つれづれプラモ製作記

見た目は女子、中身はオッサンのきららです。飛行機中心にプラモいろいろ作ってます♪

模型屋にて

バイク模型の春(模型屋にて)

豆田町1

 写真は昨日のものですが、今日も陽気に誘われて、ウォーキングを兼ねて豆田町へ。

 桂林荘公園の桜もほころぶ陽気。梢が桜色になっているのがわかる。日本人はなんとなくウキウキしてくる。その昔、日本では桜の木の下で魂を鎮める儀式をしていたらしく、生と死が一体となったような、嬉しいような悲しいような気分になるのはそのせいか。

 桂林荘とは、幕末に「日田に咸宜園あり」と言われた私塾を開いた広瀬淡窓先生の初めての塾。この後少し違う場所に咸宜園を作った。「鋭きも鈍きも捨て難し」というのが根幹となる教育方針だった。偉いですよね。

豆田町2

 桜もいいんだけど、椿もいい。だいたい猫も杓子も桜を騒ぎすぎる。椿は首のまま落ちるので嫌う人もいるが、そういう奴に限って何もわかっていない。

 散るということは椿にはない。落ちるのである。こうやってポツンと落ちている姿がいいと思う。あれっ私いつのまにかこんなとこ来ちゃった、と当惑してるところがいい。なぜ茶人は椿を愛したか、なんとなくわかる気がする。

豆田町4

 買い物を終えて最後はいつもの模型屋へ。

 旅の大工さんのアカデミー1/48 T-33(プラッツ扱い)を見てきた。私、T-33は詳しくないけどアカデミー製はどうですかね。パーツは少なくて作りやすかったという話です。最近になく売れたらしい。

豆田町5

 こんなふうに壁掛けに仕立ててあった。面白いでしょ。

 模型屋「先日すっげーシブい人が来てバイク模型買っていったんですよ」
 きらら「えっ、どんな人?」
 模型屋「〇〇の大型バイクに乗ってて、体格もよくてレザーのつなぎを着こなして」
 きらら「うんうん」
 模型屋「仕事は建築設計関係で、仕事が終わるとお客さんに自分の作ったバイク模型をプレゼントするんだって」
 きらら「くくぅ~やることなすこと格好いいなぁ。幾つくらいの人?」
 模型屋「60代。息子さんもバイク乗りで、たまに二人でツーリング行くらしい、うらやましいですよ。それで、しゃべり方なんかすごく穏やかで、もう~シブいのなんのって。いい年齢の重ね方してるっていうか」
 きらら「うーむ・・・そういう人ってたぶん奥さんも美人だったりして、すべてが完璧なのよ」
 模型屋「そうですね、人生に成功した人というんですかね・・・」

 田舎町の小さな模型屋の平日午後四時頃、金も才能も成功からも程遠い中年の二人が、ううーむと唸りながら、何か他人に対する妬みはちっとも感じられず、ただ心が温かいのはなぜだろう。
 今ここでこうしていられることの幸せということを、知ったからじゃないだろうか。

豆田町6

 買ってきた小石原焼のぐい飲みで、すべてのシブいバイク乗りに乾杯。次回は模型屋お勧めのバイクを作ろう。
 酒は広島の「幻」 甘いねえ。ま、いいでしょ、自分に甘く、他人に辛く。
 

尻を叩け(模型屋にて)

9

 ハセガワ1/12マッハIIIは、燃料タンクとオイルタンクなどの研ぎ出しをしなくてはいけない部分に、四回目のクリアをかけたところ。あと一回かけようかな、そしたら一週間くらい置いて、研ぎ出ししてみる。

 その間にタイヤなどの組み立てをする。
 後ろのタイヤのほうが太いんですよ。知ってるもーん。でもホイールは後ろのほうが小さい。最初間違ってハメようとして、ゆるゆるなので焦った。ほんとにもう~ハセガワってばドキドキさせるんだからぁ。

アカシ文具店2

 で、ちょっと取り寄せしたい模型があるので模型屋に行ってきた。

 二月なかばから三月いっぱいは「天領日田おひなまつり」と言って、旧家が代々伝わる雛人形を展示しており、それを目当てに観光客が押し寄せてくる。特に去年の感染症騒ぎ以来、閑古鳥の鳴いていた豆田町にもけっこう人が歩いている。もちろん、模型屋にも(私以外に)お客が来てたりする。

 きらら「いつもゴメンネ、あれ置いてないの、これ入れてくれのって文句ばかりで」
 模型屋「いや、いいんすよ。尻叩いてください」
 きらら「ええっ!! 叩いていいの!?」
 模型屋「うん、尻叩かれないと俺やる気出ないもんね、へへへ」

 ええっ、ちょっと・・・私が模型屋の真っ白いお尻をムチで叩いている図が頭に浮かんで焦るイカンわそれ・・・っていうか、お客さんに丸聞こえじゃないですかこの会話、ネットに書かれたりしたらどうすんの・・・って自分が書いてるやん(汗

アカシ文具店3

 花月川にかかってる橋を渡ってアカシ模型店の前を通り過ぎ、すぐのカドを左に入って数メートルのところに駐車場がありますよ。

 で、注文したのはアオシマのDD51ディーゼル機関車。が、しかし・・・・絶版だった。あーあ。パーツの多いキットを作ってみたくなったんだけどなあ。

 がっくりしてうちに帰ったが、数日後に連絡あり「再版するそうです、7月発売16280円、いかがっすかー」

 おおっ、アオシマさん気が利くねぇ。早速予約しときましたよ。といっても、七月まで作りたい気持ちが続いているかどうか・・・「なんでこんなもん注文しちゃったんだろ私」状態になってないといいけどねぇ。

買い物(模型屋にて)

着弾1

 模型屋に頼んでいたF-2が入荷したので模型屋まで出かけた(と言っても徒歩8分ですが)

 そういえば、先日私の作ったケッチも再販されるみたいね。ははぁ~私の製作記を見て注文する人が殺到したんだろうね。いやーハセガワに貢献できてうれしい。

筆

 ゴッドハンドの筆が入荷していたので、面相筆を一本買ってみた。男じゃないけど筆おろししていいのかな。
 値段はハセガワの熊野筆とだいたい同じくらい。柄の長さとかカタチとか似てるね。でも試しに並べてみたら手に持つあたりのカーブが微妙に違うのわかります? 飛行機モデラーならわかるよね。この違いが手に持ったときは全く違うテイストを生み出す。私は断然熊野筆が持ちやすいと感じたけどね。永遠に持っていられそうなくらい持ちやすい。ただしゴッドハンドのは筆おろし前なので、結論を出すのは時期尚早だよね。使い始めてから感想を書きます。ちなみに「面相筆」じゃなくて「スミ入れ」という名前で売ってるのがイマドキの感覚か。そもそも面相って何だ。新明解で引いてみると「(普通でない)顔つき」という意味。「面相をかえて怒り出した」という用例が載っている。そういえばそんな言葉があったね。顔の様子を描くときに使う筆ということか・・・語源知りたいよね。浮世絵師が使ってたりして。ネットで調べたらすぐにわかるだろうけど、想像するほうが面白い。

アカシ文具店

 模型屋の表に書いてあった。駐車場は裏にあるのでたずねてください。表には無理したら二台停められるかな・・・っていうくらいなので。

 模型屋「アカデミーのT-33って話題なんですかね」
 きらら「48?」
 模型屋「そう。いやー久々によく売れた(飛行機としては)」
 きらら「アカデミーとか入れるんですね、まだある?」
 模型屋「いやもう全部売れた」

 あっそ。私も一応飛行機モデラーなんですが・・・今頃そんな話されてもな。ま、こういうところが、アカシさんのいいところなんだけど。ノンビリしてて商売っ気がなくて、とにかく人がいいってとこが。

 水害とか、体調不良とか、この数年次々に災難が降りかかってきたけど、やっと元気になってくれたかな。このままできる限りこの町で模型屋をやっていてほしい。確かに巣ごもり需要かなんか知らないけど、最近模型屋としゃべくってると、必ずだれかお店に入ってくるんだよね。平日の昼下がりなんて前は誰も来なかったのに。感染症も大勢で集まったり会食するのはダメかもしれないけど、一人で模型屋行くのは平気だからね。そう思うと、貴重なガス抜きの場所だ。売れてしまったT-33の情報くれてもどうしようもないんだけど、こちらの言うことも優しく受け止めてくれる。たまに私の話聞きながらアクビしてますが。美女を目の前にしてアクビできるってのは模型業界広しといえどもこの男くらいのもんだろう。

着弾2

 こちらは模型屋には秘密の買い物。ネットで注文したホビーボスの72のメルカバ。我がイスラエル軍計画をちゃくちゃくと進めているところ。

今年最後の買い物(模型屋にて)

今年最後の買い物

 頼んでいたT-33の牽引車付きキットが入ったという連絡があったので買いに行った。

 平日の四時以降はお客がほとんど来ない時間帯なので、そこを狙って出かけていく。
 このキットは実は持っていたりする。古い箱のほうは記念にとっておくつもり。

 1969年のキット。ナインティシックスティナイン・・・「ホテルカリフォルニア」の中でも歌われている年だよね。ロックの好きな人間にはちょっとピンとくる年。私は当時プラモデルなんて見たこともなかった。もちろんウッドストックを知ってたわけでもない。生まれてくるのが少し遅かった。

 話しているうちに模型屋が
 「恋愛において、女は上書き保存、男はフォルダ保存」という最近わりと知られるようになった説を支持するので

 きらら「で、男の人って、一度好きになった相手はずーっと好きなんだよね、そうでしょ?」
 模型屋「・・・・・・・うーん・・・・」

 えっ、その沈黙なんですか。即座に肯定するかと思ってたよ。ずっと好きじゃないんかい。こういうとき深く考え込んでしまうのが、中高年のしるし。若い人なら肯定するにしろ否定するにしろ、即座だろう。

今年最後の買い物2

 こちらは少し前、いわゆる「ネットでボチった」キット。
 ドリームモデルとかいうチャイナのメーカー。ここに書きたくないくらい高かった。この値段ならエンジンが入っててほしいけど入ってない。ウリはエッチングパーツとローターブレード収納状態が再現できることだろうか(それくらい自分でやりゃいいんだけど)。
 タロン作りながら、ふっとヘリコプターが作りたくなったので、これ作ろうかなあと思う。ここんとこミサイルとか機関砲とか作ってないんだもん。

 政府にいただいたお金がまだ残ってる。早く使わないと。焦る。ハセガワが飛行機出してくれないから減らないやんか、ということにしておこう。

カワサキの問題(模型屋にて)

模型屋2

 買い物帰りにちょっと寄り道、先日行った城跡に紅葉が一本くらいはあったはずだと思いながらと登っていくと・・・本丸前に建っているお稲荷さんにちゃんとありました。

 鳥居って、確か結界みたいなもんだったよね? ドアがないってとこがいい。でもここをくぐると神様に守られる気がする。
 模型業界のますますの発展を祈願する。

模型屋3

 小さな盆地のまち。模型屋はちょうどあのへんに見える。今日は最高気温24度とか言ってたね、11月になってからずっと暖かくてありがたい。田舎のいいところはどこに行ってもすいてるということ。みんなクルマに乗ってどっかの観光地や混雑したSAとかで順番待ってたりするんだろうな。ザマミロである。

模型屋1

 模型屋に行くと、いつもの常連さんがいてうれしい。

 常連さん「きららさんマッハ作ってるって聞いたけど、ステアリングのとこについてる部品何だか知ってますか」
 きらら「いやいや、まだマッハまで行ってませんし私・・・」
 模型屋「ほら見てください、きららさん、旅の大工さんのマッハ3」

マッハ3

 見ると、作品が飾ってあった。うーん、まだケッチでつまずいていることは、秘密にしとこう。プライバシーゼロだからなあ、ここは。

 ということで、模型屋がネットで調べると、このインストのA28のパーツだと思うけど、
 模型屋「あーこれはあれですね、まっすぐ走るようにハンドルがブレんように調整するやつですね」
 きらら「えっ、マッハってまっすぐ走れないの?」
 常連さん「そりゃまあフレーム細くて三気筒だから・・・当時のカワサキってこんな感じですよね」
 模型屋「そうそうカワサキね」

 きらら「へえー、そうですか。実はカワサキのバイクに乗ってる人にホンダ作るって言ったら、やめろって言われて」
 模型屋&常連さん「あぁぁぁ~そりゃそうですよ、カワサキのバイクに乗ってる人はカワサキ以外のメーカーのはバイクとは思ってませんからね」

 えっ。そうでしたか。この先どういうバイク作ろうかなあと思ってるところだけど、この調子じゃまっすぐ走れんかもしれんなあ(汗
 

バイクのプラモ(模型屋にて)

20

 ファインモールドの飛燕二型改、右側は2016年に神戸で見た復元機っぽくするつもり(うまくできるかわかんないけど)。動翼はグレーみたいな塗装だったので先に塗装してマスキングしといた。

 左側は架空塗装で、ドイツのBf109K型のインストを参考に塗装しているところ。下側のライトブルーはもう少し青くてもよかったかもしれない(72なので明るい色にしようと思ってついついこんな色になった)。私は常に自分で色を作っているのでかなり勝手な色です。

バイクプラモ

 ちょっと体を動かしに模型屋に歩いて出かけた(徒歩8分、だけど暑いからこれ以上は勘弁)。先日注文したハセガワの新製品のバイクが入荷したという知らせがあったので。

 下側のKH-400のほうは最近“パパ”にもらった。今日買ったのはマッハIIIというやつ。あ、スポーク張り替えろとか、そういう話は一切お断りします。私は張り替えないで作るつもりだから。

 ちなみにマッキ兄に名車だと聞いて買ったんだけど、模型屋さんにその話すると「え? ん、まぁ・・・名車・・・ですかね」 
 と微妙な返事。いったいどうなってるんかい!? わけわからんわ。ともかく空冷エンジンのを作りたかったし、カワサキだし。
 しかしそれでも「3キトウは面白いですよ、あとタミヤと比べてハセガワがどんだけ大変かってことも併せて楽しんでください、フフフ」と、意味深なセリフで私を見送ってくれた。キトウむき出し、いいですね、夏にぴったり。

からくも難を逃れる?(模型屋にて)

38

 H2Rはカーボン素材の部分を塗装試行中。

 よく聞く方法で、脱いだばかりのストッキングをかぶせる方法。え? 違う? 確かそう聞いたんだけどなあ。

 もちろん新しいのを買ってきたりしませんよ。少し古くなったやつを切りました。
 先に金色と銀色をまぜた色を塗装しておいて、ストッキングをかぶせてそれから黒を吹いたんだけど、なんか雰囲気違うのでやり直してみよう。ネットで調べたら、金色とか書いてたので金色で塗装したけどキラキラしすぎですね。真ん中あたりのやつはわりとうまくいってるけど、これは拭き方とストッキングの押さえ方にもコツがあるみたい。少しわかった気がするのでもう一度トライ。

シマシマ

 実車。シマシマっぽく見えるでしょ? 金色なのか? わからんなあ。ちなみに、この横に突き出してるやつ、「ウイング」っていうんだよ。フフフ。だからH2Rっていうのはちゃんと翼がある乗り物なんです。飛行機なんですよ。

 近所の模型屋に、このカーボン部分の色など聞きに出かけた。というのは表向きの理由で、今回の水害の話をしたかったのだ。災害があると、自分ちには何の被害がなくても、何ともいえないストレスを感じるものです。これは経験した人にしかわからないだろうな。

 三年前と八年前、近所の模型屋は浸水した。特に三年前はひどかった。太ももくらいまで水が来て、商品がほとんど水に浸かった。私のライフライン・模型屋がそのまま廃業したりしたらどうしようかと心配したけれど、見事に復活したのでありがたかった。もう私は一生この模型屋についていくことに・・・汗

 私「雨よく降りましたねぇ」
 模型屋「いやぁ~今回の花月川はあと2メートル余裕がありました(危険水位まで2メートル?) でもまだ今から降るかもしれんですよ」
 私「そういえば知り合いの人の家が全壊したらしいよ」
 模型屋「えぇっそうでしたか、それは大変でしたね・・・でも・・・いっそ壊れるなら全壊のほうが・・・あきらめがつくかもしれん・・・(うつむく」
 そんなもんかもしれない。実際に家が水に浸かった人じゃないとわからない話。

 模型屋「あのときは、うちのクルマもシートのあたりまで泥水に浸かったんだけど、乾くまでしばらく放置しといたら、またエンジンかかったんですよ。つい慌ててエンジンかけてみたりするけど、濡れてるときにエンジンかけたら絶対にダメ。乾くまで待てば案外大丈夫」

 ふうーん。そうなんですか。先日の「ママレモン事件」以来、模型屋の言うことはすべて眉唾に聞こえる私だった。まあ私はクルマを持っていないのでそういう目には合わずにすむけど。

塗料購入

 そんな話をしてるといつのまにか五時のサイレンが鳴ったので慌ててうちに帰った(一時間以上しゃべっていた)。するとヨドバシに頼んでおいた塗料が到着・・・・って模型屋で買わんのかい!!

 いやーそれがですね、こういう特殊なやつは近所の模型屋さんには入らないの・・・わざわざこれ一個取り寄せてもらうのも気が引けるし、ほかにも置いてないキムワイプとかといっしょに頼んでみたら、なんと三日で届くんだねえ。早いなあ。みんな通販に買うのわかる気がする。送料も無料だし。このジュラルミンシルバーはすごくいいって、最近モデラー仲間から聞いたので買ってみた。

 でもこれからも基本的に模型屋で買うよ、私は。痛みを分かち合うことができるのは、リアルの模型屋だけだから。

オチがつけばすべて良し(模型屋にて)

24

 H2Rの箱絵をボンヤリ見ていて気が付いた。

 あ~っ!! ホイールにデカール貼るの忘れてた!!

 ご覧の通り、内側に細いグリーンのラインが入っている。もちろん一本ではなく、二本に分割されてるけど、上手く貼れるかなあ・・・っていうか、どの部分に貼るんかい!? 見てもわかりにくい。 
 かなり内側なので、正面からでは見えない。こういうふうに斜めからのぞくと見える。そこが洒落てるともいえますが・・・モデラー泣かせ!! 

 ま、でも、実際に貼って見たら思ったほど難しくなかった。はーよかったよかった。

塗料

 夕方、模型屋に行って再度塗料を仕入れてみた。

 私の顔を見るなり
 「あ、きららさんっ!! こないだはごめん!! 俺ママレモン(台所洗剤)って言ったですよね、ハイターの間違いだった」

 まさかこんなオチがついてくるとは(汗
 排気管の色で苦労してる話をすると

 模型屋「バイクのエキパイの焼けてるとこね、あれはね憧れなんすよ、色んな色になるんですよね」←バイク乗り
 きらら「へええ~」
 模型屋「それが俺・・・(自分のバイクを)コンパウンドで磨いたら、どうしてかわからんけど焼けなくなってしまって」←泣きそう

 どう言って慰めればいいかわからん。
 きらら「最近バイク乗ってるんですか?」
 模型屋「それがこないだ転んでしまって、怖くなった」

 ・・・・・。
 模型屋「旅の大工さんにね、きららさんが今H2R作ってるって言ったらめっちゃ喜んでましたよ」
 きらら「いやいやいや~あんまり言わないでくださいよ(汗」
 模型屋「お願いしたらケース作ってくれるですよ、頼んどいたら?」
 きらら「やめてくださいよ~話へんに大きくせんでください・・・(っていうか模型屋的にはタミヤのケースおすすめするとこじゃないの?」

ビール

 なにはともあれ、笑わせてくれたり心配させてくれる模型屋に、乾杯。

 人生も模型も一歩ずつ進むしかない。明日は今日より良くなることを信じて。 

アドバイス(模型屋にて)

14

 タミヤ 1/12 カワサキH2R のブレーキディスク。
 ブレーキディスクというのはブレーキかけるための部品のひとつです。飛行機だとブレーキパイプだけど、こっちは回転するディスクを両側から挟んで止めるらしい。ブレーキパイプのほうがどうやってブレーキかけてるのかわかりにくいが、こっちは私にも理解できる。できるけど、そんな高速回転してるものが止まるってのが信じられないなあ。

 いろいろ塗装したけどうまくいかず、指定通りのチタンシルバー(エナメル)を近所の模型屋に買いに行った。

 模型屋「ブレーキディスク・・・穴開いてました?」
 きらら「穴がモールドされてるけど」
 模型屋「そこ、穴開けたらいいですよ。そしたら「ほほーこの人わかってるな」って言われますよ(ニヤリ わりと目立つ部分ですもんね」←バイク好き
 きらら「おおー!! それは耳寄りな情報!! さっそくうちに帰って穴開けます」

 穴開けるだけなら簡単なことだよ。ピンバイスで小さな穴をたくさん開けた。しかし20年模型屋に通ってるけど、初めてすごく有意義なディテールアップの方法を聞いた気がする←おい!! 
 ちなみに、ツールクリーナーとウェザリングマスターうすめ液はまだメーカー欠品だった。まさかコロナの影響? 誰か買い占めてるんじゃなかろうな?

 さんざ失敗してプラの表面がザラザラになってたから色はいまいちだけど、下地に黒塗装してチタンシルバー塗った。確かに綺麗な色だなあ。そういえばチタンって、眼鏡のフレームに使うやつだよね? 軽くて丈夫ってことかな。あ、もしかして穴が開いてるのは「軽め穴」ってことか!? 零戦と同じ? まさか・・・でも軽いほうがいいに決まってるもんね。

15

 スイングアームという部分を組み立てた。この部分で、後ろのホイールが接続される。ホイールを回すためのチェーンもついている。

 スプリングもフレームと同じグリーンでお洒落~。でもここだけの話、こうやって組み立てながら、これどっちが上なんじゃ!? と思ってたのは秘密ね。ま、いいっちゃ。そういうのわからんでも作れるのがプラモの良いところだもん。

 

本年最後?まさか(別府の模型屋にて)

メカドール1

 妙な伝染病にも負けず、別府の模型屋に行ってきた。しかしこれが今年最後の別府行きとなるかもしれぬ。

 クルマを運転することのない私にとっては、本当に久しぶりの外出で、野山の景色も心に沁みた。山桜が美しい。

 ついに別府唯一の模型屋になってしまったメカドールさん。入口に星のロゴマークがないよね? フフフ、まぁそういう模型屋も世の中に一軒くらいはあっていいんじゃないですか。

メカドール2

 これ、笑いました。久々の爆笑。ここのところ心から笑うことがなかったけど、今日はいっぱい笑わせてもらったな。

 私はめったにお店には行けないんだけど、一度行っただけで、ちゃんと私の好みを覚えていてくれて、抜け目なく次回からは「これ、どう?」と、ヘリのキットをすすめてくれる。同じようなホコリかぶった怪しいキットが同じように並んでいるように見えて、実はこっそり色々と入れ替えていて、お客のツボに入りそうなキットをそろえてくれている。そんな店長が電卓打ってる姿を見て「誰かに似てるなあ・・・」と思ったら、そうです、あの人です、エリア88に出てくる・・・・「ところでどうだい(注文書をひらひらさせながら)、このアカデミー35のアパッチ、安いよ」気が付くと、予約させられていた(汗 次はいつ来れるかわからないのに。だがそんな約束ができると「まだ死ねない」という気分になるのだった。

メカドール3

 本日購入したものの中のひとつ。

 静岡ホビーショーに行けなくなり交通費宿泊費で7万円余り浮くので、そのぶんは模型業界につぎ込むことに決めている。7万円っていえばちょっとしたもんですぜ旦那。

 メカドール店長さんと常連軍団はオタ空に参加してくれたんだけど、すごく刺激を受けられたようで、テーマの32はすごくよかったと褒められた。私が熊本トムキャッツや銀翼会などにこれだけの数の奴隷を抱えていることにも驚かれたようで、ホホホ、どうだ参ったか!?
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ