ぐずつく曇天も何のその、あべさんがバイクに乗ってやってくるらしいので、模型屋(アカシ文具店)で待ち伏せ。

 RナントカっていうBMWのバイクである(いい加減名前覚えろよ!!>自分)、最近ホイールを取り換えるために当地のBMWバイク販売店に預けていたのを受け取りに来たらしい。
 古いバイクなのでこの部分も鉄だから錆びてしまうらしい。手入れも面倒・・・というけれど、でもやっぱり私は昔風のスポークが好き。

 しかし、バイクに乗ってると誰でも男前が三割増しですな(汗 いうなれば男のアフターパーツって感じか。

  今年最後のお買い物(先日注文していたプラモ)。年に一度くらいは近所の模型屋でプラモを買わないとね。さんざバカ話ばかり書かせてもらう罪滅ぼし。しかしなぁーハセガワ製品買ってないやん!!(汗

 あべさんが、タミヤの飛燕を買ったので、中身を見せてもらう。
 比較的パーツも少なくて値段も安い(税抜き3000円)。エンジンがちゃんと再現されてて、先日神戸で飛燕のエンジンを見たオッサンたちのハートを鷲掴みにする、という見え透いたタミヤの戦略である。
 俊作様にお会いする機会があったらまたこう言われるんだろうな「ハセガワの飛燕なんか作らないで、ウチの作りなさい」。くっそー悔しいっ!! きっとハセガワは私のために�U型改を作ってくれるからそれを待とう。

 きらら「先日、なんJで32の隼作った人がいてね、それ見て作りたくなってきたんよ!!」
 あべさん「32の隼? 持ってるよ」
 きらら「コクピットのパーツとか三個くらいだよね(笑)」
 あべさん「そうそう、パーツ少ないよね・・・作るならあげようか」
 きらら「ちょっと待って、模型屋でそういう話は問題あるんとちゃう?(笑)」
 模型屋「いやいや・・・別に構わないっす(あきらめたような笑い)」

 取り留めのない話をしばらくした後、あべさんは飛燕を荷台にくくりつけると
 「では、良いお年を」

 どこへともなく去っていったのだった。

 ま、なんだかんだ言って今年も良い年だったなぁ。・・・って、今年は終わってないぞ!!
 なんちゃってJMCの審査とか年賀状作りとか、まだいろいろ終わってないぞ!!
 とは思うけど、とりあえずうちに帰ってキットを眺めながらコーヒーを飲む。静かな年の瀬。