つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

マッチボックスFw190A-4

自分色(マッチボックス1/72Fw190A-4製作記)

17

 ちょっと青すぎるかな。でも72だから、少しはっきりした色もいいかな。色のデフォルメ。

 ただしモットリングがひどすぎる(汗
 まっ、これからですよこれから。これから修正してよくなるんだってば。

18

 もちろんいきなりフリーハンドでガンガン吹き付ける。

 右がわのほうが上手くいった。なぜだかわかんないけど。
 最初吹いたグレーバイオレット(RLM75)はよかったんだけど、グレーグリーン(RLM74)のほうは、少しグリーンすぎた気がしたので、グレーを足してよりグレー方向にもっていった。

 前回作ったときはグレーバイオレットだとは知らず、普通のグレーにしてしまったので、今回はきちんと赤みがかったグレーにしたつもり。あまりにもバイオレットになると下品な感じになりそうだったので、抑えてみた。迷彩は色同士の響きあいみたいなものがあって、実際に塗装してみないと加減がわからない。72に見合った色にしたいんだけど、なかなか難しい。

 私はクレオスのRLM74やRLM75は持っていないし見たこともないので、クレオス製品はどういう色なのか知らない。知らなくても、自分のイメージだけでも色は作れる。

我慢はダメ(マッチボックス1/72Fw190A-4製作記)

15

 下面色はもちろん自分で作った色だけど、ちょっと青すぎたかな。うーむ。色って実際に吹いてみるとまた違う色に見えたりするね。

16

 白を混ぜて水色っぽくした色を上から二度吹いたところ。
 いい感じ・・・ってことにしとこう。自分で作った色というだけで満足。
 負け惜しみに聞こえるかもしれないけど、凸モールドってことはほとんど気になっていない。ほんとですよ。

 ところで、気づいた人もいると思うけど、去年まではなるべく一日おきに更新していたのを、今年は好きなときに更新することにした。
 一日おきと決めていたので、書きたいとき我慢してたの、でもダメだね、何事もそうだけど、我慢はよくない。

新たな自分を発見する(マッチボックス1/72Fw190A-4製作記)

14

 今夜は、居酒屋で女友達と晩御飯。こういうのもたまにはいいね。私しか飲まなかったけど。ほんの一合でほろ酔い気分。

 実は先日行ったときに忘れ物をしたので、それを取りに行ったついでに食事をしただけなんですが、私の顔を見るなり、お店のお兄さんはすぐに気が付いてくれて・・・ホホホ美女は得ですわね、一度行っただけで覚えていただけるんですもん。えっ何? それが商売だろって? そういうふうに考えないのが美女の条件なんですのよ。

 それと最近「お兄さん」もいいなあと思えるようになった。昔は20代の男なんて全く眼中になかったけど、今は「お兄さん」から「爺」まで幅広くお取り扱い可能・・・しかしこの歳になってストライクゾーンが広がるとは思いもよらなかった。そういえば、「脳は常に変化している」と養老孟司さんが言ってたな。

 というわけで、新たな自分を発見したところで、フォッケウルフにはヒケを発見したので真面目に埋めることにした(白いところ)。今年の私は去年までの私とは違うのだ。

 こうやってみると、なーんか凸モールドすっげーいいね。これぞ男って感じ。
 えっ? そうですよ、堂々の戦車塗りですよ、さすがに主脚はあとで接着するけど、プロペラはもう接着しちゃった。てへ。


 
 

 
 

キャノピーころりん(マッチボックス1/72fW190A-4製作記)

13

 フィレット部分の合わせ目にスキマが開いてた件、瞬間を流し込んで少しペーパーをかけてサフを吹いたところ。
 何? 汚い? 適当? そんなのわかってるけど、だるい夏の午後のような、おおらかな昔のキットにはこれくらいがちょうどいいの。

 そういやあ、シートベルトのこと忘れてたなあ←おい!!

14

 機首のこの赤い線で囲んだ部分は別パーツになっている。このままじゃ実機のパネルとは違ってる。

 さすがにちょっとこのままじゃいかんと思って、ここはもう少し合わせ目を消すことにした。ここができたら塗装できるぞ!! よーしがんばろう。

 ほかにも筋彫りが違う部分もあるかもしれないけど、それは無視。そもそも凸モールドだからね、筋彫りを彫りなおすとか、そんな野暮なことはしない。

 昨日発見したキャノピーに下地の黒を筆塗りしていたら、あら大変、キャノピーころりん、すっとんとん、あっというまにブラックホールに飲み込まれていきました、それを追ってお婆さんも作業机の下に潜り込み・・・って、誰がお婆さんかい!!(汗

 ほんとにもう、またもや冷や汗かいた。またまた数十分かけて探索、とんでもなくクールな隙間に挟まってるのを発見。やれやれ。全く、世話の焼けるキットだぜ。

自分のしたことを忘れる(マッチボックス1/72Fw190A-4製作記)

11

 こんなスキマ(胴体と主翼の間)には瞬間接着剤を流す。うまくふさがりますように。

12

 脚カバーも順調に薄く削れたし、さあ今度はキャノピーにマスキングだ!! と思ってキャラメル箱の中を見て真っ青。

 キャノピーがない!! どこに行った!? そういえば、ぜんぜん見た覚えがないぞ・・・勢いよく部品を取り出したとき、小さな透明パーツ(こういう昔のキットのは大きなランナーにはついてなくて、ちっちゃなキャノピーがコロンと入ってたりする)がポロリと落ちてどっかそのへんに行ってしまったに違いない。

 あーあ、こうなったら去年作ったエアフィックスの透明パーツ(写真上)が一個余ってるから、それを切って使うしかないな・・・上手く切れるかな・・・あきらめきれず30分くらいかけて探しまわった挙句、AH-1Sの作りかけの箱の中に、きちんと小さなビニール袋に収まったキャノピーのパーツ(写真下)を発見。

 ・・・・・ああーもう!! 今年はのっけから、やっちまった多発ですよ。もうどうなってんの私。まあ見つかったからいいけど、そもそも袋に収めたの自分でしょ? そのこと自体を完全に忘れてるってヤバいですよ。

 模型部屋の片づけが大事と思うのは、こういうこともある。片づけておけばモノをなくすことも減るだろうと。でもそんな生易しいことではなかったね。

模型部屋で正月を迎える(マッチボックス1/72Fw190A-4製作記)

10

 裏側の変な分割になってた部分、パテてんこ盛りにペーパーかけて、サフを吹いたところ。
 まだ汚いけど、裏側だからこれで良しとする。

 ただ、最近、合わせ目消しが以前より早くなってきた気がする。こういうのも経験値かな。
 塗装ブースのおかげで、サフ吹いても全然臭くない。もう余裕でコーヒー飲めます(ま、モデラー的には、というレベルですけどね。普通の人なら臭いだろうね)

9

 ツートンカラーが何かカワイイ。でも結局サフ吹かなくちゃならないんだけどね。ただ工作する時点では、二色あるのはわかりやすい気がする。
 いずれにせよ、もともとパーツがむちゃくちゃ少ないし、ロケット弾とかパイロットとか増槽の先端の管とか(ああいう管のついた増槽はあまり見たことがない気がするのでオミット)、自主的判断で使わないパーツもあるので、余計少ない。

資料

 資料。いつもの「エアロディテール」と、ハセガワのプリラー機(今回作ろうか迷ったけど、いつもいつも他メーカーとの比較で作るのもかわいそうな気がしてやめた)

 正月なのでちょっと模型部屋の話をしよう。

 実は、一昨年、模型部屋の改造に取り組んだとき、在庫と資料(と言っても大した数は持ってないけど)を抜本的に見直した。
 本当に作りたいもの以外は、潔く処分することにした。仮に再度欲しくなったらまた買えばいいじゃないか、というくらい思い切って。

 中古品屋に持っていくと買い叩かれるので、知り合いの業者(モデラー仲間)に頼んでネットで売ってもらった。思ったよりいいお金になって、中古のデスクトップパソコンを買うこともできた。

 作りたいものは数十年全くブレないという人もあるだろうし、コレクション的に集めている人もいるだろうし、カオス部屋のほうが落ちつけるというのも、それぞれだとは思う(それこそがホビー)。だから何もかも処分することをお勧めするわけじゃないけれど、私自身は部屋を片付けて模型を作りやすくしたことで、迷いが晴れて、頭の中が整理できた気がする。

 模型を作り始めて20年ほど、ようやく自分のスタイルができつつあるのかな。

パーツ少なし、作れよ乙女(マッチボックス1/72Fw190A-4製作記)

6

 人生初マッチボックスがどんどん進んでおります。

 もしかして、私、上手になってきたのかも。ホホホ。
 などと言ってると、またとんでもないことやらかすからな、気を付けないと。

 脚カバーが装甲板みたいに厚かったので、いくらなんでもこれはないだろうと思って、金属ヤスリでガシガシと薄く削った。
 右側が削ったやつ、左側がキットのまま。

8

 ロケット弾のパーツがついてるんだけど、エアロディテール見ると、ロケット弾って特殊な部隊だけが使ったようなことが書いてある。あーもう面倒くさいし、パーツもいまいち正確じゃない気がするし、もうええわ、穴塞いでしまった(えっ、そんなのもったいない、ロケット弾を装着したら? とか言わないでくださいね。もう塞ぎましたから)

 しかし、第二時大戦中にロケット弾って、あったんだね!! カッチョいいなあドイツ軍。

 主翼と尾翼も取り付けた。合いそのものはいいのでどんどん組み立てられる。
 えっパテ盛り過ぎ? ま、いいじゃないですかタミヤパテ安いし←そういう問題か?

 切ってしまったプロペラは金属線を入れてなんとか復旧、プロペラとスピナーと冷却ファンとオイルクーラーのリング?部分は、接着してしまうようになってるので、全部接着してしまった。
 あ、ほんとは嫌なんだけど、プロペラを固定してしまったよ。今回は一日も早く完成させるのが目標ということで、ここは無視。完成することで今年のいい出だしを切りたい。

模型の神様(マッチボックス1/72Fw190A-4製作記)

お飾り

 今年も模型部屋にしめ縄を飾っています。百均のだけどね。
 なんといっても、いろいろ危険な作業が多いからね(汗、安全を祈願して・・・

 でもしめ縄ってそもそも・・・・何なんだろう?(汗
 もしかして、家の中に飾っちゃいけないものだったりして。わーっ、怖いな。
 神様怒らせてるだけだったりして。「神棚作らんか!!」とか言われそうな気がしてきた。

3

 もう、そのせいかどうかわからんけど、またまた、やらかした。
 今年は「やらかし」ペースが速いね。

 最近入手したソニーのスピーカーで、ハードロック聴きながらノリノリで作ってたんですよ。
ラジオだから何がかかるかわかんないんだけど、ときどき知ってる曲だともう、ついサビを熱唱・・・“Anyway You want it,that's the way you need it!!”(by Journey)

 歌ってたら、バチッ・・・と、なぜかゲートじゃなくてプロペラを切り落とした・・・一瞬の出来事に何が起きたか自分でもわからない。あー危ねぇ、やっぱボーカル入ってる曲聴きながら作るのは危険すぎる。

4

 変な分割。
 主翼は片側ずつ上下を合わせることになっている。
 合いはいいんだけど、胴体に接着する部分の「のりしろ」が少な過ぎん?

 せめて少しのりしろを増やすことにした。

5

 こんなふうに、少しプラバンを貼って、のりしろを増やした。
 えっ? 普通は補強の桁かなんか入れるの? そんなのできたらオッサンモデラーでしょう。私はオッサンじゃないから、そういうのはできないの(意味不明 ウフフ
 これでも少しはマシかなあと思うんだけど、あんまり意味ないかな。

 などと、ノンキに模型作ってたら、グラグラ・・・っと来た!! 家がミシミシ言ってる。こわいよー。
 正月そうそう地震とは嫌だなあ。しかもまた熊本が震源地とは。復旧中の熊本城大丈夫かな!? なんだか嫌な記憶がよみがえってくるね。いつ地震が起きて作業場が崩壊するかわからないから、とにかく作れるときに作れという、模型の神様からの過激なメッセージだろうか。

案ずるよりは(マッチボックス1/72Fw190A-4製作記)

箱

 凸モールドをそのまま作る会会員の皆様、本年もよろしくお願いいたします。

 今年の一機目は人生初マッチボックスで行くことにした(正確にいうと、1/76のラングは作ったことがあるから、飛行機に関しては人生初)

 いかにも古そうな雰囲気もあるけど、80年って書いてある、でももしかして再販? もともとは60年くらいの製品だったりして。

1

 コクピットは大胆に省略されている。座席とパイロットの人形がついてるだけ。

 こういうのって、気になる人もいるかもしれないけど、私は「こういうものか」としか思わない。なんでも受け入れる。柔軟なのね、ホホホ。

2

 切り離す前に写真撮ればよかったけど、この二枚のランナーのみ。なぜか二色成型。あ、でもたぶん下面色のブルーグレーみたいのを意識してるんだろうな。けど、二色ってわかりやすくていいなと思いません? 

 部分的に凹の部分もあるけど基本的には凸モールドです。
 やっぱ凸モールドは男らしくていいよ。なんでもそうでしょ? 男ってのは出っ張ってるよね。

お守り
 昨日、初詣から帰ってきて、お守りを袋から出してみると・・・

 えっ、これ「安産」のお守りやん!!

 ・・・・・・・・

 今年一発目の「やっちまった」は模型以外のとこで始まりましたな。
 まいったなあ、もう。どんだけ老眼なんかい。

 ま、いいや。模型つくりも「お産」と思えば・・・
 案ずるより産むがやすし。なにごとも。

最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ