尾道1

 例年、AFVの会の次の日(つまりは月曜日)、ゲストと一緒に観光するというのが、中四国AFVの会のならわしになっている(らしい)。「明日はホテルロビーに七時半集合」と言われたときは「マジですか」と耳を疑い、「昨晩はみんな飲んでるしな、どうせ八時くらいにならんと出てこんやろ」とタカをくくっていたら、七時半きっかりに「みんなもう待ってます」とラインが入る。ひゃー。

 全員で車輛に乗り込みファミレスに横付けする。朝ご飯を食べるのであった。そっかー。それで七時半か。

 一時間ほどして尾道に出発。福山からは近かった。
 JR尾道駅前、目の前には、向島。いつぞや、どこかの脱獄野郎がここを泳いで渡ったとか。しかしみんな腕組みをして「ここは潮が早くて泳げんな」・・・・って、泳ぐつもりだったんかい!!

尾道2

 さすがに泳いでは渡れないので、渡船に乗ることにした。

 金子隊長の説明を聞いているところ。

尾道3

 隊員「か、金子隊長!! 上陸用舟艇に英国の自転車部隊がっ」

 ここは、しまなみ海道といって、渡し船や橋を使って島伝いにサイクリングをする人が多く訪れるらしい。欧米の人もたくさんいた。

尾道4

 向島までの渡船は片道100円也。所要時間3分。

 地元の人たちの自転車がいっぱい停めてあった。通勤通学なんだろうね。ここに自転車を停めて舟に乗るのでしょう。

尾道5

 たった三分の旅だけれど、風に吹かれていい気持ち。

尾道6

 次に、丘の上の展望台を目指す(ここで昼食)。松江と同じで、ここも桜がチラホラ散り始めていて、その美しいこと。絶好の天気で、穏やかな瀬戸内海の眺めに、心癒される。

 「山は富士 海は瀬戸内 湯は別府」という言葉が自然と出てくるね(別府観光の父といわれる、油屋熊八の言葉)。

尾道7

 熟年夫婦の定年前旅行ってか!?(くりさん撮影

 夫「いやぁ~ええ景色やなあ、こりゃまるで1/700のジオラマだのう~」
 妻「模型といえば、押し入れ在庫どうにかしてよね、ほんと邪魔なんだから」
 夫「イカン、地雷踏んでもうた・・・」
 みたいな会話してるように見えますが、実際は

 きらら「私ね、最近残り時間を考えて作ってるんよ、変かもしれないけど」
 大山さん「いやいや俺もそうですよ、もうね、残り時間考えたらぐずぐずしてられないもん」

 って、結局模型の話かい!!(汗

買い物

 昼ご飯を食べて皆さんとは別れ、下関方向に帰るマッキさんに広島まで乗せていってもらうことになった。そう。広島のボークスに行こうという魂胆である。

 別れるとき、金子さん、土居さん・・・そして皆さんと握手をした。特に小梅さんたら「じゃあね、きららさん元気で」と言うなり、なんか目がうるうるってしてきたので、「こりゃいかん涙出そう」と思って目をそらした。ほんとにもう、大げさなんだから。でも考えたら土曜から三日間も行動を一緒にしたんだもんね。心優しき中四国AFVの会の主催者の方々。こんなに親身になって何から何まで世話してくれるAFVの会なんてあるか!?(あるかもしれんけど)、私が何度も行きたくなるわけがわかったでしょ?

 ボークスではファレホを少し購入。これで人形を塗装してみるつもり。あと、この飛行機はなーんだ?(クイズです) お店の人が私を初心者かと思ったのだろう「これはちょっと難しいかも」と心配顔で言ってくれたけど「もう20年作ってるんです」と胸を張った。

 広島駅までマッキさんに送ってもらい、新幹線に乗ると、なんともいえない充足感を感じた。いい旅だったなあ!!

1

 時代は、平成から令和へと。来年のテーマは「令和のキット」だそうです。懇親会では、プラモ野郎さんに「令和のキットをつくる」という手話を教わりました。楽しかったよ!!

 そして、来年の開催地は、なんと松江なのでした!! おおー。
 ということは松江城にもう一度行けるね!! ラッキー。
 ということはまたパンダモデル作らないと・・・・いやそれは・・・ちょっと何か違うやつにしよう(汗