つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

ヘリコプター

萎える日(レベル1/72Mi-28Nハボック製作記)

10

 楽しいはずのマスキング剥がし。でも今日は剥がした途端、気分が暗転した。

 あーあ、なんか色が変。もや~っとしてる。もやっとさせすぎた。グリーンがはっきりしない色だった。二色のバランスが悪かった。一度試しにプラバンなどに拭いてみればよかった。後の祭り。
 全部剥がして塗りなおす、というところまで考えたけど、なんとかウォッシングで誤魔化すほうにしよう。ごまかせるかどうか、全然自信ないけど。

 さらに、今朝はいきなり冷蔵庫が壊れ(正確にいうと冷蔵がきかなくなった)、雨の中電気屋を回る羽目になった。が、増税前で電気屋は忙しいらしい、最初の店では来週水曜に配達とか言われて焦った。二軒目で月曜と言われ即決。今まで使ってたのは日立製で、17年以上使ったから大したもんだ。たまたま今回買ったのも日立製。いずれにせよ、日本製にしようとは思ってたけど。

 今日は厄日かもしれない。ここまで調子よく楽しくハボックを作ってきたけど、完全に萎えた。

 しかし萎えるといえば、中折れってのは女にはない。いや本当はあるんだけど、イッたふりできるもんね。男はイッたふりできないのが辛いよね。気の毒だと思う。女からすると中折れでも立たなくてもたとえば二人でお話してるだけでも楽しいし、また何か別のとこ触ったりしてるだけでも結構楽しいんだけど、男たるもの、そういうわけにはいかないみたいだね。こういうのは理屈ではないかもしれない。

 何かこう、中折れを防ぐ方法があればいいよね。そうなると、エッチするときの余裕が違ってくるでしょう。すると、自信をもって性交に臨める→仕事が頑張れる→日本経済が活性化する というふうに、すごい効果があると思うんですよ。政府もそこに早く気づくべきだな。
 エッチが充実するというのは、普通の日本人が思ってる以上に大切なことだと思うよ。エッチ生活が充実すると小さいことで他人をうらやんだりしなくてよくなります。
 趣味でもそうでしょ? 自分の製作が充実すると、他人のやってることが気にならなくなるもんね。自分に不満のあるヤツが他人のやってることにああだこうだ言うんだよ。 
 

魔が差す(レベル1/72 Mi-28Nハボック製作記)

9

 レベル1/72 のハボックはマスキングしたうえから、今度はグリーン系の色を吹いた。けっこう順調に進んでるんじゃない? フフフ。あとは小物を塗装して取り付ければ出来上がりかな。 

一人会議1

 だが、そこでなぜか、いつもの一人会議はじまる。なんでこんなことやってるかというと、F-5コンペに参加することになったのだ。ほんとにもう、今すでに三機も同時製作してるのに、これ以上コンペとか無理でしょうに。誰がこんなこと言い出したんかい・・・って私です(汗

 SNSで、さるおうさんを焚きつけてコンペをやることになり、私も参加することにしたの。たんなる思い付きです。F-5系の機体ならなんでもOKだから、私はこの三個の中からどれにしようかなぁ~と迷ってるところ。

 いつものようにかなり紛糾したけどね。このさいタロンを作ろうという意見が強い。魅力的なのはモノグラムだけど、合いが悪そうな気がする。しかし・・・

一人会議2

 「お前さんには、やっぱりこれだろう? 安くしとくぜ。ハセガワ 1/72 1984年製、日本製だ。ただしデカールはオフセットだから賞味期限は早いぞ、さっさとケツを上げな」

 という声がどこからか・・・
 初めて「エリア88」を読んだとき、いちばんカッコいいなと思った機体がこれでした。

一人会議3

 締め切りが一か月後なので、これなら何とか作れるかな。
 とにかく、締め切り順からいうと、このF-5コンペ、銀翼会(D-9)、そして来年のオタ空(タミヤ零戦)、ってことになる。え? ハボック? ハボックはなんとなくほかのアイテムが飽きたときにチョコチョコ作ってるだけよーん。手慰みってやつです。そのわりに本気になってたりして。それも人生。

マスキングほぼ終了(レベル1/72Mi-28Nハボック製作記)

8

 マスキング、ほぼ終了。一か所、吹き忘れてる所があったので、そこを吹いて一晩乾かして、明日その部分をマスキングしてグリーンを吹きます。

 けっこう慣れてきたとはいえ、マスキングは面倒臭い(今回は今までやった中では楽なほうなんだけどね)。塗装図を見て適当にマスキングテープを切っていくだけなんだけど、あまりにも適当にするとウソっぽくなる。肩がものすごく凝ってしまった。今日の作業はおしまいにしよう。最近疲れやすい。
 (D-9も作ってますよ)

 そういえば、大分の展示会に行く前頃から雨が続いて気温が急に下がり、実は少し体調を崩していた。胸やけなんかして、胃腸の調子が悪く、どうにか熊本に行くまでには収まったけど。そしてまた夏に逆戻り(毎日33度とか)。今度は肩こりがひどい。私はいつも季節の変わり目がダメですね。秋の高気圧、早くやってきてくれ!!  

スカイホーク

 先日いただいたキットを見ながらコーヒーを飲む。

 この箱絵カッチョいいでしょ!? 佐竹政夫さんの絵です。こうやって飾っとくだけでも楽しめます。

妄想だけが疾走する(レベル1/72Mi-28Nハボック製作記)

7

 一体いくつ同時に作ってるんや!! と言われるかもしれませんが、たった三個です。

 八月の展示会の前に雨が降ってその後しばらく雨で涼しく、このままいけばいいなあ、もう秋だなあ・・・と、ぬか喜びさせといて、手のひら返したように夏に逆戻りの30度超えですよ。ひどいね。ほんと、ひどい。誰のせいでもないから余計腹立たしい。

 ハボックは、さてマスキング・・・と一か所貼ったところで、力尽きた。あー面倒くさい。

 で、真夏の薄着で模型作ってたら、ピンポーン・・・玄関に行くと「宅急便でーす」アラ、どうしよう完全に下着が透けてる服なんですが、ま、いいや、この暑さだし宅急便のお兄様も大変だろうし特別サービスってことで←おい!! まあそんな喜んでくれるかどうかわかりませんが、ラッキー、くらいには思うかも。
 ドアを開けると、いつものS川急便のお兄様でした。ちょっとタイプなのよねー、ウフフ。喜んで頂けたかしら。

 荷物は静岡模型教材協同組合からで、なぜか「おおさかホビーフェス」のチラシが大量に入ってる。なんじゃこりゃ。

ローゼンバウアー

 暑いとやっぱりだるい。でもそんなときもエアコンの入った模型部屋で熱いコーヒーを飲みながら、ハセガワの化学消防自動車・ローゼンバウアーを見ていると想像がいろいろと膨らみ、まったく飽きることがない。

 これ見てるだけで、しばらくは想像だけで楽しめそう。なんたって木更津駐屯地だからね。いろいろなモノと戦えそうな気がする。
 あ、シーキングの写真撮らなきゃいけなかった・・・かったるいな・・・

 

楽しい組み立て(レベル1/72Mi-28Nハボック製作記)

ハボック

 いきなりですが、レベルのハボックここまで進んでいるのだ!!
 作ってたら面白くて、どんどん進んでしまった。

 ヘンテコというか変わった形してるでしょ? ロシアのアパッチとか言われてるらしいけど、アパッチほど強そうに見えないんですが・・・汗 思ったより愛嬌があるね。 

 赤丸のところにも小さな排気管みたいのがあるけど、これはもしかして、APU(補助動力装置)ってやつの排気管かな。アパッチにもあったから推測してみた。最近こういう推測が楽しい。

 あと、排気は矢印のように下向きに出るようになっている。これも珍しいような気がする。下向きでいいのかなあ。探知されやすくないのかな・・・

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ■お知らせ 
 「つれづれコンペ“日本の夏”」は明日までで締め切りです。写真送付をお忘れではないですか? ぜひあなたの作品をみせてください。お待ちしています。
 ただ、明日明後日は熊本トムキャッツの展示会に行きますので、公開は九月になってしばらくしてからになります、すみません。
 

一応の完成(エアフィックス1/72シーキング製作記)

一応完成2

 何とか完成。今回もお約束のギリギリモデリング。どんなに時間に余裕があっても必ず最後はギリギリになるという、ある意味すごいでしょ。

 ドア部分の手すりというかなんというか、ステーというか、たわんでいるので、昨日のナイロン糸を使った。ドアを開けるとこういうところを作らないといけないから、最後の最後に忙しい。

一応完成

 ローターブレードの縛り方は変だろうけど、大目に見てやってください。これに挑んだというたけですごいでしょ。ネットで見た写真では胴体国籍マークの近くにフックがあって、そこにもう一本ひっかけて縛ってるのが見て取れます。そこまでやるとすごいんだろうけど、私はそこまですごい人じゃないのでやらなかった。

 しっぽ部分も畳んでしまったけど、この部分は畳まないほうがよかったなと少し後悔。まっすぐのほうがヘリらしくていいよ。

 では、疲れ果てたので、もう寝ます。梱包は、箱にティッシュ丸めて入れるだけ。全体像は、帰ってきてからちゃんと写真撮ります。

 今週末は大分オアシス地下ギャラリーでお会いしましょう。ぜひ大分県人は来てね。会場で、お話したいことがあります。

arms(エアフィックス1/72シーキング製作記)

39
 
 はい、張り直しました(汗 やっぱちょっと太すぎだよなあと思って。ほかにも機体下のコードとローターブレードを縛り付けるコードがあり、それらよりもいちばん細いのがこのアンテナですから。

 今回は、ストレッチリギングの0.13ミリ、1/48飛行機にピッタリの太さだから、これでも決して細くはないけど、せっかく張るんだからこれくらいないと。老眼には見えないしね。

 瞬間接着剤を使ったけど、このアンテナ柱みたいなやつにくるりと巻きながら行くので、けっこう簡単だった。なんといってもストレッチ(伸縮する)から、やりやすいんだよね。私にでもできました。

37

 そして、懸案事項の排気管。

 排気管のパーツはちゃんとあって、内側から接着してるんだけど、もっと押し込んで少し外に出ているように接着しないといけなかった。

38

 だから、プラバンを丸めて、「なんちゃって排気管」をチラっと見えるように接着した(もちろん両側)

 近くから見ると汚いけど、遠目にはまあ、なんとか、許せる(というか自分の工作だから全部許しちゃうんだけど、ウフフ

40

 そしていよいよ、なんちゃってロープでローターブレードを縛る準備。ロープは結局、うちにあったナイロン糸を黒く塗って使うことにした。これもストレッチ性がある。ケバ立ちがないので良い。朝立ちはいいけどケバ立ちはよくないね。

 ローターブレードを縛り付けるんだけど、ヒートン(車輪の上に見える銀色のやつ)を細い針金で作って埋め込んだ。実機もこんな感じになってるんだよ。

 こんなことを汗かきながら、やっていた。明後日の朝までに何とか間に合うか? あとはドアを接着すればおしまいだ・・・
 えらいでしょ? 頑張ってるでしょ? もう誰かにナデナデしてほしいよ!!

 Lay down, Sally, and rest you in my arms.
 Don't you think you want someone to talk to?
 Lay down, Sally, no need to leave so soon.
 I've been trying all night long just to talk to you.  

 横になって、サリー、俺の腕の中においで
 誰かと話したいと思ってるだろ?
 横になれよ、サリー、そんな急いで行くなよ
 お前と話すためだけに一晩中頑張ってきたんだからさ

 (“Lay down sally”/エリック・クラプトン)


 昔、高校生の頃、この歌詞聞いて「大人だなー」と思った記憶がある。
 横になって→エッチする、と連想するでしょ? でも違うんだよ、俺の腕の中でお話しようよ、って言ってるの。大人って違うよなあ~いいなぁ~女ってこういうのに弱いよ。
 この歌詞からすると、すでにエッチしたあとなんだろうね、「もう帰らなきゃ」とか女が言ってて・・・。そこがまたセクシーで大人っぽい。

 で、armsと言っても、私の場合は“武器”のほうか・・・哀しい。もう少し一人でがんばろう(涙 

アンテナ、ワイヤ(エアフィックス1/72シーキング製作記)

35

 機体横のアンテナ線を伸ばしランナーで作った。
 さも簡単そうにさりげなく伸ばしランナーって言ってるけど、実は同じ太さで均等に伸ばすのは至難の業である。私にはほぼ無理だから、少し太くなったり細くなったりしてるけど、そこは無視していただいて、とにかくプラなので、プラ用接着剤で容易に接着できるが最大の強み。

 え? 太すぎ? たはは。まあ、筋彫りとのバランスも考えて・・・筋彫り自体がそもそもオーバースケールですから。いいんですよデフォルメってことで。

36

 これは何かコード類? レスキューのドーファンにもついてたから、スリング用のワイヤじゃないかと思う。ヘリって、色んなものを吊るして運ぶことがある。こういうのはヘリを作るときの醍醐味でもあります。ちょっとAFVとかの感覚に近い。

 実機はもっと複雑に何本も見えるけど、私はこれだけ。根元の銀色のところはちゃんと銀色の紙を巻いて、それらしくしてるのがすごいでしょ。
 あ、タイヤはキットのパーツ自体が過重変形させてあった。

 あとは、灯火類をUVレジンで作って、排気口をどうするか問題と、ローターブレードの結び付け問題だなー。結び付け方がなかなかわかりにくい。
 というように、まだやることがいっぱい残ってる!! どうする私!! まあ、できたところまでで諦めるしかない。あと少し。

なぜか雨が(エアフィックス1/72シーキング製作記)

34

 まだそう簡単には諦めてませんよ、モデラーだもの。

 裏側にはコードを這わせている(というか垂れ下がっている)ところ。これも伸ばしランナーです。
 飛んでる写真なんか見るとすごく目立つ、カッチョいい部分。これをやったあとに、最後に胴体横のアンテナを伸ばしランナーで接着して完成となる予定。

 小さな灯火はUVレジンにしよう、と思ったとたんに雨が降る(モデラーあるある
 しかも週間天気予報、ずっと雨やん!! どーなってんの!! 嫌がらせかい!! 週末に間に合わんやん!!
 そこで、いちばん大きいところには瞬間接着剤を盛ってみた。アロンアルファのゼリー状のはどうしても流れてしまって、盛った瞬間はいいんだけど、次の日見たらなくなってるんだよね。今回はタミヤのゼリー状を盛ってみた(写真左端のアンテナが二本立っているところの右下)うまくいきますように。翼端灯みたいなやつはものすごく小さいのでUVレジンでやりたいんだけど。

本12
 「戦争の記憶」(キャロル・グラック 講談社現代新書)

 翻訳調なのでやや理解しにくかったけど面白い内容だった。歴史と記憶の違い。この本の戦争とは、第二次大戦のこと。それが各国で違うように語られていくのだとしたら、どれが正しい歴史なんだろう。歴史と記憶という切り口は新鮮に感じた。戦後80年近くたっているのに、まだ国と国の間の溝は埋まりそうにない。

 そもそも、人間って同じ本や同じ教育を受けても「理解の仕方」や「感じ方」は一人ずつ違っている。ましてや世界中の人が同じ歴史を共有するなんて夢物語だよね。それでも、そのような溝を埋めていく気の遠くなるような仕事が学問というものなんだろう。たとえば右翼とか左翼とか、同じ国の中でもまったく正反対の考え方もあるし、人間って面白い。

 そういえば、数日前、NHKスペシャルで昭和天皇の言葉が放送されてましたね、見ましたか? 私はじっくり見たけど、なかなか興味深かった。昭和天皇に対する見方が少し変わった。やはり令和になったからこういうものが公にできるようになったのかと思う。これから、令和の司馬遼太郎や吉村昭のような碩学が現れて、面白い歴史の本を書いてくれるんじゃないかと期待しちゃうね。

Tie Your Mother Down(エアフィックス1/72シーキング製作記)

33

 どこの関節がどう曲がっているのか写真見てもわからないので、適当なところで切り離す。ここは目をつぶってください。ご覧の通り、なかなかいい感じの表現でしょ?

 頭の中で「Tie Your Mother Down」(by Queen)がヘビーローテーション。昔クイーンはあまり好きじゃなかったけどこの曲はわりと好きだった。普通のハードロックだから。
 空母に機体を固定するのを「Tie down」って言いますよね? あれ見るたびにこの曲が頭の中で再生されるという・・・私だけか。ローターを固定するのはタイダウンとは言わないかもしれないけど。

 さすがにタコ糸はちょっと太いので、もう少し細い糸はないかと裁縫箱をひっくり返してみたけど、ちょうどよい糸はないんだよねー。以前は手芸をよくしていたので、糸はいろいろ持ってるんだけど。仕方ないのでダイソーに買いにいった。久しぶりに外を歩いて気持ちいい。台風のおかげでまだわりと涼しかった。それにしても31度くらいだと劇的に涼しく感じるなんて、信じられないニッポンの夏になってきましたね。

27

 中央の網の部分は、デカールです。こういうのはハセガワのメッシュとか貼って見たくなるけど、私みたいな人にはデカールのほうが簡単で綺麗かもしれない。それにたぶんデカールの網のほうが細かいと思う。

31

 やらんほうがよかった工作その1。

 Lの文字の下あたりにアンテナだと思うけど、取っ手のような形のものがついている機体があったので、つけてみたけど・・・塗装する前にしないとダメだね。余計汚くなっちゃった。しかも穴を開ける位置を間違えて(左右同じ場所にしないといけない)、余計な穴が一個・・・
 ま、でも、これ肉眼で見たらわかんない人が多いだろうね、みんな老眼だから。ハハハ。「えっ、ブログで書いてたのどこですか、ここ? いやー見えないなあ」でおしまい。たぶん。

29

 透明パーツの部分をすべて剥がしてみた。まあだいたいオッケー。少しタッチアップ必要だけど。透明パーツと下側の部分にすごい段差があるような気がする? 気のせいでしょう(違うだろ。

 防眩塗装の部分、つや消し度が足りなかったな・・・やり直しか。ワイパーもまだ塗装してなかった。あとヘッドライトみたいのも透明パーツ削り出さないと・・・まるでブラック企業のように、やってもやっても仕事が終わらず家に帰れなくなりそう。

 やらんほうがよかった工作、明日に続く。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ