16

 こっち作り出すと今度はこっちが気になって、F-105Dはほったらかし。しかし好きなとこを好きなように触るんです。ほっといてください。模型部屋はまだコロナウイルスに汚染されてないし、安全だからね、心の平安が保たれる。ここんとこテレビ見てるともうダメだね。食欲なくなってきてお菓子ばかり食べてる←おい!! 東京で今日は何人感染とか死んだとか聞いても、私にどないせーちゅうの? 作りかけのキットを作るしか能のない女ですよ。

 しかしとにかく自分がどの機体を作ってたか全然思い出せないので、インストの三番「淵田中佐機」の僚機、長谷川上飛曹(操)機にすることにした。でもこれ敵見方識別帯がついてないな(汗。確か真珠湾の頃はついてない、とは聞いたことがあるけどじゃあ一体いつから塗装されたんだろう・・・知らんなー。昭和17年4月はまだついてない? そうなんですか? 困ったなあ。またいらんことしてしまった。

 ごらんのとおり、左側だけ剥がれを施してみた。おお!! やはり剥がれを施したほうが立体的に見えるし格好いい!! それにリベット・・・いやぁ~めちゃくちゃシブい、自分で作ったとは思えんくらい格好いいな!! あ、新しいカメラのせいか?

 下地に銀色を吹いているので、爪楊枝やピンセットの先などでカリカリとこすった。神ヤスでそっとこすったりもしている。経年劣化的な感じになったと思う。写真では地味に見えるけど、実物はもう少しはっきりわかる。

80番爆弾

 資料写真を見ると爆弾をぶら下げている。ハセガワのキットには魚雷しかついてなかったので一昨年作ったエアフィックスの九七艦攻のパーツの残りを物色。色んな爆弾が付属してたのでこういうとき役に立つね。抱き締め索もモールドされていて便利。自分でもこれくらい作れるけどさ。