毎度同じことやってたら進歩がない。
 失敗を恐れず、新しいことに挑戦してみよう。

 今回は零戦のウォークウェイの赤線を塗装してみた。
 72だと特に細いからマスキングテープを切るのが難しい。でもこれってデカール貼るのもそれはそれで難しいんだよね。
 いつも必ずどこかがよれよれになる。

 デカールの線の太さを参考にして、適当に切ってみた。ま、こんなもんか。
 あ、でも日の丸は白フチがあるからデカール貼るんだよ。赤い色が違ってても、あんまり気にしない。



 こちらは九七戦。

 こちらもデカールを貼るつもりが機首の赤い部分はデカールじゃないんだよね・・・ということは、尾翼の赤と違う色になっちゃう恐れがある。色が違うとオモチャっぽくなるから塗装しよう。って、零戦は気にしないって上に書いてるのに、いきなり矛盾しまくりですな。
 ま、いいのよ、それが女心ってもんだから(意味不明

 こうしてみても、すっごくちっちゃくてカワイイね。でもきっと格闘戦には強いんだ。
 ナカシマらしさがあふれてる。



 九七戦の脚と、翼下につける膨らみのパーツ。たぶん燃料タンクなんだと思う←ちゃんと調べろよ

 こんなパーツもカワイイ。ちょっと変形したオッパイみたい。
 実は九七戦はもう二個キットを持ってたりする♪ 好きなんです。

 というわけで、とうとう九州の飛行機モデラーの集う展示会KPMSが今週末に迫りました。
 7/29,30、福岡天神アクロスにて、ぜひみなさん見に来てね。(参加は有料で事前申し込みが必要ですでに締め切り。見学は無料だよん)

 太刀洗コンボが間に合うかどうか、非常に微妙ですが、まぁほかにいろいろあるので気にしない。
 なんと私は九か月ぶりの展示会参加なのだよ。あまりにもご無沙汰すぎて、やり方忘れてる(汗 おぢさん達に教えてもらおうっと。

 で、こんなときにいちばん読んではいけないモノを読んでいた。面白くて止まらない。ああ、イケナイ予感。
 ハセガワから最近エリア88仕様のキットが出てるし、久々に読んでおこうとおもって・・・昨晩本棚の奥から引っ張りだしたんだけど・・・げげっ、1巻と2巻がない!! どこを探しても、ない!!
 やれやれ、参りました。

 でも・・・昔は飛行機見てもあまりよくわかんなかったのが、今はかなりわかる。
 まず、三巻でシンが乗ってる飛行機は・・・えーとえーと(汗←わかってねーやん
 ・・・あ、クフィルか。クフィルね。そうでした。ハセガワのキット作って勉強しないといけないですね。

 年を取ったぶん、ドラマにも色んな細かいディテールにも感動して、改めて面白いマンガだなあと思う。

 とりあえず「男には勇気を。女には愛を」 そうなんだよね、そうですよ。愛のちからで頑張るぞー。