つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

アクトハセガワ カイユースOH-6

OH-6カイユース完成

 はい、完成です。

 機体は半ツヤ、ローターブレードは艶消しにしてみました。
 もちろん実機はツヤ消しですが、この小ささで艶消しにすると何かパッとしないので。

 尾翼(?)についてる「つっかい棒」みたいなものだけ、伸ばしランナーで作りました。
 テキトーな場所に接着したのでこれでいいかどうか。

 まるでベトナム戦争みたいだね、側面の窓がついてないと。

 もうちょい丁寧に作ればよかったなあと、毎度の反省点ですが、どんなものであれ、完成したらうれしい。
 生きてるうちに、あと何機作ることができるんだろう。

 作りながらヘリの本見てたら、またヘリが作りたくなった。

 俯瞰してみました。こ~んなにちっちゃいんだよ。

 ちっちゃいものには癒されますね。

 え~、次回からの制作記は、タミヤ1/72 零戦52型の続きです・・・
 九月に入ってもこちらは昼間は真夏のような暑さで、もぉいい加減にしてほしいけど、夜になると少し涼しい風も吹いたりして。
 ふと思い出す、放置中のあのキットやこのキット(汗

 そういうものから完成させていこうかなぁ。

 2009年に別府駐屯地で見たOH-6D(別の駐屯地から飛来した機体)

 このキットとはだいぶん感じが違いますが・・・
 操縦席にはフライトプラン? というんでしょうか、書類のようなものも置いてあり、「たったいま飛んできましたぜ状態」なのがかっちょよかった。


 この、テールローターの基部なんか、ハンパない格好良さ。

 こんなちょっとしたところも、実機はめちゃくちゃ格好よくて、ドキリとする。


 

空飛ぶ卵

 ボイジャーを作っていたら、無性に飛行機が作りたくなってきた。
 で、ヘリを作った←違うやん

 例の「豪華ヘリ詰め合わせセット」に入っていたキットで、ハセガワ製品(なんだよね?)なんだけど、これって・・・私は震電も作ったことある・・・模型屋に売ってるの見たことないし・・・ちょっと怪しい・・・

 スナップキットにはなってるけど、胴体の合わせ目を消さなくてはいけないので面倒くさい。
 適当にやったら全然合わせ目が消えなかった。
 まっ、いいや←よくないぞ

 ダイソーのカッターマットはマッキさんのオススメでピンク色のにしてみましたが、なんだか目がチラチラする。

 ガミラスさんに教わった、オリーブドラブの塗装法を試してみた。

 まず全体を真っ黒に塗装し、その上から薄めたオレンジ色を吹く。
 私は敵味方識別帯用の黄色っぽいオレンジを吹いたのでイマイチでしたが。
 何となくオリーブドラブ的な? 色に見える・・・かな。こういうのって目の錯覚というのかしら。

 インストにはローターブレードが銀色って書いてあるけど、銀色じゃないよなあ、黒かオリーブドラブだよなあ、確か。
 しかも向きが逆に接着してる・・・汗

 これは慌てて剥がして接着しなおした

 デカールを貼るのは最近飛躍的に上手くなった私。えっへん。
 ずいぶんプラモデル作りがはかどるようになった気がする。

 OH-6カイユースは、ベトナムでも偵察などに使用された。
 先日読んだ「機械仕掛けの神」にも、胸のすくようなカイユースの「グレイトスティック(優秀な操縦者)」の話が出てくる。
 これはもう~たまりません、ドキドキしますよ。
 だってさ、OH-6を運転しながら機関銃を撃つんだよ。スティックは膝で操るの。
 すごいですねぇ、そういう人を本当のテクニシャンと言うのだろう。

 思うに、危険な乗り物を操縦したり武器を操ったりするのは男共に受け継がれたDNAだと思うけど、危険なことは機械がやってくれる平和な時代になってくると、そういうDNAはだんだん必要なくなってくる。
 私たちが、「戦争っていけないことだと思います」が、それでも「戦争のストーリーにドキドキする」し「戦争で使用された兵器に魅力を感じる」のは、どこかDNAレベルで惹かれるところがあるのかもしれない。
 
最新コメント
人気ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ