3

 福山駅を出るとすぐ、そこにはいつもの石垣が待っていた。さあ、やってきたぞ。
 しかし実は、今回はお城の中まで行けなかった(とはいえ、泊まったホテルの窓から天守が見えたので、朝晩「おはよう」「おやすみ」と言ってました)。

 広島県福山市で開催された「中四国AFVの会」に参加するため、金曜午後から九州を出発し、夕方福山に到着。夜は一人で刺身定食を食べてあまりのおいしさに気が遠くなった。嗚呼、瀬戸内海の魚の旨いことよ!! 

 私がなぜわざわざ福山まで行くのか、疑問に思う人も多いかもしれませんが、その理由も織り交ぜながら書いていきます。展示会レポというよりは、私の旅の報告という感じになると思いますので、AFVの会についての詳しいレポートは次号のアーマーモデリングをご覧ください。

2

 男前の戦車兵。何かドキっとしますね。誰かに似てるようで・・・。

13

 タムリンさん作品。タスカ1/35 M32戦車改修車 自衛隊仕様 

 硬派に格好よくまとめてられる作品です。

4

 オータキのタイガーIの箱とその作品。

 作品ももちろん格好いいんですが、箱絵がぐっときますね。子供の頃こんなの見たらさぞかし作りたくなっただろうなあ。今回のテーマは「温故知新」で皆さん昔のキットを作ってました。飛行機モデラーは温故知新ってやりたがらないだろうなあ。

5

 巌流会のイノチェンコさんの作品。 タミヤ1/35 M3A1スカウトカー  人形はマスターボックス

 この人形は、1/24じゃないでしょうか? でもあんまり違和感ないような・・・。私も買ってるんだよね、この人形。ポーズが好き。

 おっぱいにドライブラシしてる姿をつい想像してしまう。たはは。

会場風景1

 会場風景。大きなジオラマもありましたよ。

6

 富坂さん作品。タミヤ1/35 M4A3ファイヤフライ

 戦車に人形を一体添えるというのは定石のようですが、歩き去る感じの人形なのが面白く感じた。
 こういうのも面白い。

 よく「飛行機モデルでジオラマにするには整備風景くらいしかない」なんていうけど、そんなことないんじゃないだろうか。工夫する余地はまだまだある気がする。

7

 これはクラブ展示のほうにあった参考作品。徳島モデラーズ倶楽部の松本さん作品、

 とにかく、この塗装スゲーよ。本物の金属みたい。どうやって塗装してるんだろう。あっ、聞くの忘れた←おい!! 松本さんは中四国AFVの会のマスコット「せんしゃん」の作者で、せんしゃんの話しかしなかった・・・・汗 

11

 「いやー、日本人は働きすぎッスよ」
 「でもここにいるオッサン共はあんまり働いてるように見えんけどな」

14

 この方の作品、三角形の土台なんだよ!! 独創的。奥行を感じさせるためかなあと思ってたら、車体が長いので、それに合わせた土台だと細長くなってしまうので、こういうカタチにしてみたということでした。
 今回もっとも気に入ったジオラマのひとつです。

12

 こちらは打って変わって、忙しそうなドイツ軍の情景。山本さん作品。タミヤ1/35「終わりなき日々」

 左側の黒服の上官?がいかにもリアルで怖そう。職場の上司がモデルだったりして(汗。
 こんなに身をすり減らして頑張って働いて稼いだお金を、全部酒場のねぇちゃんに貢いだりするんだよ、男って・・・・そういやあ、今回も身をすり減らして私をあちこち連れて行ってくれたりした男がいたなあ。何の見返りもないのに。まったく信じられん←おい!! 

9

 早川さん作品。タミヤ1/35 M4A3シャーマン

 塗装が格好いい。
 この人形もタミヤのだと思うけど、動きがあるよね。

8

 村上さん作品。「ベンガジ奪還」 1/35ドラゴン3号G型

 珍しくドラゴンの製品。でも人形はタミヤなのかな? すごく味があるよね。一人一人の性格がわかるような感じ。塗装の雰囲気も好き。
 もしかして有名な写真があるのかな? そのへんは私にはわかりませんが・・・。

10

 土居雅博さんのシェリダンの作品。モデルアートで見た方もいるでしょう。

 本物をご本人の解説で見ることができて眼福でした。これも人形がものすごく味わい深いんだけど、「タミヤの人形の出来がいいからですよ」というんです。いやはや。
 文字に書くとなんかタミヤに対するお世辞的に見えるかもしれないけど、お世辞でもない、謙遜のし過ぎでもない、ただ淡々と、本当にそうなんですよという言い方されてました。

 車体はオリーブドラブらしいんですが、すごく深い色だった(アクリルガッシュ)。写真ではぜんぜん伝えきれてないのが申し訳ない。

1

 未完成病のお前らには、火縄銃をお見舞いしてやるぜ!!(意味不明

 というわけで、明日に続く