13

 脚庫が主翼前縁まではみ出している部分(だと思う)は別パーツになっていて、先に接着して整形しておくべきだった。今ごろ気づいて接着したら隙間ができた。

 タミヤのキット作ってて隙間ができると、凹むなあ。ちゃんとすり合わせして接着すれば大丈夫なんだと思う。ま、隙間は見ないことにして先に進む。機銃も先に接着すべきだったと今気づいた。

14

 気を取り直して楽しいデカール貼りにいきましょう。新しいデカールだと、すいすい貼れるね。しかも主翼の上に国籍マークがないんですよ!! 信じられる!? ソ連てスゲーな。そのかわり、胴体になんかいろいろ書いてあって派手。やはりデカール貼るとそれなりに格好よくなるからうれしいね。

 注意書きなどは何もなく、あっというまに終わった。あーあ、物足りない。

15

 一番いやな作業が残ってた(汗 こういうのは先にしとけばいいんだけどね・・・

 思うに、飛行機模型が中折れになりやすいのは、小物類が最後にいっぱいあるからだと思う。人によってはアンテナ線も張ったり。塗装とデカールが終わって「よしっ、もうすぐ完成だ」と硬くなった気分が、一気に萎えていく。あー、もうあなたとは、いいです・・・箱に収めて放置・・・いちばん悲しい結末。

 かと言って、先にキャノピーのマスキングなんかできますか? エッチする前に仕事片付けろとか言われてるようなもんですよ。でもそれはまぁ我慢してやったとしても、ピトー管や脚を接着するのは最後じゃないと物理的に無理。それもまあ、バイクみたいに最初から塗装して組み立てて、という繰り返しなら最後に小物をつけるのも全然苦痛じゃない。でも飛行機は塗装とデカールでイっちゃった後に一仕事残ってるという・・・生理的に無理な手順だよね。

 などといらんこと考えてる時間にマスキングできますね、はい。マスキングテープは先日買ったクレオスのやつ。うーん、そこまでいいかどうかイマイチわかんない。でも確かに薄い。もしどちらか選べと言われればクレオスのを選ぶな。