鉄橋26

 昨日、久しぶりに写真を撮りにいってみた、久大線花月川鉄橋復旧工事現場(昨年の豪雨で流れた鉄橋を架け替えている)。
 日差しは暑いけれど、風はまだ涼しい。7月14日の再開まで二か月を切った。

 ついこないだまで向かって右側の水際では重機やトラックが走り回っていたんだけど、そのへんも埋め戻されて、川幅が広がったように見える。
 両側では、依然として護岸工事が続いている。

 架橋を撤去してしまい、クレーンがいなくなってしまったのでものすごく寂しい。
 あ、ハセガワはなんで日立建機さんの重機を作ってるかというと、コマツさんには断られたそうです(コマツさんは某ラジコン関係メーカーとうまくいかなかったことがあり、再婚はもうイヤなんですって)。で、日立建機さんとはうまく話がまとまったとのこと。静岡でそんな話も聞いたなー。あと作業員セットの第二段も期待できそうです。

鉄橋27

 線路には、新しい砂利が敷かれていた。この場所から列車の通る音が絶えて久しい。

68

 久々に模型部屋に座ってみた。
 静岡から帰ってきたのが先週の月曜の夕方、やれやれとパソコンを立ち上げて静岡の写真を見たりしているところに、父の施設から電話・・・悪い予感。
 「先週末から熱が出ていまして、訪問診療の先生に見ていただいたら肺炎らしいということです、明日先生の紹介で〇〇病院に入院することになりました」

 やっぱり悪い予感的中。というわけで、静岡の楽しい余韻もどこへやら。先週からまた別府に往復することになりました。
 だけど、静岡には辛くも行ってこれたわけで、そこは父に感謝しなくちゃ。あと数日ずれていたら、今年も静岡欠席になるところだった。

 ところでこれは作りかけの72ハリアー(架空塗装)を引っ張り出して再開したところ。なんかテキトーな機番を貼ろう。あとは武装てんこ盛りで完成するつもり。

1

 静岡で買ってきたSWEETの1/144零戦21型、大分航空隊。

 もう二度と144は作らないって宣言してたのに(汗 だってメガネかけても何も見えないんだもん。

 それによく見たら、白いところがあちこちあって、面倒くさい塗装じゃないですか!!(杉田社長は、「こんな面白い塗装があったんだよねぇ~」ってうれしそうだった、嗚呼)。でも大分航空隊所属機だもんねえ、大分県人が作らんとねぇー。

 もちろん合わせ目も消さずにそのまま作ります。