つれづれプラモ製作記

見た目は女子、中身はオッサンのきららです。飛行機中心にプラモいろいろ作ってます♪

1/48飛行機

お前の番だよ(AFVクラブ1/48F-5E製作記)

箱

 「お兄ちゃ~ん。出番ですよ」「はーい」「こっちですよ、間違って隣町に行くなよ(去年でしたか、パトルイユ・スイスは間違って隣町で演技したらしい、この手の話が私は大好き)」
 AFVクラブのF-5Eを作ることにした。台湾のメーカー。なんか東南アジア模型の旅だなあ、最後は焼津に無事戻れるといいけど。

パーツ

 今回は真面目にパーツの写真なんか撮ってみたりする。エッチングでバックミラーも入っていたよ。確か去年、別府のメカドールで買ったキット。でもさ、パトルイユスイスでは作らないつもり。だって難しいよ、これマスキングして紅白をきっちり塗分けなんて私には無理。それに久々に武器も作りたいし。ただ、ウィキペディアにのってたけど、パトルイユスイスってパートタイマーなのね。それ面白いなって思った。普段はF-18に乗ってるパイロットたちが定期的に練習してるんだって。面白いねーそこちょっと惹かれるとこではあるね。

お前の時代が来るだろう

 「your time gonna come」 さあ、お前の番だ。やってくれよ。
 このアルバムジャケットって、よく見るとツェッペリン号の事故の写真だったのかな? って今頃気づいたとかアホやね。 

 色々嫌なことばかり起きるので、気分転換に模型屋に行った。先日作ったザクも見せようと思って。

 タミヤの48ファントムが出ますよね作りませんかと。ええーっ。またファントムかい。オッサン共はどんだけファントム好きなのよ。
 今は巣ごもり需要でウハウハ儲かってるだろうから、ハセガワも今のうちにリニューアルとかしてくれればいいのに、と模型屋。ウハウハってのが昭和の響きだ。懐かしいなぁ久しぶりに聞いたよ。

 いつものように感染症がらみの愚痴を言うと、珍しく模型屋がいいこと言ってくれた。それが何だったか、どうしても思い出せないんだけど(汗、人間って思いもよらぬ人の一言で救われたりするってことを言いたかった。

 そうこうするうちに、若い人がやってきて艦船模型をレジに置いた。私のザクを見て「おっ、ザクIIですね」と言うので模型屋かすかさず「この人が作ったんですよ」と言うと驚きながらも笑顔。

 世の中まだ捨てたもんじゃない。

完成(1/48ウルフパックT-38タロン製作記)

37

 ウルフパック1/48ノースロップT-38タロン 完成しました。やったー久々の飛行機完成だぁ!!

 いや~しかし、めっちゃ格好いいでしょ? セクシーでしょ? こんな格好で夜道を歩いてたら体がいくつあっても足りないね、お嬢さん。

39

 先日、ウルフパックはチャイナのメーカーって書いたような気がするけど、コリアのメーカーでした、すみません。
 別に苦労するキットではないけど、排気管の接着のところで手間取った。カタチが怪しいような気がするのは私だけか? なんとか少し削って合わせた。エリアルールの美しいラインが再現されてるかどうか・・・如何でしょうか。

42

 いわゆる黒立ち上げ(下地に黒を塗装する)で、上から白(クールホワイト)を吹くと程よくスミ入れしたかのような感じになった。実機はもちろんこんな濃淡などはなく真っ白で、どちらかというとピカピカな感じの白だから、旅客機みたいなきれいに仕上げるのが王道なのかも。でも私は工作が下手だからアクセントつけた。仕上げはいつもの半ツヤ。

 第一風防と機体のすり合わせがいい加減(その下の黒いパーツがなかなか合わなかった)。こういうところはもっと丁寧にすり合わせなくちゃいけないよね。
 キャノピー開けてるから梯子があったほうがそれらしかった。こわもての教官とビビってる練習生パイロットもほしいなあ。梯子は今からひとつ調達するつもり。

40

 シートベルトはファインモールドのナノアビエーションというプラのディテールアップパーツを使った。あとホースを針金巻いて作ってみた。シートは指定ではグレーだったけど、ネットで見るとオリーブグリーンのもあったのでアクセントになると思ってこちらの色にした。

 照準器のモールドなのかなあ??と思われる小さな出っ張りはあったけど、本当はシャープな照準器が欲しい。
 キャノピーはキットにマスキングシートがついてたんだけど、忘れてて自分でマスキングしたという間抜け。透明パーツの透明度がいまいちで、ちょっとガッカリ。一応いつものハセガワのコンパウンドとポリマーで磨いてます。あ、第一風防はお約束の接着剤付着で涙。買って二年くらいなのでデカールは貼りやすかった。注意書きは少ないので楽。

43

 脚庫は伸ばしランナーでそれらしく。鏡プレイで見せる人もいるけど、私はこうやってチラっと見る感じが好き。実機をのぞき込んでる気分になるから。っていうか、そのレベルにしか作ってない。ブレーキパイプは前輪にはついていないらしい。主脚だけです。

46

 ジェット機もいいものですねぇ~わりと大戦機ばかり作ってきたので新鮮~。張り線ないから楽だぁ~!! ストレートに作るぶんなら簡単かも。まぁなんでもそうだよね、だんだん知識が増えて深くのめり込んでいくと出来もしないデテールアップに溺れて身動き取れなくなる。そうやって泥沼に沈んでいった男共をこれまでたくさん見てきた。それで思うのはもっとハードルを下げていくという生き残りの方法だ。
 ちなみになんでタロンを? と思った人もいるかもしれないけど、それくらい知ってますよ。えっへん。一応飛行機モデラーだもん。エリア88にも出てくるよね。新谷かおる先生も大好きな機体。おじさんたちはみんなファントムファントムってばっかり言ってるけど、こういうコンパクトなのが私は好きなの!!

 こうしてみると、マーキングの向きがちょっとアレなのかな。なんか自信ない。まあ色々気になるところが山のようにあるけど、もう終わったことさ気にしない。
 何はともあれ完成だよ、完成。うらやましかろ? そう思った人は今すぐ作るよろし。

最後の難関(ウルフパック1/48T-38タロン製作記)

34

 第一風防の枠は黒だったので塗りなおした。やり直すごとに汚くなっていく。

35

 で、第一風防を接着するのが難しかった。というのも、風防の下の黒い部分、これが別パーツになっていて・・・普通別パーツになってるもんでしたっけ? どうしてか知らないけど、このパーツ割に泣かされた。ほんと悪い男←おい!!

 この黒い部分が計器盤の上にくるのだと思うけど(もちろんインストはわかりにくい)、そうすると風防が合わなくなる。カタチなんかどうなってもいいからガンガン削るのがよかったのかもしれない。

36

 で、なんども風防をのっけたりしてるうちにお約束で、指についた接着剤が透明パーツに・・・嗚呼!! こんなときハセガワやタミヤなら部品請求できるのになあ。

 こんな感じで右側に大きな汚れができた。せめて後ろのキャノピーならなぁ・・・今回は開けてるのに。一番前じゃあどうしようもないよ。キャノピーが曇るといっぺんにトーシローの作品になる。悔しいな。そもそもこの透明パーツは日本のメーカーのものなんかに比較して、あまり材質がよくない(きれいではない)うえに、汚してどうする自分。
 接着は木工用ボンドでやりました。最近はこれで塞ぎながら接着することが多い。強度を必要としないところには便利だよ。

 ま、けど、コクピットの雰囲気はなかなかイイと思いませんか。格好いい。
 さて、あとキャノピーを全部接着して、翼端灯の色を塗ったらおしまいかな・・・久々の完成なるか!? ほんと飛行機は長い間完成してないよ私。もともと自称飛行機モデラーだからいいようなもんだけど、やはり去年から続くこの世の中の雰囲気、キツいものがある。今明るくなれったって無理ですよ。

詰めが甘い(ウルフパック1/48T-38タロン製作記)

31

 第一風防を取り付ける前に、防眩塗装をしたその内側の黒い部分のパーツを取り付けるんだけど、これがうまく合わない。私の工作が間違ってるのかどうかしらないけど、普通この下に計器盤が入り込むはず。それがうまくいかないので削ることにした。でも本当はこういうところは、もっと早くすり合わせて置くべきだよね。わかっちゃいるけどやめられない。

 あと、この第一風防の窓枠は黒だった(汗 っていうか、気づけよ>自分

32

 じゃーん。バックミラー作ったよーん。人生初バックミラーです。実際は内側についてるだろうけどね。こんなとこについてたら、キャノピーが閉まらんやん。
 でもちゃんとハセガワのミラーフィニッシュも貼ったよ。偉いなあ私。昨日は(噛むと痛くて)一日お粥しか食べてなかったけどプチ断食的になって、むしろ体調的にはいいかもしれない。今日はだいぶんよくなってきたのでこんな工作もできた。

 たまに体調が悪いと書くと「〇〇病じゃないか」「××病院に行け」等のコメントもらいますが、本物のドクターならばセカンドオピニオンとして有難くお聞きしますけど素人のアドバイスはお断りします。私も毎年定期健診は受けていますし、相談する人もいますし、普通に病院には行っていますのでお気遣いなく。 

33

 後席・・・教官の人が乗るほうだろうね、そちらのバックミラーは、この前席と後席の間の枠みたいなところについている写真がネット上にあったので、ここに貼り付けた。イマイチ実感がないかもしれないけど、まあ初心者だから許してちょ。そもそも、枠そのものが少し太すぎる気もする。

 あと、キャノピーに名前が書いてあったのは、私の作ろうとしてるマーキングとは違うやつなんだけど、ここに名前があるほうが格好いいかと思って張り付けた。

脚庫できた(ウルフパック1/48T-38タロン製作記)

30

 ちょっとカッコいい脚庫になったかな。あと少しなんだけどタロン。

 年末から痛かったのが今日は激痛になってきたので歯医者に行ってきた。何も食べられないのか辛い。でも虫歯じゃなくて、歯茎が腫れてるだけらしい。ほんとかねえ。それでこんなに痛いのか。

 仕方ないので今日はお休みです。確かに不要不急の工作だしね。
 明日は少しよくなることを祈っててください。抗生物質と痛み止め飲んで寝よう。

 なんちゃってJMCもあと少し、投票集計そして発表が残ってます。でもこちらは締め切りはないから、しばしお待ちください。許してね。

脚庫の配線(1/48ウルフパックT-38タロン製作記)

28

 タロンの脚庫の配線はこんなものでおしまい(左側が機首)。ちょっとインパクトに欠ける感じもするけど、これ以上やると疲れるのでやめた。前脚は資料がないのでやってない。あと前脚にもブレーキパイプって必要なのかよくわからないので、這わせていない。でもたぶん前脚にもブレーキはついてるんだろうな。

 写真ではコード類は白ばかりのように見えるので白いランナーを伸ばした。少し太さは変化をつけている。ブレーキパイプは黒にみえるので、黒いランナーを伸ばした。ランナーを伸ばすとどんな太さでも作れるので経済的で簡単でおすすめです。意外と折れないよ。

 脚の前のほうにエアブレーキ? がついてるけど、それは最後に接着することにしてる(取れそうなので

 今日は、この後、全体に半艶クリヤもかけた。シルバリングもしてないようだし、ホッとした。
 スミ入れするか迷ったけど、黒で下地をしたせいで少しスミ入れふうになってるので、このままにする。あんまりクッキリすると、キャラクターものみたいになりそうだから。ただし脚庫だけはスミ入れした。
 でも、こんなところでモタモタしてると、あちこち汚れてくるからイライラする。白い機体ってどれだけ手際よく触らずに作れるかが勝負を分けるね。ちなみに手際が悪いことでは自信がある。白いドレスはやっぱ私には向かないなぁ。

部屋1

 ケッチカフェ。と名付けてみた。
 いくらなんでも歪んでるウインカーだけは直そうと思って接着剤を流し込んでみたけど外れそうにないので諦めた。たぶん力を入れたらポキっと折れるだろう。もうええわ。ま、一度コケたことにすればいい。え? コケまくり。

 ここ数日朝起きると雪が積もっていたので雪を見ながら朝のコーヒーを飲む。いやーいい身分だね。このカップは信楽焼で、すごく気に入ってる。持ちやすくて飲みやすい。色もいい。なかなかそういうカップってないんだよね。

キッス

 BGMはキッスのデビューアルバム。キッスの原点、結局これがいちばんいいんじゃない?と思える、どの曲もいい。
 最近思うんだけど、結局ロックのギターソロって口ずさめるのが一番いいね。口ずさめないような複雑なやつは、結局覚えられなくて心に残らない。といってもそれは私の能力の問題か。まあ単純な奴だからキッスとかが好きなんだよね。これぞロックンロールというキャッチーな曲が多いけど、最後の「ブラックダイアモンド」はちょっぴりダーティな感じの曲で、格好いい。

大きすぎても、ねぇ(ウルフパック1/48T-38タロン製作記)

26

 ウルフパック1/48タロンですが、注意書きが大きすぎませんかね? えっ、何? 貼り方が下手? そなの今日に始まったことじゃない。

 先に注意書きを貼るべきだった。先にU.S.AIRFORCEのほうを貼っちゃったもんだから、どうしようもなくなった。ほんとにもう。それにしても注意書きが大きすぎて格好悪いな。でもそれはウルフパックのせいだから、気が楽だ。ハハハ。

27

 とりあえずデカールを全部貼り終わった。ふぅ。

 いやしかし、カッチョいいですねぇー!! 白いのもなかなかいいやん。実機はもちろん真っ白、むしろ旅客機みたいなツルツルでこんなグラデーションなんかありません。これはフィクションです。わかっててやってるんだからね。

 ほんと格好いいなあ~ほれぼれするね。すっかり自己満足に浸る。この瞬間があるから先に進める。これにスミ入れしたら更に格好よくなりそう。あとはジェットノズルのとこを辻褄合わせて、キャノピーを接着・・・あ、バックミラー作らないといけなかった・・・汗

 ところで、ここ数か月の息苦しさがだんだん溜まってきたみたい。この一年、ほんと苦しい。covid-19が人間だったら、ボコボコにしてぐるぐる巻きにして海に投げ込んでやるんだけどな。あたしゃ、どこかでバクハツしそうで怖い。欲しがりません勝つまでは、ってのはこういう感じだったんだろうか。誰にも文句は言えない・・・何一つ先が見えない。でもな、ともかく、できることを少しでもするしかないよ。貴重な50代の最後を無駄にはしない。

 つれづれコンペは今年も続けます。「小国の冬」は2月末までの応募期間ですので、よろしく♪
 なんちゃってJMCの結果発表もあと数週間先に迫ってます。こちらもお楽しみに。

不要不急の工作(ウルフパック1/48T-38タロン製作記)

24

 ウルフパックの1/48タロンは唯一、ここのところがよくわからない。
 ジェットノズルをインスト通り接着してみたんだけど、何か下側がズレてるでしょ? これは変だなあ。

23

 実機写真を見ても、変な隙間は当然ないので、べりべりべり・・・と引きはがした。当然崩壊する(嗚呼

 実機も、ノズル下側が少し複雑なカタチになっていて、上手な人なら再現するんでしょうけど、私はそんな技術も忍耐力もないので、さっさと削ってフィットさせることにする。

25

 デカール貼りはじめた。とても貼りやすいです。というか、デカールが良質とかいうんじゃなくて新しいから貼りやすいのだと思う。デカールは絶対に新しくないとダメね。

 右翼のUSAFは一文字ずつ切って貼った。全体的には小さな注意書きはほんの少ししかないので、ものすごく楽な部類だろう。あと主翼上の黒い線(これもウォークウェイというやつなのかな)はちょい苦手。塗装したほうがよかったなと今気がついた。

酒3

 毎晩飲んでるって? まあいいってことよ。実はまだ、噛むと痛い歯があるので、おっかなびっくりだけど。

 正月用に買っておいた酒、正月にはお猪口でほんの少し冷たいまま飲んだんだけど、なんだか味がわからなかった。が、ところがですよ、燗をつけて飲んでみたら、これがもう・・・たまらん!! めちゃ旨いではありませんか。感動した。ま、純米大吟醸だから美味しくて当然だろうけど。
 美濃菊という岐阜のお酒。飛騨誉(ひだほまれ)という米です。精米歩合50%。ありがたや。コメの半分を捨てて磨いている、なんという贅沢。

 ところで白川静先生によると、「阜」とは神様が天から降りてくるときに使う梯子のことで、「岐」は山の分かれ道のことらしいから、「岐阜」というのは神が降臨してそこから全国に分かれて散らばっていった、そういう特別な場所なんじゃないかと勝手に想像している。

 今年はそんな岐阜県各務原でUAMCという飛行機大展示会があるらしい。詳しくは→ 第八回UAMC案内ページ

 七月のことだからどうなってるかわからないけど、行ってみたいなあとは思ってる。五月の静岡ホビーショー合同展は今年も中止になってしまったし。状況を見ながら考えたい。
 犬山城も近いみたいだしね・・・行きたいなあ。飛燕のふるさと。

変わり映えしない・・・(ウルフパック1/48T-38タロン製作記)

20

 前回の画像とほとんど変わり映えしないけど、右翼の黒いところを吹きなおしたんだよ。少し細すぎたので。あと消えた筋彫りも少しだけ復活させた。

 それにしても、迷彩じゃないと楽だなー。

21

 この空気取り入れ口みたいなものはなんでしょうか。ご存知の方がいたら教えてください。

 エンジンに空気を送り込むものじゃないかなーと推測してるけど。お兄ちゃんのF-5にはついてないんです。あ、F-5がお兄ちゃんで、T-38は妹だからね←意味不明 

 しかしこういう白いワンピースなんか着てる女に限って、下着は黒いレースだったりするからね、騙されたらいかんよ。

 などと、へらず口を叩いているけど、なんちゃってJMCのやりとりで疲れてます。しかも昨日からすごく歯が痛くて、たまらん!! 大晦日なのにどうしよう。

マスキングの順番(ウルフパック1/48T-38タロン製作記)

19

 48のタロンのキャノピーのマスキングは、涙が出るほど簡単だ。
 いつもこんなのなら、穏やかな日々が送れるのにな。

20

 主翼前端と垂直尾翼の前端に黒いところがある。ついクセで先に黒を吹いてマスキングしたんだけど、よく考えたら黒をあとにするほうがやりやすかったかな。

 右側の主翼のほうは少し線が細くなりすぎたのでもう一度吹くことにする。飛行機作ると、こういうマスキングの順番問題に毎回何かしら直面する。私にはいちばん苦手なジャンル。でもこういうところに頭の良さが現れるのだろう。だとしたら私はかなり頭が悪い。

 そういえば、数日前、モットリングを吹く夢を見た。・・・しかし見事に下手だった(汗
 夢の中でくらい上手く吹いたらいいのに。欲がないというか・・・そういえば子供の頃よく、要領が悪いと言われた。覚えが悪い、というか学習しないというか、「次はうまくやってやろう」という気持ちがないというか、他人をいらつかせるというか。人類の歴史の中で淘汰されていきそうなもんだけど、こういう遺伝子も残ってるというのが不思議ではある。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ