つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

タミヤ1/32零戦52型

恐怖のマスキングはがし(タミヤ1/32零戦五二型製作記)

ひび割れ

 マスキング剥がすときが快感という方がいるけど、私には恐怖の一瞬以外の何物でもない。そもそもマスキングするときにテキトーにやってるから、うまくできてるはずがない。

 吹き漏れなんか日常茶飯事。リカバリすりゃいい。主翼の上下合わせ目がはがれて合わせ目が出てきてるのは、ヤダなあ。少し瞬間を流しこんでおいたけど。

45

 ここもひどいな。

 私は赤い部分をマスキングしてから暗いグリーンを塗装して、赤丸より一回り大きい円を、その上から貼っただけという、いい加減マスキングだった。マスキングそのものは意外とうまくいったので、これがいいのかなと思う。ただ、暗いグリーン(白いフチを消したグリーン塗装)がちゃんと乾いていなかったらしく、ハセガワのマスキングシートに持って行かれた。

 いつかも持って行かれたことがあるなあ。胴体はもう少し粘着力の弱いマスキングシートでやったのでほぼうまくいった。やはり焦ってマスキングしたらダメだなあ。

46

 男は黙ってリカバリー。こんなの大したことはない。剥がれたところを筆で塗っていくだけ。ハセガワの熊野筆があればどうってことない。
 あんまりきれいじゃないけど、いかにも戦場で整備兵が塗りたくった、って感じでいいでしょ?(ってことにする)

 とにかくひたすら完成を目指す。なんか明日からも忙しく、天気も悪いしどうなることやら。

執権

 「執権」(細川重男著/講談社学術文庫)

 試験前になるとマンガが読みたくなるとかいうのと同じ、ギリギリモデリングやってると無性に本が読みたくなる。先週から今週にかけて、この本を読んでいた。しかもこれがものすごく面白かった。冬になるとなぜか登山の本や中世について書かれた本を読みたくなる。

 昔からなぜか中世の武士や文化が好きで・・・なぜだかわからないけど。近世の武士じゃなくて武士が初めて歴史に現れた頃のね。

 この本はけっこう面白おかしく書いてくれてるので読みやすいです。
 「政権運営の知識も経験もなかった東国武士たちが作った鎌倉幕府は、王朝以外に手本らしい手本を持たず、試行錯誤を繰り返した。(中略)しかし、義時・時宗をはじめ「こんな時代」に生まれてしまい、それゆえ野蛮で無知だった人々は、それでも今日より良い明日を築こうと、文字通りの悪戦苦闘を続けたのである。」

タイヤが入らない(タミヤ1/32零戦五二型製作記)

44

 とりあえず、うまくいかない画像で笑ってください。

 タミヤの設計では恐らくきちんと収容できるようになってると思うけど、なぜか思った通りにいかないのが世の中というものでして、右側はまあまあ収納できたけど、左側はいまいち・・・無理すると壊れるかもしれないので、これくらいでやめとこう。もしかして私が触ってるうちに少し大きくなったのかもしれない。触ってると、たいていの人は大きくなりますよ(意味不明

43

 排気で焼けた感じを演出してみた。もうちょい派手にやってもよかったかな。カウリングはまだ接着していません。

 今日で塗装は終わり、明日はデカール貼って、明後日スミ入れの予定。
 ・・・と思ってたら、指についた塗料で思いっきり指紋を付けたり(指を離すときにベッタリくっつくあの感覚・・・涙)、マスキング剥がしたら思いっきり塗料が吹き込んでたり・・・何やってんだか。あちこちリカバリに追われる。

 そんなことしてると歯がまた痛くなってきた。虫歯というより、ストレスかなあ。いろいろ追い込まれている。自分のまいた種だから誰にも文句言えないけど。
 本当にこの零戦完成するんだろうか。こんなに不安な気持ちになったことってかつてないよ。ヘンなヘリとかだったら適当に完成させても誰も知らないけど、零戦なんか日本中のモデラーが知ってるからね。なんでこんな有名機を展示会に出そうと思ったんかね私・・・アホすぎる。

鼻の下が長い(タミヤ1/32零戦五二型製作記)

人形1

 本体がちっともうまく作れないので、せめて人形でも作ろう。とはいえ、こちらもうまく塗れるか全くわからない。

 まずは顔から・・・今回も全部ファレホで塗装してみる。下地の白はタミヤアクリル。肌の色などは「この色でなきゃダメ」とかいうのがないので気が楽だ。ちょうどいい気分転換にさせてもらおうっと。
 しかし32ですよ。35よりさらに大きいくらいですよ。塗装としては楽だけど、胡麻化しもきかない。目玉だって塗装しないと許されんだろうな。あーやだやだ・・・仕方ないので初めて白目と黒目を描いてみた。

 おおっ、なんか結構いい感じやん!! ほうれい線が太いかと思ったらそうでもないね。ただ、なんか鼻の下が長くないですか? やだなあ。それがなんか品性を落としている気がする。オッサンぽく見えるのはそのせいか。あ、すまぬ>オッサン

人形2

 と思ってこちらの画像を見たらガックリ。左目がうまく描けてなかった。修正しなくちゃ。写真撮らないと見えないもんですね。

 でもまあ、初めて眼球を塗装したわりには上手いじゃありませんか私。もしかして才能あるかも、フフフ。

3

 こっちの謎のアイテムも無駄に進んでいる。
 なんと、肝心な部分がレジンで・・・海外のキットによくあるパターンだろうか。細い部分は切り出すときにポロっと折れたので真鍮線を入れたけど、また折れそうで怖い。
 レジンの扱いもほぼ初心者。そのわりに結構うまいでしょ。才能あるかも、フフフ。

とりあえず立ってるけど(タミヤ1/32零戦五二型製作記)

42

 はい、機首のカウリングは接着してませんが一応機首に取り付けて立たせてみた。ご覧の通りちゃんと立ってます。

 問題の主脚取り付け部だけど、左翼はまあまあきれいに再度取り付けられたので接着したけと、右側は浮きまくりなので、こちらは接着せずに「主脚は畳めるんですよ、沈み込むんですよ」と展示会でエラソーにモデラー共に説明することにしよう。 

 ただ、足が可動なのでなんとなくグラグラするのが気持ち悪い。えっ?私の作り方が変だから? そうかもしれない。まあ私の製作記はあんまり信じないほうがいい←おい!!
 ともかくこのまま何事もなくフィニッシュできればいいんだけど、また最後にやっちまいそうな気もする・・・あーあ。

 このキットを作ってひとつ学習したのは「新しいキットは流し込み接着剤で接着しろ!!」ということ。ドロドロのやつで接着面を溶かして、ムニューっと接着するのは、昔のキットのやり方なんだね。

2

 で、ムニューをやりたくなったので、こっちでやってる。ヒマなんだか忙しいのかわからんね。

 一月末に「なんちゃってJMC」の締め切りがあるのでいろいろ作業があって、同時に来月初めの「オタ空」展示会の準備もいよいよ大詰めを迎えてて、もう~我ながら二人いっぺんに相手するのがどんだけ好きなんだか。

塗装中(タミヤ1/32零戦五二型製作記)

41

 まったく変わり映えしない写真(自分でも写真だとよくわからない)、しかし少し茶色に近い色を吹いたりしている。こんなことは最後にスミ入れでやれば同じかも。けどまあ、なんとなく塗り重ねていくのが好きだから、やりたいようにやっている。これで最終的にうまくまとまってくれるのか、わかんないけど。あてずっぽうもいいところ。

中村哲医師

 先日凶弾に倒れた中村哲医師の本「アフガニスタンの診療所から」(ちくま文庫) こちらは、なぜペシャワールに行くことになったのか、そもそものきっかけから書いている。中村医師は文章も上手い。日本人がなんでわざわざそんなところに行って医療を行うようになったのか、疑問に思う人は読んでみてください。

 私は世界を「こっち側」からしか見ていないんだなあとつくづく思う。いやそのこっち側というのも怪しいもので、単にテレビや新聞に書いてあることを斜め読みしているに過ぎなくて、わかったような気になっているだけ・・・常に自分で考えなくてはいけないのに。マスコミはどうしてもイスラム教とかイスラム教徒とかを悪く書いている論調のものが多く、印象がゆがめられている気がする。
 偶像崇拝を禁じているというだけで、イスラム教ってすげぇ~!!と思っちゃうけどね。コーランに書いてある言葉がイコール神なのだそうです。すごいね。

 日本人は欧米人の尻馬に乗る必要は全然ない。日本人は日本人でいい。日本人ぽく考えて、日本人のルールで生きていいと思う。というわけで、日本のこともまだまだ知りたい今日この頃・・・つづく・・・

再度ネタ投入(タミヤ1/32零戦五二型製作記)

39

 インストを見ていて、また大変なことに気が付いた。

 主脚を取り付けるのを忘れている!! 嗚呼!! またかよ。失敗多すぎ。

 ふつう、飛行機モデルを作るときは、小物類は最後と相場が決まっている。そんな出っ張りは接着したまま塗装してると必ず取れたり壊れたりするから。だからつい・・・
 でもこのタミヤは違った。脚の付け根部分のパーツ(脚出指示板を付けたあのパーツ)を接着する前に脚をネジで主脚側に取り付ける必要がある。わかってたつもりなのに・・・主脚だけは後にして塗装しようと思ったのが運のつき。というか、脚出指示板をつけたあのパーツは接着しないでおけばよかっただけなんですけどね。

 なんとか流し込み接着剤で引きはがし、事なきを得た。
 それにしてもネジで止めるのっていいなあ。ネジでなくてもいいけど、ガッチリと固定することができればすごく楽。ここだけはタミヤのキットいいなあと思った←ここだけか?
 ちなみに、畳むこともできまぁーす!! 次回は畳んでる写真も撮ろうっと。見たいでしょ?

40

 なんとか緑色を塗装始めた。変なグリーンだなと思うかもしれませんが、クレオスの中島系暗緑色をベースに自分で作ってるのでごめんなさい。実機は恐らく暗緑色以外の何物でもない、という暗緑色ベタ塗りだったと思う。グラデーションなんかあったもんじゃないと思う。

 今日は、本屋に注文していたモデルアートの増刊「日本陸・海軍機大図鑑」が届いたので受け取りに行ってきた。この本見てると本当に面白い。精緻なイラストが楽しい。なぜ絵ってこんなに楽しいんだろう。写真では見えないところも絵では描き込めるからかな。
 ここ数年、基本的にネットで本を買わないことにしている。本屋(明屋書店日田店)にないときは注文すればすむ。今回は、9日で届いた。意外と早いでしょ。本屋も模型屋もなくなって困るのは自分だもん、明屋さん頼みますよ、撤退しないでね。大分のジュンク堂さん、また月末行くから待っててね。

 寒い冬の午後、紅茶をポットにたっぷり入れて模型部屋に座り、買ってきたばかりの本のページをめくる。最高の瞬間。

踏むな!!(タミヤ1/32零戦五二型製作記)

38

 フラップの赤い線はたいていはデカールを貼るけど、今回は塗装してみた(72だといつもデカールが切れたりして、泣きながら貼るんだよね・汗)。32だから楽・・・とはいえ、同じ幅でマスキングテープを切るのは難しい。でも何度もやるとだいたい同じくらいに切れてくる。細いマスキングテープも持ってるけど、ちょうどこの太さのはなかった。1ミリ弱です。

 「フムナ」の文字はデカールにするつもり。少し色が違うだろうけど。

 フチ付き日の丸のマスキングのやり方は、何か簡単な「目からうろこ」的方法があるかなあと考えてるけど、なかなか思いつかない。結局、白、深緑、赤の三色をマスキングすると三回乾かさないといけないから、多少手順が違っても同じことになるのかな。

 今気が付いたんだけど、こういうところを塗装したあとで黒いを吹かないといけなかった。あーあ。いまだに手順を覚えていない。アホやね。

 ちょっと書きそびれていたんだけど、1月6日に西のほうから(恐らく目達原基地から)私の目の前まで来て折り返していったヘリコプター5機があった。UH-1三機とOH-6二機の編隊で、UH-1一機がいちばん最後から、思わせぶりに私の上空を飛んでいったので、たぶん年頭の挨拶に来たんだろうなと思って、「今年もよろしくね」と手を振っておいた。ヘリからは地上の人間が見えるらしい(でないと救助できないよね・汗)から、最近は自衛隊のヘリが低空を通るときは手を振るようにしている。

絶賛マスキング中(タミヤ1/32零戦52型製作記)

37

 ところで読者諸兄は、フチありの日の丸を塗装するときどんな順番でマスキングされるでありましょうか?

 私も一応、サル頭で一生懸命考えてみたけれども、一番簡単な・・・まずは赤を塗装してそこをマスクし、深緑(今回は白フチではない)を塗装して、最初の赤より少し大きく切り抜いた〇を貼って素知らぬふりをした。あんまりうまいやり方じゃないし、少しズレてる気がするけど、ま、いいや←よくねぇよ

 本当は、本体の塗装をした後に塗装するのが簡単な気もする。まあそういうのも今後48などを作るときにやってみようか。
 あと、フムナ部分の赤い線も、デカールではなく塗装でやらないといかんと気が付いた。日の丸を塗装したからね。面倒だけど頑張ろう・・・とかやってたら、裏側に塗料がついて汚てしまったりして。やれやれ。さっさと裏側はマスキングしとかないとダメだね。

movingpictures

 一昨日、カナダの偉大なロックバンド・RUSHのドラマーである、ニール・パートが1月7日に亡くなったことを知った。もう70過ぎだと思っていたら、まだ67歳、私と10も離れていなかったんだ。模型とは全然関係ないけど、かなりショック受けて落ち込んでるので、書かないわけにいかない。

 高校生の頃知って以来のRUSHのファンで、特に「パーマネント・ウェイブス」から「パワー・ウインドウズ」までの五枚は20代の頃、通勤中のウォークマンなどでかなり聴き込んだ私。

 この「ムービング・ピクチャーズ」は確かリアルタイムで聴いたんだと思う。誰かが書いてたけど、ラッシュ自体がひとつのカテゴリといえる独特のサウンドで、他の追随を許さない。特にニール・パートの書いた詞は難解でとてもロックバンドの歌とは思えない(社会風刺したのもある、それが80年代をよく写し取っていた)。そしてドラミングが圧巻、とにかくものすごくカッチョいいんです。ロックのドラマーでは、ビル・ブルーフォード(元キング・クリムゾン)と同じくらい好き。ちょっとミュージシャンズミュージシャン的なところもあるかも。特に日本ではね、歌詞がわかりにくいし(バンド自体は2015年に活動終了している)。

 しかし亡くなってはじめて、ラッシュが自分の中で占めている場所の大きさに気が付いた。ニール・パートのドラムを含めたラッシュのサウンドは、自分の二十代そのものだったんだ。

 誰しもそういうミュージシャンなり俳優なりがあると思う。それがある日突然、他界したことを知る。自分の中の大切な部分がひとつ壊れて、無くなっていく感覚・・・ああー、なんだこれは、ちょっといかんぞ私。時間とともに、ずしんと辛さがのしかかってきた。

 久々に大音量でこのCDを聴いていたら、四曲目の「ライムライト」で思わず号泣。会ったこともない異国のミュージシャンなのに、なぜだろう。
 それにしても、これからの人生は、自分の知っている人が一人、また一人と亡くなっていくのを見送ることになるのか、と思うと暗澹たる気分になるね。

合わせ目復活(タミヤ1/32零戦五二型製作記)

合わせ目

 衝撃画像をさらすのを忘れてた。
 胴体と主翼をメリメリメリ・・・と剥がしたときに合わせ目が復活した様子。

 腹立たしかったのでサラサラ瞬間接着剤を流して埋めて、ガシガシと整形した。リベットがいくつか消滅したので適当にカルコを打っておいた。実は中島は沈頭鋲にはあまり拘ってなかったらしいですぜ、ここだけの話。

29

 脚出指示板の部分は、こういうふうに主翼前縁が別パーツになっている。そこに、エッチングの指示板を曲げて挟むようになっている。アールに対応して斜めになってるんだけど、最初曲げ方を逆にしてしまって、慌てて曲げ直してポキっ・・・汗 まあ瞬間接着剤で無理やり接着したけどね。エッチングパーツって曲げ直しがきかないから、嫌い。

人形

 この人、塗装しようか。イイ男ですかね? ほうれい線がはっきりしすぎてない? こんなもんかなあ。ちょっと38歳くらいの感じがする。まあ、38歳くらいも好きですが←意味不明

マスキングシートも難しい(タミヤ1/32零戦五二型製作記)

34

 そりゃもう、ゴージャスキットですからキャノピーのマスキングシートが付属しています(あ、シールとキャノピーの向きが逆だ)。

 やったことのある人はわかると思うけど、意外と貼るのは難しい。この大きさなら自分でやってもこの程度にはできそうな気もする。こういうのは、ほんと、やったことがないとわからないもんですよ。

33

 敵味方識別隊を吹いてマスキングしたのち、日の丸も吹いた。モデラーの意地として、日の丸は塗装するしかない。まぁ32の場合デカールをきれいに密着させてツライチにするのも逆に難しいと思う。

 なんとなく鮮やかすぎる気もするけどいいのかなあ。デカールなんかも、朱色というかオレンジがかった赤の場合もあるよね。私は黒っぽい赤が好きなんだけど。
 何? ムラになってるのがおかしい? 日の丸がムラになってるのはありえない? そうでしょうね。そうなのかもしれない。でもムラにしちゃう。好きだから。考証よりも、好きかどうかを優先する。

資料2

 この写真は有名だからご存知の人も多いと思うけど、大分海軍航空隊での第653航空隊の整備風景(昭和19年9月)。(「日本海軍航空隊戦場写真集」/大日本絵画)

 日の丸はフチなし、機番は黄色・・・えっ、デカールの機番は白なんですけど。フチなしってのは、フチが全然ないのか、緑色で塗りつぶしたのがわかるのか。写真では塗りつぶしたかどうかまでは見えないけど、まあ模型的には塗りつぶした感じに塗装するほうが面白いよね。・・・って、それマスキング難しいやん!! あーやだやだ。

 しかしなぜこの機体のマーキングが入ってるかというと・・・それはもう、私が大分県在住だからでしょう。こういうことされちゃうと、作らないわけにいかなくなるもんねえ。俊作様ってば、お上手なんだからぁ!!

 九月の大分の日差しはまだまだ強く、ツヤツヤと磨いた機体に日差しがギラギラ照り返して光ってる感じ。私には、零戦ってツヤツヤ光ってるイメージです。
 
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ