17

 2019年4月14日に福山にて開催された第19回中四国AFVの会での作品を紹介しています。

 森下さん作品、アオシマ、モンモデル、トランペッターなどのアイテムを使用。「Desert Warrior July 2012 in syrea」

 カッチョいい。色彩、ウェザリング、題材、土台、構図、すべてにおいてカッチョいい。今回いちばん好きな作品。

22

 情景作品は基本的に前後左右どちらからでもみることができるように作られている。特に上手な人の作ったものは本当に360度楽しめる。

 これもそんな作品。男共の声が聞こえてきそう。

19

 車輛、人形の鮮やかさ、ウェザリングの妙ももちろんのこと、地面に散らばったゴミがまたリアル。ゴミをリアルに作るって、よく考えたらめちゃくちゃ難しい気がする。もちろん草木や土などの自然のモノも難しいけど。
 こういう細かい演出で密度感が増すんだなあ。いくら見ても飽きないです。

 人間も一人一人個性的で面白いの。

16

 こちらは、中国からのお客さん。徐超(じょちょう)さん、モンモデル1/35 FT17
 「模型世界」というあちらの模型雑誌の作例ライターさんみたいです。

 こういう塗装って、今やAFV業界では普通なのかどうか知らないけど、じつに鮮やかで印象的だよね。どうすればこんなに鮮やかな色を使ってそれでいて重厚にいかにも鉄って感じに作れるんだろう。ううむ。真似してみたい。

15

 こちらは、雑誌の作例かコンテスト受賞作だと思います、参考作品です。

 こうやって、目線を作品の中に合わせると、おおっ・・・・!!
 映画の中でカメラが上空から地上にズームしていくときの感じ。画面奥に視線がずーっと入っていきます(いちばん奥の後ろ姿は隣の作品です・汗) 
 手前の兵士が探っているのは死体で、「おい、何かのトラップかもしれん、そのへんも探してみろ」みたいな場面でしょうか。戦場の真っただ中に叩き込まれる感覚があります。

21

 國本さん作品、トランペッター1/35 BMP-3

 いったいどうやったらこういうふうに汚せるんでしょうね。砂埃だらけ。
 砲塔の周りのはアーマーだと思うけど、なんか近未来っぽくて格好いい。

 拙作の隣に置いてあったのに、ご本人とは話できなくて残念。

会場風景2

 会場風景。
 いつもはみんなで昼ご飯に繰り出すんだけど、今回は弁当を別室で取らせてもらった。おかげで時間が有効に使えた。こういうのはありがたい。
 土居さんと一緒に弁当食べてる横では金子辰也さんが横になって仮眠・・・というような、楽屋裏感が楽しかった。

トークショー

 午後になるとお待ちかねのトークショー。今回は、土居さん、金子さん、山田卓司さん、吉岡和哉さんという布陣。とにかくMMの話になると全員話が止まらず・・・それにしてもやっぱりMMなんだね、AFVモデラーって。今回の会場も8割がタミヤ製品だし。あんなにいっぱい発売されてる中華メーカーとか、誰も作ってねぇの。

 吉岡さん「子供の頃シュルツェンって嫌いだったんですよー足回りがみえなくなっちゃうから」
 山田さん「いまでも袋開けて組むとき、ワクワクするよ」
 金子さん「実はいちばん最初は飛行機作ってました」
 土居さん「子供の頃SASジープうまく作れなくて・・・それで最近作ったんだけど、子供の頃の自分に見せてやりたいって気分」

 司会はいつもの大山さんの名調子、これがまた楽しい。ジョークを織り交ぜ、ゲストをイジりつつも話をうまく引き出してくれる。

表彰式

 このあと、参加者の投票による入賞者、メーカー賞などの発表へと続く。

 これまたドキドキお楽しみタイム。もしかして俺の作品が・・・・ってみんな密かに期待しながら。
 私は今回もレディス賞をいただきました。これはまあ、ご祝儀みたいなもんで、自称女性なら誰でもいただけますよ。女性の皆さんはぜひ、なんでも作って持っていきましょう。

 今回は、受賞者にはすべて、ゲストモデラーから講評がいただけて、感激!!
 私は土居さんのお言葉をいただきました。パンダモデル作ったなんてすごいよと褒められて、頭がボーッとしました。もう死んでもいい、いや死なないけど(by イチロー)。

20

 拙作、パンダモデル1/35 M-ATV MRAP(うまくできたとこだけ見てください)

 司会の大山さんも、これなんて読むんですかと言ってたから、ほんとみなさん知らない車両なんですねえ。大分から参加の日高会長が「内部も作りこんでましたね」とお褒めの言葉。嬉しかったなー。頑張った甲斐があったよ。
 マッキさんからは「ブログの写真ひどすぎる」って、ほめてんのかケナしてるのかわからんお言葉。わざとひどい写真撮ってんのか? と言われましたが、その通りです。
 イノチェンコさんからは、四輪駆動の車だから荷物積んだらタイヤがハの字になっててもいいんだよと教えられ、そっかそっかーまあセーフか(ほっ
 四輪駆動だから足回りがあんなふうにバラバラだったんだな!! おおっ、今やっとわかった←おい!!
 それと、排気管はトラック等は横から出す(いや~ん)というのは、よくあることなんですね。これも会場で教わった。
 いろいろ勉強になりました。ほらね、展示会行くといいこと一杯あるでしょ?

 短いですが、AFVの会の様子はこれでおしまいです、今回そのほかにも色んなところに行ったので、またその話は明日に続く。