窓枠の塗装がいい加減だったので、どうもびしっとキマらない。
 手抜きはダメだね。

 キャノピーは塗料で接着し隙間には少し水で溶いた木工ボンドを流し込んだ。
 水で溶くほうが流し込みやすい気がした。

 インテークのフチのデカールですが、思いっきりいい加減だよね。これを馴染ませるって、そもそも無理でしょう。おじちゃん達は一体どうやっているのでしょうね。不思議です。



 方向舵の骨みたいな部分は、筆塗り(それ以外はデカール)。赤がはみ出していた部分をタッチアップした。
 こういうのも72って誤魔化しがきく。誤魔化すなんていうと嫌だけど、筆でタッチアップできる場合が多いので私にはうれしい。

 なんだってそうだけど、いい部分と悪い部分とがある。72は小さくて大変そうに見えるかもしれないけど、やりやすい部分もたくさんある。



 この部分は・・・ボーテックスジェネレーターっていうんだっけ?

 無理だよね。そもそも・・・こんなブツブツした突起物の上にデカール貼るって無理でしょう。
 何? 主翼表面があちこち汚い? 整形がいい加減? スジ彫りが下手? ほっといてください(笑

 つくづく、マーキングは筆塗りできたら楽だなあと思った。下手なデカール貼りと下手な筆塗り、どっちがマシだろう。

 以前から、ネットでラジオ聴けるということは知っていた。

 ダイニングにはアンプとCDプレーヤーとスピーカーという昔ながらのシンプルなオーディオシステムでいつも音楽を聴いているんだけど(特に料理するときは必須)、それ以外の部屋では音楽が聴けない。常に何か聴いているのが好きなので、いつも寂しく思っていた。

 パソコンを小さなスピーカーに繋いでも、どうせショボイ音だろうしなあ。もしかしたら・・・昔で言うラジカセくらいの音は出るのかな?

 もともと私はかなり保守的なタイプであんまり新しいものには乗り気ではない。でも最近、年齢のせいか「今のうちに試せるものは試しておきたい」という気持ちになってきている。
 先日の「SUGOCA」(福岡中心に乗り物に使えるカード)もそう。スマホはもう少し安ければ試すんだけどね(だから、いまだガラケー)。

 というわけで、電器屋に行って見た。まぁ2000円以内だし、もしショボイ音でがっかりして捨てたとしても我慢できる範囲内かな(写真は一個しか写ってないけどもちろん左右二個一組)。

 するとこれが・・・小さい音で聴くわけだし、そこそこ聴ける。思ったよりいい音だった(もっといい音で聴きたい人は有料放送もある)。
 というわけで、ほんのちょっぴりの投資で、家中どこでもジャズ聴きながらパソコン使えるようになった。あっというまに人生の質が上がった。

 やってみると簡単だったなあ、ということって案外多いね。命短し、試せよ中年。