つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

期間限定

どうすることもできない

東別府2

 母の一周忌のため、帰省した。

 寺でお経をあげてもらったあと、料亭でお食事。もう母の話をする人はほとんどいなくて、自分たちの話ばかりだから、むしろ楽しい。法事は死んだ人のためにするというよりも、現世に生きている者が自分たちの生を確かめ合う集いかもしれない。

 一夜あけて、今日は父の病院へ。
 再び東別府駅で電車を降りる。先日私に声をかけてくれた人は、やはり駅長かもしれない、深々と電車に頭を下げる。今度くるときはICカードではなくて、切符を買ってこよう。

 ところで、先日書いた「電車が参ります」というときの「参ります」ですが、
 「立場が上の相手とは直接かかわりあいのない話し手自身の行為を表す場合にも「まいる」が用いられる。この種の「まいる」は謙譲語ではなく、丁重な表現を用いることによって間接的に相手に対する敬意を表していると解される。・・・駅のアナウンスで「まもなく電車がまいります」などと用いられることがある。」(新明解国語辞典第七版より)

 おおー、先日の私の疑問に対する答えが全部、新明解に書いてあったよ。すごいなあ。
 謙譲語ではなく丁寧語でした。丁重な表現を用いて相手に対する敬意を表現する、日本語って素晴らしい。言葉が魂を持っている国の言葉だからね。電車は単に「来る」んじゃない。「ほかの誰でもない貴方のために、参ります」のよ。

東別府3

 のぼり方面ホームから見た駅舎。風情ありますね。

東別府1
 今日は帰省してきた妹と二人だったんだけど、父を見舞ったあとさすがに妹も「疲れた。食欲ない」と一言。

 せめて、オシャレな紅茶専門店で紅茶とケーキをいただいた。癒される味。はじめて入った店だったけど、お店の人は格好いいお兄さんでもなく、優しそうなオバサンでもなく、なんとなく飛行機モデラーみたいな風貌のオジサンだった。えっ、この人がこの美味しいケーキを作ってるのかしら・・・意外(失礼

 父はこのまま病院で死ぬことになるかもしれないという気がしてきた。
 たぶんそうなるのだろう。その日まで、少しずつ弱っていく父を見続けるのは、考えただけでキツイことだなあ。
 むしょうに模型のオッサン共に会いたくなる。
 (写真はすべて、日豊本線東別府駅にて)

人の世の(期間限定)

東別府

 一昨年撮った写真ですみません。大分県別府市の東別府駅。

 ここのところ、週に一度の割合で別府通いしている。父が肺炎のため。薬のおかげでだいぶん持ち直しているけど、高齢なのでいつどうなるかはわからない。そう思うと、週に一度くらいは顔見ないと・・・ってことになる。あとはもう、自分が後悔するかどうかということだよね、後悔したくないから行くことになる。父は、まあ、私をみると笑顔になるので喜んでいるのかな(でも私が誰なのかはわかっていないと思う)

 父は四人部屋で、他の入院患者はといえば、片麻痺の爺様(恐らく脳梗塞か何かの後遺症なのだろう、車椅子で移動できるし知的には正常だと思うけど言葉が出ない)、もう一人は半月前までは自分で車いすで動いたりしていて大きな声で騒いでいた爺様だが、先週から拘束されて点滴を受けている。たぶんもう、口から栄養を取れなくなっているのだろう。手に手袋のようなものをはめられている(自分で点滴を外そうとする)ので、いよいよ機嫌悪く騒いでいる。「外してくれんかー」「おねぇさんどこの店の人かい」等、私に話しかけてくるけれど(売れっ子ホステスと思ってるのかも・笑)、答えるとずっと話しかけてきて大変なのでニコっと会釈だけしておく。
 すると、右側が麻痺している人が車椅子でよいしょよいしょと近づいていって、なんとか拘束しているバンドを片手で取り外そうとするのだ(恐らく鍵がかかっているので絶対に取れない)。
 それを見ていると、笑ってはいけないんだけど、なんともコミカルな図に見えてしまう。男ってやつは、と思ってしまう。なんとか外せるのではないか、という可能性を試してみるのがある意味すごい。不屈の魂。それに他人の拘束を外してあげようとする気持ちが優しいな。

 父はしゃべることができず、恐らく話もあまりわからず、二人の様子を黙って眺めている(認知症のため)、もう一人の窓際の爺様はひたすら眠っている。もとはどこで何をしていた人かわからないけれど、病院はこういう雑多な人間のるつぼである。さらに、看護婦、看護助手、リハビリ療法士、掃除の業者、医者など、人間観察には事欠かない。しかし患者の家族には一度も出会ったことがない。

東別府2

 帰ろうと思って、東別府駅の駅舎に入ると(一枚目の写真)、駅長(または駅員)が出てきて「待合室はヤブ蚊が多いからホームのほうがいいですよ」と勧めるので、ホームに出て待った。ホームで待っているのは私一人。

 梅雨の合間の不思議な好天で、あまり暑くなく、風が心地よい。
 しばらくすると、再びその駅長(または駅員)がひょっこり顔を出して、「電車は6分ほど遅れて参ります、申し訳ありません」と言われた。普通の駅ならマイクでの放送だけど、直接話してくれるのが新鮮である。なんか得したような気がする。
 ところで、駅では「電車が参ります」っていうよね、これって謙譲語ですよね。「電車が来ます」でいいような気がするけど、へりくだった言い方をするんだ。古めかしくて、なんとなく好き。

 あとどれくらい父は生きているのだろう、などとふっと考える。少しずつ少しずつ衰えていってそのうち・・・。今はまだ、少し元気があって、「また来るからね」と手を握ると少し握り返してくれたりもする。
 でもそんなとき、なんともいえない寂しそうな表情も見せる。わかってるのかな。寂しいのかな。なんともいえず、別れ際が悲しい。認知症の人が何を感じているのかは誰にもわからないのだ。最新の科学をもってしても。

 今月は母の一周忌もあり、その段取りとか、結構この一か月いろいろとありました。

つれづれコンペ告知(眺めてないで作れ!!

71

 いやー、カッチョええねハリアー。ひたすら自画自賛で悦に入って眺めてばかりいるから、全然完成しない。眺めてる時間が長すぎる。

 でも頑張ってスミ入れをした。クレオスのウェザリングカラーのグレーです。黒のほうがよかったかな。明日半ツヤかツヤ消しかどちらかを吹きます←まだ迷ってる

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
 今年もつれづれコンペ(飛行機モデルのコンペ)を開催します!! お気軽に参加ください。手元のキットを完成させて見せてください!!
 レギュレーションは、拙ブログの読者様であること。それぞれの期間内に完成したものであること、おひとり様一作品、です。

 いろいろ考えたんですが結局去年までと同じ方法で、写真を三枚送っていただこうと思います。テーマは、

 1.成仏の夏(2018/6~8月までに完成した作品)
 2,迷彩の秋(9~11月)
 3.凸モールドの冬(12~2月)
 4.挑戦の春(3~5月)

 というわけで、この夏は作りかけで放置してる可哀そうなキットを成仏させてあげてください。

 写真は三枚ですが、今回だけは作りかけ状態の一枚も撮っておいてください。そしてなぜ放置したかの言い訳も添えて、kilala_1962@yahoo.co.jp までお願いします。
 お名前と好きな飛行機のタイプと、作品に関するコメントも忘れずに。作品が集まり次第、二作品ずつ随時公開させてもらいます。
 私が勝手なコメントつけて最後に一等賞を選びます。ものすごく勝手なことを書きますので覚悟しといてください。

シャクルトン

表紙1
 「エンデュアランス号漂流記」()アーネスト・シャクルトン著/中公文庫ビブリオ)

 30年くらい前、椎名誠が「本の雑誌」か何かで薦めていたので読んでみたいと思っていたのが、ようやく今年になって読むことになったという本。
 シャクルトン? 確かアブロ・シャクルトンという飛行機あったよなあ・・・とウロ覚えでネットで調べてビックリ(こういうとき便利ですねネット)、飛行機にアーネスト・シャクルトンの名前をつけたらしい。くくぅ~!! イギリス機なんか全然好きじゃないけど、イギリス人のそういうとこが大好き。冒険家の名前を飛行機につけるなんて。

 イギリス人らしさ・・・ウイットと知性と不屈の精神とプライドを失わず、見事氷海から生還する話は、寒い部屋で話の展開にドキドキしつつ香り高いスコッチなどをちびちびとやりながら読むのにぴったりなんですよ・・・飛行機に名前つけるくらいだからわかると思うけど、イギリスでは冒険家はものすごく尊敬されているのだ。尊敬されてしかるべき人が尊敬されている国ってうらやましい。と書こうとしているうちに梅が咲き桜が咲きとうとう静岡ホビーショーの季節になってしまった。

表紙2
 もう一冊は実は今もまだ読んでる途中「山釣り」(山本素石著/ヤマケイ文庫)

 大分市のジュンク堂で偶然見つけた短編集。信じられないくらい面白い。なんていうか、椎名誠のご先祖様みたいなエッセイ。さりげないユーモアがすごくいい。戦後まもない頃の釣り行で、人間がまだまだ今よりは素朴だった時代の話(それでも戦前よりはすさんでしまったらしい)。

 登山や釣りとかの話を読むのが好きです。自分はそんなのやったこともないけど。野球はしなくても野球の試合を見に行くのは好きという人と同じだと思う。
 だってもう、ありえないような話とか、とんでもない話ばかりだから面白いんだもん。
 普通、読んでしまうまでご紹介はしないんだけど、これは2/3読んだだけでオススメしてもいいのかなあと思って書いてしまった。一度に読むのが惜しくて、数か月かけて少しずつ読んでいる。たまにあるでしょ、そういう本。できたら最後まで読みたくない。ずっと読み続けていたい。明日もじわじわ読みながら静岡に近づいていくとしよう。

link_jmclogo
 今年も静岡ホビーショーの季節になった。
 明日から静岡に出発します。業者日(5/11)はハセガワブースを襲撃、土日(5/12,13)はなんちゃってJMCブースにいます。

 最近、模型展示会に行っても、昔のように何もかも写真を撮ることはしなくなった。
 自分の気に入った作品だけ写真に撮り、話を聞いてみたい人にだけ話をする。
 かなり目が悪くなってきているのもあると思う(長い時間見ていると疲れる)
 目が肥えてきているのもあると思う(自分の好きな作品とそうでないものとの格差が大きくなった)

 心に残る作品と人を追いかけてみたい。静岡でどれだけそういう作品と人に会えるかわかりませんが、今年も頑張ってきます。新しい人に会いたい。もちろん旧交も温めたい。

 今年はどんなふうに静岡レポートを書くことになるのか。自分でもまだわからない。でも楽しみにてください。では、明日の昼から行ってきます。しばしお別れです。

サボテンの花が咲いた

土台

 今年も静岡ホビーショーが5/10~13まで開催される。週末二日間はモデラーズクラブ合同展に「なんちゃってJMC」として参加する。私は世話役で、駐車券を発送したり留守番表の原稿を作ったり全員メールを送信したりブースに置く備品を作ったり、こまごまとした事務をここのところ一週間くらいしていた。ネット上のクラブの場合、普段から準備しておけない弱みがある(会費などの財源もない)。

 あらかじめしておくわけにいかないことが多く、結局この時期になってしまう。毎年なんだけど、バタバタしてました。

 間に合うかなあと思って作ってた土台は、微妙な感じ。まあこないだ作ったやつがあるし、別にいいんだけど。
 右側は土の飛行場に雪が降って、それが少し溶けかけた雰囲気。ダイソーの「ふわっとかるい粘土」の黒と白をざっくりと混ぜてぺたぺたと伸ばしながら置いていったらこんな感じになった。この粘土は黒というよりグレーっぽいので逆にちょうどいい。
 左側はコンクリートの駐機場のイメージ。黒を貼ったあとに、ラッカーのグレーや白を吹いた。粘土による黒立ち上げってところ。まあスチレンボードを切って作ってもいいですが、丸いカタチだと無駄が出るし、こちらのほうが塗装も楽かな。
 こんなことしてると、雨の日のうっとうしさも少しだけ忘れられる。

サボテン
 サボテンの花が咲いた。案外きれいでしょ? 夜には花弁を閉じて寝てしまうのがまた、可愛い。
 これらのサボテンは買ってから数年たつけど、めったに水をやらないので←おい!! なかなか大きくならない。かわいそうにね。今年はもう少し世話をしてやろう。 

 先日から工事現場見ててふと思ったんだけど、男の人は「穴」っていうと何か女性の体を想像するかもしれませんが、女は自分に穴があるとは思ったことはない(そう思う女性もいるかもしれないけど)。
 というのは、穴に何かを入れるのは男性のほうだからじゃないかと思うんだよね。

 考えたら、女性の大事な部分というのは、一定の年齢になるまで意識されない「第三の穴」なんです。おしっこするとこと、う●こするところは幼いときから知ってるけど、あの部分は生理が始まって初めてわかるんだね。だから女性自身にとっても神秘的な部分なんです。へえー、私の体ってこんな場所があったんだ!?って。

 考えてみたら自分の体がどうなってるが自分でも知らないって変なことだよね。たとえて言えば、自分の家に、自分の知らない部屋があるようなものかな。思春期になって初めてそんな場所を知るわけで、はっきり言って軽いショックですよ。なんだか厄介なもんが自分にはついてるんだなというか。生理も始まるけどそれは赤ちゃんを産むための準備なのでして、まだ中学校に行くか行かないかのときにいきなり「赤ちゃんを産む準備しろ」ですよ。重いです。男子は朝立ちしたとか言って喜んでる時代に。

 女がもって生まれた宿命というんでしょうかね。工事現場は人間の深いところに通じているね、やっぱり。

きらら立体化

 さるおうさんから、こんな「ゆるキャラ・きらら」を頂きました。身長4センチです。

 なかなか可愛いです。今回の静岡での私の格好を元にしてるんですねー。だからハセガワエプロン着てニーハイ穿いてるんですよ♪
 残念ながら白いパンツは穿いてませんが・・・

 すっごくうれしかったです。静岡から帰って作ってくれたんですが、こういう立体物にしてくださったのはさるおうさんが初めて。ありがとうございました。感涙。
 今まで絵は頂いたことがありますけど。
 写真より本物のほうが可愛いです。

 よーし、これでミナミフィギュアに対抗できるぞ!!

 原画。

 絵のほうがリアルかな? 私そのものがデフォルメしたような体型なので、ほぼこんな感じですよ。

 というわけで、ご希望の方はハセガワ通販で予約注文承り中・・・(冗談ですよ、とか書かなくてもわかるとは思うけど)
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ