これで完成ということにします。

 零戦22型・美人姉妹の姉、ハセガワのほうが先にできました。
 パーツが少ないというのは、やはり作ってる最中もうっかり取れたりしないので作りやすい。

 蛍光灯のせいか、全然違う色に写ってしまってるのが悲しい。
 本当はもっと美人なんだよ。


 脚の角度というか、タイヤが脚カバーにくっついてしまって、変なことになってるの。

 ひっぺがそうとしたけど、できなかったの。
 だから、そのままにしてます。いじってると、また主脚がボキっ!!ってなっちゃうから。

 ハセガワのキットは全部そうなのかどうかわかんないけど、72のキットは、主脚の接着部分がとても小さくて曖昧で、初心者泣かせ。
 「うまく接着できるもんなら、してみろよ」と試されてるような気がする。くくぅ~悔しい。

 あれっ、アンテナ柱が少し曲がってるかな・・・ああ~ほんと72ってほんの0.1ミリズレてても目立つから大変っす。まあ、ブレーキパイプを作っただけ、偉いでしょ。なるべく、いいとこだけ見てください。


 もちろん、敵味方識別帯は塗装ですが、それ以外は今回はすべてデカール使いました。

 日の丸の赤は、ファインはもっと黒っぽい赤で、ハセガワは朱色って感じですが、これはこれで72のスケール感にはあってる気がする。


 今年の静岡ホビーショーで、ハセガワの設計担当の方にお話を聞いたんですけど、ハセガワスタンダードのスジ彫りというのがあるそうです。

 まっ、こんなこと言わなくてもモデラーはわかってるよね。

 私も少しわかってきたかな。
 作ってると、これくらいの幅がちょうどいいような気がする。

 ピトー管(真鍮パイプで作った)の長さは、もちろん長すぎます。でもいいの、私の好み。
 スミ入れはエナメルで、クリヤは半艶にしてます。

 機番は、ファインモールドの22型についてたものを使いました。

 なんか、アラがいっぱい写ってますが、アラがないと私らしくないよね(汗
 機番のデカールのフチが浮いてるし・・・アンテナ線を接着したあたりが、なんか汚くなってるし・・・方向舵のタブ部分が汚ねぇな~。

 黒い、渓流釣り用のテグスを使用。
 あっ、尾灯を塗装するの忘れてた(汗

 キャノピーのマスキングはこんなものです。

 なんか、聞いた話では、第三風防の内側は黒? とにかく風防の裏側は、黒く塗装しといていいんとちゃう? という気がしてきた。
 特に、72では何色なのかわかりにくいし。黒く塗装しといたら絶対に透けなくていいよね。

 アンテナ柱のとこに巻き付けたテグスが汚いって? ほっといてください。
 一番の問題は、照準器が付いてないってことなんだけどね。だってキットについてなかったんだもん←都合の悪いとこはキットのせいにする

 でもさー、シートベルトがちゃんと見えるでしょ? うれしいよねぇ。

 下手くそ作品ですが・・・それでも、自分なりに少しずつ上達してるのがわかって、ちょっぴりうれしい。

 つまり当社前年度比ってことなので、他人と比較してどうってことではないんです。

 さて、こちらは完成したので次はファインモールドのほうね。そしたら、そろそろヘリ作りたいなあ。