箱絵

 またもやバイク作ります。先日作ったケッチのご先祖、マッハ3。2スト並列3気筒は当時の量産車初だったそうです。

 クラシカルな雰囲気がいいなー。先日のケッチもよかったけど、こちらは更にシブい。
 実は先日ケッチ作ってたとき動画見てたら、同じようなスズキGT380つてバイクがあることを知り、これもいいなあ・・・と思ってたらハセガワから出てるやん!! おおー。どうする私。

パーツ

 パーツ。もちろんメッキは剥がしたりしないよ。
 作り始めてすぐに気がつたんだけど、写真一番下側Aランナーはなんで黒い成型色じゃないんだろ。だって結局黒く塗るわけだからね(成型色はグレー)・・・黒いランナーなら塗装しなくても組めるという人もいると思うんだけど。まぁグレーのほうが老眼には見やすいし、黒といってもツヤありツヤなし、微妙な黒を使ったりもするから結局は自分で塗装するけどね。

インスト2

 インストちらっと見て驚いた。ケッチよりずいぶん進化してるやん。インストそのものはこちらのほうがわかりやすいし見やすいと思う。まだ作ってないから実際に作りやすいかどうかは言えませんが。

 たくさんあるコード類の長さの一覧表もあるし、どこがどこに繋がってるかのイラストもある。

1

 で、いきなりこのパーツ・・・・もちろんこの程度の小ささは、驚くようなことでもないが、このパーツの小さな突起物に片側7本、向こう2本のコードを接着する、恐ろしいタコ足配線ですよ。いやそれは実車がそうなってるから仕方ないんだろうけど、ちゃんと接着できるんやろか私・・・不安が募る。というか写真撮ったあと、早速このパーツ飛んでいって必死に探しましたが(発見できた、ほっ)。

 しかし相変わらずハセガワのプラモ製作は何かとツッコミどころ満載で楽しいなあ。ここをご覧の方々はあまりバイクには興味ないと思うけど笑って見てやってください。

 マッハ3「突っ込むより突っ込まれるほうが好きなんだろ、へへへ」

 まぁそうなんですけどね。って正直に書くのもなあ。