さらに桜マークに「ゆき」と書いて、エナメルのグレーでスミ入れをしたところ。スミ入れ塗料がうまく入ってないところがありますが、スジ彫りが塗料で埋まってしまったんだよ。

 文字の色を何色にするかかなり迷ったんだよね・・・やはり赤のほうがよかったかなあ、でもピンク色にしてしまった。
 私、「ゆ」という文字が好きなんだよね。丸っこくて可愛いでしょ。お風呂の入り口にも書いてあるしね。ふふ。何となく和める字でしょ。

 混色してて気が付いたんだけど、このタミヤエナメルってクレオスのラッカーとは色が少し違う気がする。なんでだろう。不思議だな。
 うまく自分の思った色が作れなくて焦った。



 主翼などもスミ入れすると、なんだか普通に格好よくなってきたではありませんか!!

 アクリルクリヤを吹いています。



 さて、ここで悔しいことを白状しないといけないんだけど、マトモに作ったほうのT-4は、ご覧のとおり左右の翼の角度が違っている。
 向かって右側(左翼)が少し下がっているでしょ。
 ああぁ~。

 あ、でもハセガワが悪いんじゃなくて、私が素直に接着しなかったからダメなんです。私が悪いんです。ごめんなさい。
 ピンク色のほうならよかったんだけど・・・肝心のマジ塗装のほうがこんな有様で、悔しい。

 気づいたときにはもう、デカール貼りも終わってて(そんなときまで気が付かないって、ありえねぇ~って言わないでください)すべて終わってたので修正できなかった。悔しいなあ、ほんと、くやしい。



 六年前に作った、フィンランド空軍仕様のBAeホーク(イタレリ)と並べてみた。
 漠然と「似たような飛行機だよな」と思ってたけど、エンジンの数も違うやん←今頃気づくか、オイ
 機首の膨らみもT-4のほうがずっと色っぽい。

 というか、ずいぶんまったりしてるなぁホークって。と思うかもしれませんが、キットのテイストがあまりにも違いすぎるんですよね。笑っちゃうくらいオモチャみたいな運河彫りのイタレリ。なんだかなあ。

 でも放電索とか頑張ってるし、けっこう丁寧に作ってるやん、っていうか、今のほうが下手になってないか!? 当時はまだ今ほど老眼が進んでいなかったし・・・。 ただ、塗装は今のほうが多少うまくなったかな。

 たまにこうやって昔作ったキットを出してみると面白いね。