10月18日の夜、晩御飯を食べながらテレビを見ていたら目が画面に釘付けになった。
 「三菱のMRJお披露目」
 なんと綺麗な飛行機だなあ。国産の旅客機はYS-11以来ですって。ん? ホンダジェットは旅客機じゃないのかな(たぶん三菱の旅客機は、という意味だったのでしょう)。
 最近読んだ「零式戦闘機」を思い出す。MRJはもう、牛車が引いてはいなかったよ。

 これプラモで作りたいなあ。ハセガワがキット化してくれないかな。いや多分もう発売が決まってるのかも。

 そう思っていたらモデラー共から「それはファインモールドが全日本ホビーショーで1/200製品化発表してたでしょ」と軽くいなされてしまった。
 ・・・知らなかったよ(汗
 ここだけの話、ハセガワ以外のメーカーの新製品ってほとんどチェックしていないんです。すみません。

 ファインモールドのキットが嫌だというわけじゃないけど、私はハセガワ製品を作りたい。
 よく調べてみると、ファインモールド製は試作1号機らしい。なるほどね。

 きっとハセガワにはハセガワの考えがあるのだろう。わざと時間をおいて・・・もっと大きいの♪を作ってくれるのかもしれない。モデラーは、じらされるほうが好きだもん。
 でなきゃそもそも、こんなわざとバラバラにした製品を苦労して組み立てるなんて趣味を続けられるわけがない。
 冷静に考えると、プラモデルってかなり変ですよ。

 などと話をわずかにそらしてみたりしたけど、ああーやっぱり悔しいな。ここ数か月でいちばん悔しかった。
 なんでファインモールドが先に・・・って思わずにはいられない。どんなキットにせよ一番乗りには間違いないから。
 鈴木社長に今度会ったら、いじめてやろうっと。ふふふ。