浜松の手筒花火(浜名湖 弁天島 嘴頼さん撮影)

 これ一体・・・何やってんの、めちゃくちゃ危ないんんじゃない!? なんかオッサン共は楽しそうにやってるけど・・・

 一瞬目を疑いました。浜松の人ってド派手なことをやるんですねぇ!! いやー九州人もびっくり。

 で、嘴頼さんから「見ちゃいられねぇ」というメールとともに、綺麗にマスキングしたキャノピー(もちろん私の作っているハセガワ1/72零戦のもの)が送られてきました。

 透明なマスキングシートを使用し、一区画ごとに切って貼るそうです。
 じつは、メールいただいたときには胴体にキャノピーを接着したあとでしたので、これはもう一度作って使わせてもらおうと思います。
 ・・・ということで、零戦はもう少し作り続けることになりました・・・まだまだ続くのだ。

 しかしなー、この暑いのにわざわざキャノピーにマスキングして送ってくるなんて、どんだけヒマなオッサンかよ・・・などと激しく失礼なことをほざいてますが、私みたいな最低の女にこんなことまでしてくださるなんて、やっぱり暑さでちょっとおかしくなってるに違いない。これはこのまま記念にとっておくという手もあるなぁ。

 こちらはファインモールドの風防。まだあきらめきれず、修正中。

 まず黒でスミ入れしてから筆で塗装、というやり方はハセガワのHPで見たのですが、ハセガワの人に聞いてみたらスミ入れはやはりラッカーでしているとのことでした。

 私はエナメルでスミ入れしましたが、今のところ割れてはいません。そのうち劣化したりして(汗

 数日前、零戦は殺人兵器である、と書いているブログがあった(そういうことを書いている人は結構いる)。見た瞬間、
 「零戦のことを知りもせんヤツが何言うか」と思わず心の中で叫んでいた私←すでにオッサン化

 まあ私だって零戦のことがわかってるわけでもありませんが、一般人はもっと知らないんでしょうね。飛行機のことをもっともっと知ってもらうことを考えないといけないな。微力ながらモデラーもそういうことができるといいよね。