1
 2017年11/25,26、大分県日田市にて開催された「天領プラものづくり大会(略して天プラ)」のレポートをお送りします。今年で17回目になるこの展示会は、大分県内だけでなく遠くからも人の集まるノンジャンルの展示会です。今回も多彩な作品が集まりました。
 
 シェフ・ヤナピーが腕をふるう名物フィールドキッチン。今回は「てぬきうどん」と謙遜するけれど、さすがダシのきいた美味しいうどんだった。

 野郎共がつぎわけてくれる戦場メシは、体も心もあったまって、ああ今年もここに来られてよかったと思わずにいられない。

5

 会場入り口。さあカオスの展示会へようこそ。

6

 おーっと。いきなりマツダのロータリーエンジンが!!(本物/HIC会員所有) 

 ロータリーエンジン50周年らしいです。私より若いのね。
 ローター好きにはたまらない。右側の三角形のローター、まるで漬物石のように重かった。

4

 ぐわ!! 金属で作ったクモ。波田さん作品(スクラッチ)。

7

 と思ったら、これはフクロウだ。電人座さん作品。エアフィックス
 目はUVレジンだそうです。こういうとこをビシっと決めてるからきれいな作品になるんだね。

3

 これは実車。ヤマハのバイク(HIC会員所有)。

 所有者は15年前、高校生時代に日田のクラブに入った人なんだけど、当時私も初心者で、彼からみると私は年齢は離れているけど「仲間」。

 新しいバイクをうれしそうに見せてくれた。いいね。男の子って。
 「やっと男になったね」と言ってやった。

9

 ヤングミニチュアズ 1/10 「古代ローマ百人隊長」 大分大学模型部のAsukeさん作品

 こういうヒストリカルフィギュアっていいね。特にこんな強そうな方・・・オホホ。素敵ですわ。

8

 すみません、作者等わかりません。土台を光らせるときれいだね。とてもいい感じ。

 キャラクターの世界では当たり前の演出なのかもしれないけど、スケールモデラーにとっては何もかもが勉強だ。

10
 これも同じく、スターウォーズ劇中のシーンだと思う。知らなくてすみません。

 私、ぜんぜん知らなくても格好よければすべてよし、の人なので、なんでも味わってしまう。
 大事なのはただひとつ、カッチョいいかどうか、それだけである。

レベルカラー
 今回も二日間コーヒーを持っていった。みんなしゃべってるほうに夢中で、二日間とも余ってしまったのが残念。

 七月の水害で膝上まで水没して泥だらけになったアカシ模型店の塗料を安く買い取り、それをみんなにお分けした。
 こんなレベルカラーもあり、懐かしい懐かしいと、昭和のモデラーは大騒ぎ。

11
 わっ、なんじゃこりゃ。

 熊本トムキャッツの趣味人さん作品。1/20 ハセガワメカトロウィーゴ「ミニオンズィーゴ」

 キモカワイイ路線を狙ったそうです。こういうのは女子高生にウケそうだなあ。黄色い声で「キャーキモーイ、でもカワイイ~」とかいうんだろうな。
 こちとらオッサンなので、「キモくないですよ~上手いですね、すごい独創的ですよ」としか言えませんでした。

行商人
 「さぁよってらっしゃぃ見てらっしゃい」怪しい行商人現る!!

 趣味人さんがご自分の作ったリベット打ちマシン!?の使い方を披露してくれた。
 まわりにいたモデラーどもが、ものすごい勢いで集まってきた!!
 写真を撮ってる美女(私のことですよ)には目もくれず、ハイエナのようにリベットマシンに群がって舐めるように道具を見ている。その視線には何か恐ろしいものを感じた。

会場

 というわけで、明日に続く。毎年毎年、じつに個性的で飽きさせない、すばらしき展示会。

 いろいろあったけどな、わしら今は幸せなんじゃ。