今年も、“あの男”がやってきた。

 レベル/タミヤ 1/32 ファントム。飯塚リバーサイドの絵富代さん作品。

 胴体はレベルで、主翼と尾翼がタミヤだそうです。

 30年近く作ってきたファントムがとうとう完成しました。あとは土台を作るだけだそうです。
 ちなみに、私が初めて見たのは、2003年です。

 何度も見た気がするけど、もう一度。

 このレドームの中部分、実機と同じように引っ張り出せるようになっています。

 ほんと、私はマクドネル・ダグラスの人に見せたい気がする。なんて言うだろうなあ。

 裏側をじっくり見たのは初めてのような気がする・・・

 ファントムの裏側ってわりと平べったいんだね。ミサイルやロケット弾?などたくさん搭載できるようになってるんだねーすごいねー。
 みんなで、大騒ぎしながら見せてもらう。これ一機見てるだけで、一時間くらいすぐにたちます。

 うちに帰ってみると、機体にみんなのツバが飛んでることがわかるそうで(絵富代さん、少し悲しそうでした)・・・汗
 ごめんね、ファントム

 さて、そんなわけで、数は少なかったですが、今回の展示会の作品紹介はこれでお終いです。

 全日空ホテルの20階で美しいトワイライトタイムを楽しむ(モデラーはあんまり見てないけど)懇親会では、恒例の大抽選会が行われ、私はなんと「ドライジーネ詰め合わせ」が当たってしまった(汗
 ・・・そもそもドライジーネって何やそれ!! わからん!! 初めて聞いたぞ!! みんな大笑いしてたけど。

 大きくて妙に重いし。線路が入ってるかららしい。なんか佐々木さんの放出品らしい。本人はこれを放出したおかげで在庫がずいぶん減ったのでまた新しいキットが買えるぞとか、わけのわからんことを言ってましたが・・・。
 幸い、「欲しい」という人がいたので、無事このキットと交換してもらいました。

 キューベルワーゲンと、MM51番、sdkfz.222。
 なんか、久々にAFV作ってもいいかなって思った。タミヤの白い箱恐るべし。背景が何もないから直接的に本能を煽るんだよね。
 sdkfz.222って可愛いよね。アミなんかついちゃってて。アミと牽引ワイヤ用の凧糸みたいのが付属してます。
 アフリカ戦線にしたいなあ←早くも妄想が始まっている。

 帰りがけ、汽車の中から見た空。

 いつも空は神秘的に私を誘う。

 あべさん「おれっちの黄色いドラケンを見てみろ!! すげぇだろ~」
 一同「うう~~ん・・・・(汗)」

 トルクリンクって知ってますか? たいてい穴が開いてるよね、軽め穴なのかな。
 なぜトルクリンクがついてるかはよくわからなかったんですが、それも今回教えてもらいました。
 いろいろ勉強になるなあ。

 飛行機のしくみって、聞いてるときりがない、飽きることがありません。しかも機種によってさまざま。
 フラッペロンて、なんなのよ。フラップひとつとっても、色々な種類があります。
 さて、次回「ドラケン対決」は実現するのか!?(謎

 大分の展示会は、このほかにガンプラ、クルマ、バイクなどの模型も並んでいたのですが、気が付くと飛行機モデラーとばかり話していたような気がする。

 それでは、二年後に、また大分でお会いしましょう。
 主催者の方々にはお疲れ様でした。いい休日をありがとうございました、この夏に零戦も完成できそうです。