タカ1

 ■エントリーno.3 タカタカさん

 ハセガワ1/72隼

 コメント:私の名機と言えば「隼」です。シンプルデザイン直線美 です。
 今回は 作りながら塗る デカール使わない 完全手描き 筆使わない 爪楊枝塗り
 お陰で「吹雪と撃墜マーク」上手く描けませんでした
 次回の課題とします。

タカ2

 以下青い文字はきららコメント

 えーっと、写真はこのブログの規格に合うように全部トリミングさせてもらいました。縦長の写真だったので(たぶん携帯の写真だと思います) 皆さんが見やすくするためです。

 隼がぼろぼろに剥がれている表現ですよね? それともまだら迷彩なのでしょうか。ほんとにスリムですよねえ~。細すぎる。そして武装が貧弱すぎる。私にとっては、細すぎて弱そうにみえる隼ですが、好きな方が多いのは、その勇猛果敢な戦記のおかげでしょうか。それとも、この柳腰をきゅっと抱き締めてみたい・・・て感じ? しかしともかく、これこそ中島飛行機の原点~ですよね←などとわかったようなことを言ってみる
 風防の枠、こんなに少なくできるのに、なんで零戦はあんなに枠が多いんだよ!!と文句言いたくなります。


タカ3

 作りながら塗装、しかも爪楊枝で塗装!? 初めて聞いた。ブッとんでますね。これはもう何も言えません。我が道を行く、趣味の王道です。タミヤアクリルで塗装されてるそうです。

 この写真は色も少し明るくさせてもらいました。今回気づいたのですがタカタカさんは普段スマホの画面だけで見ているのでは!? パソコンの大きな画面で見るといろいろ細かいところもわかっていいですよ。他人の作品も気づかないところがあると思います。細かいところだけにとらわれてもダメですが。主翼前端がずれているように見えるのですが、そこだけは目立つので次回頑張ってください。


ぼくねん1

 ■エントリーno.4 ぼくねんじんさん

 キット:ハセガワ 1/48 四式戦闘機 疾風
 作品名:”The Best Japanese Fighter of WWII”
 コメント:
 四式戦闘機の疾風。あのP-51と互角だったとか、「太平洋戦争に登場した日本戦闘機中最優秀機」とアメリカで絶賛されたとか…。力強い四翅プロベラ、シンプルなキャノピー、胴体後方のスマートなスタイリングが何とも魅力的です。
 製作した機体のマーキングは飛行第22戦隊。1944年3月5日に編成された、初の疾風(増加試作機)実戦部隊だそうです。インパール作戦が開始されようとする落日の春、飛行機乗りたちは当時の最新鋭機をどんな想いで眺めたのでしょうか…。そんなことを思いながら、配備直後をイメージし、塗装剥がれなしで仕上げてみました(注:チッピングの技術やハゲチョロを書き込むセンスがないことの言い訳です)。

ぼくねん2

 ぼくねんじんさんは初めての参加ですが、ありがとうございます。しかも昨年30年ぶりに出戻りを果たした・・・ってウソでしょ。それでこれだけ作れるんだったら、わしらどうすりゃいいんじゃ!! と慌てました。

 全体的にきれいに作ってるし、デカールがきれいに馴染んでいるのがすごい。ほんとに一年前に出戻ったんですかね?←疑い 私なんかデカール満足に貼れるようになるのに10年以上かかりましたが←時間かかり過ぎやろ


ぼくねん3

 隼ちゃんは、貧乳、やせぎす、メガネっ子、古風な少女で、痛々しいくらいに働きまわって悪い男に尽くしてボロボロになるタイプだとしたら、こちらは日本人離れしたオッパイの大きなお姉さんでしょうか。モデルさんみたいですね~なんてチヤホヤされるけど、気が付いたときにはパーティはお開き、結局そこらのオッサンと場末のホテルにしけこんだりするんでしょうか。嗚呼。中島姉妹物語、一巻の終わり~・・

 それはともかく、陸軍機もいいもんですね。改めて感じました。魅力的ですよね、ハセガワだし。
 ご本人すでにわかってられるみたいだけど、汚しなどは今後楽しみながらチャレンジしてください。ぜひ模型と長いおつきあいになればと願っています。


--------------------------------------------------------------------------------
■つれづれコンペ

 拙ブログ読者様限定のコンペ。一年を四つの季節に区切ってそれぞれのテーマに沿った飛行機モデル作品を募集してます。今年は3~5月「名機の春」で最後になります。
 名器の理由(みみず千匹とか)なども含めてコメント、キットの名前、作品タイトル、写真は三枚(前から後ろから、もう一枚は自由に)、kilala_1962@yahoo.co.jp までお願いします。
 あなたの名機を見せてください♪