何人かの方に「起動輪の上の履帯が浮いている」と指摘された38(t)ですが、なぜフィットしていないか、調べてみると衝撃の事実が!!

 なんとっ!!
 起動輪の歯が平行になっていなかったのだ!!

 初歩的なミス。
 あぁぁ~。タミヤだったらこういうパーツは「パチッ」とはまるようになってるんだけどなあ。
 それでいくらやっても履帯がうまくフィットしなかったんだぁ~アホやん、私。

 泣きながら起動輪をひっぺがして、接着し直し(写真はひっぺがす前の画像)。
 履帯はちゃんと接着できるかなあ。不安だなあ。前回のトライスターのときみたいな、みじめなことになりませんように。

 きらら「ごめんね、38(t)。大切な足回りなのに」
 38(t)「ううん、いいよ。お前少し疲れてるんやない? もう今夜は寝ようか」
 きらら「うん・・・やさしいね38(t)」
 38(t)「まぁね。・・・ところで、わしのメガネどこに行ったか知らん?」
 きらら「なんで今、メガネがいるの?」
 38(t)「メガネがないとお前の●●●●が見えん」

 50代になると何をするにも色々大変だ。

 というわけで、ついに私も新兵器(老眼鏡)導入となりました。
 これで模型作りが上手くなること間違いない(汗