つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

ハセガワ1/72 マクロスゼロ VF-0

ハセガワ1/72 バルキリーVF-0S“フィンランド空軍仕様”完成

 バルキリーVF-0S フィンランド空軍仕様、ついに完成!!
 思っていた以上にかっちょええ~!! それに楽しかった。また作りたい。だってさー誰にも叱られないんだもん(汗

 今回は、少し左曲がりになってます(機首のアンテナ?)。必ずどっちかに曲がってしまうんだよねえ。今回は左曲がりだから普通の人だ(謎

 ハセガワのバルキリーは作るの大変って聞いたことあるけど、このキットは大変じゃなかったですよ。

 バルキリーのキャノピーを開いた状態で作ってる人はあんまりいないような気がする。
 閉じてるほうが流麗な形がよくわかって美しいからだと思う。

 でも私は、キャノピーをすり合わせるのが面倒なので、開けました。何? 枠の塗装が汚い? ううーん・・・・汗

 今回覚えたのは、Ω型のキャノピーに入ってるエッチな合わせ目(いや~ん)・・・ようするに、そのままでは型から抜けないのでどうしても入ってしまうらしいバーティングラインを消して、きれいになるように磨くことでした。
 ハセガワのセラミックコンパウンドで仕上げたんですが、「まだまだ、もっと磨け!!」と言われそう。

 アニメの設定は知らないけど、一応シートベルトらしきものを作りました。いつもの板鉛で。

 ラッカーのブラシ塗装ですが、いわゆる黒立ち上げにしました。どうしてかというと、バルキリーらしい黒いラインはマスキング塗装したかったので。

 でも、このままだと実戦では目立ってしまうので、「ロービジ」風にするために応急処置として黒の上からグレーを吹いた・・・という、まるで第二次大戦のときみたいな設定。
 よく考えたら、黒の上にグレーなんか吹かずに、最初からグレーで塗装してもよかった・・・単に塗装が分厚くなっただけかもしれない。頭悪いなあ私・・・

 ほかにも、黄色い部分などもあったんですが、これはすべて目立つので却下。キャノピー周りの黒は「いかにもバルキリー」な部分なんですが、これも現実ではちょっとなあ、と思ってやめました。
 スミ入れは油絵具で、色は焦げ茶色。

 インテークの中の継ぎ目は適当にしか消してません。
 もっと丁寧にやればよかった。目立つね、悲しい。

 国籍マークはハセガワ1/72のバッファーのやつですが、若干透けてます。
 デカールが透けるかどうかは貼ってみないとわからないので、やっぱり下地に白を塗装しておくべきだった、後の祭り。

 若い頃、色モノのブラが透けてると、女性の同僚に嫌われましたね。私はあんまり気にしなかったけど。でもデカールが透けるのだけはいただけない。

 被写界深度っていうんですか? 手前にも奥のほうにもピントが合うようにして撮ってみました。

 なんだか不思議な質感。

 実際は、ほとんどツヤ消しに近いクリアをかけてますので、あんまりツヤはないです。

 下手なクセに写真たくさん撮ってすみません。

 背景の色を水色にしてみました。背景の色を変えると、機体が違う色に見えてくるのがわかって面白いね。

 箱絵のかっちょよくて逞しいバルキリーを妄想しつつ作ったんだけど、単に汚くなっただけかも・・・
 やっぱり「絵」みたいに格好よくはならないなぁ~。それに細かいところが下手なのでシャープさがないし。
 いろいろ考え出すとキリがない。

 可変翼の角度が変えられます。

 右側が少しフィットしていない(完全に奥まで入っていない)せいか、少しガタついていたので、最後になってプラ板をはさんで応急処置。ふうー、もっと早くやっとけよ私。

 でもなーやっぱりキャノピーは閉じてるほうがいいね・・・などと、写真見ながら往生際が悪いのだった。

 翼下に拡張武装パーツを装着(UN SPACYと書いてある部分)。つけられるもんは何でもつけちゃえと思ったけど、これをつけなければスリムになります。
 でも私はマッチョなほうが好き♪

 ひさびさに、思いっきり汚していく塗装は楽しかった。
 やっぱ私は、尾翼や主翼の形とか、このマクロスゼロの機体が好きだなぁ~。
 機体の大きさは、F/A-18より一回りも二回りも大きいよ。ホーネットが完成したら並べてみます。

 お見せできるようなもんじゃないけど、キットに敬意を表して、裏側も晒します。

 そもそも裏側は非公開という前提で作ってたからね・・・あ、今気が付いたけど、裏側全然汚してない!!
 コリャいかん。でもまあ、裏側は非公開だからいいか。

 タイヤの角度が変? まっそれも目をつぶってね・・・タイヤは溝がなかったので、プラペーパー巻いて「溝っぽく」してみたんだよ!! そういうとこだけ見てください、お願い。 

脚を接着

 昨晩、脚を接着してみた。
 いよいよ大詰めである。

 ちゃんと立たなかったらどうしよう。
 ドキドキしましたが、どうにか三点着地しています。実は前輪の片側が少し浮いてるけど・・・それはなんとか直せると思う。

 いざというとき、ちゃんと立たなかったらどうしよう、という不安が少しだけわかった気がする。
 リスクが高いよね、男の人の体も。
 その苦労は私なんぞには伺い知るよしもない。


 写真ではわかりにくいですが(というか、わかりにくいように写真を撮った)、右翼が少し下がっています。
 やれやれ。

 右側は奥まで入らなかったほうなんです。やっぱり角度がうまくキマってなかった。
 これは少し持ち上げるようにして誤魔化さないといけない。
 あとはキャノピーを開いた状態で接着して、少しタッチアップしたらもう完成ってことにしよう。

 昨日、冬物寝具が安売りされていたので、以前から欲しかった可愛い花模様の毛布を買った。
 たったの2000円ちょっと。ポリエステルの薄っぺらいやつですが、最近の毛布は起毛してあってフワフワ。
 そのフワフワの毛布と、暖かい起毛シーツの間に入ってると、フワフワの相乗効果でとろけそう!!
 こんなに気持ちいいものなら、早く買えばよかったよ・・・。

 でも、フワフワが気持ちいいと思うのは、女に特有の感覚なんだろうか。男の人は、フワフワの毛布で寝たいとか思わないんだろうな。毛布なんて暖かければそれでいいやん、って感じなんだろうな。たぶん、フワフワに包まれて気持ちいいっていうのはわかんないだろうね。
 女が一枚の毛布でこんなに幸せになるってことをわかってもらうには、どう書いたらいいのか・・・。

 今日は一日中そのことを考えていたけれど、結局わからないままだった。

透明パーツ接着

 そういえば今日は三月三日でしたね・・・ひなまつりにプラモ作ってていいのか私。ふつうは「ちらし寿司」とか作るんじゃないか。まっいいさ、こないだ息子の成人式のとき作ったもん。
 実はここのところ、少し歯茎が痛くてお酒をあんまり飲めないということもあって、それでちょっぴり元気がない。

 苦手その二の透明パーツ接着。
 機首の赤いパーツがバルキリーのチャームポイント。これでいきなりロービジじゃなくなった気もしますが(汗
 やっぱりこれがないとバルキリーらしくないよね~。

 機体側には白を塗りました。
 クリアレッドを塗装するだけですごくきれいだなぁ。私、赤って大好きな色なんです。ウットリしちゃう。

 クリアパーツっていつ接着しますか?

 普通の人は、最初にくっつけて、ちゃんと整形するんだろうな。
 でもそうすると、塗装するときにマスキングしなくちゃいけないでしょ?

 あっ、でも今気が付いたんだけど、塗料がついてもシンナーで拭き取ればいいんだね・・・それで最後に塗装すればいいのか(がくぜん
 手順が思いつかなかった・・・・アホすぎる。

 けど、最後に接着したわりにうまくいってるでしょ?

 ここの透明パーツは左右合わせて四個あるけど、まぁまぁ許せる範囲内にぴったりおさまってるかな?

 ふつうの人なら、接着しといて、ピカピかに磨いておいたりするのかなあ。今度からは、やろうっと。

 うーん、こちらははみ出してしまいました。

 ゲート跡をちゃんと綺麗にしてなかったみたいです。
 ゲート跡さえきれいに削りとれば、ぴったりになると思う。

 でも、老眼の人がちょっと離れて見れば、そんなにわかんない程度。

 アラを探せば、そりゃもう、数えきれないほどあるよ。
 脚庫の中、合わせ目消してねぇとか(汗。裏側は特に汚い出来。

 なんだかんだ言って、結構時間かかってしまったなぁ~。それでも、いよいよ完成が近づいてくると興奮しちゃうね。
 さあ、脚を接着しよう。

 でもって、こんな状況に陥っているF/A-18C・・・ふぇ~ん(泣

 キットが悪いんじゃなくて、私がアホなんです。というか下手すぎる。
 主翼の角度が違ってた(汗
 無理矢理角度を修正しているところ。せっかくパテをきれいに整形したのに。おまけに、無理な力がかかって、胴体の一部もまた合わせ目が空いてしまったりして・・・一人静かに泣く。

 もう、これは捨てて買い直そうか、という気持ちが頭をチラッとかすめた。
 このキットは、インテークの中も再現されていないんだけど、私はそれも手をつけてないし・・・買い直してやり直すべきか。

 でも・・・墜落した飛行機を修理して使っているような空軍のファンとしては、ここで捨てるわけにはいかないよね。
 

スミ入れしたよ

 さて、ニュルンベルグに行った気分になっている私ですが(汗、ちゃんとプラモも作ってたんだよ。偉いでしょ。

 まずはバルキリーなんですが、ついにスミ入れした。
 あ、その前に、上側にだけ半艶クリア(艶無しに近い)を吹いてしまったんだけど、スミ入れを拭き取りにくいので、本当はクリアはあとのほうがいいのかも。
 今回は油絵具でスミ入れ。こげ茶みたいな色にしてみた。

 いかがでしょう。
 自分ではもう、気絶するほどカッチョいいと思う・・・とりあえず、ハイボールで乾杯。

 細かいところはまだだけど、とりあえず、これで充分満足です。

 いいでしょ~!?(キャノピー開いた状態で作るので接着していません)

 機首の編隊灯?でしたっけ、F/A-18などの現用機にもあるよね、あれはデカールがついてたんだけど、私は仕事人・熊野筆で塗装した。誰もが嫌がるような仕事を頼めるのは「あいつ(熊野筆)しか、いない」
 なんとなく日本のハードボイルド・池波正太郎の描く世界みたいで格好いいんだよ。頼りにしてます。

 バルキリーの塗装って設定どおり、真っ白に黒いラインが入ってるのも格好いいと思う。
 また違う塗装で作ってみたいな~

(苦手)デカール貼りが続く

 日曜日なのでニュルンベルク紀行はお休み、模型制作記の続きを書いておきます。

 VF-0Sのデカール。
 こんなふうに、本来黒い部分は、デカールを貼ることができるようになっている。デカールのほうが格段に速いでしょう。
 私は意地で塗装したけど。飛行機モデラーというものは「とにかくなるべくマスキングして塗装するもの」なのだ。

 右下、キット名を書いてあるところのVF-0という部分が切り取られているのがわかるだろうか。

 国籍マークが、機首のでっぱりの上に貼られてるけど、そもそもバルキリーはここに貼ってるので、この部分に敢えて貼ってみた。

 その「VF-0」を機番がわりに貼りました。私のよくやる、苦肉の策です。少し文字が大きいけど・・・

 それにしても、私の制作記って内容がないよね。
 いざ書くとなると、まったく思い出せないの。
 作ってるときは結構色々考えたりしてるんだけど、いざ書くとなると何も思い出せない。
 他人の制作記を見ると、本当に細かい工作を残さず書いてますよね。

 男の人は、手順というか、事実を順番通りにちゃんと覚えていると何かの本で読んだことがあるけど、まさにそれですね。
 私はほとんど覚えていない。
 キスしてから、左手で胸を触りながら右手でパンツを脱がせて・・・とか、全部覚えてるんでしょうね?
 私は思い出そうとしても、思い出せません。残念ですよ。

 ウソっぽい゜理由がわかった。

 コーションデータが赤い文字だから。インテークのとこがこんな赤い注意書きだから、目立ってしょうがない。浮いてるよね。
 実機はインテークのところは黒・・・というか、グレーだよね。細かい注意書きも、実機(F/A-18)を見ると、だいたい白い文字のようです。
 そもそも、写真見ても肉眼で見えるようなものは少ない。

 んじゃどうするか。
 F/A-18のインテークの注意書きを貼ることにしよう。黒いから。
 んじゃF/A-18のインテークの注意書きはどうするか。
 マスキングしてそれらしく塗装しよう。

 ということで、解決に向かう。やれやれ。

いまいちのバルキリー

 バルキリーにフィン空の国籍マークを貼ったらこんな感じ。

 先週からデカールを貼り始めたんだけど、ものすごく肩凝りがするので(力入りすぎ)、中断している。注意書きなども、選びながら(なるべく大きくて貼りやすいやつを貼る) デカール貼るの、苦手だよぉ~。
 と、文句を言いつつも、以前よりは格段にデカール貼りが進歩したんですけれども。
 それでも、「ああっ、これ失敗したら部品請求だ・・・」と思うと必要以上に緊張する。肩は凝るし呼吸は浅くなるしアホだよね。

 この国籍マークはハセガワ72のバッファローのもの。ハカリスティと戦後のマーキングの両方が印刷されていてラッキー。これでもまだ少し大きいかなあという感じはするけど、まっいいや。
 ところでF/A-18Cのほうのマーキングはどうすんの私? と、ふと頭に思い浮かぶけど、「まぁそれはそのとき考えよう」と脇に押しやる←ダメだなー

 それにしても、もう少しかっちょいい雰囲気を想像してたんたけど、思ったほど格好よくない。とほほ。
 やっぱりバルキリーはバルキリーとして作ったほうがいいのかなあ・・・なんか、がっくり・・・。
 いつもは、マーキング貼ると一気にかっちょよくなって、やる気が出るんだけど・・・これ、うまく仕上げられるだろうか。だんだん不安になってきた。
 架空機は気は楽だけど、格好よくそれらしく仕上げるのは、また違う技量がいるよね。やっぱそういうセンスがないね私。自分で考えて作るのって難しい。


 ●さて、今週の21日(木)、中日新聞の経済面にハセガワが紹介される記事が掲載されるそうです。
 静岡県内のプラモデル産業の紹介で、他のメーカーも順次掲載されるとのこと(第一回はアオシマ、もう掲載されたのかな?)。
 中日新聞を読める地域に住んでる方は、ぜひ読んでみてね。

サボテンの花が

 F/A-18Cも作ってますが、やっぱりこちらを先に完成してしまわなくちゃと思って塗装しました。

 毎日プラモばっか作ってて、どんだけヒマなん? と思われるでしょうが、ヒマです私(汗
 クルマ持ってたら、あちこち行くのでしょうけど、歩いて行ける行動範囲って知れてますし、冬は展示会もないし。

 もっと仕事しなくちゃいけないのですが・・・

 茶色系の色を吹いてみました。ちょっと汚くなりすぎたかな、色の加減は難しい。
 何か大事なことを忘れてないといいんだけど。最後の最後にやり直し、とか・・・ないよね。
 あと少し色を整えたら国籍マークを貼って完成させよう。

 天気が良いと、私の部屋はとても日当たりがよくて暖かいのです。
 昼間は20度くらいまで上がることもあります。

 そのせいか、休眠中のはずのサボテンの花が咲いてきた!!
 フワフワして柔らかそうに見えますが、触るとものすごく痛いよ(汗

マスクを剥がすとき。

 マスキングを剥がし、デカールを少し貼ると・・・・じゃじゃ~ん!!

 しびれるくらいカッチョエエですね。

 すでにこの時点で一度、ビールを飲んでもいいなと思う。
 でも我慢してもう少し塗装しよう。

 薄めた上面色などを吹きました。

 本当は垂直尾翼外側にもドクロマークがあるんですが、それは塗りつぶした、という設定。

 「西暦20xx年、墜落した異星人の戦闘艦ASS-1より得られたオーバーテクノロジーを巡って、地球上ではかつてない争いが繰り広げられていた。
 統合軍と呼ばれる国々は、可変戦闘機試作型VF-0を開発、反統合軍との戦闘に備える。
 その頃、北欧の小国フィンランドは自国の中立を保つため、ひそかに統合軍からVF-0を導入することを企てる。
 しかしすでに、反統合軍の攻撃は容赦なくフィンランドに迫っていた・・・

 VF-0の隅々まで熟知したパイロット、ロイ・フォッカーの乗機は、彼の旧友の息子・M.ハセガワ大尉の操縦で速やかにそして大胆にフィンランドに運ばれ、急きょ塗装されたのだった・・・・」

 という設定なのです(汗。
 無理矢理マクロスの設定を曲げておりますので、ファンの方々ご容赦ください。

塗装は続く

 毎日更新するほどの変わり映えもしてませんが、マスキングし忘れた部分を黒く塗装してマスキングして、上面色を吹きました。

 画像では裏側の色との違いがわからないけど、下面は少しグリーンがかってグレーで、上面は紫がかったグレーという感じ。

 可愛いでしょ。急にサボテンが欲しくなって、買ってきた。

 サボテンに限らず、植物は人間の言葉がわかるというけれど・・・
 このサボテンもわかるんでしょうか。

 思うに、言語を解するというよりも、脳波とかオーラとか言うものを感知するんじゃないかと思う。
 そういう科学って、まだまだこれまでは解明されていないけど、きっと今後の時代には解明されていくんだろうな。
 今の機器では測定できない波動とか雰囲気とかいうものが、この世にはあるんじゃないだろうか。

 人間同士でも、「気が合う」とか「心が通い合う」とか表現するけど、それは単なる「気のせい」だけじゃなくて、本当に人の間にやりとりされるものがあるんじゃないだろうか・・・
 でも今はまだ測定したり観測したりできないので、「まさかそんなことあるはずない」で片づけられているんだけれど。

 その昔、人々が「電気」と聞いて「そんなの魔法だろ?」と思っていたように。

長い道のり

 マスキングをした。

 マスキングは正直言ってあんまり好きな作業ではない。
 それでも剥がすときの快感には抗いがたくて毎度マスキングを施している・・・わけじゃなくて仕方なくやってるだけです(汗
 写真に写ってるけど、キットにはデカールがちゃんとついているので、黒い部分はデカール貼ったほうがずっと早いかもね。

 マスキングとかデカール貼りをしてると、呼吸が浅くなりませんか?
 いつも思うんだけど、モデラーって、一時間に一度くらい外に出て深呼吸したほうがいいかもしれない。
 軽くストレッチとか。

 そういう「モデラーのための健康法」みたいなの、模型雑誌に書いたらいいのにって、こないだJMC東京で横山宏さんと意気投合した。
 なんか変なとこで気が合うというか・・・そんな「変な話」でもどんどん乗って話していけるというか・・・そこがオモシロイのです。

 ←意地悪な飛行機モデラーに捕まったきららを救いに来てくれたヨコヤマン(横山宏氏。格好いいでしょ)去年の静岡ホビーショーにて。

 でも横山宏さんって本物のアーティストなんですよね。知ってた?
 少し前の話になるけど「ブルータス」1/1,15合併号にス・ドホという韓国のアーチストとコラボしたこともある、という記事を読んだ。ほかのアーティストの目を通して語られる横山氏は、本物のアーティストなんだなあと改めて感じてしまう。

 確かに「ブッとんだ」雰囲気もあるけど、モデラーとしての横山さんはとても気さくだから。

 写真を撮ってマスキングを忘れてた部分に気が付いた。やれやれ。

 だけど、こうやって全体を眺めてみると、なかなかかっちょいいねぇ~。
 バルキリーなのかヴァルキリーなのかわかりませんが、とにかくかっちょいい。

 下面色と上側の色は微妙に違う色を作った。
 フィンランドのF-18などを見るとそんなふうになってるみたいなので。
 全部同じ色で良さそうなもんだけど、微妙に変えてあるんだね。

 塗装は楽しいけど、さてこれから透明パーツ取りつけという難関も待っている。うまくできるかなあ。

 それでもどんどん行っちゃう。作りたいキットがたくさんあるもんね。特にローターもの・・・作りたくて作りたくてたまらないよ!!

 ともかくはこれを完成させて、それから・・・まだまだ長い道のり。


 “Love is a long(long) road”(Tom Petty & The Heartbreakers) 
最新コメント
人気ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ