インスト

 今年で私の所属するクラブの展示会は20周年を迎えます。この20年、色んなことがありましたが、たぶん読者の中にはごく最近の私しか知らない人も多いと思うので、少し過去の涙と笑いの模型生活(地元の展示会を中心に)を振り返ってみたいと思います。

 息子が小学校の一年生に上がった頃(1998年頃)、少し自分の時間ができてインターネットを始めたんですが、ネットでいろいろ調べていたらプラモデルというものがこの世にあり、しかもかなり精密にできてることがわかりました。

 ちょうどうまい具合に夫が玩具屋の安売りで買ってきた戦車と零戦が置いてあったので「これ作っていい?」と聞くといいというので迷わず飛行機を手に取りました(戦車には興味なかった)。夫は子供の頃を懐かしんで買ってきたものの、精密すぎて手に負えなかったらしい(その後も夫は私の趣味に全く興味を示すこともなく、スルー)

 私はインスト通り、タミヤのアクリル塗料を買ってきて(ただし薄めることを知らなかった)筆塗りで完成させました。そう、48の零戦21型です。タミヤの解説書を隅から隅まで読みました。この解説書って素晴らしくて、主脚の塗装が大きく別に書いてあるんです(写真左下)。そして「プレーキ・パイプをエナメル線等で作ると実感がでます」と書いてあるんです!! これは、やらずにいられない。ビーズ手芸に使ってた細い針金に塗装して黒くして(図では黒だったので)みたけど、はじいて上手く塗れないんですよね(プライマーなんか知りませんから)でも、見よう見まねで取り付けてみて、ものすごく満足したのを覚えています。いきなりのディテールアップですよ!! エンジンはギヤーケースとプッシュロッドはフラットアルミ、なんて書いてある。これもまたマニアックな言葉が並んでいて、グッとくるものがありました。何のことかわからんけど、カッコいい。
 初心者とか子供には簡単なモノがいいと思ってませんか? むしろ逆です。いかにも「専門用語」みたいのが心を鷲掴みにするんですよ。「すげぇ~俺もこれわかるようになりたい、作れるようになりたい」って激しく思うんですよ。昔、お兄ちゃんとかお父さんがやってる工作などを尊敬のまなざしで見てたでしょう? それと同じテイストがこのインストにあったんです。

 完成させると、まるで自分が作ったとは思えない「精密模型」らしきものがそこにありました。あのときの感動は忘れられない。ごうごうと風の吹きすさぶ昭和16年12月8日真珠湾へと、一瞬のうちに心は飛んでいきました。特定の時間、特定の場所、特定の搭乗員が乗った飛行機を再現するんだ!! すごい!! 
 胸が熱くなりました。「単なる子供だましのオモチャの零戦」ではないんですよ。歴史の再現、実はそれが最初に私の心をとらえたのだと思います。たまたま作った零戦でしたが、ここから一気にスケールものの世界にダイブしていきました(そして今日に至る)。

 でもそこにひとつの障害がたちはだかりました。それまではオモチャ屋で我慢してたんですが、本格的に作るには「模型屋」というものに行かねばならない・・・それは私には限りなく高いハードルに思えました。つづく。