つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

タミヤ1/6HondaCB750Fエンジン)

完成(1/6タミヤ CB750Fエンジン製作記)

21

 何も知らない人でもこれだけできちゃうんだから、プラモデルってありがたい、としみじみ思ったタミヤ1/6 CB750Fエンジン。完成したよ。

 完全なる素組みです。キャブレーターの角度がちょっとアレだけど(なんでかなあ、ちゃんと接着したつもりなのに)、それを除けばカッチョいいでしょ!? いやー自分がこんなの作れたなんて思えない、というくらいカッチョいい。

 (空冷4気筒 4ストローク DOHC 68馬力 エンジン)

22

 去年の年末に模型屋で出会ったが百年目、これは正月モデリングやるしかないと思って購入。
 元旦から初めて、二週間くらいでできるかなと思ったけど、意外と接着部のメッキをカリカリ剥がすのに時間がかかった。ハイターか何かでやれば速いだろうけど、私はハイターをいらぬところにつけてメッキを台無しにしそうな気がしたので、カリカリ法で貫き通した。

24

 エギゾーストパイプ部分の押し出しピン跡とパーティングライン、それにマフラーの継ぎ目をどうするか・・・そのへんが最後の最後に頭を抱える部分で、いっそメッキを剥がしてハセガワのミラーフィニッシュを貼るのがハセガワ愛にあふれた作り方かもしれない。

 私は、そのままにしてます。キラキラ光って幻惑するので、案外目立たない気がする・・・っていうか、そんなしげしげと見ないでください(汗

23

 全体を組み立てるときはビスなどを使って組み立てるので、ガッチリと角度も決まって簡単だし、通のプラモとはまた違う組み立ての楽しさがあって興奮。
 土台はダイソーの紙を買ってきて貼った。

 シリンダーの中とかプラグコードが再現されていないほかは、エンジンの構成をかなり理解することができて、うれしかった。また、コメントくれた方々ありがとうございました。

 マフラーにはフタがしてあり、これでちゃんと排気されるんかなというのが少し疑問。でもフタしてないと音がすごいんだろうな。あ、あとエンジンの音聞いてみたいね、実際に。

ブレーキ

 一つ気が付いたのは、リアホイールの横にある銀色の円盤みたいのがブレーキなんですよね?
 で、赤い矢印のついてる黒い棒が、ブレーキパイプなのかな? 

 自転車もそうだけど、飛行機とかもブレーキパイプでなんでブレーキがかかるのか、どう考えてもわからん!! 不思議だ!!

 この世は不思議なことが多い。
 それにしても、エンジンのしくみがわからない人は、みんなこのキットを作って勉強するといいなと思った。自動車学校で取り入れたらどうかな。

 え? これからは自動運転になって人間は運転しないから関係ない? そうだね。
 そのうち「いまどき自分でクルマ運転するヤツなんかおらんし」なんて時代になるのかもしれない。

 でもなあ、アホな男共にはいつの時代になっても、バイクに乗ってむやみやたらと走り回ってほしい気がする。そのパワーがなくなってしまったとき・・・・人間はどこに行くのだろう。 

オイルパイプのゆくえ(1/6タミヤ CB750Fエンジン製作記)

19

 いよいよ、シリンダーとクランクケースを合体~!!
 ピストン運動の謎はこれにて解き明かされるのか・・・と思いきや、シリンダーの中がどうなってるのかわからないので、まだまだ謎は続く。
 カムシャフトとかいうものも、シリンダーの中に入ってるのだろう。

 ま、今回はそこまで追求しない←えっ、そうなの

 オイルパイプとかいうものがシリンダーについてるけど、これをどこにもっていけばいいかわからん・・・と頭を抱えていたら、インストの10にちゃんと載っていた(汗
 インストは隅から隅までちゃんとチェックしないとダメだね。特にこういう自分の作ったことのないジャンルは。

18

 これはエアクリーナーというものです。エアクリーナーというくらいだから、空気をきれいにするものなんだろう。空気清浄機? 
 空気をきれいにして取り入れるのか、それとも空気をきれいにして放出するのか?
 インストにはそこまでは書いていない。

20

 あれこれわからないまま、いよいよひとつずつ部品を土台に組み付けていく。
 接着するところも少しだけあるけど、ほとんど金属棒をナットで締め付けていくので、まさに「組み立て」工程で気持ちいい。おおー、なんかめちゃくちゃカッチョいいではないか!!

 普通のプラモデルはほぼ接着剤だけなので、こういう組み立ては初めてで、また違った楽しさがあるね。
 あとは、排気管とクランクケース横などについているフタ?のようなパーツを接着したら完成かな。

 やはりカワサキのエンジンも買えばよかったか・・・今頃になって迷ってる。ああーだめじゃん私。人生は短いのだ、迷ってるうちに日々は過ぎていってしまうぞ!!

マニーホールドの謎(タミヤ1/6 CB750Fエンジン製作記)

作例

 前回、近所の模型屋で、旅の大工さんの作例を見てあることに気が付いた、と書きましたが、それがここ。
 赤丸で囲んでいる黒いパーツの部分に、銀色でワッカ状のものを塗装しているでしょ?

 インストには指定がないんです。
 でも、そういえばなんかワッカみたいなモールドがあった。

 模型屋さんに聞くと、「そこには水道ホースについてるような留め具がついてるんですよ」とのこと。
 また、知り合いのバイク乗りにも聞いてみると、黒い部分はマニーホールドという硬質ゴム製の部品だそうです。バイクは振動が大きいから、パーツをつなぐ部分には金属ではなく伸縮性のある素材を使用しているとのこと。
 しかしゴム製品ってことは・・・そう、劣化もしやすいそうです。バイクに乗ってる人が部品交換がどうとか言ってるけど、こういう部分を取り替えたりしてるのね。

16

 早速、無理やり筆塗りしてみた。筆が届かない部分は見えない部分と割り切って、ヨレヨレだけど気にしない←いや気にしてください
 接着前に気が付けばよかったけどね、残念無念。

 ここともう一か所、エアクリーナーという部品との間も同じようなパーツがあって、そちらもワッカがついてる。これはまだ接着前だったのでよかった。
 なぜインストに書いてないかは謎だけど、こういうところをちゃんと塗装してると「バイクのことを知ってる人」みたいでカッチョいいね。ちょっぴりうれしい。

17

 土台に固定するための棒状のパーツ。
 何色で塗装するか悩むところ。私は男らしく仕上げるのは何色かと考えるとやっぱ黒しかないでしょ、ってことでツヤ黒にした。パーティングラインの消し方がいい加減なので、今回もあまりツヤツヤになってない。こういう部分も手抜きしないと、きれいな作品になるんだろうね。

 さて、今まで作ってきたパーツを固定していけば完成するはず。ここまではどうにか失敗せずにやってきた。さあこのまま一気に完成させよう。

クランクケースの謎(タミヤ1/6 ホンダCB750Fエンジン製作記)

15

 これはクランクケースというものらしい。大穴が開いているのは、この部分にシリンダーを取り付けるから。あと、手前の側面の合わせ目がハッキリわかる部分にはHONDAのロゴ入りの丸いパーツがつくんだけど、すごくピカピカのパーツなので、最後にとりつけることにしよう(うっかり汚したり傷つけたりしたくない)

 ま、クランクケースというものが何をするところなのかわかりませんが・・シリンダーの下についてるってことは、ここでピストン運動を回転運動に変換するのではないか!? 魔法の箱なのではないか。というのが私の仮説。

14

 これは、横についてるパーツなんだけど(補強板的な?)、文字の書いてある部分はデカールではなくシールでした。楽ちん~♪
 箱の写真では、少しザラザラした感じのマットな銀に塗装してあるので、真似してみた。半ツヤ黒で塗装したあとにクレオス8番の銀。

模型屋にて1

 旅の大工さんから作品を模型屋に置いたよとメールが来たので、行ってみた。

 実はあまり気は進まなかった。というのも、製作中に他人の上手な作品見ると途端に中折れするタイプなので・・・汗。
 だがちょうど塗料も買わないといけないし、ええいままよ、と、模型屋のドアを開ける。
 きれいに塗装された作品を見てドキドキするが、けっこう冷静に観察できた。
 チェーンはタミヤから発売されてるとのこと。くくぅ~知らなかった。あ、でもチェーンを挿し替えるにはモールドを削り落とさないといけないので、難易度高いかも。ま、私はプラのパーツを生かすという方針ですよーだ。

 あと、ちょうど今、エンジンを土台に固定するパーツのパーティングラインを消していたんだけど、この作品はオレンジ色に塗装されている。また、ホイールのカットされた部分の切り口は赤で塗装されている。そういう細かい部分の演出なども「なるほどなー」と参考になるね。
 あともうひとつ、発見した部分もあるけど、それは次回に書きます。

模型屋にて2

 模型屋と、「近頃の若いもんはバイクに乗りたがらないよねぇ全く情けねぇ話、そこいくと、ウチの若いもん(先日地元の展示会レポでご紹介した、買ったばかりのヤマハのバイクを見せてくれた人)は偉いっ!!」という酔っぱらいのオッサンみたいな話題で盛り上がる。
 きらら「なんで若い男はバイク乗らないんだろうねぇ。バイク乗ってる男ってすごく格好いいのになあ」
 模型屋「へへへ、そうですか(ニンマリ)」←バイク乗り

 ウダウダしゃべって外に出ると、ありゃー、人っ子一人いなくなってる!! やべえ、もう五時半だ(豆田町は観光地のため五時に閉店してしまう店が多い)。いつのまにか一時間以上時間がたってる!! 模型屋の中は時間の流れる速さが違うっていつも思う。
 急に人通りの絶えてしまった道は(江戸時代からの建物も多い)、なんとなく「千と千尋~」に出てくる街並みのようで、「人ではない何者か」がフッと現れてどこか連れていかれそうな気がして、背筋がぞくぞくっとしてくるのである。

スイングアーム組み立て(タミヤ1/6 CB750Fエンジン製作記)

12

 プラグコードを接続する「プラグ」って、これなのかな?(矢印部分)

 さすがにインストにはそこまで詳しくは書いていない。
 よく考えたら、このバイクが好きでキットを買って作る人がほとんどだろうから。そもそもプラグがどこにあるか知らないような人をさすがのタミヤも想定していないのだろう。
 しかし、想定外はどこにでも存在する。

 写真右側半分は、スミ入れ済み。
 写真に撮るとよくわかってうれしいなあ~やっぱりスミ入れすると、とたんに引き締まってカッチョよくなる。
 実際の作業中は、キラキラ光ってて、目が痛い。

11

 チェーンの塗装をああでもない、こうでもないとやってたけど、もういいや・・・スイングアーム組み立てた。スイングアームって何かわからんけど、深く考えない←調べろよ

 最初、ホイールを表裏逆につけようとして、付属の金属棒(両側にナットを)の長さが足りなくて焦った。
 おかしいな、インスト通りに組み立てたつもりなのに・・・タミヤに限ってこんなことはないし・・・と、冷や汗かきながら箱の写真見たら、表裏逆にしていたことを発見。ホッとする。
 簡単な組み立てではあるけれど、「おおっ、できた!!」というときの単純だけど深い喜びってなんなんだろう。
 大脳皮質の奥に眠る、動物的な原始的な快感・・・のような気がする。

1月12日
 寒すぎる模型部屋。今日は仕事が休みでのんびりと朝から家事をすませ、11時ころに模型部屋に行くと6度だった。

 電気ストーブをつけると10度くらいまで上がる。すると10度がすごく暖かく感じるんだよね。人間って悲しい。
 梅の木はカレンダーも温度計もなくても時を知り、この寒風の中で蕾をほころばせているというのに。植物ってほんと不思議だよね、どうやって季節を知るのか。

キャブレターの謎(タミヤ1/6 CB750Fエンジン製作記)

8

 お次はキャブレターです。キャブレターというのは、燃料と空気を混ぜるための装置。レシプロ機にもついている。
 液体と空気をどうやって混ぜるんかい、と不思議でたまらなかったが、ネットで調べると、どうやら噴霧させて空気と混ぜるらしい。なるほど、それならなんとなくイメージできる。
 で、なんで燃料を空気と混ぜないといけないかというと・・・爆発しやすくするためかな? 液体の燃料がそのままじゃ爆発しにくいんじゃないかと推測する。

 黒い部分は艶消し黒で塗装した。接着は簡単なんだけど、接着前に接着面のメッキをカリカリ剥がすのがとてつもなく面倒で時間がかかる。もちろん、それを除けば簡単な工作です。

9

 シリンダーとキャブレターを合体。

 黒いコードはキットに付属のビニールパイプで、オイルパイプというものらしい。

 それにしても、シリンダーにプラグコードっていらないのかな? プッシュロッドはどれ?
 レシプロエンジン作るときの定番工作のプラグコードって這わせなくていいのかな。やはりネットでエンジンの写真を検索するべきか←実はまだ検索していない。超絶作例とか出てくるから嫌なんだよね
 しかし実物見ないで作るってもう限界かもな・・・さすがに弱気。

10

 排気管?(集合管とインストには書いてあった)部分の、ゲート跡にハセガワのミラーフィニッシュを貼ってみた。一番左の突起部分。右側の二つはモールドです。

 貼り方下手ですな(汗 ちゃんと平滑にして貼ればきれいにできそう。
 メッキ部分も二種類あって、こことかマフラー部分は特にピカピカなので塗装でごまかすのは無理がある。その他の部分なら何とか塗装でもいけるかも。
 それより、合わせ目が気になりますが・・・今回は、このままいきます。気にしない、というスタンスで。

土台

 黒いプラの土台がキットに付属してあり、固定するようになっている。便利です。

 ツヤ黒にしたつもりが、下地を平滑にしておかないとツヤ黒を塗装してもツヤ黒にならないということを知った←今頃かよ!!
 上に貼ったのはダイソーのノリ付きシート。どれだけ持つか疑問。塗装のほうが間違いないだろうね。土台の塗装を研究する必要があるなあ。飛行機は土台についてほとんど考えることがないから。不思議と軍用機って土台がなくても大して気にならないんだよね。ピカピカのバイクやクルマは土台がないと、下半身がスースーするけど。

 何にせよ、すべては経験値。いろいろやってみないと身に付かない。とにかくやってみるしかない。

シリンダーの謎(1/6タミヤ HondaCB750Fエンジン製作記)

シリンダー1

 もう何もかも謎に次ぐ謎のホンダCB750Fエンジンですが、チェーン部分とその周りを塗装して乾かしている間に、シリンダーを作ることにした。

 大きなパーツで組み立ては簡単なんだけど、メッキされている部分はメッキを剥がさないと接着できない(と、インストに書いてあった)ので、ナイフでカリカリと剥がしていく。これがけっこう時間かかるし面倒くさい。でもタミヤ様のインストのとおりにやらないときっと失敗するので、真面目にカリカリしていく。

 シリンダーといえば、この放熱板(というかどうか知りませんが)ですね。
 今まで何人もの男が、「俺のと同じ」と言ってたなぁ。

 またそれかい!! それ以外に言うことないんかい!!
 こういう形状になってると熱を逃がすのに具合がいいんでしょうね。
 二十数年前、息子がまだ赤ちゃんだったとき、初めて風邪をひいて高熱が出た。オムツをかえようと思ってみたら・・・わっ!! なんかものすごく皮膚が伸びてる!! 一瞬慌てましたが、熱を逃がすためだったんですね。寒くて縮んでるところは見たことあったけど、伸びてるのはそのとき初めて見た。オトナの男が熱が出たとき袋部分を見たことないですから←普通見ねぇよ

シリンダー2

 そんな懐かしい思い出に浸りながら接着、カッチョいいシリンダーができた。
 この前方の穴に、エギゾーストパイプ(排気管とは言わないんだなあ)を突っ込む。

 なんかすべてが嫌らしい響きに聞こえるのはなぜだろう。私が書いているからか。
 
 あとどうやってこのシリンダーの動きをタイヤに伝えるかですな。一体どうなってるのだろう。飛行機はこのままプロペラが回る気がするんだけど。

西村
 「十五歳の戦争」(集英社新書/西村京太郎著)

 ベストセラー作家の体験談。昭和5年生まれの作者は陸軍幼年学校で終戦を迎える。まだ幼かったので従軍体験ではないけれど、彼の見た戦中、戦後。特に終戦間もない日本に興味をひかれた。
 ざっくばらんに語られているのがいいね。それと、ベストセラー作家だって、最初はなかなか売れなかった、というくだりにも励まされる。人間最初からうまくいった人なんていない。

 「戦後はゼロから始まった、というがそれはウソである」という言葉にハッとする。
 ここをお読みのモデラー諸氏は当然ご存じのように、日本にはいろんな産業や技術があり、だからこそ戦争ができたし、戦時中は兵器を作っていた。その技術が戦後を支えたのである。
 言葉のアヤといえばそうかもしれないけど、ゼロから始まった・・・とか、すべてご破算にして戦前のものは間違ってたとか戦争の道具は忘れてしまえとか捨ててしまえとか。そういう考え方はおかしい。そんな考え方が戦後のさばって、技術史をなおざりにしてきたから、私を含め多くの人は偉大な飛行機のことを知らずに生きてきた。

 ま、偉そうなことを言えるような知識はまだまだありませんが、今年もまた、少しだけ歴史をひもといてゆきたいと思っています。そしてそんな日本の飛行機やメカの模型を少しでも作りたい。

マフラーの謎(1/6タミヤCB750Fエンジン製作記)

4

 2018年元旦から、このキット作ってます。タミヤ1/6CB750Fエンジン。部品が巨大でなんかいつもの調子が出ない。あと、これからどこがどうなるんだか、さっぱり先が読めない展開で、いつかどこかで「やっちまった」が出そうな気がする。まあそれも一興。

 白く写ってますが、銀色の丸いモノはリヤホイール。塗装した円盤状のパーツを順番に接着していっただけ。
 自転車のチェーンみたいなやつは・・・チェーンっていうのかな。実はこれがついてたのでホンダにしたっていうのは秘密。カワサキのほうはシャフトで動力を後ろのタイヤに送る方式。戦車みたいだね(だってさー38(t)作ったときにそういうふうになってたんだもん)。
 対して、チェーンでタイヤを回すのは自転車とおんなじやん!! わかりやすくていい。そういえばライトフライヤーにもこういうチェーンがついてなかったっけ。本田宗一郎さんは、最初自転車にエンジンつけたんだよね? じつに痛快。
 しかしこんなもんでタイヤ回してるとは・・・自転車と違って、ものすごい勢いで動くわけだからね、大丈夫なんだろうか。心配だなあ。

5

 うれし恥ずかしメッキパーツ。ほぼ初体験です。

 インスト見ると、集合管、とか書いてある。もしかして、集合排気管? 零戦52型みたいな?
 でもマフラーっていうのは・・・排気管のことじゃないの!? なんで排気管って言わないんだろう。いや排気管はエグゾーストパイプか? いまいち英語がよくわからん。
 ゲート跡は、インストに書いてあるように、タッチアップでごまかす予定。

車体

 このバイクは数年前に作りました。

 ・・・ってのはウソです。いただきものです。
 今このエンジン作ってるんだなあと思うと楽しいね。

 なんで今年の正月はこんなものを作っているのかと思われるでしょうね、しかもハセガワじゃなくてタミヤ作ってるし。
 実は以前からエンジンだけの模型を作ってみたかったんです。もちろん星形エンジンでもよかったんだけど、まあこれも同じようなレシプロエンジンだし・・・レシプロって言わないのかな? 飛行機だけ? ま、いいや。ともかくピストン運動の奥義に迫るぞ!!

謎多きエンジン(タミヤ1/6ホンダ750Fエンジン製作記)

1

 予定通り、元旦の夜にタミヤ1/6 ホンダCB750Fエンジン(空冷4ストロークDOHC4気筒748cc)の箱を開けた。
 空冷と気筒ぐらいしか意味わかってないけどね。ま、そのうちわかるだろう。気筒はシリンダーのことですね、なんでシリンダーって言わんのかい。日本語と英語と数字が混じってるってのがもうイカンわ。748ccというのは排気量のことだよね、排気量っていうのは確か体積のことじゃなかったっけ、しかし何の体積だったか・・・こないだ教えてもらったんだけどまた忘れた。メモしとかないとダメだな。排気量ってクルマやバイクでは言うけど、飛行機では言わない気がする。DOHCの説明はタミヤのインストに書いてあるけど、カムシャフトってのが何なのかわからんので、これもお手上げ。

 黒いランナーと銀色(メッキ)のランナーの二種類からなる。塗装しなくてもそれなりに完成するのかもしれない。もちろんモデラーだからパーティングラインを消して塗装する。

2


 あっ、ホンダって書いてある←とりあえずそれくらいしかわからないのが悲しい

 パーツは大きいけど、パーティングラインがたくさんあるので(大きいだけに目立つ)はやる心を抑えつつ、ちゃんとペーパーをかける。でもいい加減なのでガタガタ。
 最終的にどのへんが見えるようになるのか、どのへんは見えないのかがわからない。

3


 たとえば、このパーツ(スイングアーム)の接着部分(真ん中あたり)なんかは、合わせ目を消すべきかどうなのか・・本物もこんなふうになってそうな気もするけど、消しといたほうがいいかな。迷ったら消したほうがいいんだろうね。
 スイングアームって何なのか今は全くわかってないけど、このキットが出来上がるころにはわかってるかもしれない。知らないものを知るようになる、それもまた模型の楽しみ。

窓1

 一昨日つけたカーテンのある窓とは別の方向の窓。
 こちらはお恥ずかしいことに、カーテンレールが壊れかけて、これ以上カーテンが開かない状態でここ十数年使っていた。作業部屋なのでまあいいや・・と。

窓2

 今日もよい天気なので、自転車でまたホームセンターに出かけ、カーテンレールとカーテンを購入。カーテンレールは一本のやつ。
 私一人でも、なんとか自分でつけられた!! 
 こんなことなら、もっと早くやればよかった。バカみたい。
 これでカーテンも普通に開けたり閉めたりできるようになった。文化的生活にまた一歩近づいた。
最新コメント
人気ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ