土台1

 29,30日は大分で展示会があるので、拙作を持っていこうと思って土台を作ってるところ。
 気が付くといつもギリギリモデリング。なんでかなあ。

 明日の朝出発するので、今夜で作業はおしまい。クリア吹くとこまでいかなかった(汗

 周りが水色なのはお皿の色。このままでも結構カワイイかも・・・とは思ったけど、やはりなんとなく安っぽいかな。
 ちなみに、カッチリとしたドイツ機といかにも手描きの滑走路のミスマッチがお洒落でしょ?(意味不明

土台2

 銀と黒鉄色を混ぜて塗装。

 男っぽくてメカニカルな雰囲気のドイツ機には、金属色が似合う気がする。けど、なんか全体的に灰色っぽくなって地味だなあ。赤いミニカーとかあったら置きたいところ。
 しかも写真では金属色もただの灰色にしか見えないので哀しい。自分的にはステンレス色みたいな感じにしたかったんです。いつもの「こすると輝く」塗料にしようかと思ったけど、あれは触るとどんどん取れていくので、土台には向かないと思いやめた。クレオスにステンレス色ってなかったっけ。

土台3

 こちらは、黒サフの上に白い塗料吹いて、そのうえから茶色を吹いた。意外と重厚な感じの色になって満足。やはり色の重ね塗りがいいのかもしれない。

 百均の芝シートは、ガッシュで枯れた色や黄色い花などをプラスしてます。
 冬季迷彩なのに土台が春なのがちょっとアレだけど。雪まで作る余裕がなかった。この粘土は「白」もあるので、それを買ってきて配置すれば簡単に雪の情景ができる・・・って土居先生が書いてましたね、確か。

 ちなみに、すべて黒サフを先に吹いた。
 でも、表面が少しザラザラしてたので、ペーパーかけてつるつるにすると、もっときれいに塗装できるかもしれない。というようなことを後で気が付く(モデラーあるある) それに、枠を先に塗装したほうがずっと楽なんだよね、というのも後で気づく(私だけ

土台4

 黒サフの上にクールホワイトを吹いてその上から316番白を吹いた。もう少し黄色がかった白にしたかったなあ。これじゃあ、色塗ってないの? という感じにしか見えないね。
 白い土台って変だと思いますか?
 私は白い(正確にいうと、黄色がかった白、アイボリーホワイト)土台が好きなんだけど・・・

 土の色がなんかアフリカ戦線っぽくなってしまった。草は百均の芝シートをほぐして、植えてみた。72にはオーバースケールかな。でも自分的には満足。

 で、フォッケウルフは四機あるので、もう一個は黒い枠にした。
 ここ三日間くらいの作業だったけど、ものすごく楽しくて集中してしまった。普段の模型つくりとは全く違って、いろんな色を好きなように塗装できるからうれしい。でも意外と悩むよ、土の色って何色よ!? とか。

 つくづく思ったけど、飛行機の場合、基本的に飛行場しかありえないから、盛り込める情報はごく限られてくるよね。だからこそ知恵をしぼる楽しみもあるかな・・・。