さるお

 今回の一等賞・・・・さるおうさんの、ハセガワ1/72 零戦五二型 岩本徹三機 です!!

 名機で零戦って、どんだけベタなんだよって思いますが、それだけ零戦が文句ない名器のしるし・・・というか、王道にあえて挑むのは勇気いるでしょう。

 タミヤの脚というのも気に入りました。これもう、タミヤとコラボしてくれないですかね? というくらいピッタリですよね。
 繊細なハセガワのキットの魅力を最大限まで引き出し、72のすごさを改めて感じさせる作品でした。人形を添えていたのもポイント高かったです。

ぼくねん

 今回は特に「中島対決」で盛り上がりましたね。ここからは同点の二位を三作品選びました。

 ぼくねんじんさん「The Best Japanese Fighter of WWII」ハセガワ1/48 四式戦 疾風
 去年出戻ったばかりというのに、この完成度!! きれいに作られていて気持ちいい作品です。どの作品もそうですが拙ブログでは写真を縮小しているので申し訳ないです、ご本人から送られてきた写真はもっと迫力ありました。

 カッコいいタイトルですが、私は「帰って来た疾風」と呼びたいです。時代劇でいえば無口な浪人ふう、鮮やかに斬って黙って去る、みたいな? ハヤテですもんね。

ランラン

 そして迎え撃つは、ランランパパさん「昭和16 春5月 正式誕生 一式戦闘機」ハセガワ1/48 一式戦 隼

 こちらは「えっ!!」と思う色、ツヤの作品でしたが、これもまたきれいに作られています。

 こちらのタイトルもいいですが、私は「隼 現る」と呼びたいです。この斬新な萌黄色を見ていると元気が出ます。

ななにや

 nananiya72さんの「冷戦明けの北欧の龍」J-35J ドラケン ハセガワ1/48

 これは何より綺麗にまとめられている、ブルーの機体も素晴らしいですが、名器の理由に圧倒されました。こういうの待ってたんですよ。
 たぶんドラケンを好きな人はそこそこいるけど、名機だと思っている人は少ないと思います、しかし「北欧の小国、中立国が独自独力で開発したマッハ2級の超音速戦闘機」というだけでじゅうぶんですよね。この特異な紙飛行機みたいなペチャンコスタイル、痛快でしょ?? 蒼きドラゴンに一票!!

 ・・・・今回は特に参加も多かったですし選ぶのは大変難しかったです。私なんぞが他人の作品の優劣をつけるのはおこがましい、けど選ばないとコンペになりませんので、単にパッと見て好きかどうか感覚的に選んでいます。また、テーマに沿ったコメントの面白さなども判断材料にしています。そういうところ含めたアピールもコンペの楽しさだと思ってますので。

--------------------------------------------------------
 ■今後の「つれづれコンペ」テーマは
 6~8月 「初体験の夏」
 9~11月 「架空機の秋」
 12~2月 「小国の冬」
 3~5月 「民間機の春」

 この期間内に完成した作品、お一人様一作品応募できます。ぜひお気軽にどうぞ。
 作品名、キット名、コメント(テーマにどうやってこじつけたか、特に手を入れた点など) 写真は三枚(きれいに写ってるものをお願いします) kilala_1962@yahoo.co.jp までお願いします。読者の皆さんの作品を見せてほしいなーということで始めた企画です。やっぱりどなたも上手だな、というか・・・飛行機モデラー恐るべしというか・・・でも、たまにはこうやって他人の作品と一緒にご自分の作品を見る楽しみもあると思いますよ。あなたも次回参加してみませんか?