つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

2019年07月

第七回なんちゃってJMC開催決定!!

logo

 今年もなんちゃってJMC開催決定!! 第七回になりました。皆様ぜひ、ふるってご参加ください。静岡では、ハセガワの方々との怪しい交流などもしています。また社長と企画の国分さんに特別賞もいただいてます。しかし何より楽しいのは、参加者による審査でしょう。自分のたちのことは自分たちで決めるという民主主義であります。

 なんちゃってJMC公式ページはこちら

 今年はレギュレーションがまた変わりましたので、注意してください。

 去年マスターズクラスを作ったんですが、たまごひこーき部門はマスターズではなく、独立した部門とすることにしました。
 また、ハセガワ製品以外でもハセガワ取り扱い製品も含めることにしました。
 かなり迷った部分なんですが、選ぶ幅が広がって参加しやすいかなと思います。いずれにせよ、現在入手できるものを買って欲しい、中古品や押し入れの在庫を出して作るのではなく模型屋さんで購入して作ろうよ!! というハセガワ応援の気持ちだけは変わりません。

 疑問点などは私までメールでお問合せください。kilala_1962@yahoo.co.jp

14

 こっちも進んでます。

 代り映えしない画像が続くのもなんだから、今回はコブラと並べてみました(変わり映えしないか・・・

 シーキングは横幅がすごく大きい。だから内部も広くて、それでアメリカ大統領専用機にもなってるそうです(いつもニュースのとき出てくるよね)。
 しかし、初めてこの手の迷彩マスキングしたのがこのコブラなんだけど、今みたら、こんな単純なの簡単だよなーって思う。当時は四苦八苦しながらやったのに。いやー人間ってこんなに成長するんだねぇ。すごいなあと改めて思った・・・(幸せな奴ですね

 


 

マスキングに向かない季節(エアフィックス1/72シーキング製作記)

13

 さあ、マスキングだ。

 ・・・・これだけやって、力尽きた←はやい
 コーヒーでも飲もう。・・・夏でも熱いコーヒーを飲む派ですが、やっぱコーヒーは25度以下にならんと美味しくないなあ。
 それにしても、昭和の若者はエアコンのない部屋でセックスしてたよなあ、あの頃は元気だったんだなあ。

 私のマスキングのやり方は、まずは塗装図の左側からだけ見てフリーハンドでマスキングテープをへろへろへろ~っと適当に切っていくだけ。左側が終わったら右側、最後に上下をつじつま合わせ。

 怖いおじさんたちが腕組みしながらツッコミ入れてくる大戦中のドイツ機なんかと違って、シーキングのマスキングの位置がずれてるとか、そういうの指摘するような意地悪な人はヘリ好きにはいない。

 それにしても、この迷彩はなんとなく冬季迷彩みたいだね。どういう迷彩なんだろう。艦載機なんだけど・・・

1

 ええい、こうなりゃ破れかぶれだ(最近は破れかぶれなんて言わなくなったね)、レベルの1/72Mi-28Nハボックも手をつけた。

 が、しかし・・・コクピットひどくない? なんか座席が低すぎる。これをどうにかするには座席あげるとつじつま合わなくなるから、床板を下げないといけないよね。そんな面倒なこと私には無理だな。

 と思ったので、このまま作ることにした。今回も柔軟な対応でいきます。

2

 で、シートベルトだけつけて、塗装してみた。

 どう? なんかけっこうイイ感じだと思いません? ラッカー塗装の上から、思いついてエナメルで濃淡をつけてみたの。このハボックはキャノピーは閉状態しか作れないから、透明パーツ越しに見えるだけなんだけど、派手にドライブラシしとけば映えるかなあと思って。あとで考えたらファレホでやればよかったかも。ついタミヤ様の塗料を使ってしまった。

 タミヤ様「48のP-38も作ってやったぞよ。零戦に続けて作るがよい!!」

 ハハ~っ、ありがたき幸せ~っ(平伏)
 だめだこりゃ、もう完全にタミヤ様に支配されてる・・・

いよいよ面倒な工程へ(エアフィックス1/72シーキング製作記)

12

 というわけで白く塗装した。いつものクールホワイトにて。隠ぺい力が強いので愛用してる。それでもなかなか隠ぺいしない。薄めすぎかな。ま、いいや、少しマダラになってる感じが逆に面白いかも。

 上から塗装するライトオリーブ色(と芸術的な表現でインストには書かれている、去年タイガーUHT作ったときにもオリーブ色ってあったので、似たような色を適当に作った)も少しマダラになるように塗装してみよう。
 さあ今から面倒くさいマスキング作業しなくちゃ。先延ばしにしたいけど、締め切りがあるので頑張らなくちゃ。

 ところで、この機体はHC.4と言って、戦術輸送機型らしい(シーキングのことは何も知らずに作り始めてしまった)。戦術輸送型って、たぶん海兵隊員を前線に運ぶ任務とか、そういうのじゃないかと想像している。先日イランの革命防衛隊がイギリスのタンカーを捕捉していたが、あのときタンカーの上でホバリングして隊員がレベリング降下してたよね(ヘリはCH-53じゃないかなあ)、ああいうのがそうなんじゃないかと思うんだけど。こんなのネットで調べればすぐにわかるだろうけど、あえて自分で推測するのも楽しい。

 最近ふと思うのは、これまで「これってなんなんだろう」的な文章を書いてきたけど、実はネットで調べれば、わからないことは殆どないんだよね。だから「何なんだろう」って書くことはもう許されないかもしれない。今後、よほど学問的に未知であるとか言うこと以外は疑問形の文章は廃れていくのかもしれない。ただ、それでも、自分の考えた説ってのはあると思うんだけどね・・・たとえバカバカしくても。

大分駅にて

 実は昨日から別府にまた行っていた。父の容態が気になったので。いつも「これで最後かもしれない」と思いながら病室をあとにする。そばにいてもすぐに目を閉じたりするくせに、「また来るからね」と言うと、じっと見つめたりするので後ろ髪をひかれる。
 父はかなりひどい認知症なので、ずいぶん以前から記憶はほとんどないようで、私が誰かもわかっていないかもしれない。何を話しかけても「ウンウン」とうなずくだけ。それでも認知症の人が何をどれだけ理解しているかはわからないので、想像するしかない。今日は何かを言いそうになっていた。言葉にはならなかったけれど。きっと私に言いたいことがあるんじゃないかと思うと、それがまた切ない。

 あと何十年かしたら、認知症の人と意思疎通するツールができるかもしれない。そうなったらいいなと思う。

(大分駅のホームにあがる階段にて。ちょうど車掌さんが登っていたので写真撮らせてもらった)

2019年夏の展示会告知

葉書

 ■暑さを吹き飛ばすような、松山エアモデラーズクラブ展示会 
 8月3日4日、松山市青少年センター3F 大ホールにて (フェイスブックに情報ありますので、検索してね)
 エアモデラーズとはいいますが、ほかのジャンルも置いてあるし、雑食の人も楽しめますよ(私は2015年に行きました)。会長も気さくでよい方なので初めての方も安心。
 無料駐車場有、当日作品持込大歓迎 だそうですのでお近くの方は出撃準備してみてください。

 ■同じ日程で、下関模型クラブ巌流会展示会。シーモール下関にて(フェイスブックで下関模型クラブ巌流会 で検索してね)
 
 残念ながら空物は少なく、キャラクターものが多い展示会だけど、マシーネンなどもあり、そっち系の好きな人は楽しめます。同じく一般持ち込み大歓迎、だそうですのでお近くの方は出撃準備よろしくです。

葉書2

 ■二年に一度のおおいたんモデラーズ作品展
 8月24,25日 いいちこ総合文化センターB1F 県民ギャラリー(オアシスの建物内)
 くわしくはこちらを参照

 大分市の模型クラブ信地旋会が主催、オールジャンルの展示会、二年に一度のお楽しみ。どこも同じ傾向にありますが最近は飛行機モデラーの戦力低下著しいので、フレッシュな貴方の援軍をお待ちしてます。もちろん私も二日間参加の予定。

葉書3

 ■夏の終わりを締めくくる熊本トムキャッツ作品展
 8月31,9月1日 くまもと工芸会館(熊本市川尻) 会場の駐車場はやや狭いですが近くに50台ぶん借りているそうなので、聞いてみてください 

 飛行機模型クラブの見ごたえある作品が並びます。持ち込み(航空機にかぎる)もできます。(HPあります、熊本トムキャッツで検索してください) 多彩なゲスト作品も楽しめます。私も参加予定。

 どの展示会も、作品を持ち込むときは事前に連絡しておくのが大人の礼儀のような気がします(私も地元の展示会で主催者側に立ったことがあるのでわかるんですが)。信地旋会は連絡いらないとレギュに書いてありますが、特に大きな作品や大量の作品を持ち込む場合はスペースの問題もあるので、事前に連絡してくださいね。また、模型専用の名刺も作っておくと便利ですよ。会場で意気投合しているオッサン同士の熱い名刺交換を何度も見たことがあります。

黒いモノ(エアフィックス1/72シーキング製作記)

11

 梅雨明けと同時に死ぬほど暑い夏がやってきた。まず、朝はクマゼミの大合唱でたたき起こされる。この音量のすごいことと言ったら、窓を開けるとテレビの音も聞こえないくらいである。まぁ、窓を開けると余計暑いのであまり開けませんが。しかしクマゼミってのは、耳が遠いのかね。なんであんな大きな音を出すんだろうか。もっと小さい音じゃダメなのか。しかし午後になると急になりをひそめたので、やっぱ連中も暑くてバテているのだろう、ザマミロである。

 こんなに暑いときに模型なんか作ってられねぇよと思うけど、展示会には行きたいし、作るしかない。今日は地元の祇園祭の流れ曳き(予行演習みたいなもの)で、お昼前にうちの前にも山鉾が来たけど(私の住んでいる町内には山鉾が一基あるのだ)、そばについて歩いてるオッサン共は全員死にそうになっていた(汗 重くてデカい山鉾を後ろから押す役がいちばん大変で、まるで奴隷である(町内には若い奴はそんなにいないからどっかから雇ってくる)

 しかし、模型部屋はエアコン入れてるから涼しい←これが言いたい
 昨晩黒を吹いて、今日はマスキングをした。デカールで準備されてるんだけど、意地でもマスキング。でも意外と達人はデカール貼ってたりするんだよね。そしてそのほうが綺麗なんだよね。かなり悔しい。徒労なんて言葉はモデラーの辞書にはのってない。そんなこと考えだすと何も作れない。

接着剤
 
 タミヤのドロドロのほうの接着剤には、サラサラのフタを交換して使ってます。
 で、より一層ドロドロにするために、いつも少しずつランナーを入れるようにしてるんだけど、黒いランナー入れたら、真っ黒になっちゃった←アホ

 ま、いいや、黒いとハミ出したときによくわかるかも。ははは。テキトーが服着て歩いてる人間ですから。

 タミヤ様「服は着なくてもいいけどな」
 ・・・ってそこですか。
 タミヤ様「ハセガワのランナーなんか入れるからだネ、タミヤ製品を使いなさい、タミヤを」

 あーうるさい。なんで出てくるんだタミヤ様。  

透明パーツ張り合わせ(エアフィックス1/72シーキング製作記)

10

 さてエアフイックスのシーキングHC.4も、じわじわと進んでます。こちらは来月の展示会に間に合わせたいので少し頑張ろう。なんかタミヤ様の思うつぼにハマりそうになってるけど、気を取り直してヘリ愛に戻る。
 
 キャノピー接着しないと塗装できないので(最後にキャノピー接着という方法もあるが、このヘリの場合、天井部分になってる透明パーツの上に、さらにひとつプラパーツを接着しなくてはならない。それでこういう手順にした)、なんとかマスキングし、うまくくっついてくれよと祈りつつ透明パーツを貼り合わせた。いちおうカリ組みしたときに合いがよさそうなのは確認してるけど、いざ接着してみるとなぜかうまくいかないってのが、プラモあるあるだもんね。

 なんとか木工用ボンドで接着したけど、これだけじゃ不安だから、結局プラ用接着剤も使用。でも絶対に吹き込みそうな気がする。

 スポンソン?は大きな体に似合わず小さいのでコミカルに見えるでしょ。ここには支柱をあとで付ける。なんといっても全体にマスキングする塗装なので、なるべく突起物はあとから接着したい。このスポンソンに車輪もつくんだよ。

インスト

 こういう分割になっている。まあヘリってのは透明パーツを接着するのも珍しくない。これくらいでひるんでいられない。

 機首のいちばん先端の部分は普通のプラパーツなんだけど、ご覧のように先に接着してそのあとに透明パーツを接着するように、一応手順としては書いてあるけど、実際はこのプラパーツの部分と透明部分をすり合わせながら接着したほうがよかった。プラパーツをいったん剥がそうとしたら、こういうときに限って頑強に接着されてる(プラモあるある)ので、諦めた。

 それにしても、ここのところ蒸し暑いです。ただし模型部屋はエアコン入れたから快適。。。ある意味すごい贅沢だよね。

日米対決(つれづれコンペ“日本の夏”その1)

はまかぜ1

 ■エントリーno.1 はまかぜさん

 キット:タミヤ 1/48 コルセア

 コメント:昭和20年の夏、敗戦間近の日本の空を飛び回っていたようなのでこじつけで
ニッポンの夏です。
 使い込んだ歴戦の機体をイメージして退色したイメージした塗装にしています。
 同じキットを2000年に挑戦したのですが、作れないで捨てちゃった悲しい思い出があります。
 今回完成できたので19年間で少しは人として進歩したかもしれません。

はまかぜ2

 以下青い文字はきららのコメント

 おいおい、あのなぁ~「日本の夏」というお題なんだよ・・・いきなりお題踏み倒しかい!! どうくんなや、コラ!!(ふざけんな、コラの意)・・・と一瞬言いそうになりましたが、こういうテーマっていうのは本人が何かこじつければそれでよいのだから(そこもセンス)、ここはぐっと我慢して・・・と思ってたら、好敵手との組み合わせになり、結果オーライ、出発進行!!

 敷いてる布が妙にしわくちゃなのが、どーでもいいけど女としては気になりますね。布団の上? 


はまかぜ3

 かなり派手に退色した感じにされてますよね? こういう色も格好いいですね。トライカラーのブルーって大好き。この組み合わせ。美しいと思います。
 退色させてるせいか、スミ入れの黒(ですよね?)が効果的です。

 このキットは2000年くらいに確か発売されたと思うんですが、私も当時初心者で早速作りました。こうしてみても、コクピットがすごく後ろのほうにあって、ある意味飛行機らしくないというか、クルマっぽいデザインだと思いませんか? そう思うのは私だけか。翼が折りたためるようになっているので、逆に作るときは(特に初心者には)少し苦労するキットだったと思います。
 長い間をへて同じキットに挑戦して、最初はできなかったことをクリアできる・・・模型って素晴らしい趣味だと思います。


ボイレ1

 ■エントリーno.2 ボイレさん

 タイトル:「ニューギニアから暑中お見舞い申し上げます」
 キット:タミヤ1/48 零戦三二型 台南航空隊

 コメント:今回のお題「ニッポンの夏」に私は零戦三二型で参戦したいと思います。
 ニッポンの蒸し暑い夏つながり(?)で、南方のニューギニアに展開した台南航空隊の零戦は如何でしょうか。
 実は前回のテーマの途中から、急に零戦、それも三二型が作りたくなり、ストックを引っ張りだしてきました。読んでいた文庫の中で、日本機がバッタバッタと撃墜される描写が有り、製作意欲を刺激されたというわけです。
 キットの製作内容は、シートベルトと、シートの軽め穴をあけました。
 また凸凹混在の筋彫りの内、一部の主な凸部分だけを筋彫りしたくらいの素組みです。またマーキングは国籍マークと帯を塗装に替えました。垂直尾翼の帯は写真を見て、手書き、かすれを再現しました。

ボイレ5

 以下青い文字はきららのコメント

 日米対決、タミヤ対決となりました。
 日本の夏といえば、必ず来ると思っていた零戦ですが・・・三二型なのに主翼先端の角ばってるとこがあんまり見えないぞ!! 写真の撮り方が(好みの問題でしょうが)残念です。ただ、ご本人が好きな場所、見せたい部分はコクピットまわりと尾翼あたり・・ということだと思います(※ということで、全体像のわかる写真を送ってもらったので差し替えます)。


ボイレ3

 写真見て再現するのは模型製作として楽しい部分ですよね。

 かすれたような白帯が面白いですね。整備員が拭きすぎたのか、退色したのか・・・。
 でもやっぱこの明灰白色の零戦もいいなあ。清楚で繊細で。ウェザリングはスミ入れだけでしょうか、何か微妙にニュアンスがついてる気がします。

 ボイレさんは工程表を作って自分に気合をいれてるそうですが、これはぜひ真似したいと思いました。頭の中で考えてるだけじゃなくて書いてみると自分のやりたいことが明確になって、やる気が出そう。

ボイレ4

 ボイレさんから写真送ってきたので、参考までに。
 写真で見ると、方向舵だけ塗りなおしたようにも見えますがどうでしょうか。文字も「90」はあとから書いたような感じ。いろいろ想像すると楽しいです。


--------------------------------------------------------------------
■「つれづれコンペ」へのお誘い
 拙ブログの読者様限定つれづれコンペに参加しませんか!? 日本の美しい四季に合わせたテーマに沿った(こじつけた)飛行機キット作品で、各期間に完成したものならOKです。
 テーマは
 1.日本の夏 2018年6~8月
 2.秋空にヘリコプター 9~11月
 3.冬のイナズマ 12~2019年2月
 4.名機の春 3~5月

 お名前、キット名、(あれば)作品タイトル、写真は三枚(前から、後ろから、プラス自由な角度)、コメントを添えて、kilala_1962@yahoo.co.jp までお願いします。
 応募のあった方から随時、二名ずつご紹介していきます。お気軽にご参加ください、作品お待ちしてます!!

タミヤ様のインスト(タミヤ1/32零戦52型製作記)

インスト1

 タミヤ様のインストはすごい。・・・と言う人が多い。
 特に、AFVモデラーからは熱烈な支持を受けている。今年の四月に中四国AFVの会に行ったときも、当日の会場にはタミヤ製品を使った作品がずらりと並び(現在さまざまなメーカーの製品が発売されているにもかかわらず)、ゲストトークの中でも、そして前夜祭の飲み会の席でも、とにかくタミヤのインストの話だけで何時間も話せるおじさんたちを目の当たりにした。

 1/32零戦52型のインストをちょっと見ても、その充実ぶりがすごい。
 巻末には資料写真がついてるし、参考資料もいくつか挙げられている。もちろんいつもの零戦戦史も二ページにわたって詳しく書かれていてこれだけで初心者にはちょっとした読み物である。
 改めて、このいらん世話・・・もとい、懇切丁寧な完璧インストである。
 
 ところが久々にタミヤ製品作って「ありゃ!?」となるのは、塗料がタミヤアクリルの番号だってこと。
 きらら「クレオス嫌いなの?」
 タミヤ様「・・・・・」
 きらら「ずるーい、男って自分に都合の悪い事になるとすぐ黙り込むんだね」
 タミヤ様「いいから黙って作れ!! 完成するころにはお前もタミヤ信者になってるだろうよ、ワシなしでは生きられない体に・・・」

インスト2

 あっ、スミ入れのやり方まで書いてある。
 確かになー、初心者の頃、スミ入れってどうやればいいか謎だったんだよなあ。

インスト3

 マスキングする場所まで書いてある!! これはけっこうありがたいかも、でもこんなの見てマスキングしたら飛行機モデラーの恥か? けどマスキング忘れがなくなっていいよな。これ見てやるかどうか、迷うところだな←迷わんでいいわ!!

それからどうなるの?(タミヤ1/32零戦52型製作記)

9

 シートを固定して組み立ててみた。

 おー!! カッチョいいじゃん!! 細かいところを無視すれば、なかなかイケてるやん。

 クレオスのスミ入れ塗料でスミ入れ、少しドライブラシ。

10

 ほんのちょっとだけ、なんちゃって配線した部分も効果的だよね。と、悦に入る。気分いいねー。

 あとは計器盤と隔壁をつけて、いったん零戦から離れよう。名残惜しいけど。

ムーミン展皿

 昨日は父の病院に行くついでに、大分県立美術館へ。建物がお洒落だから、一歩足を踏み入れた瞬間から違う世界に行けるのが楽しい。日頃のストレスを忘れた。

 現在開催中なのは「ムーミン展」で、原画や作者に関する資料などもりだくさんの展示で大満足。
 恥ずかしながら作者のトーベ・ヤンソンさんは女性だと、初めて知った。テレビアニメも昔少し見てたし、原作も一冊くらいは図書館で借りて読んだ覚えがある。

 お皿に書いてあるのは「Hur gick det sen?」・・・「それからどうなるの?」(ムーミンの出てくる仕掛け絵本の題名だそうです、まさに我々モデラーにピッタリの文句だと思いませんか?)

 まだ夏休みじゃないし平日だから人はそんなに多くないだろうと思ったら全くのハズレ、ぞろぞろと人が途切れず続いていてびっくりした。
 ムーミングッズがいろいろ売ってたので、記念にこんな小さなお皿を買った。お酒飲むときにピーナツとか入れようと思って。
 美術館内のカフェでは開催中の展示会にちなんだメニューもあるのがうれしい。今回はフィンランドということでスモークサーモンのサンドイッチ・・・一人でゆっくりといただき、帰りにジュンク堂に寄って、大好きな写真家・野町和嘉さんの本も購入できたし、充実した午後だった。野町さんは、サハラとか中近東とか私の好きな地域の写真が多い。砂漠という極限の世界、まさに日本とは正反対の世界である。でもそういう厳しい自然条件のところで(数千年前はもっと緑があったとはいうが)人類の最古の文明が生まれたということが面白いと思う。

手が滑る(タミヤ1/32零戦52型製作記)記事タイトル

8

 もうええわ!! と無理やり接着・緊縛。意外なところに落とし穴というか、胴体合わせるのが意外と難しかった。

 だってさー普段作ってる72の単座戦闘機の大きさと比較してあまりにも巨大、手が三つくらい欲しい。昨晩、何度も試みるが、なぜか挟み込むパーツがうまく挟めなくて、何度も落っことす。
 きらら「ちょっとそこ、押さえといてくれる?」
 タミヤ様「はいはい、ここですかな」
 きらら「あーっ、もうっ、どこ押さえてんのよ、スケベ!!」

 というような昭和のギャグをかましつつ、今日の昼間、再度挑戦したら何とかできた。どうも昨晩は酔っぱらってたのが悪かったらしい(汗

インスト

 ここんとこね。尾輪を動くようにするためのギミックなんじゃないかと思うけど。小さな棒を通してH5のパーツを接着せずに挟み込むようになってるでしょ? これがもうすぐにポロっと下に落っこちるんですよ。はー、焦ったぜ。

 なんとかクリアして、さてあとはコクピットを下から入れたら(いや~ん)、シーキングのキャノピーのマスキングだ・・・あーっ、こっちも面倒くさいな。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ