つれづれプラモ製作記

見た目は女子、中身はオッサンのきららです。飛行機中心にプラモいろいろ作ってます♪

つれづれコンペ“架空機の秋”

一等賞発表(つれづれコンペ“架空機の秋”結果発表)

ばろん1

 今回「架空機の秋」一等賞は、ばろんさん作品「肉体の軛から解き放たれた鳥」(ハセガワ1/72 Su-35 UAV)

 これは文句なく一等賞でしょう。まあキットが架空機でもあるんですが、そこをひとヒネリして架空の世界エースコンバット劇中の架空フランカーにしてしまうという捻り技がきいているとともに、単に「なんじゃこりゃ!!何かわかんないけど格好よすぎ!!」というものに仕上がってます。解き放たれた鳥、というタイトルがすべてを表してますね。
 妄想をカタチにできる技術が本当にうらやましい。

ななにや2

 二等賞はnananiya72さんの「イタリアのあがき」MacKi-61/206 Yen (燕) (アリイ 1/48)

 長くなるので記事には割愛させてもらった改造箇所の概要↓
※機首を9mm延長 ※形状に合わせて下面にもフェアリング延長
※キャノピー枠の変更 ※右翼端を4mm切り詰め
※ムスタングのプロペラに交換 4翅→3翅 ※後部胴体垂直尾翼前で6mm延長
※機関砲増設 翼上面にフェアリング追加 ※尾輪の大型化

 しかし色々手をかけた結果、きれいな飛行機になっちゃって逆に飛燕にしか見えない気もするし(汗、いやいやマッキらしいと思う方もいるとは思います。塗装がカッコいいですね。液冷機はやはりきれいだなあ。こんな工作はできませんが色んな塗装で楽しんでみたくなりました。

 お二人とも、なかなか普通にはできない技を見せてくれました。架空機ってことで、おちゃらけ作品を期待してたんですが、やはり飛行機モデラーは真面目ですねぇ、皆さんガチに参加してくれました。眼福でした。

--------------------------------------------------------
 ■今後のつれづれコンペ
 12~2月 小国の冬
 3~5月 民間機の春

 年末年始をはさんで小国空軍でまったりノンビリ楽しみましょう。写真は三枚(わかりやすく撮ってくださいね)、コメントはぜひ面白いものを、キットの名前やタイトルなども忘れずに、kilala_1962@yahoo.co.jp までお願いします。

ぎりぎり発進(つれづれコンペ“架空機の秋”その4)

Osen1

 ■エントリーno.7 O-sen(零銭)さん

 [作品名]たった45分で終わった希望の星 嗚呼!夢散 
 [キット名]造形村1/48 J7W1 震電
 [コメント]連日襲い来るB-29を迎撃する最後の切り札として開発された機体ですが、試作機1機が完成し、僅か45分のテスト飛行を行なっただけで終戦となりました。もし、震電が量産化されていたら戦局はどうなっていたでしょうか? 恐らくは時すでに遅しだったでしょうが…。
 震電を架空機と言うのには意見が分かれそうですが、テスト飛行した機体には武器は搭載されておらず、武装した状態ではこうだろうと言う判断で架空機と言う事にさせて頂きました。キットも武装状態でしか作れません。
 内部構造を再現したキットですが、残念ながらパーツのフィット感が良くなくて、各パネルを全て接着・修正してしまい、折角の臓物が見えなくなってしまったのが非常に残念ですし悔しく思っています。
 震電の1/48はハセガワの古いキットがまだ健在ですが、そろそろリニューアルキットが欲しいですね。造形村のキットは現在入手困難です。
 拙ブログに製作下手を晒しています。

Osen2

 以下青い文字はきららコメント

 震電きましたね~。カッコいいです。やっぱいいですね。架空機にしか見えません。こんなの実在してたことが信じられない。日本人すごい。九州の誇り。


Osen3

 なんだかんだ言って、造形村のキットを完成させてる人はそう多くはないと思うので、それだけでチャレンジャーだと思います。

 ただ、ご本人が書いてるように、不本意な部分がにじみ出ている気がします。すみません。最近写真を見ているとその方の思いも感じるんです。
 しかしとにかくきれいにまとめて完成されてるし、臓物作りはそれなりに楽しめたのではと思います。もし苦しいだけだったのなら、キツいですね。

 キャノピーが開いていて機体も剥がれが目立っているからそれだけで物語がありますが、ここはひとつ人間が一人立ってるとめちゃくちゃ哀愁があって良かったかなあと思います。コンクリートのひび割れたような格納庫土台もあるといいなあ。このキットには人形は付属してないんでしょうか。だとしたら残念です。


はまかぜ1

 ■エントリーno.8 はまかぜさん

 キット 1/72 ハセガワ エリア88 F‐8E クルセイダー シン・カザマ

 コメント 漫画で活躍している機体なのでお題を外してはいないと思います。
 私は原作を買って1回だけ読んだだけで、アニメは見ていません。最初の読み切りのうちは
 まだまだついていけるんですが、だんだんと荒唐無稽になってきて、2回目以降は3巻くらいでやめています。
 機体は1/72と小さめですが、キットは中古で入手したものなので、デカールがボロボロで、クリアを相当吹いてなんとかだましだまし、貼り付けました。
 普通に作っただけでもつまらないので、滑走路に機体を牽引してきたジオラマにしてみました。
 飛行機はなかなかジオラマで思いつくものないですね。

はまかぜ2

 いやーコメント読んで笑いました。二回目以降は三巻くらいでやめてますって・・・「エリ8」好きで作ってるわけじゃないんですか!? おちょくっとんのかコラ!! ・・・あ、失礼。ファンなもので。
 
 特異なカタチの飛行機ですよね、コクピットから先が短いのが不思議なカタチ。そのぶん操縦はしやすいんでしょうか。でも新谷先生が風間真の機体に選んでるんだからやっぱ、それだけの理由のある機体なんだろうな。胴体にミサイルが張り付いてるのがお茶目。


はまかぜ3

 飛行機のジオラマって確かに限られてくるってよく言いますが、そうでしょうか? 逆に言うと、道路や建物を作らなくても、パイロットか整備員が一人たたずんでいるだけでもサマになります。ただし、その場合の人形は上手く作ってないと興ざめします。

 もちろんこうした情景もいいと思います。機体後ろ側からの写真がなかったのが残念。


dai1

 ■エントリーno.9 だいさん

 キット ハセガワ VF-0S
 作品名  頼れる歴戦のエースパイロットの愛機

 コメント 初飛行機なんで コメントで何書けばええかよくわかってません‥
 飛行機は実機よりマクロスから入りました
 劇中でこのVF-0Sのパイロットがかっこいいので作ってみたいと思い、歴戦の雰囲気、艦上戦闘機を自分なりに表現してみたかったのでウェザリングにも挑戦してみました。

dai2

 いやぁ、ギリギリに格好いい機体がやってきましたね!! 離陸中? 着陸中? の情景でしょうか。

 同じキットを作ったことがあるので見入ってしまいました。カッチョいいです。
 キャラものを作る方はこういうふうに少しどぎついウェザリング(というのかな)をされる方がいますよね。ひとくくりにして申し訳ないけど。私も真似してみようと思いながら、なかなかできません。思い切ってすると、写真的にもすごく映える気がします。

 結構太い棒で支えているんだけど、あまり気にならない・・・意外とそういうもんですね。


dai3

 劇中での設定とかいろいろ知らないんですが(たとえばこの×マークとか)、それでも格好いいなと思う。垂直尾翼のカタチがいかにも架空っぽくていいでしょ。

 マクロスから飛行機に入った、という経歴もいいですね。いきなり傭兵部隊に入っちゃうような感じで(意味不明

 自分で考えないと格好よく作れないってのがキャラものの世界。生きて帰れるか・・・自分次第。
 今後も飛行機に挑戦していってください。誰も見たことのない世界へ・・・。

-------------------------------------------------------------------

 今回もつれづれコンペに参加ありがとうございました。数日後に一等賞の発表をしいと思います。めっちゃ悩むよぅ~いつものことですが。

竜VSドラゴン(つれづれコンペ“架空機の秋”3)

ボイレ1

 ■エントリーno.5 ボイレさん

 作品名:キ201火竜
 キット:実は旧レベル1/72 Me262

 コメント:架空機ということで、もう作る事はないと思っていたキットを完成させました。
 計画ではMe262より一回り大きいとなっていましたので、イメージ的にはかなり違います。それでも中島が生産予定だったということで、塗装色は中島系の塗料で塗ってみました。尾翼の64戦隊のマークが合うかなと思って塗りました。
 こんな機体がB-29をバタバタと撃ち落とすところを見たかったです。

ボイレ2

 以下青い文字はきららのコメント

 おっと、来ましたね試作機。火竜。火を噴く竜。これは作りたい人がたくさんいるかも。ただ、レベルの1/72ってすごく古いキットでしょうか? きれいに作られてますよね。
 尾翼のマークがカッコいいです。


ボイレ3

 アンテナとかピトー管とか、何かついてないんでしょうか!? Me262のことはよく知らないのですが、何か突起物があったりするとアクセントになってよいかもと思いました。

 こんな迎撃機があったら・・・と、秋の夜に架空戦記に思いを馳せながら楽しめますね。


Kスタジオ1

 ■エントリーNo.6 Kスタジオさん

 作品名「ブラックドラゴン飛行隊」
 キット名「タミヤ Bf109G6 1/72」

 コメント  昭和17年、ビルマ戦線の英軍は大混乱に陥った。
 ブラックドラゴン飛行隊。
 ガダルカナルから来た黒い零戦隊の精鋭で、
 指揮官は黒塗りのメッサーシュミットに乗っている。
 練度が非常に高いため、彼らを見つけたら交戦せず戦線を離脱すべし。

 歴史街道2019.4を基に作文してみました。実際、米軍の公式の戦闘記録に記載されているようです。現実的には指揮官機だけ異種の飛行機というのは考えにくいので、戦場の恐怖意識から書かれたものだと思います。

 今回は指揮官機を作成してみました。黒光りするメッサーに日の丸。異質な感じがします。
 土台はビルマの古地図にしてみました。

Kスタジオ2

 実際は零戦を黒く塗っただけだったのかもしれませんね。でもなんかロマンを感じます。対戦した米軍パイロットの恐怖感がこういう「伝説」を生んだのかも・・・とか。

 異質ではありますが、ドイツの迷彩に日の丸をつけるよりは似合う気がします。悪役的な感じ。ドラゴンのデカールは作られたんでしょうか、いいなあ。


Kスタジオ3

 これは、古地図の雰囲気がいいですね。謎のドラゴン戦隊・架空戦記の表紙って感じですねぇ。こないだ飛燕作ってつくづく思ったけど、やっぱBf109カッチョええわー。研ぎ澄まされてる感じ。

 きれいに光沢の黒にされてますが、黒一色って難しいですよね。光沢にするかつや消しにするか、グラデーションつけるか、スミ入れどうするか。その中で自分のイメージにあった塗装でいけばいいんです、答えはたぶんそのへんにあるのでしょうね。


-----------------------------------------------------------------------------
 ■つれづれコンペのお誘い。
 一年を四つの季節に区切って、飛行機作品を募集しています。拙ブログの読者様限定です。お一人様一作品。お名前、タイトル、キット名、コメントなども書いて(コメントは面白く書いてくれたらうれしいです)、写真は前からと後ろから、自由に一枚の三枚で(明るく写るようにして下さい)、kilala_1962@yahoo.co.jp まで、お待ちしてます。

 「架空機の秋」 9~11月
 「小国の冬」 12~2月
 「民間機の春」 3~5月 それぞれの季節で一等賞をえらばせてもらいます。

見果てぬ夢(つれづれコンペ“架空機の秋”2)

はつたか1

 ■エントリーno.3 はつたかさん

タイトル・T−1ブルーインパルス?

使用キット・ハセガワ1/72富士T−1A

コメント・「なんだ、お前まだ居たのか」「ふん、何よ、若い娘が出てきたら放った
らかしにしておいて」「まあそう言うな。どれ、久しぶりに・・」「何よいまさら!
あっ・・バカ」もう片付けたはずのハセガワのT−1Aが出てきました。プラッツの
新製品があるので、いまさらハセガワのでもないんですが、せっかくですから作って
しまう事にしました。ま、昔馴染みと遊ぶのも一興ってなところです。当然デカール
は駄目になってますので、昔から想像していたブルーインパルス塗装にしました。凸
のパネルラインは全て削り落として、彫り直しはせず。実際はハチロクからT−2に
改変する時に、1年間の空白期間がありましたので、その間のワンポイントリリーフ
の設定ですから、塗装はハチロクブルーと同じにしました。機番などはプラッツのT
−1Aの残り物です。

けっこう似合ってると思いますが、あんまり変わり映えしないですかね・・まあ、T
−1ファンの夢ってことで。

はつたか2
以下青い文字はきららコメント

 きれいな塗装ですね!!
 違和感ないというか、そもそも86に似てますよね?いまだにカタチを覚えていないという・・・汗 


はつたか3

 架空機見てて思うんですが、元ネタというか飛行機の知識がないと拝見しても理解できません。だから逆に上級者テクニックなんだとようやく気が付きました。

 ただ、本人の思い入れを縦横無尽に表現できるということはあるし、ご本人の見果てぬ夢の具現化ということで見ていると爽快感を感じます。


ななにや1

 ■エントリーno.4 nananiya72さん

 タイトル   イタリアのあがき
 架空機体名  MacKi-61/206 Yen (燕) 
 キット    アリイ 1/48

 開発とその戦い
 イタリアにも来襲しだした、米英軍の重爆撃機に対する当時の主力戦闘機MC.202の打撃力不足に悩んでいたイタリア空軍は、ドイツの支援のもと、日本で開発されたキ-61の設計図とユモ-213系の高出力エンジンで大口径機関砲を装備したFW-109D-9並みの戦闘機を計画しました。
 そして、それが「MaccKi-61/206」(Yen=ツバメ)と呼ばれる戦闘機として登場しました。
 それも、MG-151 20㎜を両翼に4門、MG-131 13㎜を機首に2門という強力な武装であったと言われています。
 仕様的には、エンジンの換装大馬力化に伴い、燃料タンクの増設と機銃の大型化により、機首部分が約430㎜延長されています。また、下面に装備されたラジエーターも大型化されました。同時にプロペラも最新のものが装備され、そのトルクを打ち消すために後部胴体も垂直尾翼直前で延長され、水平尾翼にも上反角が付けられました。
 さらには、右翼を200mm短くしてトルク対策をほどこしています。

 しかし、時の独裁者の失脚で政権の崩壊に伴い、軍が南北に分かれて勝手 に戦争を継続したので、国中混乱の中、この機体がどう使われ、どのような戦果を残したかは記録にも残っていません。
 極秘開発のため資料も証言も残っておりませんが、諸資料はイタリアの潜水艦に積まれ、潜水艦ごと行方不明になった説と、シンガポールまでは届いたようですが、積みかえた海軍の潜水艦が途中行方不明になってしまった説があります。当時日本が欲しかったものは、ジェットエンジンやロケットエンジンであり、イタリアが勝手に改造した機体などには関心がなかったようで、その後の戦況悪化に伴い積み荷の行方の捜索も追求もされていなかったようです。
 イタリアン・キ-61は果たしてどんな戦闘機になっていたのでありましょうか    (了)

ななにや2

 これは格好いい機体になってますね!! ドイツ機? いやイタリアもこういう塗装があったんでしたっけ←おい!!

 日本機のプロペラを大きくしたら格好いいんじゃないかとか普段から思ってました。
 胴体延長したりいろいろされてますが、そのへんは私は詳しくないのでパッと見てわかるほどの知識はないです。もともと飛燕I型のキットでしょうか。わかる人にはわかってニヤリとする、ってとこ? 私には全くわかんないのが悔しいなあ。


ななにや3

 架空機はやはりこれくらい塗装を綺麗に作らないと説得力ないですね。塗装がダメダメだとウソがばれますもん。
 「戦史」もきちんとそれらしく書いてられて、楽しませていただきました。

 皆さんは今回の二作品どう感じられましたか? よかったらコメントどうぞ。


-----------------------------------------------------------------------------------
 ■つれづれコンペのお誘い。拙ブログ読者様限定コンペ。

 一年を四つの季節にそれぞれのテーマで飛行機模型作品を募集してます。お一人様一作品。
 9~11月 架空機の秋
 12~2月 小国の冬
 3~5月 民間機の春

 テーマはお好きなように解釈してください。写真は三枚、前から後ろからあとはお好きな一枚を(明るい照明で撮ってください)、コメント(面白いものを歓迎)、キット名作品名などを添えて、kilala_1962@yahoo.co.jp までお願いします。私が勝手に一等賞を決めてしまいます。

誰も知らない(つれづれコンペ“架空機の秋”)

ばろん1

 ■エントリーno.1 ばろんさん

 タイトル:肉体の軛から解き放たれた鳥
 キット名:ハセガワ1/72 Su-35 UAV

コメント:最近ちょこちょこ出てきている、ハセガワの無人機化キットを製作しました。
 個人的なテーマである「前進翼フランカー」の最終章でもあります。
 前進翼フランカーを製作し続け、4機目にして、何とか納得がいく落しどころを見つけられた気がします。

 以下、妄想設定

 優秀なパイロットを損耗し、補充も追いつかないベ○カ公国は、非人道的手段にて入手した兵士の脳と機体を直接接続するデバイスを開発するも、時すでに遅く、戦局に影響を与えることもなく、敗戦のどさくさに紛れ開発資料も処分された結果、後世に数点の写真が残るのみとなった…

ばろん2

 以下青い文字はきららコメント

 ん? これなんじゃらほい?と思いました。しかしSu-35を使って架空機に仕立ててるんですね。
 すげえな。そしてカッチョいい!! いやーいきなりすごいの来ちゃったな。
 塗装もきれいだし言うことないです。ハセガワのUAVって作ってる人をあまり見たことがないです。


ばろん3

 この飛んでるやつなんか、また特にカッチョええ!!

 最近飛行機から気持ちがかなり離れている私の頭にガツンときた作品です。
 ベ●カ公国って何なのか残念ながらわかんないですが、すみません。狙ってるとこを完全に理解できてないけど、格好いいということだけはわかります。架空の場合、どこを狙ってるのかが理解できてないと本当に分かったとは言えないので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。ツボに入った、という方はぜひコメントお願いします。


bigx1

 ■エントリーno.2 BIG-Xさん
 キット名:エアフィックス 1/48 Bf109E-3
 作品名:1940年春から4か月

 コメント
 初めて参加いたします。2017年夏、37年ぶりに出戻ってまいりました。それから早3年、今年で還暦を迎えたモデラーでございます。
 ハセガワの 1/48 Bf109E-3組立説明書の塗装図に「第26戦闘航空団 本部部隊副官 ヴァルター ホルテン乗機、フランス(塗装は一部推定)1940年春」とあります。架空とは実在しないということなので、私は4か月後にはこんな感じの塗装で、大英帝国の空を飛んでいるのではないかと想像いたしました。
 eduardのエッチングパーツも何故だか購入、小さな金属パーツとの格闘、老眼が進んでいる私としては苦行の連続でありました。コックピット周りで使用するパーツがほとんどなので、効果のほどは如何なものかと・・・。

bigx2

 初めての参加のBIG-Xさんですが、37年ぶりに帰ってきて三年後にもうこんなに作れるって驚きです。アンテナ線も張ってるし。こんなめんどくさそうなやつ。

 あれっ、モットリングがない!? 最初はなかったんですね。四か月後らはこういう姿だったかも、という、こういう架空もアリですね。とにかく私は架空って大好きなんですよ。模型の本質は架空じゃないかと思ってます。いかにもありそうなウソ。

 こういうつや消しの塗装、雰囲気、好きですね。スミ入れ等でニュアンスを添えている(グラデーションというかなんというか)のもいい感じ。


bigx3

  スミ入れをくっきりされてるのが私の好みとはちょっと違うんですが、こういうふうにすると締まってこれもまた格好いいですね。
 エッチングも迷わず投入ってことで、大人モデリングですねー。そんなの迷ってる場合じゃないかもですね・・・。コクピット内も見たかったです。

 ここ数か月飛行機から遠ざかっていたので今回は久々に飛行機を見た気がしますが、もうこんな世界にはとても帰れないね。恐いですね。すごいですね。

--------------------------------------------------------------------------------------
 ■つれづれコンペのお誘い
 拙ブログの読者様限定コンペです。飛行機作品を季節ごとのテーマに沿って募集してます。その期間に完成したものをお願いします。お一人様一作品。写真は三枚。コメント、作品名、キット名を添えて、きららまで kilala_1962@yahoo.co.jp
 今後のテーマは
 9~11月 架空機の秋
 12~2月 小国の冬
 3~5月  民間機の春
 コメントも面白いものを期待してます。最後に私が勝手に一等賞を決めます。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ