10

 先週末、静岡で開催された静岡ホビーショーモデラーズクラブ合同展より。

 富山サンダーバーズの砺波さん作品。「黒部峡谷 下の廊下にて 富山県消防防災ヘリコプター“とやま”」

 今年も砺波さんの作品を拝見するのがひとつの目的である。そして、期待を裏切らない素晴らしい作品だった。至福のとき。
 黒部峡谷の向こうに、ステキな飛行機モデラーが見えているのも、静岡ならではのご愛敬。

 今回は、感動的な黒部峡谷のジオラマで、じーっと見ていると引き込まれる、そして涙が出てくるような場面だよね。ほんとすごいよね。ヘリって、こんなすごいところに人命救助に行くんだね!! 
 ほとんどの人は、こういうところを飛ぶことがいかに危険なことなのか、知らないだろう。私も消防のヘリを数年前に見学に行って、隊員から実際に教えてもらうまでは全く知らなかった。

 山の中は気流が不安定で、もしローターが岩や樹木に触れただけで、ヘリはあっというまに墜落する。

9

 ホイストを操作する隊員たち。見ているとドキドキするくらいリアル。

 ホイストで降下するのと、機内から操作するのと、どちらが難しいと思いますか? 
 なんと、操作するほうがはるかに難しいのだそうです。

 お互いの命をお互いの体に託す。どれだけ深い信頼関係で結ばれているのだろう。私らの想像をはるかに超えていると思う。また、操縦者に位置などを常に隊員が教えるそうです。その確認のためにドアを開けているそうです(もちろん、ホイストやレベリングするためでもあるが)。

 画像でお分かりの通り、ローターブレードは回っている。左右の岩陰から風が出てきて回しているのだ。片側からだけだとうまくいかないそうで、両側から風を送っている。写真を撮っていたらどこからか風が吹いてくるので不思議に思った。まるで黒部峡谷から本当に風が吹いてきている気がした。

11

 右側の崖の半分より下のあたりに、岩に穿たれた道が見えるだろうか(人が立っているのも見える)。

 「道といっても、その半ばは切り立った崖の岩肌をコの字型に刻みこんだもので、その幅員もわずかに六十センチしかほどしかない・・・中略・・・しかも通路の下は100メートルにもおよぶ切り立った崖が、深い渓谷に落ち込んでいるのである」(吉村昭著/「高熱隧道」新潮文庫より)

 吉村先生のこの話は、黒部のトンネル掘削にとり憑かれた男たちの「異常な執念」の物語でありまして、あまりの熱に息が苦しくなるけれど、ぜひ読んでみてください。

17

 同じく砺波さん作品、ロシアの警察ヘリ。ハセガワ1/72 ハインド

 ロシアの警察ヘリってハインドなんですかね? これに追いかけられたら怖いわー(汗
 警察のヘリってもちろん救難も行うけど、普段市街地などを飛んでるときは、「悪い人(事件)」を追いかけてるそうです。なるほど、空の上から見ると一目瞭然だもんね。

12

 おおー、誰かコマンチなんか作ってるぞー、こんなキットあったっけ? いやいや、全国ソリッドモデル連合会のブースだから、ソリッドかぁ・・・だよねえ・・・と思ってしげしげ眺めていると、作品の後ろに座ってる人と目があって、あ!! 福田さんの作品なんだ。

 福田光孝さん作品 1/24 RAHコマンチ フルスクラッチ。
 デザイナーだけあって、すごく大胆でお洒落なカットモデル。
 コマンチって試作機だけのステルス機です。私は一度人からいただいたキットを横流し(汗、でもやはり作りたくなって最近買った(レベル1/72
 面白いカタチだよねえ。 中身があふれんばかりなのが、わくわくする。大きくて迫力十分。
 いろいろ説明してもらったけど、それがまた楽しかった。

13

 こんなふうに、ディスプレイされていた。こういったディスプレイ方法も勉強になります。とか言って、なかなか真似はできないけども。
 基本、胴体はプラバンだそうです。

14
  
 今野智史さん作品「遺跡の街」 ドラゴンOH-6A AFVクラブM113

 こっちから見るとOH-6をどう固定しているかがよくわかんない。写真もブレブレだしすみません。ああー、もっと落ち着いて何枚も撮っておけばよかった。遺跡もうまく作ってるしすごいなあ。
 ドラゴンのOH-6は私も昔作ったけれど、キャノピーがとてつもなく合わないので、丹念にすり合わせる必要があります(私は当時うまくできなかった)、でも搭乗員が付属しているので、情景にできてすごく面白い。
 やっぱヘリコプターはいいね。

15

 全体像じゃなくてすみません。でもマルヨンって細長いので写真撮るの難しいと思いませんか?
 むしろ、こういうディテールのほうがカッチョいい気がする。

 葛城衛さん作品(ソリッドモデル)、F-104G スケールは書いてなかったけど、大きかった。0.3ミリアルミ板貼り。可動部分はもちろんたくさんあるけど、押すと脚がぐっと沈み込むのとか・・・めちゃくちゃ格好いいよ!! 基本的にソリッドの作品は頑丈だから、わりとおおらかに扱ってられる感じがする。「ハセガワのキットは脚が折れやすくていやだ」とかメーカーの文句ばかり言ってるのが情けなくなる。確かに折れやすいけどそこをなんとか作れるようになりゃいいだけじゃん。
 この赤いボンベがいいアクセントですね。絶対これ(ボンベ)作るぞーと心に誓った。

16

 この黄色いラダーは、本物と全く同じように折りたためる。まさに本物さながら・・・あ、それを「模型」というのか(汗 私の作ってるようなのは「模型のようなもの」かもしれない。ま、気にしないけど。

 ソリッドモデルの説明を聞いていると楽しくて楽しくて、ずーっと聞いていたくなる。嗚呼、ここだけでもう先に進めなくなるやん!! どうすればいいんかい!? 
 こんなふうに、ひとつのブースでもっと話したいと思いながら泣く泣く別れを告げることの繰り返し。ある意味、楽しいけど哀しいのが静岡ホビーショーなのです。

 以前から、この大量の作品を見て回る方法を自分なりに考えてきたんだけど、今年は「もう自分の好きなものだけに絞ってみる」ことにした。大変失礼な話だけれど、どんなに超絶だろうが有名だろうが、自分が「おおおっ!!」と思わないものは大胆にスルー。
 こうすることで、目の疲れを軽減させ、大幅に時間短縮することもできた。大変心残りだったけれど、飛行機モデル以外はほとんど見ていません。また、おつきあいで知人を全員訪ねていくこともやめた(以前はすべてチェックして回っていた) そのかわりに「おおおっ!!」と思った作品の作者から話を聞くことを最優先するようにした。「新しい人との遭遇」を優先しよう。

 こういった作戦を新幹線の中でビールも我慢して練っていたのだよ、フフフ。どう? 驚いた?