雨ばかり降ってどこにも行けないので、風防でも磨くことにしよう。

 テレビを見ると濁流が放映されていたりして、それを見ているとどうも気持ちが悪くなってきて、先週の大洪水のとき以来胃の調子がおかしくなってお酒は飲めないし、なんだか散々なのだ。

 模型をいじってると少しは精神的に回復するかも。

 このように、パーツには真ん中に男らしい合わせ目がくっきりと入っている。

 ハセガワの人に教わったとおり、1000番、2000番の順番で優しくペーパーをかけていく。

 でも教わっておいてよかったよ、もし知らなかったらナイフを当てるとこだった・・・・・・汗
 だってさ、普通のパーツのパーティングラインってナイフを立ててガリガリやるでしょ?

 それにこんなにも優しくしなくちゃいけないってことを初めて知りました。
 今までは、ずいぶん痛い思いをさせてきたんだね。ちょっぴり反省。

 で、その後はコンパウンドの細目、仕上げ目の順番で、柔らかい布(メガネを拭くやつ)で磨きました。

 優しくしたつもりなんだけど、つい・・・・まだきれいになってないの!?
 ほんとにもー・・・とか思ってゴシゴシやっちゃうんだよね。
 私、こういう作業に向いてないね。
 すぐに疲れてくる。「きれいにする」ということが苦手。自分のお化粧もいい加減だし。ちゃっちゃっ、と塗ってお終い。

 カーモデラーの人の研ぎ出しなんか、気が遠くなるよ。
 「お前は、オレの手で綺麗にしてやるからな」なーんて、丁寧に愛情をかけて研ぎだすんでしょうね。

 あっ、しまった、「タミヤ」のコンパウンドで磨いちゃった。

 「ハセガワ」のセラミックコンパウンドでなくちゃいけないのに・・・・買いに行きたいけど雨だしなあ。

 最後にもう少し磨いてきれいにしよう。

 で、先日描いてみたカモフKA-50の尾翼のマーキングなんですけど。
 なんじゃそれ。何の絵かわからんって? トラのつもり・・・

 熊野筆の面相筆で描いたのですが、これが感動するくらい使いやすくて、筆先がまとまり、描きやすかった。
 私は筆のことは詳しくなので説得力ないかもしれないけど、もうあとこれで必要なのは絵心だけだなって思った。

 これなら、72のマスタングにノーズアートも描けそうだぞ。
 いいお手本があれば。

 これ見て描いたんだよ。
 キットの箱の裏に描いてある絵。
 トラ? オオカミ?
 なんでしょね。でも、この絵もそうたいしたことないよね。

 あ。絵の位置が違うって? それは何となく、かえてみたんだよ。

 熊野筆の面相筆(これより細い“極細”というのもある)

 熊野筆は柄が短くて細い筆です。
 大きさはこれくらい。

 細いという人もいるらしいけど、私にはちょうどいい。
 手の大きさによるんだろうな・・・太いか細いかというのは難しい問題だと思う。
 ぼかし筆(大)なんかは太いけど、確かに太いほうが力は入りやすい。
 でも細かい絵を描く面相筆は、かるく持つほうが良さそうな気もする。
 デザインナイフは力を入れるときもあるからこれくらいの太さなのだろう(もうちょい細くても構わない気もする)

 たとえばハンドピースなんかは、私には太すぎる。もう慣れたけど・・・
 しかたなく親指でボタンを押しているんだけど、全体が微妙に大きすぎる。

 万人にちょうどよい大きさっていうのはないよね。
 でも、模型の場合圧倒的に作ってるのは男の人だから、男の人の使いやすい大きさにするべきでしょう。
 ただ、大・小とか作れるならそれに越したことはないけどね・・・

 昔、エレキギターを初めて手にしたとき、大きすぎる・・・とびっくりしましたね。最近は少し小さいのもできたのかな。

 それにしても、力を入れすぎないほうがうまくいく、ということを模型で学んだ気がする。これって、なかなか深いですよね・・・。
 ピアノのタッチもね。手首や指の力を抜いて大きい音を出せ、とか理不尽なこと言われるんですよ。
 ああいうのが、この年齢になってようやく少しわかってきた気がする。