18

 二、三回少し違う色を上から吹いたりしてみたが、もういいや、これくらいで勘弁せいと思って剥がしてみた。緊張の一瞬・・・おおっ!! これはなかなか、いい雰囲気じゃないですか!!

 自分が「こうしたい」と思った色に、ほぼできた気がする。
 もちろん、少しは吹きこぼれなどはあるけど、色合いは大満足(箱絵の色のイメージ)

 本物は、男らしい凸リベットが全身にブツブツあるけれど、そういうの再現するのは無理だから、こんな面倒なマスキングをやって目くらましする作戦なのだ。これこそ迷彩の本領発揮ですよ。

 あ、中に吹き込んでるかどうかって? それは最後になるまでわからない。っていうか知りたくない。ひたすら今は前進あるのみ。