はつたか3

 ■エントリーno.1 はつたかさん

 タイトル:50年目の挑戦

 使用キット:ハセガワ1/72、二式大艇高官輸送機「敷島号」

 コメント・50年前の小学生の頃、叔父貴がプラモデルを買ってくれました。ハセガワの二式大艇でした。当然、小学生の手に負えるものではなく、父に手伝ってもらいました(結局、ほとんど父が作ったような・・)。機械の職人でしたから器用な人でしたがモデラーではない悲しさ、塗装もせず形にしただけでしたが、それでも嬉しくてテレビの上に飾ってました。
 そんな大艇もいつしか壊れて捨てられ、叔父貴も父も亡くなり、二式大艇を作ることはありませんでした。
 そして二式大艇が新キットで発売され、コンペのテーマにピッタリでしたので挑戦してみました。  「お父ちゃん、今度は独りで作れたわ」

はつたか2

 (以下青い文字はきららのコメント)

 幼いころに同じような経験があったなあ! という方もいるのでは。
 こんなふうに、当時できなかった工作や塗装にチャレンジしてはいかがでしょうか。

 ご本人は書いてませんが、50年たって同じキットがリニューアルされて、それを作ることができたっていうのもひとつの奇跡なんじゃないかと思います。モデラーって幸せですよ。

 そして何より、いいお父様を持って幸せでしたね。


はつたか1

 さすがにリニューアルされたキットだけあってシャープですよね。写真からわかります。張り線をされてるのでやはりいいですよね、引き立ちます。同じくスミ入れも効果的だと思いました。
 
 展示会でも意外と完成品を見ることがないんですが、こうやって作品を見てみるとやはり作ったら格好いいんだなあと改めて思いました。いやーいいもんですね。


美徳1

 ■エントリーno.2 美徳さん

 製作キット F-Toys 1/72 隼Ⅱ型 彩色済食玩キット
 製作期間 平成31年3月21日〜4月21日(1ヶ月)

 コメント 永いこと模型と戯れていますが、今回人生初の「塗装済み食玩」に挑戦してみました。
 随分前に、スケールモデルの世界の息苦しさから、改造自由の何でもありな「アメリカ車の模型」専門で楽しんできましたが、学生時代からの先輩に誘われたのをきっかけに、数年前に再びAFV & AirModelの世界に出戻ってきました。それでも、当時からの、精密モデリングや時代考証などの呪縛から、なかなか逃れられず。しかも、当時とは比べ物にならないほどの情報の濁流の中にあって、残りのモデリング人生を含め、如何に自分が構築してきたデフォルトのスタイルに囚われないで模型作りを楽しめるか?を基本スタンスに、ちょうど発売されたばかりの新しいスタイルのキット「彩色済食玩キット」に取り組んでみました。
 「プラモ作りって楽しいな」と思える程度にディティールアップも最低限に抑え、キットを組んで塗装するという原点回帰に徹した結果、「手を抜く」と「手を入れない」の違いをなんとなく解ったような。チョットだけ自分の殻を脱げたような感覚を持てました。

 スケール正しいの? 形状は間違っていないのか? 色は合ってる?
 一切無視して、純粋にキットを楽しむ世界もアリですね。

美徳2

 まさか食玩が来るとは思いませんでしたよ。食玩というか、塗装済み組み立てキットというんでしょうか。

 自分のデフォルトというのをお聞きすると「ここをこうすると、こうなる・・・というのが解ってしまう、そうすると、こうしないといけないという強迫観念が生まれたり、脳内完成してしまって手が止まったり」ということでした。
 これには耳が痛い方も多いんじゃないでしょうか。
 多かれ少なかれモデラーが感じる壁だという気がします。

 「こうしたい、こう作りたい」というのは大事なんだけど、あまりにもゴールがはっきり見えてしまうと、走る前に疲れを感じるというか。


美徳3

 でも、正直いって見た瞬間、こんなに上手く飛行機作るんだったら、ハセガワの普通のキット作ってほしい・・・といらぬこと思ってしまいます。
 繊細なハゲチョロがすごくいい雰囲気。

 それなりに手を入れて作ってるしなあ、普通のキットを作れよコラ!!・・・とか思ってしまうのは他人の勝手なお節介、ご本人は食玩であるという前提が大事なのかもしれません。
 それとももしかして、胴体の合わせ目消しがないのが楽でいいとか? これはストレスがずいぶん違うかもしれませんね。

 いちばん気になったのは、やっぱり動翼の接続部分がオモチャっぽくスキマが開いているってとこでしょうか。可動が売りのキットなので、わざとこんなふうになってるんでしょうけど。こんなところが気になるのは私もやっぱり飛行機モデラーかしら、ホホホ。

 何はともあれ、こういう楽しみ方を見て、皆様はどう感じましたか? 
 私もなんだかいろいろ考えてしまいました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

 つれづれコンペとは、拙ブログ読者限定のコンペです。
 一年を四つの季節に分けて、今回のテーマは挑戦の春ということで、今年の3~5月までに完成した飛行機キットを募集しています。五月末まであと少しですが、作りかけキットでも完成させて応募しませんか。テーマなんてこじつけで大丈夫。
 写真は三枚、タイトルやコメントも書いて、kilala_1962@yahoo.co.jp までお願いします。

 最後に私が一等賞を決めさせてもらいます。