57

 さて、いよいよ一気に脚を接着。四機分ですよ、なかなか壮観でしょ。

 しかし一度に四機作るなんて正気の沙汰ではない。つくづく後悔したね。いくら私がアホとはいえ、もう二度と四機いっぺんに相手にするのはやめよう、と心に誓った。
 もっと一人ずつ、心を込めて、じっくりしっとりお付き合いしたい。ハイ次の人、みたいなのはやっぱり私には向いてない。

 そういえば、娼婦って、つい今まで、誰か別の男としてたわけですよね、そういう女とすぐにやるのって嫌じゃないですかとある男性に聞いたことがある。答えは「全然気にならない」でした。それ聞いたとき、やはり男って別次元の生物だなと思った。私は、つい今まで他の女を触ってた男とエッチするなんて、絶対に嫌だね。気持ち悪い。

59

 1/72のフォッケウルフFw190作り比べもいよいよ大詰め、マスキングを剥がしていく。
 私にとっては、毎度いちばん怖い瞬間である。

 まずいちばん先に脚もつけた、おりこうさんキットのタミヤを剥がしてみると・・・
 ああっ!! 何じゃこりゃ~!! 盛大に飛び散ってる。もう笑うしかない。
 ま、いいよ、取り外してきれいにすれば済むことだから。こういう失敗は、まだまだ笑う余裕がある。

58

 お次は、ハセガワA-8、こちらは悲しい報告をしなければなりません。

 なんか変な液体のようなものが張り付いており(表面にザラザラと付着していた)、リムーバーでもシンナーでも取れない。クリアが固まったものなのか。ダメ元でツールクリーナーでこすったら、プラが溶けていよいよザラザラになった。
 ご覧の通り、ドンピシャといえるくらい合いのいいキャノピーなのに。こういうときに限って、変な失敗するし。少々落ち込む。

 ということで、部品請求です・・・。

60

 こちらは、ハセガワ旧版A-5。プリラー少佐乗機ですが、もちろん13の字体は違ってます。でも気にしない。というか、気にならない。バルカンクロイツが少し欠けてるように見えるけど、気にしない。キャノピーの後部にこちらも少し変な液体が張り付いてるけど、気にしない。

 まぁそういういろいろ小さいことは気にせず(小さいことなのか!?)、少し離れてみてみると、なかなかカッチョいいです。13という数字は不吉かもしれないけど、だからこそ逆に洒落ている。

 さて、エアフィックスはというと、まだクリアを吹いてないのでマスキングを剥がしていない。ひゃー、怖いなー。
 まぁ、次回(いろんな意味で)ご期待ください。