1

 先日、シャフトが再現されてるハセガワのAH-1Sのキットを見ながら、たぶんエンジンを再現したかったのではないかと邪推したけど、単にインテークからチラ見えするからだった(汗

 写真が下手でわかりにくいですが、チラ見えしてるのがわかりますか?
 以前作った自衛隊のはここにカバーがついてて何も見えないんだけど、これはチラっと見えてうれしいよね。

 ハセガワの人は別にエンジンを再現したいとは思わなかった・・・ということもないと信じたい。きっとエンジン再現の話は企画会議に出たことがあると思いたい。
 やっぱエンジン再現したいなあ。自分で作れないかなあと本気で考え始めている私。

2

 こんなふうに、向こう側が見えてて、な~んか安っぽいなあ。

3

 でも実機も向こうが見えてるのだった。たはは。

4

 カッターマットの左側の罫線がぐしゃぐしゃになってるのは・・・一か月前くらいに、サラサラ系接着剤をこぼしてしまったんだよ!! 悲しい。これすごく気に入ってるハセガワのカッターマットなのに。何度も書くけど、地味に使いやすいんです。

 パーツ分割が多いぶん、スペシャルホビーは時間がかかる。
 私はパーツが多いのは嫌いじゃないけど、確かにハセガワのは合理的な分割でよく考えられているなあと思う。あ、スペシャルホビーのは違う型が作れるようになってるだけで、設計の人がアホとかいうわけではないです。
 ただ、パーツが少ないと、劇的に作りやすいのがわかる。

 それと、以前ハセガワのこのキットを作ったことがあるんだけど、そのときは、合わせ目消しに結構手間取った覚えがある。でも今回はそんなに手がかからなかった。ということは・・・・

 おおっ!! 私の腕が上がったってことか!? スゲーよ。40代のときより50代のほうが上手くなったなんて信じられる? 人間、やればできるってことだね。

作業場5

 塗装ブースをとりあえず設置してみた。作業机に乗せるのはムダが多いのでやめて、隣にちょっと仮の台みたいのを作って置いてみた。塗装するときは、大きなホースを窓から外に出す。

 塗装ブース自体はわりと軽いので、そんなに頑丈な台に置かなくても大丈夫そうです。ファンが二つあるけど思ったほど音も大きくないし振動もない。
 少しサフを吹いてみたけど・・・全然臭くない!! 感涙。でもやっぱり寒いから、冬はなるべく昼間に塗装しようっと。