つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

模型屋にて

心の温まる場所(模型屋にて)

比較

 1/72シーキングと1/32零戦の胴体の大きさ比べ。シーキングって大きいんだなー。これで32だったら倍だから、すごい大きさになるよね。

 善は急げと言う言葉もある、模型屋が店番をしていることを祈りつつ、夕方行ってみた。すると、運よく模型屋さんがいるではないか。
 私「ゴッドハンドの製品とか入らないよね?」
 模型屋「いやいや、そんなことないですよ、何という商品ですか?」

 おお!! では神ヤスを入れてくださいと頼んでみた。
 するとアッサリ、へえ~そんなに良いですか、入れてみましょうってことになった。

 やったね!! なんでもお願いしてみるもんだね。だって紙やすりなんて通販で買いたくないもん。近所の模型屋で買いたいもん。

 おしゃべりをしているところに、お客がやってきて(明らかに仕事中らしく制服を着ている)、「子供に、もう金曜でしょ、はやく買ってきてっていわれて」とニコニコしながら、レジのそばに置いてあった袋に入ったミニ四駆らしきキットの支払いをして、帰っていった。

 昨今は、仕事中にうどん屋に入ったとかコンビニに寄ったとか言ってはネットで叩かれるけれど、いいじゃありませんか、仕事中に模型屋の支払いをするくらい!! 小さな幸せを買って帰る人の姿を見てこちらも心が温かくなった。きっと子供と一緒に作るんだろうな。

 おまけに、神ヤスもこれからは地元で買えそうだし、何より模型屋さんにも会えたし、なんだかいい夕暮れだ。

ヘリ仕入れ(模型屋にて)

戦利品

 久々に別府の模型屋(メカドール)へ。

 店主によると、別府の模型屋はついにメカドールだけになってしまったとのこと(ゆめタウンの中にホビーゾーンという店はあるけど、純粋な模型屋という意味で) いよいよここが最後の牙城となるのか。
 せめて、ここだけは続けてほしいと思う。なんだか数日前に同じようなことを書いたなあ・・・。

 店主がヘリ好きなので、随所にヘリのキットが置いてあってうれしい。今年の夏は「おおいたんモデラーズ展示会」なので(8/24,25)、お客さんたちにも出品を声をかけてくれているとの由、力強い援軍が期待できそうです。

 ハインドは一昨年作ったやつと同じだけど右側に機銃のついてる型で、作りたかったやつ。リンクスはパーツてんこ盛りで少し高かったけど、思い切って買った。そして、エアフィックスのピューマはホコリだらけになってた売れ残りだったけど、家に帰って開けてみたら、なかなかいい雰囲気じゃありませんか!! 凸リベットびっしりで男らしい。ヘリはこれでなくちゃ。
 今日の買い物はいいものばかりで大満足。

フランカー

 今日は涼しかったですね。フランカーもいよいよ武装や主脚など主翼下の装備を接着始めた。ミサイルの位置を間違えないように慎重に。
 あ、放電策もいくつか取れてしまったので、作りなおした。やれやれ。こういう突起物は
結局最後に作ったほうがいいのかなあ。

模型屋に乾杯

乾杯

 今日は少しうれしいことがあったので、乾杯(いや毎日乾杯してるだろ?というツッコミは無しね)

 久々に模型屋へ行ったら、模型屋さんが店番をしていたのだ。
 実は模型屋さん、今年に入ってすぐ体調を崩し、滅多に店番をしていなかったので、私は一月以来会っていなかった。模型屋さんのプライベートなことなので書いてなかったけど、ここ数か月ものすごく寂しくて私のほうも凹みそうだった。

 店に行くといつもお父様が店番しているので容態を聞くと「それが・・・検査しとるけど原因がわからんで・・・すんません」と顔を曇らせるし、私も静岡ホビーショーに行ったりあれやこれやで、ここ二か月くらいはなんとなく行くのを避けていた。

 でも、そろそろ祇園も近づく季節だし、もしや・・・と思って行ってみたのだ。
 「少しはよくなりましたか」と聞くと
 「体調のいい日は店に出てるけど、まだ週に二日くらいかな・・・もう店閉めるかもしれん、ハハハ」

 と、いつもの自虐ジョーク。聞き飽きてはいるけれど、ほんとに閉められたら私の模型生活が破綻するので「お店続けてください」と本気でお願いする。

 見ると今話題のPayPayのパンフとQRコードが置いてある。たまたま来ていた見知らぬお客さんと一緒に模型屋さんからPayPayについて教えてもらった。

 シンナーと接着剤を買って店を出て歩きながら(うちから徒歩8分)、良かったなあと安堵の思いが胸にこみ上げてきた。もう模型屋なしでは生きていけない。単に買い物する場所だけではなく、心のオアシスになっているから。立ち寄って遠慮なく話をできるほぼ唯一の場所だから。

 この五か月間、長かった。 

ハセガワ?

トラクター

 数日前、新年の挨拶がてら模型屋へ出かけた。

 実は今年の正月は松本城を作ろうと思ってたんだけど、元旦に押し入れを開けてびっくり、松山城しか持ってなかった・・・・汗 いや松山城も好きだけど、今いちばん作りたいのは松本城でその次が松山城なんだよな。そういうのあるでしょ?

 で、模型屋に行ったら、この作品が目についた。
 きらら「これ、バンダイか何か?」
 模型屋「ハセガワですよ!!」
 きらら「あーっ、そうだったぁ~(痛恨のミス)、いやーしかしこれは格好いいですね」
 模型屋「でしょう? たった今、旅の大工さん(作者)が来てたのに、きららさんあと30分早く来てれば・・・惜しいっ」
 きらら「あーあ、もうなんか正月そうそう、いろいろ歯車が狂ってるな私・・・」
 模型屋「いやーしかしハセガワ最近すげえよ、なんかオモシロイものばかり出してくる。ほんとこれはすごい」

 おおー、タミヤ信者の模型屋がハセガワ製品褒めるって、セラミックコンパウンド&ポリマーに続いて二度目のような気がする。

 で、お金払って店を出たあとで、新年の挨拶をしていないことに気が付いた。
 

せめて二個買い(模型屋にて)

1

 数日前、模型屋から「九七艦攻入荷」のメールが入った。
 近所の模型屋は、飛行機プラモの在庫はほとんど置いていない。だからほぼ99%は取り寄せになる。今回は二個購入。

 でもね、800円のキットを一個だけ注文できますか? いや実は72のミラージュF.1C買ったときに一個だけ取り寄せたけど(模型屋は嫌な顔ひとつしないけど)、あまりにも申し訳ないので今後は二個買うことにした。世の中には最低賃金ってものがあるように、模型も最低価格があってもいいんじゃないの? せめて1000円。

 だってさ、800円のうちハセガワが400円くらいでしょ? 問屋が200円でアカシ模型店が200円? うひゃー。しかもハセガワの400円って、そのうちプラ代や箱代、成型代、箱詰めのおばちゃんの賃金とか、いろいろ引くと純粋な利益って・・・想像するのが怖い。商売って大変なんだなあ。溜息。

 模型屋さんに、スマートフォン入手を報告した。
 「おおっ、それは良かったですね、おめでとうございます」

 自分の小さな変化を報告に行くのは模型屋なんだよね、私。他に言う人がないっていうのも寂しいけど、逆に模型屋が聞いてくれるのは幸せと言うべきか。
 きらら「私ツイッターやってたけどやめたんよ実は。SNSっていくつもやってると面倒だよね」
 模型屋「俺、SNSは全部やめた。疲れた」

 あ、そうですか・・・。しかし、なんかこう、「俺、女遊びはやめたよ」なんていうなら格好いいけど、SNS全部やめたって・・・汗 極端やなーと思ったけど、確かに疲れるのはわかる気がする。いったんやめてみるのも一つの方法。

 ネットで時間を費やすよりも、こうやって相手してくれるのは私たちにはうれしい。
 たった200円?の儲けでも、気持ちよく応対してくれるんだから。

2

 というわけで、これも作ることにした。二個も三個も一緒でしょ←おい!! 
 まとめて面倒みてやるわ。

 だってさ、ハセガワのキット、思った通りすごくいい感じなんですよ。
 もうこれじゃないとイケない体になったみたい、私。ウフフ。

 え? ハセガワの皮かぶってるけど中身はマニアホビーの金型だって?
 なんかそうらしいですね。ま、いいってことよ。すごくハセガワっぽい雰囲気だもん。目をつぶってたら、誰だかわかんないし・・・

一年後(模型屋にて)

山
 7/19、地元の祇園祭の山鉾がうちの近くにやってきた。
 隣の町内の模型屋さんとこも、やはりこの祭りには参加するので祇園の前後は忙しそうで遠慮していたが、今日は久しぶりに模型屋へ。

 ハセガワの九七艦攻(1/72)、Su-33フランカーなどを注文する。えっ、SAコン用ですよ。いちおう作ろうかな、と思ってる。

 模型屋「(ハセガワHPを見ながら)この九七艦攻はA帯ですね古いキットだな、ひゃー、たったの800円」

 模型屋が800円とか言って驚いてる場合か!?  

 先日の西日本豪雨の話から、去年の地元の水害の話になった。
 きらら「テレビ見てたら、ほんと災害にあった人たちは大変そうで、よこわせてあげたい(休ませてあげたい、の意)。家を片付けるのが先なんだろうけど、少しよこわんと、体がもたんのじゃないかって心配になるよ」
 模型屋「そうなんですよ、あのときはもう本当にやることがいっぱいで、頭の中もいっぱいで、無我夢中でやってるから気が付かないんだけど、一区切りついたところで、ガタっとくるんよね。俺もそうやった」

 そういえば。去年の七月、母の葬儀を終えてやっと帰ってきて、模型屋に話でも聞いてもらおうと思っていたらあの水害で、模型屋さんはそれどころじゃなくなった。その後開催の危ぶまれた祇園祭もいつも通り開催で、バタバタしてるうちに七月は過ぎ・・・ああーほんと、去年はキツかった。

 私自身は、何も被害がなかったんだけど、模型屋さんは店も自宅も被災して、ミニ四駆のチームの仲間の人が崖崩れで亡くなって、すっかり気落ちしていたっけ。あの姿は見ていて辛かった。
 でも、一年たって、ようやくこんな話をできるようになった。なかなかストレートには話せなかった。

 今日改めて知ったんだけど、模型屋さんとこは、文化庁の伝統的建造物とかいうのに指定されていて、勝手にリフォームするわけにいかないらしい。ということは・・・この模型屋は文化庁お墨付きのフォーエバーってことなんじゃ!? 永遠に模型屋やめられない!? おおー、すげえな。
 きらら「童友社から、ここの建物のプラモ出してもらったらいいんじゃない?」
 模型屋「(苦笑)」

 だってさー屋形船とか扇風機のプラモがあるくらいなら、模型屋のプラモがあったっていいはずなんだけど・・模型業界って灯台もと暗しなんだよなあ。

部品請求だけで終わらない(模型屋にて)

36

 1/72Fw190を四機同時多発製作記、これはタミヤのA-3、ハンス・ハーン大尉機です。

 ドイツ機のウォークウェイって面倒くさくて嫌い。
 72だと描くのも難しいし、デカールを真面目に貼るしかない。

 タミヤのは三本に分かれていて、いちばん上辺を綺麗に貼り、次に縦線を貼り、それから下側のL字型に曲がってるやつを貼ろうとしていたら・・・なんか隣の縦線もフニャっとまがった。で、どうにか元に戻そうとツンツン触ってるうちに、最悪になっていく。

 くぅ~っ、またも部品請求か。

 というわけで模型屋に出かけていって(うちから徒歩8分)、部品請求を頼みながら
 「ホンダジェットは入荷してないの?」と聞くと「してないけど・・・これと一緒についでに注文しましょうか」という。
 じゃあ、お願いしますと、ついノリで頼んでしまう。
 「いいんですか、高いですけど」←どういう模型屋かい!! 売りたくないんかい!!
 5000円余するらしい。けっ、たったそれだけかい・・・って5000円以上すんの!? しまった、と思ったがもう遅い。一度言ったことを覆すのは男がすたる(男じゃないけど)。
 こないだのバイクのエンジンもホンダだったし、ホンダつながりってのも面白いかもしれない。

 が、困ったことにハセガワじゃないんだよね。なんだか最近ハセガワの新製品を買っていない気がする。でも仕方ない、自分が好きな機種しか買わないことにしてるから。こんなんじゃハセガワのファンとか言えない気もするけど。
 
 

寒中模型お見舞い

部屋1
 わが作業場。

 年末に家具を処分してとりあえず広くなった。
 窓にはUVカットのシートを貼っています。

部屋2
 昨日、ホームセンターに頼んであったカーペットが届いた。六畳用を部屋のカタチに合わせて切ってもらったのだ。普通の六畳とはちょっと違う変則的なカタチをしているので残念ながらカーペットが合わない。

 もちろん一人で全部やりました。大したモノはおいてないけど、なんせ頭が悪いので、動かさなくていいものを動かしたりして、アホみたいに汗だくになった。

 敷くのにちょうど2時間、いい運動になった。安物のカーペットだけど、部屋がすごく明るい雰囲気になったでしょ? 早速コーヒーを飲む。今までよりさらにおいしい!!

 次は本棚を入れて、その次はデスクトップパソコンを置いて、それから塗装ブースかな? エアコンは我慢かなあ。

模型屋にて3

 今日もまた夕方四時半に模型屋に出動。この時間帯はお客が少ないのでそこが狙い目。

 できあがったCB750Fエンジンを見てもらう。旅の大工さんの作品と並べて記念撮影。
 模型屋「おー、キャリバーなんかきららさんのほうがうまく塗れてるやん(ニヤリ」
 きらら「アラそうかしら、ホホホ」
 私のつけ忘れているパーツなどを発見。パイプ類も私のつけていないところについている。

 話はバイク話へと。
 模型屋「きららさん、こうなったら1/6のCB本体を作りませんか」
 きらら「(キットを見ながら)うん作ろうかなあ。ところで、あのカタナっていうのは有名なバイクなんでしょ?」
 模型屋「そうなんですよ(感極まった様子で) カタナは・・・いうならば伝説のバイク、ですね」
 きらら「へえーどのへんが」
 模型屋「カタナっていうのはですね・・・(熱弁)」
 きらら「ふーん、そう言われてみると変わった形してるよね、これはこれで格好いいかも」
 模型屋「うーん・・でも俺、スズキはあんまり好きじゃないんですよね」

 なんじゃそのオチは。

 ということで、タミヤのケースを注文して時計をみると1時間以上経過してる!! どう考えても模型屋では時間の流れが違う、外はまだ明るいのに五時半すぎてる。日がずいぶん長くなりましたね。
 冬きたりなば春遠からじ、冷たい風の向こうに春が待っている。 
  

フオッケウルフ増殖中(モデラーのクリスマス)

Mハンズ2
 クリスマスだもんね、サンタが来ない大人は、自分でプレゼントを仕入れに行かなきゃならない。本日はモデラーの正しいクリスマスの過ごし方を紹介しよう。

 大分市のMハンズに初めて行った。以前から名前は聞いているけれど、クルマがないといけない場所ゆえ、これまで行ったことがなかったが、本日は大分のモデラー・九九軍偵氏の買い物に便乗して連れて行ってもらった。

 ここは、いろんなジャンルが揃っていて、きちんと整理整頓しており、どこに何があるかわからないような怪しいタイプの模型屋ではない。それでいて、ちょっと珍しいモノやツボを押さえた品ぞろい、なかなかの模型屋とみた。
 ケースの中には、信地旋会諸氏の作品が鎮座している(名前が書いてなくても誰の作品かわかるのは、さすが世界が狭い)

Mハンズ3
 ルイス式機銃を仕入れた九九軍偵氏から、早速一個わけてもらう。

 実は先日から作ってる天山には後方機銃がついていなかったのだ。
 まさか・・・と思って焦って探したけど、入っていなかった。

 ナノアヴィエーションの繊細なモールド、ちょっと間違って触ったら壊してしまいそう。

Mハンズ1
 模型屋で正しいクリスマスイブの前日を過ごす私。

 箱のいっぱいあるところにいると、なんか落ち着くね。

4
 他にも、別府のメカドール、中古プラモを置いている中古品販売店などを回り、気が付くとフォッケウルフが増殖していた(汗
 これは中古品屋で購入したハセガワ製品。古い箱がうれしい。

5
 こちらは、Mハンズで購入したエアフィックスのFw190F-8/A-8 田舎にいるとエアフィックスの箱を見ることがないのでうれしくてつい買ってしまう。

1


 最近、天山も作ってるけど、Fw190も作っている。ハセガワとタミヤの1/72。
 ふたつのメーカーのテイストの違いに思わずニヤリとしてしまう。
 もう胴体を接着してどんどん進んでいる。

 今日はハセガワの旧版とエアフィックスのキットを買ったから、こうなったらもう、四個作ってしまおう。人生は一度しかない。二個も四個も手間は一緒だし←いや違うやろ
 どの塗装図見ても、それぞれカッチョいいぞ。

人に捧げた命に

デゴイチ

 久しぶりに近所の模型屋に行った。デゴイチを買うために。

 実は、七月はじめの水害で、模型屋さんは大変な損害を受けた(ひざ上くらいまで水に浸かったという)。店舗、住居、両方である。

 先月、模型屋さんが一家総出で店の片付けをしているところに遭遇し、思わず少しだけ手伝いしたけれどかえって気を使わせただけだった。そのとき、表面では元気そうに振舞っているけれど、実は大変にショックを受けているのが(当然のことながら)感じられた。

 そろそろ心も落ち着いてきたかな、と思い、聞いてみたかった質問を投げかけてみた。
 「例の(七月の九州北部豪雨で)小野のほうで亡くなった消防団員の人、ミニ四駆やってたというけれど、もしかして知ってる人?」
 すると模型屋さん、大きくうなづいて「もちろん知ってるよ、そこに写真あるよ。本当にいい奴だったんですよね・・・」「そうですか、やっぱりそうか・・・なぜかいい奴が早く死んでしまうんだよね、どうしてだか」「・・・・・」

 写真は、去年の熊本地震のあと、阿蘇の子供たちを元気づけようとミニ四駆を持っていって遊ばせたときのものだった。最期まで人のために捧げた命。

 ああーいかん、あんまりこの話してると模型屋さんが泣いちゃうといけないので(やたらと涙もろい)、話をかえる。「上の棚のD51を取ってください」「ええーっ、きららさん、これ作るの!? へぇ~ほぉ~きららさんがねぇデゴイチねぇ、そうですかそうですか、ぜひ作って見せてください」
 私が蒸気機関車作るってそんなに不思議か!? ・・・・・うーん、不思議かもしれんね。でもずっと以前から作ってみたかったんだよ。

ワイン1 今夜は飲まないつもりだったけど、小さなグラスに二杯だけ飲むことにした。一杯目は、人のため死んでいった消防団員に。そして二杯目は豆田の模型屋のために。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ