表現されていたマーキングなどの部分はすべて剥がされ、バラバラの状態になっています。

 「プラモづくりの参考とか言う次元でなく産業遺産、産業技術遺産としての重厚さに圧倒されました。」とのことです。実際に見た方でないと言えない感想だと思います。

飛燕

 この排気管の部分、これは私の撮った写真ですが・・・・

飛燕2

 各務原では排気管の一番先頭にはカバーがあるように見えます。カバーは焼けてません。

飛燕3

 機内色がわかりますが、私もこの色を自分で作って塗装しました。キャノピーの雰囲気、まさに実機はこんな感じ。薄いよねー。

飛燕5

 脚庫。浅いよね。ブルーなのは、航空自衛隊に置かれていたときに塗られた色だとか。この塗装の下にオリジナルの色があるかもということで、とりあえずはそのままにしているそうです。本当に考古学のような厳密な調査と復元です。

 カバーについた引き込み具というんですか、ファインモールドのキットにはここまで再現されてなかったので、これは自分で作るといいかも・・・しかし脚カバーって薄い。ペラペラ。

飛燕4

 脚の車輪に近い部分は、いかにも金属を削りだした感じの角ばった形・・・

 貴重な写真をありがとうございました。
 私がここに駄文を書いてもあの飛燕の雰囲気は1/100も伝わらない。もどかしい。それよりも、ご自分で確かめに行ってみてください。私も各務原に行きたいです!! 

あとの祭り(ファイン飛燕二型改製作記)

41

 だいたい、最後に「あーあ」となって終わるのが私の製作記のオチですが、今回もご期待にこたえましょう。

 まずはキャノピー右側がこんなふうにめっちゃ合いません(汗 これ最初に擦り合わせておく場所だね。胴体を削るしかないな。ハードル高いっす。

42

 もう一か所、スピナーの基部と胴体側がぜんぜん太さ違う。実機まさかこんなふうになってるとかないよね? これも胴体側を削っておかないといけなかった。でもそうすると変なカタチになっちゃうか・・・胴体側を少し伸ばすか・・・ハードル高いっす。

43

 ちらっと見える機銃口を作った。こういうのは楽しい♪ 軍用機を作る醍醐味だよね。簡単なのに凄そうにみえるポイントですよ。穴は最初から開いてますから、0.6ミリ真鍮パイプを切って銀色に塗って入れるだけ。え? 着陸灯のパーツがちゃんとハマってない? ま~いいやん、そんな細かいこと気にしてたら白髪が増えますわよ。

モデルアート

 左が2017年、右は2016年のモデルアート、飛燕特集。どちらも復元飛燕などの話題満載で楽しいよ。私、左側の高井さんの作例をてっきりファインモールドかと思って読んでたらこれはアオシマだった(汗 こっちのほうはキャノピーの合いはよさそうだけどヒートプレスして開いた状態を再現してる。神戸の復元機はキャノピーを開けた状態だったんだよね・・・私も技術があれば開けて作りたかった。私が作るならアオシマのほうが良かったか。ちなみに高井さんはディープパープル好きなんですよね、どうでもいいけど。

 右側のはガミラスさんの作例。こっちが私の作ってるやつと同じだった。どうやってるかなキャノピー・・・やっぱ胴体削ってる。これもハードル高いなあ。

 さて。あとはアンテナ線張って完成だ。ところで、いいこと思いついたんだけど、デカール取りに使ったBf109を飛燕の塗装にするってどう?←懲りてない 
 銀色のBf109って格好いいよねぇ(妄想
 
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ