つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

つれづれコンペ“初体験の夏”

DB601兄弟(つれづれコンペ“初体験の夏”その3)

hikinon1

 ■エントリーNo.5 hikinonさん

 タイトル 「夏空の下愛機と共に」
 使用キット メッサーシュミットBf109 G-6 タミヤ 1/48

コメント 美徳さんの素晴らしい作品の後で誠に恥ずかしいのですが、無謀にも第二次大戦機、それもハードルの高いドイツ機であります。
 普段はAFVと現用機ばかり作っていますが、前回「名機の春」に多くの大戦機が出品され刺激をうけました。もちろんプラモ全盛の頃に育った身ですので子供の頃にゼロ戦くらいは作りましたが・・・ということで、初心者に優しいタミヤのキットの素組みです。が、それだけでは能がないのでビネット仕立てにしてみました。
私は模型を作ることが好きなのであり、実機のことは何も知らないのでツッコミどころ満載でしょうが、そこは初体験なので笑ってスルーしてやって下さい。

hikinon2

 青い文字はきららのコメント

 夏の似合う男、hikinonさんの作品が来ましたねぇ~!! 待ってました。
 初体験のドイツ機? それでいきなりジオラマ? すごいなあ。土台の芝のグリーンがグレー系に沈みがちな色のドイツ迷彩を引き立ててますよね。
 書いてないけど、人形も腕の角度を変えたりして動きを出してるんじゃないでしょうか。このキット確か新しいやつですよね、それなりにパーツも多くインスト通りに組み立てないとタミヤ様の鉄槌が下って組み立てられなくなるという・・・汗 でも多分AFVの方は普段パーツの多いの作りなれてるからこんなの簡単でしょう。


hikinon3

 全体はウォッシング? こういう雰囲気好きです。

 モットリングは、ちょっと水玉模様ぽくてカワイイ感じになっちゃってる気もしますが、実機もこんな感じかもしれんし(汗、私もウッカリ下手なこと言うと怖いドイツ機モデラーに叱られそうなので、やめときます(汗

 モットリングってドイツ機つくるときまずは悩むところですよね。あと排気の焼けてる感じもぜひ次回はやってほしいなあ~。でもちゃんとアンテナ線と張って碍子なんか付けてるのが「初体験」らしくなくて・・・「お前、ほんとにバージンか?」とか聞かれるタイプですね。初めてのときって血が出たりする人いるらしいですが、私は出ませんでしたよ←おい!! 

ランラン2

 ■エントリーno.6 ランランパパさん

 仕用キット:ハセガワ 1/48 マッキC.202フォルゴーレ
 タイトル  :イタリアブランド マッキ社C.202

 シュナイダー・トロフィー・レースの水上機で有名なマッキ社が初体験で陸上戦闘機を作ったのが、空冷エンジン使用 C.200 で液冷エンジン使用がこの C.202 フォルゴーレです、さすがに イタリアブランド スマートでかっこ良いデザインの機体です。
 この液冷エンジンはダイムラーベンツDB601で Bf109 や 飛燕 にも使用されていました、飛燕の空冷エンジン使用はご存知の五式戦闘機です。

・1941年 夏の北アフリカ戦線・
 イッヒ・リュウベ参謀 : 「将軍イタリア空軍の1個飛行大隊が援軍に来てくれました」
 ロン・メロロン将軍   : 「なに~! ヘタレア軍が、本国で女のケツでも追いかけていれば良いものを、これでは2個飛行大隊を使って守ってやらんといかんじゃないか!」

ランラン1

 この作品来た時、わーい、やったー、と思いましたね。いつも絶妙なタイミングで送られてくるんだもん。DB601対決です。

 こちらはご自分の初体験ではなく「マッキ」が初体験という・・・なるほどねえ。そして、夏の北アフリカ戦線!! 
 Bf109よりも少しコクピットが後部よりのように思えます。そこが妙に格好いい。あと、スピナ、帯、尾翼と、要所に白を配したデザイン・・・いやーさすがイタリアン。


ランラン3

 ご本人はまだまだ納得いかれてないようですけど、斑点迷彩も力強くてカッコいいです。このマッキのはあんまりふわっとボケ足あるより、これくらいのほうがいい気がします。でも、微妙に濃淡があるともっともっとリアルになっていくんでしょうね。しかしとにかく、スミ入れなどを含めて作風にあった雰囲気の斑点だと思います。技術は誰かのを真似できるけど、作風は本人しか持ってないですからね。そちらが大事ではないでしょうか。

 あと、ヘタレア軍が来て余計大変なことになっちゃってるメロロン将軍のシュトルヒとかあると、話が面白くなりそうですね。

 リュウべ参謀「しかし将軍、イタリア産赤ワインを100ガロンほど、土産だそうです」
 メロロン将軍「何っ!? そうか・・・まぁそれなら・・・よしこちらに運べ、味見じゃ」



初めてのプレイ(つれづれコンペ“初体験の夏“)

はつたか1

 ■エントリーno.3 はつたかさん

 タイトル・わたし、初めてだったんです(宇能鴻一郎調で)

 使用キット・RSモデルス1/72・フレットナーFl282B−0簡易インジェクションキット

 コメント・意外と思うでしょうが、簡易インジェクションキットを作ったのは初めてだったんです。いろいろ買い込んでるんですが、つい二の足を踏むというか・・ちょうど良いテーマなので、初体験してみました。いちばん簡単そうでしたし。どこでランナーから切り離すのか、どこで接着するのか、インストも判りにくい、全体に曖昧型のキットでした。まあ、こういうキットにタミヤハセガワ並みの精度を求めるのが間違いというもの、形にしてしまうのが勝ちでしょう。適当な色をプーとエアブラシして、デカール貼って完成・・ 錘を入れ忘れて尻餅をつくので、パイロットフィギュアで押えてるのは秘密です(笑)。

 フレットナーFl282、世界で初めて実戦投入されたヘリコプターだそうです。こっちも初体験?

はつたか2

 以下青い文字はきららのコメント

 簡イを作ったことがないなんて・・・はっきり言ってダメですね←おい!! 私ですら作ったことあるのに。そりゃタミヤハセガワと比較したら可哀そうですよ。実は私もこのキット持ってます(汗。参考にさせていただきます。


はつたか3

 しかしやっぱドイツってすごいよね~。一瞬オートジャイロかと思うけど、これはヘリです。面白いでしょ。
 オモリを忘れたとか言いながらも、なんとか人形でカバーしてるあたり、熟練の技ですね。タイヤ止めなども忘れてないし。私ならローターブレードは半艶くらいにしてローター基部も少し金属感出すところですが、そのへんは好みでしょうか。しかし垂直安定板がデカいですよね。

 ところで宇能先生なら「あたし、初めてだったンです、こんなローターやめてって言ったのに・・・」ではないでしょうか・・・って、どうでもいいけど。昔、父の買ってた週刊誌に連載が載ってましたね。ああいうのこっそり読むのがドキドキだった中学生の私。意味よくわかりませんでしたが。ふふふ。


美徳1

 ■エントリーno.4 美徳さん

 製作キット ハセガワ 1/48 BF109 E-4改のT-2
 製作期間 平成30年11月11日〜令和2年7月12日(1年8ヶ月 なか1年ほど中断)
 
 コメント 自分の所属している模型クラブの展示会。有志によるサブテーマが「O-Nine Convention]に決まったのが一昨年の年末だったかなぁ。ということで、子供の頃から大好きな定番中の定番109を作り始めました。
当初は「アカデミー」のキットベースに進めましたが、どうも気に入らない。ということで、アカデミーのキットに入っているレジンの翼(延長分)を使いハセガワ謹製E型ベースに乗り換えて製作してみました。
 基本カーモデラーですので、レジンで翼を延長するなんてやったことはありません。勿論初体験です。
 今回の最大の謎は、「翼が折りたためるのか?」で、クラブの大先輩方と喧々諤々議論しましたが、自分の中での結論は、翼に折れる機構は付いていなかった、となりました。その結論が正しいのかどうかは横に置いておいて。その議論がとても楽しかった、というのが本音のところです。
 また、毎回何かに挑戦するようにしていますが、今回はモットリング(塗装)にもチカラを入れました。反面チカラを抜いたところも数多く。特にモットリングが終わった後は消化試合のようで、1年近く中断してしまったし・・・最後は完全に手抜きに近くなってしまったので、もう一度リベンジすることにした「初体験の夏」でした。

 基本的に機体の形状等には拘らず、色も自分で調色したイメージで。
 純粋にキットを楽しむ世界が好きで、で拙い製作記を晒してきました(・_・;)

美徳2

 いや驚き。久々にいいモットリング見せてもらった気がします。モットリングがイマイチだと、ほかのところがうまくできてても、なんか気持ちよくれないンです(宇能先生が抜けないなあ)。

 写真がまた、カーモデラーっぽいですね。すみずみまできれいに丸見えって感じで。
 しかしほんと、〇〇モデラーって関係ないのかもしれません、飛行機が好きで作れば飛行機モデラーだと私は思ってます。このまま飛行機方面に突っ走っちゃってください。


美徳3

 かっちょいいです。あたしBF109Tって知らなかったンです。でもE型をどうにかしたらT型になるってことですね。うーむ。

 レジンで翼を延長って・・・それ飛行機モデラーでもやったことある人少ないプレイだと思いますよ。初体験でいきなり違う穴を攻めるみたいな・・・アラいやだ私ったら、お下品でしたわね失礼。

 今回は二作品、刺激の強い初体験でした。


------------------------------------------------------------------

 ■つれづれコンペへのお誘い
 拙ブログ読者限定、飛行機模型コンペです。6~8月のお題は“初体験の夏”。夏らしく、甘酸っぱくエロいドキドキ体験談をお待ちしています。作品名、タイトル、お名前、コメントを添えて、写真は三枚、前後一枚ずつと一枚は自由に撮って、kilala_1962@yahoo.co.jp までお願いします。この期間に完成した作品ということで、お一人様一作品です。あなたの作品を見せてください。

 今後のお題
 9~11月 架空機の秋
 12~2月 小国の冬
 3~5月  民間機の春

外国人と初体験(つれづれコンペ“初体験の夏”その1)

こっそり1

 ■エントリーno.1 こっそり工房さん

 題名:初体験の「エレール製おフランス」ざんす。
 キット:デボアチーヌDo510(エレール1/72)

 コメント:熊本トムキャッツさんの2020年8月模型展示会のテーマが「フランス機」ということで、フランス機を初めて作っている最中に運よく「つれづれコンペ」のお題と被ったので応募しました。フランスの雄、エレールのキット制作も初体験です。
 フランスが航空先進大国であった1930年代に送り出した低翼単葉全金属製、モーターカノン搭載の戦闘機がDo510で、日本陸海軍も1機づつ購入しています。銀塗装が似合う、さすが「おフランス」といったスマートで洒落たスタイル、胴体の死神マークがかっちょいいです。
 キットは10年以上前に購入した70年代のエレールです。アウトラインはなかなかいい感じですが、水平尾翼がイモ付けなのはびっくりです。凸モールドで金型のくたびれはありますが、合いは悪くなく、たくさんある支柱類は長さがピッタリ、さすがフランスの老舗メーカー。デカールは使えないと覚悟してましたが、多少のにじみはあるものの程よい硬さでシルバリングも無く、うまく貼れました。「紙創り」のシートベルトを追加して、排気管とアンテナ柱は金属製に交換。
 エレール製のおフランス、また作りたいです。

こっそり2

 以下青い文字はきららのコメント
 どうせ初体験をするなら、外国人と経験したいの・・・という作品が並びました。

 こちらはメーカーも外国、銀色の古めかしい機体は、「おじさん好み」って感じでしょうか。飲み屋の黒板に名前が書いてそうですね。「大将、今日のおすすめ何?」と聞くと「エレールの光物が入ってますぜ、デカールは見た目よりウマいし、イモ付きで焼酎にあいますよ」とかいう奴ですな。


こっそり3

 きれいに作ってられます、銀色もいろんなものを塗り分けてられるようで、手抜かりありません。デカールもきれいに馴染んでるし、凸モールドを生かしてなかなか艶めかしいフランス娘。

 プロペラもくるくる回って、いいですね。


ななにや1

 ■エントリーno.2 nananiya72さん

 キット 田宮1/48 F4U-1D→FG-1D コルセア
 作品名 飛べて、撃てれば これでよし

 コメント ラテンアメリカムスタングと銘打った、メキシコ製「Aztecs」という”初体験”デカール
にエルサルバドル空軍のコルセアが1機分なぜか混じっておりましたので、”初体験”のエルサルバドル空軍を作ることにしました。中南米の小国空軍機を作るのは初めてです。仲間内でコルセアのキットを融通してもらえたので、ムスタングに先駆けての完成です。

 これは1969年7月(6月~9月は夏です)の、いわゆるサッカー戦争と言われる年の塗装例ですので、いよいよレシプロ戦闘機も終焉っといった風情の塗装でありますね。あちこちに他機から剥いできた風の箇所が見えますので、そうとうのポンコツなのかもしれません。
 事実この紛争での空中戦が、レシプロ戦闘機最後の空戦と言われており、その後の装備はイスラエル余剰のフランス製でジェット化されていきます。

ななにや2

 こちらはエルサルバドル空軍に身をゆだねてしまいました・・・という話ですね。

 コルセアはやはりツヤ消しなのかなあ。格好ええ~ですよね。機銃のヤケが(茶色系ではなく)白く見えるんですよねブルーの機体って。たまらんわい。あと、米軍のマークの上に書きましたっていう、こういうマーキング好きなんですよ。そもそも軍隊ってそういうもんじゃない? こういう臨場感ある塗装が好き。


ななにや3

 しかし1969年までレシプロで空戦してたって驚き。

 初めて飛行機を見たとき、コルセアが格好いいなと思いました。性能だけでいうと、P-51やP-47などのほうがよいのかもしれませんが、いかにも乱暴そうな雰囲気がいいんです。


---------------------------------------------------------------------------------------------------
 しか~し、のっけからまた、味わい深い作品が送られてきてうれしいです。皆さんの初体験もぜひ写真に撮って送ってください。お待ちしてます!!

 6~8月 テーマ「初体験の夏」(飛行機模型に限る) 写真3枚、作品名、キット名、コメント(初体験の体験談など)、kilala_1962@yahoo.co.jp までお願いします。拙ブログの読者様限定、お一人様一作品。

 この後、9~11月「架空機の秋」 12~2月「小国の冬」 3~5月「民間機の春」と続きます。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ