hiki1

 ■エントリーno.5 hikinonさん

 タイトル「きららさん好みの機名」
 キット AFVクラブ 1/48 台湾防空戦闘機F-CK-1C 「経国号」

 コメント 大好きなF-16似ている台湾の防空戦闘機 経国号なんと(CHING-KUO!!)であります。
 F-5の後継機にF-16を希望したものの中国との関係を気にした米国が輸出の許可を出さず、
代わりにゼネラルダイナミクス社の協力を得て自国生産した機体です。
 F-16とFA-18を足して小型化したようなシルエットにイスラエル機のようなマーキングの尾翼が
なんともカッコ良くて買い求めておいたキットです。
 AFVクラブは装甲車も作ったことがありますが、モールドやパーツとてもシャープで
翼のフチなんぞ向こう側が透けて見えるほどです。
 3色の迷彩は手持ちの塗料で間に合わせたので、もうちょっとコントラストを付ければと
反省しております。例によって使いまわしの台に整備員をでっちあげてみました。

hiki2

 以下青い文字はきららコメント

 何が出てくるかお楽しみの「小国編」ですが、なるほど台湾!! 私は全く知らない飛行機です。なんかF-16のパチモンみたいだけど、エンジン二基あるし~不思議~・・・でもよく見るとこれがなかなか格好いいじゃありませんか。F-16の従妹ってことかしら、じゃあF-2とも親戚? chingってチンて読むの? よくわかりませんが・・・読み方はともかくインスト見ると「説明」とか漢語だから同じなんですよね。やっぱ日本語ってチャイナから来たんだなあと改めて思う。デカールを水貼ってのもなるほど、そのものやん!! デカールより意味わかる。

 ご本人が書かれてるように三色の迷彩の色がちょっとわかりにくいかも。でも現用機ってそもそもわかりにくい色かもです。モールドは繊細でなかなかいい雰囲気ですね。確かに尾翼のマーク格好いいな。


hiki3

 なんか機首のライン、好きですね。

 こうしてみると、パイロットだけじゃなく合図を出してる整備員を作ることで、そこに空間が生まれてますよね。これってジオラマのマジックだと思います。パイロットが乗ってるだけだと「説明図」に過ぎなかったのが、一人増えると視線が生まれ、そこに空間ができあがる。たったそれだけなのに、急に空間が生き生きとしてくるんだから・・・面白いです。




KHX1

 ■エントリーno.6 KHXさん

 タイトル: 最後の複葉機(チェコスロバキア編)
 使用キット: KP 1/72 AVIA B.534

 コメント: またもやKPの古いキットです。 自国(チェコスロバキア)開発のB.534のキットは
気合が入っているかと思いきや、KPとしても初期のキットらしくなかなかの難物。
  コクピットはシートのみで空っぽ(存在しない計器盤パーツの塗装指示がある)、
パーツの合いは良くない、下翼の上反角が決め辛い(2°と指定があるが...)等々問題点が沢山。
  また複葉機につき物の張り線はやらない主義なので悪しからず。
 実機のB.534はチェコスロバキア以外にもヨーロッパの数ヶ国(ドイツでも!)で使用されて
ますので良い物だったのかもしれません。←知った風なことを書いたがこのキットを見るまで
存在を知らなかった。
ところでチェコ(チェコスロバキア)って面積、人口的には小国ですが、当時(1930年代)でも
自力で戦闘機を開発出来る国はそう多くはないです。 エンジンもイスパノスイザのライセンス品
ながら自国で作っているとなると工業国であることは確かですね。

KHX2

 さてジェットの次は複葉機と、全く違う世界です。

 チェコは38(t)の国ですもんね、けっこう工業国だったのでしょうね。確かに飛行機を自国で生産できるって今でもすごいことですよ。そういうのって私も模型作るようになって初めて知ったことです。日本だって大戦中飛行機作ってたんだって、もっと威張っていい。

 鮮やかなグリーンの機体が綺麗ですが、やはり作るのは大変なんですね・・・存在しない計器盤の塗装指示があるって、心霊写真ならぬ心霊インストか!? ある意味怖い・・・


KHX3

 やっぱり小国空軍って変わった飛行機がどんどん出てきて面白いですね~もちろん歴史なんかもちょっと調べてみれば更に楽しいこと間違いなしですし。

 複葉機といってもファストバックのキャノピーもあるし、調べてみるとこれは大戦間の飛行機なんですね。飛行機が本当に好きな人ってこういうの好きだよね。展示会に行くとよく会う気がする。ロマンを感じるのかなあ。

 複葉機の張線しない主義っていいですね。そう割り切ってしまえばあとは完成させるのみ。


------------------------------------------------------------
 ■つれづれコンペのお誘い

 拙ブログの読者様限定コンペ、一年を四つの季節に分けて飛行機モデルのコンペを開催しています。お題は自由に解釈してください。随時ブログに掲載していきます。
 冬 12~2月 小国の冬
 春 3~5月  民間機の春

 旧作ではなく、それぞれの期間に完成したものでお願いします。写真は三枚、わかりやすいものをお願いします。タイトルとキット名、コメント(面白いものを期待してます)を添えて、kilala_1962@yahoo.co.jp までお願いします。気軽にどうぞ。季節の終わりに私が勝手に一等賞決めさせてもらいます。